ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837770 全員に公開 雪山ハイキング北陸

雪の大門山 最高のブナ林に酔いしれる

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー K-Miller
天候気持つぃ晴れよん
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道福光上平線西赤尾ゲート前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間21分
休憩
48分
合計
10時間9分
S西赤尾ブナオ林道ゲート前05:0909:24ブナオ峠09:2910:50痩せ尾根折り返し1334m地点10:5511:16給食TIME11:4012:27ブナオ峠12:4115:18西赤尾ブナオ林道ゲート前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
やはりなんつってもこちらも林道がデンジャラス。
序盤は雪融けが進みアスファルト歩行となるものの山側斜面からの落石及び落木が頻繁に続いた状態となっている。
中盤以降では雪が付いたり切れたりの繰り返し。
雪の切れたアスファルト路面では放射冷却によりテカテカアイスリンク状態。
普通に立っていてもスーっと流されちゃうからあ〜怖い。
また雪の付いた急斜面脇では規模の大小はあるものの随所にデブリ跡が確認できた。
気温の上がる日中では更にヤバいことに陥りそうかもよ。
実際下山時には小規模ながらコンクリート法面を含む土砂崩れが発生していますた。
私はスタート開始からヘルメット装着で挑みましたが、それでも気の抜けない緊張の張り詰めた状態がずっと続いた。
ブナオ峠手前からは完全に雪が付き前日からの降雪により締まったベース上に湿った重い雪が15cmほど積もった状態となっていた。
春山特有のサクサクと快適にアイゼン歩行が楽しめる状態ではなく、グサグサズボズボ環境にかなり体力が消費される苦しい展開となった。
ブナオ峠から上では快適ブナ尾根が繰り広げられるが一部痩せた箇所ではアイゼンの爪が効いてくれないグサグサ雪に恐怖がそそる場面もあった。
通過の際には滑落等に十分に注意すべし。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

西赤尾ゲート前

フッ、やっぱりだ〜れもいやしない。
今日も独りぼっちだわね。
なになに?ブナオ峠までは約10km?。
ふっふっふっふ・・・。
どうして今回もこんな運命なんだ?
2016年03月31日 16:57撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西赤尾ゲート前

フッ、やっぱりだ〜れもいやしない。
今日も独りぼっちだわね。
なになに?ブナオ峠までは約10km?。
ふっふっふっふ・・・。
どうして今回もこんな運命なんだ?
1
満月の夜

Millerさんがオオカミになる夜ですわ。
「グッふっふっふ。そこのおじょ〜さん、とてもきれ〜だねぇ〜」。
(どんなオオカミやねん?)
2016年03月31日 16:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満月の夜

Millerさんがオオカミになる夜ですわ。
「グッふっふっふ。そこのおじょ〜さん、とてもきれ〜だねぇ〜」。
(どんなオオカミやねん?)
3
満月と赤く染まるターゲット

陽が上がりだしたようだ。
遠く、遠く、遠〜くに見える赤く染まりだしたあのお山が今日行きたい大門山・・・、か?。
(正解は赤摩木古山)
ちょっと無茶すぎるくらい遠すぎやしないかえ?
やっぱ帰るか?
2016年03月31日 16:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満月と赤く染まるターゲット

陽が上がりだしたようだ。
遠く、遠く、遠〜くに見える赤く染まりだしたあのお山が今日行きたい大門山・・・、か?。
(正解は赤摩木古山)
ちょっと無茶すぎるくらい遠すぎやしないかえ?
やっぱ帰るか?
1
モルゲン赤摩木古山&MOON ZOOM

赤いモノを見て興奮したいところだが、もうちょっとお手軽なところでも良かったんじゃないか?と後悔も半分くらいあり複雑な気持ちでいる。
2016年03月31日 16:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲン赤摩木古山&MOON ZOOM

赤いモノを見て興奮したいところだが、もうちょっとお手軽なところでも良かったんじゃないか?と後悔も半分くらいあり複雑な気持ちでいる。
4


山の息吹に太陽エネルギーが降り注ぐ。
正に「命」って感じだね〜。
「皆様、おはようございます。素敵な朝よ!」。
誰に喋ってんの?
「挨拶は基本だ!」と言いつつも独り言でも喋っていないと寂しくてやってらんない。
陰った場所では氷と霜の冷た〜い世界よん。
2016年03月31日 16:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す


山の息吹に太陽エネルギーが降り注ぐ。
正に「命」って感じだね〜。
「皆様、おはようございます。素敵な朝よ!」。
誰に喋ってんの?
「挨拶は基本だ!」と言いつつも独り言でも喋っていないと寂しくてやってらんない。
陰った場所では氷と霜の冷た〜い世界よん。
1
堰堤

春は締まった雪面歩きが定番だから特に降りの苦手なスノーシュー選手は不要とスタメンから外してしまった。
しかす、この判断がアダとなる。
前日に降り積もった湿雪がズボズボしよんねん。
想定外の踝ラッセル、一本一本畑から大根を引っこ抜くような苦労が襲いかかる。
2016年03月31日 17:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤

春は締まった雪面歩きが定番だから特に降りの苦手なスノーシュー選手は不要とスタメンから外してしまった。
しかす、この判断がアダとなる。
前日に降り積もった湿雪がズボズボしよんねん。
想定外の踝ラッセル、一本一本畑から大根を引っこ抜くような苦労が襲いかかる。
1
朝の森

「これよこれ!」。
森にもオレンジ色の柔かな陽射しが降り注いでキター!。
日本で一体しかいない絶滅危惧種のMillerさんといたしましてはこの一時が活力を生むのでごじゃいます。
スタート開始から我慢の歩を強いられていましたがこのワンシーンに遭遇できたことで、「やっぱアンタ、ここをチョイスして良かったやん!」と自分の天才ぶりに称賛した。
2016年03月31日 17:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の森

「これよこれ!」。
森にもオレンジ色の柔かな陽射しが降り注いでキター!。
日本で一体しかいない絶滅危惧種のMillerさんといたしましてはこの一時が活力を生むのでごじゃいます。
スタート開始から我慢の歩を強いられていましたがこのワンシーンに遭遇できたことで、「やっぱアンタ、ここをチョイスして良かったやん!」と自分の天才ぶりに称賛した。
2
おはようSUN

今日も一日良いお天気をヨロスクお願い致すます。
2016年03月31日 17:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようSUN

今日も一日良いお天気をヨロスクお願い致すます。
2
キラキラキラ〜
2016年03月31日 17:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キラキラキラ〜
7
霜と氷の剣山

陽は照ってきたっつっても今もすんげ〜寒いんだ。
ほら見てよ、そこらじゅうにガリガリ君ソーダ味がぶら下がってんのよ。
2016年03月31日 17:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜と氷の剣山

陽は照ってきたっつっても今もすんげ〜寒いんだ。
ほら見てよ、そこらじゅうにガリガリ君ソーダ味がぶら下がってんのよ。
1
TOKIOのメンバー

いゃ〜!また会ったね!
実は今日のボクは長瀬智也じゃないんだ。
だってほら、足がそんなに長くはないだろ。
ふふん、今日のボクは城島茂さ。
2016年03月31日 17:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
TOKIOのメンバー

いゃ〜!また会ったね!
実は今日のボクは長瀬智也じゃないんだ。
だってほら、足がそんなに長くはないだろ。
ふふん、今日のボクは城島茂さ。
3
一皮むけるさん

殻をパカッと、中からフワッと。
銀髪本田君は何人兄弟やねん?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一皮むけるさん

殻をパカッと、中からフワッと。
銀髪本田君は何人兄弟やねん?
3
うそーん?

前方に現れた稜線上部付近に今歩いている林道の延長線上であろう道が見えるねん。
「え〜!マジ?アソコまで行けってか?」。
ワナワナしながら地形図を確認。
「・・・」。
ホントだ・・・(凹むで)。
2016年03月31日 17:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うそーん?

前方に現れた稜線上部付近に今歩いている林道の延長線上であろう道が見えるねん。
「え〜!マジ?アソコまで行けってか?」。
ワナワナしながら地形図を確認。
「・・・」。
ホントだ・・・(凹むで)。
1
大人のお薬

重い湿雪が結構足に来て理想の展開とは言えない状況下に陥っている。
こんな時は焦らず一息入れましょうね。
キョロキョロキョロ・・、誰もいないな、よし!。
通信衛星に見られていりゃしょうがね〜。
今回もいけない18禁興奮剤に手を出してしまう。
2016年03月31日 17:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大人のお薬

重い湿雪が結構足に来て理想の展開とは言えない状況下に陥っている。
こんな時は焦らず一息入れましょうね。
キョロキョロキョロ・・、誰もいないな、よし!。
通信衛星に見られていりゃしょうがね〜。
今回もいけない18禁興奮剤に手を出してしまう。
2
核心

「な、なんじゃこりゃ〜!」。
本林道の最大核心にやってきた。
「白いデブがいっぱい!」。
マツコさんが斜面からいっぱい転げ落ちていて道を塞いでいる。
ふっふっふ、マツコさん、ど〜しちゃったの?
2016年03月31日 17:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心

「な、なんじゃこりゃ〜!」。
本林道の最大核心にやってきた。
「白いデブがいっぱい!」。
マツコさんが斜面からいっぱい転げ落ちていて道を塞いでいる。
ふっふっふ、マツコさん、ど〜しちゃったの?
3
超デンジャラスZONE

冗談抜きでいつまた右斜面からドーっ!と来るか分かんない。
ここは次々とマツコさんを踏みつけて速やかに通過せねば危なっかしくていけね〜べ。
気温の上がるこれからがもっとヤバい。
巨漢マツコさんに遭遇して押し流されたらひとたまりもない。
2016年03月31日 17:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
超デンジャラスZONE

冗談抜きでいつまた右斜面からドーっ!と来るか分かんない。
ここは次々とマツコさんを踏みつけて速やかに通過せねば危なっかしくていけね〜べ。
気温の上がるこれからがもっとヤバい。
巨漢マツコさんに遭遇して押し流されたらひとたまりもない。
2
ミステリーサークル???

雪面に謎のサークルが現れた。
これはいったい何ぞや?
まさかインデペンデンス・デイか?
ちょっと気分はウィル・スミスになってきた。
2016年03月31日 17:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミステリーサークル???

雪面に謎のサークルが現れた。
これはいったい何ぞや?
まさかインデペンデンス・デイか?
ちょっと気分はウィル・スミスになってきた。
1
待ってますた!ブナ林登場!

Millerさんは夏冬通じて初めてこの地を訪れたのですが以前からブナ林は立派であると噂は聞いていますたよん。
どらどら?
う〜ん確かにぶっといブナが結構あるジョ。
2016年03月31日 17:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ってますた!ブナ林登場!

Millerさんは夏冬通じて初めてこの地を訪れたのですが以前からブナ林は立派であると噂は聞いていますたよん。
どらどら?
う〜ん確かにぶっといブナが結構あるジョ。
2
長〜い・・・

結構高度が上がってきたジョ。
歩いてきた道のりを振り返ってみた。
随分と遠くまで来ちゃったもんだ。
帰りもまたあの道を歩かなならんのやねんな〜。
UFOに取っ捕まって送迎してもらいましょうかいな?
2016年03月31日 17:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長〜い・・・

結構高度が上がってきたジョ。
歩いてきた道のりを振り返ってみた。
随分と遠くまで来ちゃったもんだ。
帰りもまたあの道を歩かなならんのやねんな〜。
UFOに取っ捕まって送迎してもらいましょうかいな?
1
劔岳&毛勝三山

ツンツン劔はさすがに雪が積もりにくいのか黒々としちゃっているわな。
一方のお隣の毛勝はどっちゃりと雪が付いていますわね。
2016年03月31日 17:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
劔岳&毛勝三山

ツンツン劔はさすがに雪が積もりにくいのか黒々としちゃっているわな。
一方のお隣の毛勝はどっちゃりと雪が付いていますわね。
1
大笠山登場

この界隈の白山北方の雄に君臨する笈ケ岳と大笠山。
いや〜、真っ白でお素敵でございますわね。
2016年03月31日 17:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大笠山登場

この界隈の白山北方の雄に君臨する笈ケ岳と大笠山。
いや〜、真っ白でお素敵でございますわね。
5
大門山登場

西赤尾ゲート前から歩き始めて約3時間。
やっとこさ今日のラスボスを拝むことができますた。
真っ青なお空に真っ白なお姿。
理想の眺望に出会えてもう感激。
今日のノルマの95%は達成しちゃった気分だわ。
2016年03月31日 17:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門山登場

西赤尾ゲート前から歩き始めて約3時間。
やっとこさ今日のラスボスを拝むことができますた。
真っ青なお空に真っ白なお姿。
理想の眺望に出会えてもう感激。
今日のノルマの95%は達成しちゃった気分だわ。
1
林道ショートカット

雪面下に潜む隠れた魔のトラップが怖くて中々ショートカットが思い切れずバカ正直に林道を歩いてきますた。
せやけどそれでは時間ばっかり費やしちゃう。
イッチョここらで攻め込んでみますかいな。
2016年03月31日 17:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ショートカット

雪面下に潜む隠れた魔のトラップが怖くて中々ショートカットが思い切れずバカ正直に林道を歩いてきますた。
せやけどそれでは時間ばっかり費やしちゃう。
イッチョここらで攻め込んでみますかいな。
3
木々のスクリーン越しから
2016年03月31日 17:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々のスクリーン越しから
5
ドーン!

なんとまぁ、おビューティフル。
2016年03月31日 17:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドーン!

なんとまぁ、おビューティフル。
2
こちらは三方岩岳方面ね
2016年03月31日 17:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは三方岩岳方面ね
1
アナタは美しい

そして遠い。
かれこれ4時間くらい歩いてきたんだけどあのツンツンのてっぺんに立つにはあと何時間掛かんねん?
2016年04月01日 17:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アナタは美しい

そして遠い。
かれこれ4時間くらい歩いてきたんだけどあのツンツンのてっぺんに立つにはあと何時間掛かんねん?
2
ブナオ峠ご自慢のブナ林よん

ブナオ峠にジワジワと迫ってきたばい。
辺りはブナの木がハンパないくらいに密集しているねん。
こりゃ赤兎山の小原峠と匹敵するくらいのイケてるレベルでっせ。
2016年03月31日 17:17撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナオ峠ご自慢のブナ林よん

ブナオ峠にジワジワと迫ってきたばい。
辺りはブナの木がハンパないくらいに密集しているねん。
こりゃ赤兎山の小原峠と匹敵するくらいのイケてるレベルでっせ。
4
くあ〜!惚れ惚れしちゃう

しばし足が止まり豪快なブナ林を堪能する。
急がない急がない。
こんな良いコンディションはそうあらへんさかいな。
2016年03月31日 17:19撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くあ〜!惚れ惚れしちゃう

しばし足が止まり豪快なブナ林を堪能する。
急がない急がない。
こんな良いコンディションはそうあらへんさかいな。
4
爽快ブナ林道を行く
2016年03月31日 17:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽快ブナ林道を行く
2
樹間から望む大門山
2016年03月31日 17:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から望む大門山
3
吸い込まれていくブナWorld
2016年03月31日 17:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吸い込まれていくブナWorld
5
谷までブナがびっしり
2016年03月31日 17:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷までブナがびっしり
2
ブナオ峠

西赤尾から歩き始めて4時間チョイ、やっとこさブナオ峠に到着。
夏期ではここまで車が入れてここからPEAKまでヒョイなんでしょ。
私ゃ今からなんですよ。
もちろんヒョイって行ける体力はありませんわ。
ここからは足の裏にアイゼン選手をガッチンコさせましょー。
2016年03月31日 17:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナオ峠

西赤尾から歩き始めて4時間チョイ、やっとこさブナオ峠に到着。
夏期ではここまで車が入れてここからPEAKまでヒョイなんでしょ。
私ゃ今からなんですよ。
もちろんヒョイって行ける体力はありませんわ。
ここからは足の裏にアイゼン選手をガッチンコさせましょー。
4
快適ブナ尾根を攻める

やっとお山登りらしさがやってまいりますた。
中々登りごたえのある斜面やんか。
2016年03月31日 17:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適ブナ尾根を攻める

やっとお山登りらしさがやってまいりますた。
中々登りごたえのある斜面やんか。
2
SHADOW TIME
2016年03月31日 17:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SHADOW TIME
3
まんず咲く

今まで長い行程を進んできますたがお花らしいお花とは一つも出会えませんですた。
ここにきてようやく第一号とご対面であります。
2016年03月31日 17:27撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まんず咲く

今まで長い行程を進んできますたがお花らしいお花とは一つも出会えませんですた。
ここにきてようやく第一号とご対面であります。
7
ブナ越しから見えるのは?

お隣のおデブさんは猿ヶ山さんでいらっしゃいますね。
さらにその先に見えますのは我が本拠地の医王山さんよ。
2016年03月31日 17:27撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ越しから見えるのは?

お隣のおデブさんは猿ヶ山さんでいらっしゃいますね。
さらにその先に見えますのは我が本拠地の医王山さんよ。
1
ぬあっと急登
2016年03月31日 17:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぬあっと急登
1
締りの効いたクラスト斜面

アイゼンサクサク。
やっと春山っぽくなってきたばい。
2016年03月31日 17:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
締りの効いたクラスト斜面

アイゼンサクサク。
やっと春山っぽくなってきたばい。
2
振り返ると?

あちらに見えますのは南斗(南砺)六聖拳の雄姿達ではないかえ?
大滝山、人形山、三ツ辻山の精鋭達だな。
2016年03月31日 17:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると?

あちらに見えますのは南斗(南砺)六聖拳の雄姿達ではないかえ?
大滝山、人形山、三ツ辻山の精鋭達だな。
3
雪庇尾根

左に近寄ったら富山県まで落ちちゃいます。
ていうかここも富山県だった。
2016年03月31日 17:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇尾根

左に近寄ったら富山県まで落ちちゃいます。
ていうかここも富山県だった。
2
最高のブナライド

奥には大門連山の雄姿達。
2016年03月31日 17:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高のブナライド

奥には大門連山の雄姿達。
3
あ〜たまんね
2016年03月31日 17:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜たまんね
3
絶景!大展望地着

どひゃ〜!こりゃカッコイイ。
こんなの見られて超幸せやで?
辺りは広々、景観バッツリ。
メシをのんびりと食べるんならここだな。
2016年03月31日 17:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景!大展望地着

どひゃ〜!こりゃカッコイイ。
こんなの見られて超幸せやで?
辺りは広々、景観バッツリ。
メシをのんびりと食べるんならここだな。
5
爽快BLUE
2016年03月31日 17:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽快BLUE
2
南斗のレイとサウザー

南砺最強のお二方はやはり人形山と三ツ辻山でありましょう。
2016年03月31日 17:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南斗のレイとサウザー

南砺最強のお二方はやはり人形山と三ツ辻山でありましょう。
2
北アルプス登場

白馬連山から薬師岳にかけてズラズラズラ〜よ。
今日はあちらこちらで北アを眺めていらっしゃる方が多いでしょうね〜。
2016年03月31日 17:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス登場

白馬連山から薬師岳にかけてズラズラズラ〜よ。
今日はあちらこちらで北アを眺めていらっしゃる方が多いでしょうね〜。
2
飛騨の雄姿

こちらは白川郷方面よん。
冬期限定発売のいちご大福のような存在の猿ヶ馬場山ね。
今日も麓もお山も結構賑わっているんでしょうね。
右の武骨な山容は奥三方岳や三方岩岳でありますわよ。
2016年03月31日 17:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨の雄姿

こちらは白川郷方面よん。
冬期限定発売のいちご大福のような存在の猿ヶ馬場山ね。
今日も麓もお山も結構賑わっているんでしょうね。
右の武骨な山容は奥三方岳や三方岩岳でありますわよ。
2
武骨連山ZOOM
2016年03月31日 17:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武骨連山ZOOM
4
痩せ尾根がいやらすい

ここが一番怖い・・・。
夏期ですと鼻歌交じりで難なく通過できるんでしょうね。
だけどビビリのMillerさんには「ママ〜っ!」って叫びたくなる怖さやねん。
不動滝側にズッドーンと切れ落ちた谷が高度感満載やねん。
2016年03月31日 17:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根がいやらすい

ここが一番怖い・・・。
夏期ですと鼻歌交じりで難なく通過できるんでしょうね。
だけどビビリのMillerさんには「ママ〜っ!」って叫びたくなる怖さやねん。
不動滝側にズッドーンと切れ落ちた谷が高度感満載やねん。
1
恐怖のグサグサ地獄

お昼に近くなってきているので気温も上がり雪質は超グサグサやねん。
アイゼンの爪が全く効いてくれません。
この恐怖の狭い雪庇尾根でこのコンディションは拷問ですわ。
踏ん張ってもズリズリいっちゃうので怖くてたまらん。
2016年03月31日 17:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐怖のグサグサ地獄

お昼に近くなってきているので気温も上がり雪質は超グサグサやねん。
アイゼンの爪が全く効いてくれません。
この恐怖の狭い雪庇尾根でこのコンディションは拷問ですわ。
踏ん張ってもズリズリいっちゃうので怖くてたまらん。
1
立ちはだかる巨壁

恐怖の痩せ尾根を無事に通過し本日一番であろう急斜面前に到着した。
だけどまだPEAKまでの高低差はざっと200m以上はある。
このペースではPEAKに着く頃は12:30くらいになっちゃうかな〜?
2016年03月31日 17:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ちはだかる巨壁

恐怖の痩せ尾根を無事に通過し本日一番であろう急斜面前に到着した。
だけどまだPEAKまでの高低差はざっと200m以上はある。
このペースではPEAKに着く頃は12:30くらいになっちゃうかな〜?
3
心が折れた・・・

「やめた!者共撤収だ〜!」。
どう考えても時間が掛かり過ぎちゃっている。
帰りの行程も長いのでノンビリとメシを食う暇もあらへん。
せめてあと一時間早く出発をせなアカンかったわな〜。
ま、PEAK HUNTに固執しない主義ですので屈辱感いっぱいにはならないのが唯一の救いですけどね。
加賀の名武将、前田Milletr軍勢は初の大門攻めをここで断念し見切りを付ける。
先ほどの広々展望地まで降りてノンビリとメシしちゃおう。
2016年03月31日 17:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心が折れた・・・

「やめた!者共撤収だ〜!」。
どう考えても時間が掛かり過ぎちゃっている。
帰りの行程も長いのでノンビリとメシを食う暇もあらへん。
せめてあと一時間早く出発をせなアカンかったわな〜。
ま、PEAK HUNTに固執しない主義ですので屈辱感いっぱいにはならないのが唯一の救いですけどね。
加賀の名武将、前田Milletr軍勢は初の大門攻めをここで断念し見切りを付ける。
先ほどの広々展望地まで降りてノンビリとメシしちゃおう。
3
下山下山

北アルプス見ながらメシを食うで〜。
2016年03月31日 17:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山下山

北アルプス見ながらメシを食うで〜。
4
快適ブナ尾根をビュンビュン降る
2016年03月31日 17:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適ブナ尾根をビュンビュン降る
1
大門山を振り返る

ほんと素敵なところだな〜。
静かな雪の時期に来られて最高だったよん。
2016年03月31日 17:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門山を振り返る

ほんと素敵なところだな〜。
静かな雪の時期に来られて最高だったよん。
1
給食のお時間

とっくに11:00を過ぎちゃっいますた。
メシには丁度良い頃合いですわ。
今日も具沢山の塩ラーメンを洒落込みますよん。
やっぱ飯時はゆっくりとくつろがないとね〜。
2016年03月31日 17:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
給食のお時間

とっくに11:00を過ぎちゃっいますた。
メシには丁度良い頃合いですわ。
今日も具沢山の塩ラーメンを洒落込みますよん。
やっぱ飯時はゆっくりとくつろがないとね〜。
4
素敵な一時をアリガトー!

飯を食ってノンビリと一服が済んだら伊代伊代下山です。
2016年03月31日 17:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な一時をアリガトー!

飯を食ってノンビリと一服が済んだら伊代伊代下山です。
1
大門山&赤摩木古山
2016年03月31日 17:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門山&赤摩木古山
3
凛として一本檜
2016年03月31日 17:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凛として一本檜
2
猿ヶ山

確かヤツも南斗六聖拳の一座なはず。
この界隈にはBCさん好みの良いお山がいっぱいあるよね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿ヶ山

確かヤツも南斗六聖拳の一座なはず。
この界隈にはBCさん好みの良いお山がいっぱいあるよね〜。
3
再びブナオ峠

ここで今日のお山歩きはおしまい。
ここからは長〜い林道歩きで帰らなくちゃいけないねん。
2016年03月31日 17:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びブナオ峠

ここで今日のお山歩きはおしまい。
ここからは長〜い林道歩きで帰らなくちゃいけないねん。
1
ん?

何か近づいてきた。
なんとここでここで本日初の人と遭遇したのである。
サクサクと林道を上がってきたのは爽やかなBCお兄ちゃんでありますた。
こんな遅い時間からでも上がってくるのには驚いた。
お話を伺いますたら地元のお方らしく、後に調べましたらおそらくヤマレコユーザーさん(確信はないのでお名前は伏せておきます)ではないかと思うねん。
彼は「眺望の良い稜線まで行ってみるよ!」とサクサク登って行っちゃった。
2016年03月31日 17:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん?

何か近づいてきた。
なんとここでここで本日初の人と遭遇したのである。
サクサクと林道を上がってきたのは爽やかなBCお兄ちゃんでありますた。
こんな遅い時間からでも上がってくるのには驚いた。
お話を伺いますたら地元のお方らしく、後に調べましたらおそらくヤマレコユーザーさん(確信はないのでお名前は伏せておきます)ではないかと思うねん。
彼は「眺望の良い稜線まで行ってみるよ!」とサクサク登って行っちゃった。
2
最後にもう一度

素敵なブナオ峠の森とはいよいよお別れです。
今度来る時には残雪期の新緑シーンを青空の下で是非とも見てみたい。
そう固く誓ったのであった。
2016年03月31日 19:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度

素敵なブナオ峠の森とはいよいよお別れです。
今度来る時には残雪期の新緑シーンを青空の下で是非とも見てみたい。
そう固く誓ったのであった。
2
下山はワカンTIME

もうグサグサ雪には我慢ならね〜。
帰りは今シーズン初スタメンであるワカンのハットリ君を導入した。
2016年03月31日 17:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はワカンTIME

もうグサグサ雪には我慢ならね〜。
帰りは今シーズン初スタメンであるワカンのハットリ君を導入した。
1
幻の名峰登場

高貴な雰囲気を漂わす秀峰が現れた。
その名は笈ケ岳。
やはりこの界隈のお山の中では群を抜く気高さがある。
笈はどのアングルから見てもカッコイイですわね〜。
2016年03月31日 19:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻の名峰登場

高貴な雰囲気を漂わす秀峰が現れた。
その名は笈ケ岳。
やはりこの界隈のお山の中では群を抜く気高さがある。
笈はどのアングルから見てもカッコイイですわね〜。
1
ZOOM
2016年03月31日 19:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ZOOM
4
さらば大門山

また近いうちに必ずくるで。
新緑の緑と白い雪景色。
あ〜、想像するとたまんね〜。
2016年03月31日 19:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば大門山

また近いうちに必ずくるで。
新緑の緑と白い雪景色。
あ〜、想像するとたまんね〜。
1
出た!笈&大笠山コラボ!

はい拍手!
白山北方稜線の盟主であります。
槍&穂高と気高さでは双璧でありますね〜。
って深田さんも思っていたと思う。
2016年03月31日 19:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た!笈&大笠山コラボ!

はい拍手!
白山北方稜線の盟主であります。
槍&穂高と気高さでは双璧でありますね〜。
って深田さんも思っていたと思う。
4
さらば大門山&赤摩木古山
2016年03月31日 19:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば大門山&赤摩木古山
2
これで見納め

「さらば大門山!」。
さっきから何回さらばやってんねん?
いや、これで見納めかな〜と思っていたらまたヒョイと顔を出したものやさかいその都度見入ってしまうねん。
ほんでもこれでいよいよ最後やねん。
ありがとう大門山。
さようなら大門山。
アナタは素敵すぎました。
2016年03月31日 19:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで見納め

「さらば大門山!」。
さっきから何回さらばやってんねん?
いや、これで見納めかな〜と思っていたらまたヒョイと顔を出したものやさかいその都度見入ってしまうねん。
ほんでもこれでいよいよ最後やねん。
ありがとう大門山。
さようなら大門山。
アナタは素敵すぎました。
1
マンサク

登りの林道歩きでは気がつかなかったな〜。
心凹むつまらん林道歩きに喜びをもたらせてくれてとても嬉しい。
2016年03月31日 19:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マンサク

登りの林道歩きでは気がつかなかったな〜。
心凹むつまらん林道歩きに喜びをもたらせてくれてとても嬉しい。
2
緑と雪と土とブナと

う〜ん春だな〜。
和む。和ませてくれ〜。
※尚、帰りの林道のデブリ状況は更に悪化。
小規模ながらコンクリート製の法面をも含んだ土砂崩れが発生していた。
これが通過の際だったらと思うと肝が縮むむむ。
2016年03月31日 19:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑と雪と土とブナと

う〜ん春だな〜。
和む。和ませてくれ〜。
※尚、帰りの林道のデブリ状況は更に悪化。
小規模ながらコンクリート製の法面をも含んだ土砂崩れが発生していた。
これが通過の際だったらと思うと肝が縮むむむ。
1
コケと泉

林道斜面脇には沢山の泉が流れ出ているねん。
「ここの水もキンキンに冷えてうめ〜んだ」。
「え〜、コーヒーのお供にいかがっすか〜?」。
「ほれ、そこのお兄さん、今なら1Lで1000円にしてあげちゃうわよ〜!良かったわね〜」。
2016年03月31日 19:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケと泉

林道斜面脇には沢山の泉が流れ出ているねん。
「ここの水もキンキンに冷えてうめ〜んだ」。
「え〜、コーヒーのお供にいかがっすか〜?」。
「ほれ、そこのお兄さん、今なら1Lで1000円にしてあげちゃうわよ〜!良かったわね〜」。
2
駐輪場

あら?ここは城端線の駅裏でもないんですけれど自転車が停めてありますわよん。
それもエラい高価そうなチャリやんか。
私のイオンで買った9800円のサビサビママチャリと交換しちゃおうかしら?
(先ほどのBCお兄ちゃんのデポチャリよん。もしもここに妙な中国人が訪れたら間違いなく彼は下山時に歩いてゲートまで行かなくちゃならないわね)
2016年03月31日 19:47撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐輪場

あら?ここは城端線の駅裏でもないんですけれど自転車が停めてありますわよん。
それもエラい高価そうなチャリやんか。
私のイオンで買った9800円のサビサビママチャリと交換しちゃおうかしら?
(先ほどのBCお兄ちゃんのデポチャリよん。もしもここに妙な中国人が訪れたら間違いなく彼は下山時に歩いてゲートまで行かなくちゃならないわね)
1
イワウチワさん

「あ〜!初物GET!」。
ほとんどアスファルトと流れ落ちた土砂と落石ばかりで何のお花の姿も見せてくれない長い林道歩き。
言わずと知れて超飽き飽きMODE。
そんななかにほんのりピンクが斜面にあるのが目に止まった。
花だ!それも今年の初物だ。
2016年03月31日 19:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワさん

「あ〜!初物GET!」。
ほとんどアスファルトと流れ落ちた土砂と落石ばかりで何のお花の姿も見せてくれない長い林道歩き。
言わずと知れて超飽き飽きMODE。
そんななかにほんのりピンクが斜面にあるのが目に止まった。
花だ!それも今年の初物だ。
5
姫踊子草さん
2016年03月31日 19:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫踊子草さん
2
試合終了

長い長い雪の物語はこれにて終了。
尚、林道開通予定はご覧の通り。
今度来る時も林道開通前になりそうだな〜。
2016年03月31日 19:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
試合終了

長い長い雪の物語はこれにて終了。
尚、林道開通予定はご覧の通り。
今度来る時も林道開通前になりそうだな〜。
3

感想/記録

初夏から秋の紅葉時期にかけて沢山のハイカー様がお楽しみになられる大門山。
こちらは「加賀富士」とも呼ばれ石川県金沢以北側から眺めますと、まぁそれはそれは素晴らしく秀麗な山容をされていますて堂々の300名山にも選出されております。
アプローチは石川県側からの登山道がなく富山県南砺市側から林道(県道)が延びてブナオ峠からの入山となる。
大門山PEAKまでは2.7kmと短く比較的初心者入門的お山と言えよう。
とは申しますても、私、恥ずかしながら今の今までこちらに訪問した事がございませんですた。
某お山みたいに林道通行料金が掛かるわけでもありませんのに何故かTRYした事が無かったのよん。
やっぱ人が多いんじゃないかしら?ってのがネックだったのかもしれません。
となると「挑むなら静かな雪の時期だな」なんて思っていたわけなんですけれど、いかんせんアプローチが半端なく遠い。
そして極めて記録が少ないのでありますねん。
極少数ながらBCスキーヤー様の記録があった程度で、今回の私のようにハイカーTRY組は見つけられませんですた。
更にBC様がTRYした経緯では林道を使わずに尾根伝い経由で挑まれていらっしゃるので軟弱Millerさんには参考になりませぬ。
「う〜む・・・」。
情報が乏しい上に新参者がムタムタと入り込んでホンマに大丈夫かいな?と言う一抹の不安は正直ありますた。
猛者達の挑む厳冬期はもちろん私には無謀、やるなら春分が過ぎ陽が長くなりだした雪の締まる頃合い、もしくは新緑&残雪コラボ時期がBESTと踏んだ。
私の心の中の鉄が熱くなった。
「やるぞ!」。
ついつい比較してしまうのは先日挑んだ林道+赤兎山TRYである。
標高差や難易度、挑んだ時期等の条件がほとんど似通っているので然程抵抗は無かった。
いざ!

陽の上がる前の暗い中をゲート前から出発。
赤兎山の時と同様やはり林道歩きは、長いし、危ないし、落ち着かないし、つまんないし。
ヤングジャンプでも持ってくればよかった。
落石、デブリ、土砂崩れ等など恐怖の三本柱は健在、あちらこちらで多数発生していた。
正直「アンタ何が楽しいの?」ってなささやきがツブやく連続である。
なのに何がそうさせているのか?
その答えは、誠悲しいことに森好きになってしまった私の運命ってなモンでありましょう。
こちらのお山の売りはブナオ峠をはじめとした豪快なブナ林、そすて胸のスク眺望なのであります。
(まるで赤兎山と一緒やん)
そのお噂は予々耳に入っておりますた。
地元民であるにも関わらずこの素晴らしい森を楽しまね〜で真の森FANと言えますかいな。
軟雪地獄を乗り越えてやがてブナオ峠に到着。
「す、す、すげ〜や!」。
噂は本当であった。
ここのブナ林も5ツ星をあげちゃうわ。
人間苦労すると報われるってのはこの事だ。
来て良かった。アンタはエラい!ふふん。
快晴の下、この森に出会えただけで今日のMissionの99%は達成です。
残りの1%に掛けて更に上を目指すが気になるのは時間であります。
快適尾根をグングン登り詰めるが時間と共に気温が上がり雪質は賞味期限切れを起こしていた。
時間も押し迫ってきたし、今日のところはこの辺りで限界だな。
次回はブナの新緑とのコラボを楽しんでみよう。
そうと決まりゃメシだ、メシだ。
「PEAKを征しなければ負け戦」とお思いになられるお方もおいでますでしょう。
私のお山歩きの真髄はこの事に重点を置いていないので屈辱感が湧かない分、気分は楽チンでありますねん。
次回に楽しみができたと思えばワクワクするやん、それで良いのだ!

それでもな新緑の頃を迎えると絶対クマちゃんいるよな・・・。
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ