ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838391 全員に公開 ハイキング比良山系

2週連続の武奈ヶ岳(御殿山・中峠・ワサビ平)

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー Yottiemifo
天候曇り。標高800m付近から山頂までの稜線上は強風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
葛川市民センターの駐車場に停めさせていただきました。今日はガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間22分
休憩
1時間35分
合計
6時間57分
S坊村08:2309:40846m地点09:44夏道冬道分岐付近09:5410:36御殿山10:42ワサビ峠11:23武奈ヶ岳12:1312:22コヤマノ分岐12:28パノラマコース分岐12:33コヤマノ岳12:51中峠12:5613:07ワサビ平13:1713:32ワサビ峠13:3313:38御殿山13:4214:11846m地点14:1214:28690m付近の丸太ベンチ14:4215:20坊村G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登り:坊村から御殿山コースで御殿山、西南稜経由で武奈ヶ岳山頂。
下り:武奈ヶ岳山頂よりコヤマノ岳、中峠、ワサビ平、ワサビ峠、御殿山経由で下山。

登り、下りとも夏道を通りました。
コース状況/
危険箇所等
一部滑りやすい箇所がありました。コヤマノ岳から中峠までは踏み跡が解りにくい箇所がありました。ワサビ平からワサビ峠へは荒れ気味でした。
その他周辺情報坊村のトイレ隣、バス停近くにある茶房さんでよもぎそばをいただきました。うまかった〜〜(800円)。

帰りにくらま温泉で汗を流しました(1000円)。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ フリース ソフトシェル ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着(ダウン) 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料(水1L・スポーツ飲料500ml X 2) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ ジェットボイル

写真

登山ポストに登山届けを提出して、いざ出発〜〜
2016年04月02日 08:24撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストに登山届けを提出して、いざ出発〜〜
4
いつものように、この橋を渡ります。
2016年04月02日 08:24撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものように、この橋を渡ります。
2
さあ、いよいよ登山口。先週はイン谷口からでしたが、今日は御殿山コースで。
2016年04月02日 08:27撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、いよいよ登山口。先週はイン谷口からでしたが、今日は御殿山コースで。
1
いざ出発。と、思ったら足元に可愛らしい花が。何やろか?
2016年04月02日 08:28撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ出発。と、思ったら足元に可愛らしい花が。何やろか?
4
植林と自然林の境目〜。
2016年04月02日 08:49撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林と自然林の境目〜。
2
黙々と登る嫁。
2016年04月02日 09:18撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々と登る嫁。
1
曇ってましたが、時々青空が見えたりして、テンションが上がります。
2016年04月02日 09:19撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇ってましたが、時々青空が見えたりして、テンションが上がります。
新しい看板が!稜線に乗ると、一気に風が強くなりました。
2016年04月02日 09:34撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい看板が!稜線に乗ると、一気に風が強くなりました。
2
夏道冬道分岐到着。標高を上げると、ますます風が強くなります。ここで休憩し、レイヤリングを調整することに。長Tとベストの上に着てた薄手のソフトシェルをハードシェルに変更。今日は夏道で登ります。
2016年04月02日 09:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道冬道分岐到着。標高を上げると、ますます風が強くなります。ここで休憩し、レイヤリングを調整することに。長Tとベストの上に着てた薄手のソフトシェルをハードシェルに変更。今日は夏道で登ります。
2
夏道冬道合流点に到着。風は強いし天気もイマイチ。山頂はどんな感じやろか?
2016年04月02日 10:19撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道冬道合流点に到着。風は強いし天気もイマイチ。山頂はどんな感じやろか?
3
薄っすらガスが出てきました。ってか、雲の中ですね。
2016年04月02日 10:28撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄っすらガスが出てきました。ってか、雲の中ですね。
2
御殿山山頂が見えてきました。
2016年04月02日 10:35撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山山頂が見えてきました。
御殿山山頂です。
2016年04月02日 10:36撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山山頂です。
3
西南稜は見えません。雲の中です。
2016年04月02日 10:36撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西南稜は見えません。雲の中です。
御殿山からワサビ峠へ向かいます。時々下界が見えます。下界は晴れてる?
2016年04月02日 10:40撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山からワサビ峠へ向かいます。時々下界が見えます。下界は晴れてる?
2
ワサビ峠に到着。
2016年04月02日 10:42撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ峠に到着。
1
西南稜は雲の中。
2016年04月02日 10:58撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西南稜は雲の中。
1
風が強く、雲が凄い勢いで移動してます。ちらりとこの先の西南稜が見えました。
2016年04月02日 10:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強く、雲が凄い勢いで移動してます。ちらりとこの先の西南稜が見えました。
強風の西南稜を進みます。
2016年04月02日 11:04撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風の西南稜を進みます。
3
雲の中のケルン。武奈さまは雲の中。
2016年04月02日 11:08撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の中のケルン。武奈さまは雲の中。
1
振り向くとこんな感じ。
2016年04月02日 11:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くとこんな感じ。
何となく山頂が見える?
2016年04月02日 11:20撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何となく山頂が見える?
山頂が近づいてきましたが、東からの強風が〜〜。
2016年04月02日 11:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近づいてきましたが、東からの強風が〜〜。
3
山頂直下。振り向くと嫁が強風と戦ってました。
2016年04月02日 11:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。振り向くと嫁が強風と戦ってました。
2
山頂に到着!奇跡的に一瞬青空が!
2016年04月02日 11:23撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着!奇跡的に一瞬青空が!
5
あまりにも風が強く、笑うしかありません。強風の中、写真を撮っていただいた方、ありがとうございました。
2016年04月02日 11:29撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりにも風が強く、笑うしかありません。強風の中、写真を撮っていただいた方、ありがとうございました。
6
山頂の西の岩陰にまわると、驚くほど静かです。山頂の岩場がいい風除けに!ここで昼飯に。ほんの数メートルで雲泥の差です。
2016年04月02日 11:41撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の西の岩陰にまわると、驚くほど静かです。山頂の岩場がいい風除けに!ここで昼飯に。ほんの数メートルで雲泥の差です。
1
昼飯を終え下山開始。帰りは中峠からワサビ平経由でワサビ峠に向かいます。コヤマノ分岐へ向かいます。振り向くも、武奈さまは何処に?雲の中です。
2016年04月02日 12:24撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼飯を終え下山開始。帰りは中峠からワサビ平経由でワサビ峠に向かいます。コヤマノ分岐へ向かいます。振り向くも、武奈さまは何処に?雲の中です。
2
コヤマノ岳通過。風はだいぶマシな感じです。
2016年04月02日 12:34撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳通過。風はだいぶマシな感じです。
1
コヤマノクラウン。
2016年04月02日 12:36撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノクラウン。
1
中峠へ向かう踏み跡は少し解りにくいかな。
2016年04月02日 12:41撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠へ向かう踏み跡は少し解りにくいかな。
1
中峠通過〜
2016年04月02日 12:51撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠通過〜
1
ワサビ平に向かいます。熊が住んでそう。
2016年04月02日 13:03撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ平に向かいます。熊が住んでそう。
3
ワサビ平に到着。少し休憩。
2016年04月02日 13:06撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ平に到着。少し休憩。
3
ワサビ峠へ向かいます。まずは渡渉。
2016年04月02日 13:15撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ峠へ向かいます。まずは渡渉。
1
ワサビ峠への登りルートは沢の中〜〜
2016年04月02日 13:18撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ峠への登りルートは沢の中〜〜
登ります。
2016年04月02日 13:24撮影 by DMC-FS7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ります。
1
この矢印を少し進むと、
2016年04月02日 13:30撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この矢印を少し進むと、
1
ワサビ峠です。
2016年04月02日 13:32撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ峠です。
3
御殿山に到着。まだ西南稜は雲の中。
2016年04月02日 13:38撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山に到着。まだ西南稜は雲の中。
下りも夏道にしました。700m付近少し下の丸太ベンチまで下ると風もマシになり、再度レイヤリング調整。
2016年04月02日 13:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りも夏道にしました。700m付近少し下の丸太ベンチまで下ると風もマシになり、再度レイヤリング調整。
1
無事に下山〜〜。
2016年04月02日 15:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山〜〜。
4
朝みた花、まだ開いてませんでした。
2016年04月02日 15:15撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝みた花、まだ開いてませんでした。
2
下山後は某村の茶房にてよもぎそば。うまかった〜〜‼
2016年04月02日 15:44撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は某村の茶房にてよもぎそば。うまかった〜〜‼
2

感想/記録
by Yottie

例のごとく、前日の晩まで週末の行先すら決まらない我が家。未踏の山も候補にあげましたが、晩10時まで決まらず、登山計画書やルート分析の時間もタイムアウト。という事で、以前と同じルートにすることになり、今回の武奈ヶ岳にしました。比良のお山は今回で今年6回目。武奈ヶ岳は5回目になりました。って、2週連続です(笑)。

自家用車はいつものように坊村にある葛川市民センター駐車場に停めさせていただきました。朝8時前に到着しましたが、ガラガラでした。

坊村出発時点ではすこし薄寒い感じでしたので、長袖Tシャツの上にウインドストッパーベスト、さらに薄手のソフトシェル着用でスタートしました。

登山口より取付き、標高が800m付近まで登ると、稜線にのったせいもあり、風が強くなってきました。夏道冬道分岐付近でソフトシェルをハードシェルに変更しました。

風が少しマシであろう夏道で今日は登りました。御殿山付近まで登ると、風もますます強くなり、ガスも出てきました。というか雲の中に突入しました。御殿山からは西南稜も琵琶湖バレイも見えませんでした。雲の中です。

西南稜から山頂を目指すも、道中ガスガスガス。雲の中です。風が強く雲がすごい勢いで動いてるのがすごく美しく感動的でした。こういう風景って、写真にはうまく写せませんねぇ。

雲の中、そして強い風の中、いよいよ武奈ヶ岳山頂に到着。あまりにも風がつよく、風にあおられそうになりながらの登頂でした。到着の時、ほんのわずかですが青空が!!!よかったよかった。

お昼は山頂の岩場の裏にて。岩場の裏は嘘のように風がなく、快適なランチスペースでした。ほんの数mの違いで雲泥の差です。ランチ中に山頂より「グぉ〜〜〜バタバタバタ」という音が時々聞えました。これは山頂に到着された方のシェルが風にあおられている音です。この音が聞こえるたび、どなたかの到着がすぐにわかるって感じです。

ランチ後はコヤマノ岳より中峠を経由しワサビ平へ。ここで少し休憩して、ワサビ峠へ登り返します。トレイルは沢の中。水量は少なく通行に支障はありませんでしたが、荒れ気味かな。そしてワサビ峠より御殿山コース(夏道)で下山しました。690m付近の丸太ベンチで少し休憩し計画より少し早めに無事下山。

下山後は坊村の茶房でよもぎそばを食い、くらま温泉で汗を流してから帰宅しました
(ビールは自宅までお預け)。

てんくらの評価はC、麓の天気は晴れという天気予報でしたが、稜線上は案の定の強風。でもこんな天気で雲の中状態でも美しい景色を見ることができ、良かったです。ただ、山頂からの360度展望が雲の中でイマイチでした。

今日も楽しかった〜!!お疲れさまでした。
訪問者数:587人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ