ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838193 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日高山脈

芽室岳〜ルベシベ山

日程 2016年03月27日(日) 〜 2016年03月30日(水)
メンバー nakasonegrpn(CL), spoongalaxyhiroponf, その他メンバー1人
天候ほぼ好天
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間30分
休憩
0分
合計
1時間30分
Sスタート地点10:4012:10山小屋芽室岳
2日目
山行
6時間20分
休憩
0分
合計
6時間20分
山小屋芽室岳06:1011:25芽室岳12:30二つ池のコル
3日目
山行
10時間20分
休憩
40分
合計
11時間0分
二つ池のコル06:1509:45雪盛山09:1014:30ルベシベ山分岐15:0016:00ルベシベ山16:1016:40ルベシベ山分岐
4日目
山行
6時間40分
休憩
0分
合計
6時間40分
ルベシベ山分岐07:1511:45林道終点11:4013:50美生ダムG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3/27 10:40出発→12:10小屋着=C1

美生ダムに車をデポし、別の車で出発地点へ。最悪の想定より1.3km多く入れた。小屋は薪が豊富で暖かく快適だった。

3/28 6:00小屋出発→11:25芽室岳ピーク→12:30二つ池のコル=C2

この日は延々登り続ける日。登っている間の天気は悪くはないがよくもなかった。ピーク直下は結構カリカリだったが、緩やかだったので十分シーアイゼンで行けた。直下では風は少し強かった。そして何事もなく二つ池のコルへ。稜線上だが、夏は池っぽいくぼみにテントを張った。この晩は天気がよく、道具が良く乾いた。

3/29 6:15出発→9:45雪盛山-10:10?→14:30ルベシベ分岐にてデポ-15:00→16:00ルベシベ山ピーク-16:10→16:40ルベシベ分岐=C3

この日は一番大変な日だった。天気はずっと良かった。出発してから雪盛山(※雪盛山というのは・1726の俗称)登りまでは何もなかった。稜線上はずっと木が生えていた。雪盛山の登りの中間くらいだっただろう、稜線真上ではなくて側面を登っていた時、シーアイゼンで登っていたのだがGtが10mくらい滑落してしまった。木をつかんで止まった。このときは大したスピードでなくずりずりと落ちていく感じだったので僕はあまり危険だと思わなかったがGtはトラウマになっていたらしい。このときの雪はスキーで踏めば少し沈むくらいだった。そのまま直下までシーアイゼンで登り、直下5mくらいはツボで登った。天気が良かったので雪盛山で少し休み、雪盛山の下りからEPシートラにした。雪盛山の次のポコが終わるくらいまでシートラしてそこからシーアイゼンで進んだ。ここからの稜線は雪盛山以前の稜線より細くて稜線真上を行くのは危険だったので樹林内を進んだ。樹林内は固いところが割とあってシーアイゼンを器用に扱わなければならないシーンが少なくなかった。そこでSgが7mくらい滑落してしまった。木にしがみついて止まった。今回はスピード出てて怖かった。そこでEPシートラにしてルベシベ分岐まで行った。スキーがいい場面が出てきたりやEPがいい場面出てきたりで結局スキーには戻せなくてつらかった。聞いてた話と違う!ルベシベ分岐でデポして天気がいい今日中にルベシベ山にアタックすることにした。ルベシベ山の登りははじめはシーアイゼン、ポコを超えたあたりでEPにした。ハイマツや岩が少し露出していたがいやらしいところなどは一つもなかった。ルベシベからのピークはすべてを見渡せて気持ちが良かった。後は順当に引き返して無事テントに逃げ込めた。少し掘り下げてブロック積んだが強風が吹くことはなかった。ビーコンのトラブルと僕の心が折れてしまったために、本当はもう一つテン場を移動し1967峰・ピパイロ岳をアタックして帰る予定をエスケープした。

3/30 7:15出発→11:15林道終点-11:45→13:50車=下山

ルベシベ分岐からエスケープへの乗越はポコ前後でEPシートラ。あとは下るだけ。渡渉はSBは近場には見つからなかったので点石渡渉した。点石渡渉は容易だった。林道も特に何もなし。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スキー シール ストック 手袋 目出帽 ゴーグル ビーコン ゾンデ スコップ アイゼン ピッケル シーアイゼン 食器 サングラス
共同装備 フライ ラジオ 医薬品 修理具 予備シール コッヘル ドラゴンフライ

写真

ここから出発
2016年03月27日 10:22撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから出発
2
山小屋芽室岳には薪とストーブあり。ありがたい
2016年03月27日 13:52撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋芽室岳には薪とストーブあり。ありがたい
2
2日目、芽室岳。タイミング悪く荒れ気味な天気
2016年03月28日 11:23撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目、芽室岳。タイミング悪く荒れ気味な天気
5
すぐさきの二つ池のコルにテントを張る
2016年03月28日 15:53撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐさきの二つ池のコルにテントを張る
5
3日目
2016年03月29日 08:04撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目
4
ルベシベ分岐からの登りはじめ
2016年03月29日 15:06撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルベシベ分岐からの登りはじめ
2
ルベシベピークからチロロ岳方面の稜線。
2016年03月29日 15:55撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルベシベピークからチロロ岳方面の稜線。
3
4日目。ルベシベ分岐から・1644の登りはアイゼンにした。
2016年03月30日 07:45撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日目。ルベシベ分岐から・1644の登りはアイゼンにした。
5
最後の渡渉は盤石なスノーブリッジは見当たらなかったので点石渡渉。それでも楽勝
2016年03月30日 11:33撮影 by DSC-TF1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の渡渉は盤石なスノーブリッジは見当たらなかったので点石渡渉。それでも楽勝
4
訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ