ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837539 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

水無山〜綿向山〜竜王山 周回・縦走・フルコース

日程 2016年03月30日(水) [日帰り]
メンバー ONTAMAKINTA
天候晴れのちくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
50分
合計
5時間45分
S御幸橋駐車場09:3009:45ヒミズ谷出合小屋11:00水無山・綿向山 分岐点11:15水無山頂上11:45綿向山八合目 合流12:10綿向山12:4013:45オンバノフトコロ14:00竜王山14:2014:45竜王山登山口15:15御幸橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水無山までの登山ルートで3ヶ所ほど
崩落で、危険なところがあります。

道に迷うことはありません。

表参道コースは、冬期の冬道が閉鎖されて、
通常のルートに戻っています。

写真

御幸橋駐車場に車を停めて、登山口まで歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御幸橋駐車場に車を停めて、登山口まで歩きます。
1
癒やされます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒やされます。
駐車場から15分。真っすぐ行けば、表参道コース。右に行けば、水無山を経由して綿向山。右に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から15分。真っすぐ行けば、表参道コース。右に行けば、水無山を経由して綿向山。右に行きます。
1
しばらくは気持ちの良い登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは気持ちの良い登山道。
最初の危険箇所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の危険箇所。
ここもちょっと危険。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもちょっと危険。
林道に出ます。駐車場から45分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ます。駐車場から45分。
すぐに登山道に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに登山道に。
フカフカの植物。名前は?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フカフカの植物。名前は?
もっとも怖かった場所です。できるだけ上から回りこみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっとも怖かった場所です。できるだけ上から回りこみました。
水無山と綿向山の分岐です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無山と綿向山の分岐です。
ここに戻ってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに戻ってきます。
けっこうハード。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうハード。
分岐から15分で水無山山頂です。30分の寄り道です。展望はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から15分で水無山山頂です。30分の寄り道です。展望はありません。
1
この先は崩落して、道もありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は崩落して、道もありません。
遠くに一番左は、「鎌ヶ岳」です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに一番左は、「鎌ヶ岳」です。
綿向山山頂方面。手前の崩落箇所は、「文三ハゲ」と呼ばれています。誰?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿向山山頂方面。手前の崩落箇所は、「文三ハゲ」と呼ばれています。誰?
ここで綿向山の表参道コースと合流します。表参道コースでここまで来て、水無山を目指したほうが危険箇所が少ないですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで綿向山の表参道コースと合流します。表参道コースでここまで来て、水無山を目指したほうが危険箇所が少ないですね。
綿向山山頂までの最後の階段。いつもいつもきつい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿向山山頂までの最後の階段。いつもいつもきつい。
約2時間40分で到着。この日は微風でおだやかでした。少しかすみがかっていて、遠くが見えにくかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約2時間40分で到着。この日は微風でおだやかでした。少しかすみがかっていて、遠くが見えにくかった。
雨乞岳、鎌ヶ岳、杉峠などよく見えます。あっちから見る綿向山の景色もいいですが、こっちからの景色も最高です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳、鎌ヶ岳、杉峠などよく見えます。あっちから見る綿向山の景色もいいですが、こっちからの景色も最高です。
竜王山への縦走ルートに向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王山への縦走ルートに向かいます。
すぐにあの有名な「幸せの変木」です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにあの有名な「幸せの変木」です。
必ず、必ず、くぐります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
必ず、必ず、くぐります。
雨乞岳・イハイガ岳方面のルートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳・イハイガ岳方面のルートです。
1
いつかは行きたいが、帰ってこれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつかは行きたいが、帰ってこれない。
綿向山方面を振り返る。きれいな稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿向山方面を振り返る。きれいな稜線。
自然の生命力を感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の生命力を感じます。
遠くが雨乞岳です。今年はまだ鈴鹿スカイラインが再開されていないので、行ってません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くが雨乞岳です。今年はまだ鈴鹿スカイラインが再開されていないので、行ってません。
綿向山山頂から、竜王山山頂までけっこうな回数のアップアダウンを繰り返します。後半戦なので、もっとも体力的にきついかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿向山山頂から、竜王山山頂までけっこうな回数のアップアダウンを繰り返します。後半戦なので、もっとも体力的にきついかな。
1
鉄塔2本の下を通ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔2本の下を通ります。
表参道コースの途中に鐘のある、赤い屋根の小屋が遠くに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表参道コースの途中に鐘のある、赤い屋根の小屋が遠くに見えます。
竜王山山頂です。綿向山山頂から約1時間20分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王山山頂です。綿向山山頂から約1時間20分。
1
あとは下りだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは下りだけ。
竜王山の登山口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王山の登山口です。
林道を通って、最初に駐車場まで30分歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を通って、最初に駐車場まで30分歩きます。
最後に振り返り。気持ちよかった、ありがとう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に振り返り。気持ちよかった、ありがとう。
1

感想/記録

綿向山へのルートは3つありますが、
メインの表参道コースは、あえてはずしました。

もっとも整備されていて歩きやすくて、
つづら折りの道が気持ちのいいのは表参道コースです。

水無山経由の登山道は崩落箇所もあり、
あまりおすすめしません。

でも水無山へはぜひ立ち寄ってほしいと思いますので、
表参道の八合目から向かったほうがいいと思います。

綿向山〜竜王山の縦走コースはアップダウンが多いのですが、
おすすめです。

逆周りで、竜王山〜綿向山で前半に体力使って、
下りを表参道コースでいけば体力的に余裕があると思います。

珍変木の先を進んで、雨乞岳やイハイガ岳には
いつか行ってみたいと思います。
訪問者数:436人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 崩落
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ