ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838087 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

■見上げれば西穂ブルー!【西穂高岳独標】やはり北アは素晴らしい♪

日程 2016年03月31日(木) [日帰り]
メンバー mizutamari(記録), yukidamari(CL)
天候快晴 遠景は霞空
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
新穂高ロープウェイ登山者用駐車場は無料。
(※4月1日からは有料らしい)
ロープウェイの始発は、この日は9時でした。
ロープウェイの割引券を直前にコンビニで購入したので
大人1人往復2900円が2300円に。
あと手荷物6kg以上は片道300円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間41分
休憩
1時間45分
合計
5時間26分
S西穂高口(千石平)09:3210:00旧ボッカ道分岐10:0110:38西穂山荘10:5611:14西穂丸山12:13西穂独標12:5113:14西穂丸山13:2213:32西穂山荘14:1114:34旧ボッカ道分岐14:3514:58西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは新穂高登山指導センター前にあります。
トイレは新穂高登山指導センター、ロープウェイ各駅、西穂山荘にあります。
西穂高口〜西穂山荘は、この日は前日に降雪があったのでアイゼン無しでも行けました。ワカン、スノーシューなどは要らないです。
西穂山荘から先は前爪のあるアイゼン、ピッケル要。もう春だからと装備を怠ってはいけないと思います。できたらへルメットもあった方が安心かと。
独標直下は雪が凍っていたり緩んでいたりのミックス。
鎖のない箇所の直下の下りは雪が緩みがちなので特に要注意。登ることはできても下れるかどうか考えて登るべき。自信のない人は無理しないのも全然ありだと思います。
その他周辺情報温泉は下山後近辺にたくさんあります。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 地図 ピッケル コンパス 笛(ザック付属) 筆記具 保険証 飲料 ティッシュ 手袋(3) 細引き スマホ 12本爪アイゼン ハードシェル 防寒着 ストック 水筒 時計(高度計付) 非常食 財布 折りたたみ座布団 サバイバルシート 帽子・サングラス 雪山用スパッツ フェイスマスク ヘルメット
共同装備 バーナー ファーストエイドキット 医薬品 カメラ(2) コッヘルセット ボンベ&バーナー レジャーシート ライター アーミーナイフ ウェットティッシュ 携帯簡易トイレ(2) ツェルト(2人用) ハンディGPS
備考 ひっぷそり

写真

予報どおり晴れ。
駐車場からはいつものように白いお山たちが迎えてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報どおり晴れ。
駐車場からはいつものように白いお山たちが迎えてくれました。
3
9時の始発に乗るために乗り場にGO。
平日なのに観光客が多い。
特に中国系の人。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時の始発に乗るために乗り場にGO。
平日なのに観光客が多い。
特に中国系の人。
1
ロープウェイを2つ乗り継いで西穂高口。
ここから出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイを2つ乗り継いで西穂高口。
ここから出発。
展望台に西穂くんの背中が見える。
帰りに寄れたら寄るねー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台に西穂くんの背中が見える。
帰りに寄れたら寄るねー!
1
前夜雪が降ったらしい♪
嬉しいもふもふ!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前夜雪が降ったらしい♪
嬉しいもふもふ!!!
西穂高岳が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳が見えてきた。
わーお♪
三度目なのにこのワクワク感はなにw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わーお♪
三度目なのにこのワクワク感はなにw
2
今日登る独標をズーム。
黒々としているのが独標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日登る独標をズーム。
黒々としているのが独標。
10
標高2000超えは久々だし、ゆっくり登ろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2000超えは久々だし、ゆっくり登ろう。
1
双六方面。
真っ白け。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六方面。
真っ白け。
2
新雪でもふもふなので歩きやすい。
ツボ足で登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪でもふもふなので歩きやすい。
ツボ足で登ります。
これいつからあるんだろうね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これいつからあるんだろうね〜。
5
さぁ、登りが始まった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、登りが始まった。
踏み跡の歩幅が私にとてもしっくりきてて歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡の歩幅が私にとてもしっくりきてて歩きやすい。
なので結構楽に登れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なので結構楽に登れました。
この辺りの雪は粒が大きい。。。
ビーズクッションのビーズのよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの雪は粒が大きい。。。
ビーズクッションのビーズのよう。
景色も見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色も見えてきた。
1
西穂山荘までもうすぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘までもうすぐ。
結構雪が残ってますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構雪が残ってますね。
あんな入口あったんだ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんな入口あったんだ?
装備を整えて独標に向かう。
とりあえずピッケルはもう少しあとで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装備を整えて独標に向かう。
とりあえずピッケルはもう少しあとで。
1
霞沢岳。
だいぶ雪がとけている様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳。
だいぶ雪がとけている様子。
1
風が少しある。冷たい。
けれど厳冬期ほどではない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が少しある。冷たい。
けれど厳冬期ほどではない。
2
笠ヶ岳はまだ真っ白。
思い出深いお山の一つ。(´∀`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳はまだ真っ白。
思い出深いお山の一つ。(´∀`)
2
空気の薄さも空の青さもやはり違う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気の薄さも空の青さもやはり違う。
1
さてさて何かが見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてさて何かが見えてきた。
1
振り返ると焼岳と乗鞍岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると焼岳と乗鞍岳。
2
昨夜の雪でお化粧直ししたのかな?
思ったより全然真っ白で嬉しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜の雪でお化粧直ししたのかな?
思ったより全然真っ白で嬉しい!
2
シュカブラ。
今季初に見たかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラ。
今季初に見たかも。
丸山通過〜。

この辺りで先を歩いていた単独の男性が引き返してきて「頭が痛くなってきたので戻ります」とのこと。
「お気をつけて」とお互い声をかけ合う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山通過〜。

この辺りで先を歩いていた単独の男性が引き返してきて「頭が痛くなってきたので戻ります」とのこと。
「お気をつけて」とお互い声をかけ合う。
3
この辺りからはストックを仕舞ってピッケルを装備。
あ、もちろんヘルメットも。
どちらも今季初めて使う気がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからはストックを仕舞ってピッケルを装備。
あ、もちろんヘルメットも。
どちらも今季初めて使う気がする。
5
足が少し重い。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足が少し重い。。。
さすがに2500辺りになると少し息苦しい。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに2500辺りになると少し息苦しい。

頭もちょっと痛い。。。
テンション高いから平気だけどねー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭もちょっと痛い。。。
テンション高いから平気だけどねー!
3
シュカブラ〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラ〜♪
景色良い〜♪
気持ちいい〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色良い〜♪
気持ちいい〜♪
3
あの笠ヶ岳の長い稜線上を歩いたんだよ。。。
こう見るとすごーい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの笠ヶ岳の長い稜線上を歩いたんだよ。。。
こう見るとすごーい!
2
独標が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標が見えてきた。
4
西穂ブルー♪
こんなにも青いなんて♪(´∀`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂ブルー♪
こんなにも青いなんて♪(´∀`)
2
ピラミッドピーク。
夏にあそこを通過した♪
また行きたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク。
夏にあそこを通過した♪
また行きたい。
1
ちょっと遠くは霞がかかってる。
春はこれだから。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと遠くは霞がかかってる。
春はこれだから。。
しんどくなったら振り返って景色を楽しむ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しんどくなったら振り返って景色を楽しむ。
3
前穂と明神。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂と明神。
10
厳冬期に比べると鋭さがあまりない。
霞沢岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳冬期に比べると鋭さがあまりない。
霞沢岳。
ニョキニョキと前穂かな。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニョキニョキと前穂かな。。。
今日の独標直下はどうなってるんだろう。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の独標直下はどうなってるんだろう。。。
シュカブラ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラ〜。
1
帰りにラーメン食べるからボヤボヤしてられないね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りにラーメン食べるからボヤボヤしてられないね。
4
独標とピラミッドピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標とピラミッドピーク。
1
どーーーんと独標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どーーーんと独標。
2
雪庇には近づかないように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇には近づかないように。
1
もうすぐもうすぐ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐもうすぐ♪
2
吸い込まれそうな谷合い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吸い込まれそうな谷合い。
1
岩場をちょっと越えて。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場をちょっと越えて。。。
ガチガチに凍ってるところは避けて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガチガチに凍ってるところは避けて。
1
核心部。
ここからは鎖なし。
登れても下れるか一瞬考えた。。。
滑り落ちると谷にそのまま・・・なので。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部。
ここからは鎖なし。
登れても下れるか一瞬考えた。。。
滑り落ちると谷にそのまま・・・なので。
2
慎重に。
アイゼンとピッケルをしっかりと雪面に突き刺しながら登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に。
アイゼンとピッケルをしっかりと雪面に突き刺しながら登る。
6
無事独標着〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事独標着〜。
2
独標からの眺め
ピラミッドピーク、西穂高岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からの眺め
ピラミッドピーク、西穂高岳。
2
独標からの眺め➁
奥穂と前穂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からの眺め➁
奥穂と前穂。
5
独標からの眺め➂
焼岳と乗鞍岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からの眺め➂
焼岳と乗鞍岳。
2
独標からの眺め➃
霞沢岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からの眺め➃
霞沢岳。
1
独標からの眺め➄
笠ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からの眺め➄
笠ヶ岳。
2
独標からの眺め➅
奥穂高岳ズーム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からの眺め➅
奥穂高岳ズーム。
4
独標からの眺め➆
一番奥は黒部五郎岳?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からの眺め➆
一番奥は黒部五郎岳?
2
笠ヶ岳を眺めながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳を眺めながら。
6
久々の北ア、サイコー♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々の北ア、サイコー♪
15
今日も晴れをありがとう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も晴れをありがとう!
13
久々のポーズ。(好きだね〜w)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々のポーズ。(好きだね〜w)
3
同じ頃独標にいた単独の方に撮っていただきました。
ありがとうございます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ頃独標にいた単独の方に撮っていただきました。
ありがとうございます!
18
速やかに下山開始。
ここを下りるのが一番大変。
滑落すると止まらないのでピッケルのピック部分を突き刺しながら後ろ向きで下りる。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
速やかに下山開始。
ここを下りるのが一番大変。
滑落すると止まらないのでピッケルのピック部分を突き刺しながら後ろ向きで下りる。。。
3
あ〜、、、独標でピッケルクロスするの忘れました。。。
なのでちょっと下りた眺めのいいところで。
今季初。(めちゃ久しぶり)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜、、、独標でピッケルクロスするの忘れました。。。
なのでちょっと下りた眺めのいいところで。
今季初。(めちゃ久しぶり)
6
そういえばこの辺りでソロの外国人とすれ違う。
装備が、、、あれでは絶対に独標無理な気がする。
別の登山者に止められているのだといいのだけど。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そういえばこの辺りでソロの外国人とすれ違う。
装備が、、、あれでは絶対に独標無理な気がする。
別の登山者に止められているのだといいのだけど。。。
1
薄〜い。。。。雪波。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄〜い。。。。雪波。
さぁ、ゆっくり雪山を楽しみながら下ろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、ゆっくり雪山を楽しみながら下ろう。
思ってたよりずっと雪があって良かった〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ってたよりずっと雪があって良かった〜♪
丸山でまたピッケルクロス。
笠ヶ岳をバックに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山でまたピッケルクロス。
笠ヶ岳をバックに。
西穂ありがとー!!
また来るねー! (´∀`)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂ありがとー!!
また来るねー! (´∀`)ノ
あと少し〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し〜。
山荘に到着〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘に到着〜。
味噌ラーメンいただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
味噌ラーメンいただきました。
9
ニセ穂くん、、、なんだか可哀想なことに。。。(´;ω;`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセ穂くん、、、なんだか可哀想なことに。。。(´;ω;`)
さて、帰りますか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、帰りますか。
帰りに見つけたキモ可愛いもの。。。
ガチャピン?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに見つけたキモ可愛いもの。。。
ガチャピン?
2
15分のロープウェイに間に合いそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分のロープウェイに間に合いそうです。
1
ロープウェイからの眺め。
西穂高岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイからの眺め。
西穂高岳。
4
ロープウェイからの眺め。
槍も見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイからの眺め。
槍も見えました。
1
鍋平高原で乗り換え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋平高原で乗り換え。
駐車場着。
あ〜、、、楽しかった。^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場着。
あ〜、、、楽しかった。^^
1

感想/記録

27日に守門大岳に登ったばかりなのだけど、
平日にお休みが取れたのでまたまたお山に行くことに。
せっかくなので北アの西穂独標にサクっと登ることに決定。
久々に遠くまで運転した気がする。。。
松本ICからが遠いですね〜。(;´∀`)

8時頃に新穂高ロープウェイ登山者用駐車場に到着。
9時の始発に間に合うように準備。
平日なのに観光客多い〜。。。
(観光客はさ、始発に乗らなくてもいいじゃん。。。といつも思う。ダメ?)

RWを乗り継いで西穂高口に出る。
とりあえずストックだけ出して出発。
予想外に雪がもふもふっ!!
昨夜降雪があったようで、それだけでテンションが上がる。

西穂高口で標高2156m。
久々の2000超えなので、慌てずゆっくり歩く。
先行者の歩幅がとてもしっくりきて歩きやすいのもあって思ったより楽に登れた。
1時間ほどで西穂山荘へ到着。
山荘前のニセ穂くんが、、、、、、無残な姿だった。。。(´;ω;`)

アイゼン、ヘルメットを装備して出発。
もう以前ほど雪はないと思っていたのだけど、景色は厳冬期に来たときとあまり変わらなかった。違うのは風の冷たさだけ。
それでも顔にずっと当たると冷たいのでフェイスマスクをしたのだけど雪焼けも防ぐことができてちょうどいい感じ。
オーバー手袋も用無し。
とにかくお天気がいいのでテンション上げ上げの稜線歩き。(´∀`)
それでもちょっと息切れがしたり足が重くなったりするので
身体を標高に慣らしながらゆっくり登る。

丸山でWストックからピッケルに装備変更して歩いていると、
前を歩いていた単独の男性がUターンして戻ってきた。
「頭が痛くなってきたので引き返します。」とのこと。
「その方がいいですね。お気をつけて。」と声をかけて別れる。
そういう撤退も大事だよね。

登るにつれて空がますます青くなる。
澄みきった西穂ブルー♪(´∀`)
遠景は残念ながら霞がかかっていてモヤモヤとしているが、目の前には真っ青な空が広がっていた。

そして独標直下。
雪が残る岩稜を登る。
始めは鎖が出ているので鎖を頼りに登れたが、途中からは鎖はなし。
ここで一瞬考えた。
「登りは登れても下れるか?」←これ大事。
鎖場から先は雪の上に小さくステップが切られているが、雪面が少し緩くアイゼンの爪だけでは心もとない。
手をついて這い上がる形でも雪が緩めなので滑る可能性大。
なのでピッケルのピック先を雪面に深くぶっ刺しながら一歩ずつ確実に登った。
ここで「ああ、アイスバイル2本あればなぁ。。。」なんて思ってしまった。

そして誰もいない独標着。
目の前にはピラミッドピークと西穂高岳。
そしてその向こうには奥穂と前穂。
霞がかかっているものの、360度の絶景を楽しめた。
二度目の積雪期の独標だけど、やっぱり良いね。
来てよかった♪
その後単独の男性が登ってきたので登頂の写真を撮り合い、
「後ろ向きで下りた方が良さそうですね」等会話する。
そして雪が今以上に緩む前に早速下山することにした。

後ろ向きになって確実に雪面にアイゼンの前爪とピッケルのピックを突き刺しながら下る。やっぱりバイル2本あったら楽かもw
核心部を無事に通過した後、
「あ、独標でピッケルクロスするの忘れてた。。。」と思い出す。
仕方ないので少し移動してピッケルがうまく刺さる場所でピッケルクロス。
今年はピッケル自体を使うようなお山には登らなかったので今季初ですよ〜。

そういえばこの辺りで外国人の方とすれ違う。
ジャージーの上下?みたいな装備。
そばに日本人がいたので連れかと思ったけれど違うみたい。
よく考えたらその外国人の人、アイゼンつけてなかったんじゃ?
小さいザックを背負っただけでピッケルも持ってなかった。
独標直下、例え登ることができても下りはピッケルないと無理だよ。。。
あの日本人の登山者に諭されて諦めてくれればいいんだけど。。。
気になりながらも私たちは下山する。

そして西穂山荘着。
味噌ラーメンを注文。
なんだか前食べた時と味が違うような気がしたんだけど。。。
気のせいかな?
少しすると例の外国人が山荘に帰ってきた。
登ったのかな?それとも諦めた?
真相はわからず。

14時過ぎに山荘を出発。
尻セードの跡があって滑り降りたけど雪が融け始めているので冷た〜い。
お尻が濡れると嫌なので二箇所ほど滑って後は楽せず歩きました。
15時に西穂高口に到着。
時間がなかったので展望台の西穂くんに会いに行けなかった。。。
15分のロープウェイに乗って下山。

先週、先々週と新潟の雪のある1500クラスのお山に登ったけれど、
やはり2000超える北アルプスとなると全然違うんだな〜と改めて思った。
独標直下で少し緊張したけれど、お天気も良く、
雪も予想以上にモフモフだったので思いのほか充実した山行になった。
たまにはこうした緊張感も必要なんだな〜。

あー、、、あと一度は雪山楽しみたい。。。






訪問者数:381人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/10
投稿数: 111
2016/4/4 13:01
 ご無沙汰ですね〜
こんにちは!ご無沙汰しております。体調も回復したようで良かったですね。心配しておりました
積雪期の独標、いつかは行ってみたい〜♪ やっぱり独標直下は怖そうですね。とくに下り。ピッケルをぶっさして、アイゼンで足元確認しても怖そう
その前に無積雪期にも登っておかなきゃですね! 
軽装備の方をみると、こっちもハラハラドキドキですよね。

残雪期、どこに登ろうか思案中です  
とっても参考になりました〜
登録日: 2009/12/8
投稿数: 1065
2016/4/4 22:50
 nori1496さん。^^
こんばんはー!
コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しています。m(_ _"m)

noriさんも今季は雪山装備揃えられましたもんね!
積雪期の西穂独標、雪がほどよくある時期で晴天であれば比較的登りやすいお山なので来季には挑戦もいいかもです。ほんと怖いかな〜と思うのは独標直下だけ。
以前厳冬期に登ったときの方が雪がしっかり締まっててむしろ登りやすかったという。。。
その前にやっぱり夏に一度西穂高岳まで歩かれるのもいいと思いますよ。^^
これから残雪期。
夏季に登ったお山でも雪があると全然違うお山のように感じたりするので
ぜひぜひ色々と挑戦してみてくださいねー。
登録日: 2013/10/18
投稿数: 1631
2016/4/5 14:55
 晴れてナンボ
守門大岳に続いてのブルーゲット!おめでとう!
この冬のモヤモヤ感?もだいぶ(or多少)吹き飛んだのでは?
私もつい先日登った山なので、思い入れ深く拝見させてもらいました。
ニシホ君(ニセホ?)は顔面崩壊(マイ○ルジャ○ソン状態?)でしたね(笑)。
以前に夏に登られたときのレコを記憶していたので、いま改めて見たら夏道ではあんなゴーロになるんですね(特に西穂高口〜山荘)。冬はいかに雪の恩恵に預かっているということですね。
夏レコを見た当時はあまり意識して見ていませんでしたが、柏原新道さえ苦手な私、夏に西穂高本体までと考えていたけど、ちょっと引くなあww
今週末の山行(イヒヒ)、ブルーで行きたいなと思いを強くしました
登録日: 2009/12/8
投稿数: 1065
2016/4/5 17:35
 tsukadonさん。^^
こんにちは〜。
コメントありがとうございます。

やっと春になってブルースカイをゲットですよ。
ずっとモヤモヤしていたので今回の西独でスカッとしました。
ニセホ君は、西穂くんが展望台に本物がいるので、その偽物で前回「ニセホくん」って勝手に名付けました。
前はもっとでかくて頼もしかったのになぁ。
夏にはぜひ西穂高岳を目指してください。
なあに、ロープウェイの最終に間に合わせなきゃなので下りのゴーロの記憶は何一つありませんからw
鹿島槍よりは楽ですよ。
今週末のブルースカイ、願掛けのコメントありがとうございました。m(_ _"m)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ