ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838616 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

ヨコネ・東ヨコネ(阿蘇谷ルートから県境稜線経由)事故発生!

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー munaita
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
7分
合計
7時間12分
S時山バンガロー村駐車場08:0811:11ダイラの頭11:1212:14東ヨコネ12:1612:50横根12:5113:12東ヨコネ13:1314:11五僧峠14:21五僧峠14:2215:18時山バンガロー村駐車場15:1915:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・阿蘇谷ルート:登山道はあるが所々で道が薄くなっているので道間違えに注意。尚、一部とても危ない箇所あり(標高370m付近)。沢の反対側を通行した方が安全でした(今回事故がありました。詳細は感想参照)。
・県境稜線は基本、バリエーションルートです。稜線を進むが尾根分岐も多々あり。踏み跡やテープもあるが不明瞭な箇所が多いです。地図読みスキルやGPSが必要。東ヨコネ、ヨコネ付近は藪漕ぎも多い。
・林道時山多賀線はアスファルトなので注意箇所なし。車でも通れます。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

今日は鈴鹿山脈の県境稜線を行きます。今日はバリエルートが多いので気合入れてGO!
2016年04月02日 08:07撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は鈴鹿山脈の県境稜線を行きます。今日はバリエルートが多いので気合入れてGO!
2
登山道入口
2016年04月02日 08:13撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口
1
獣避けの柵を抜けます
2016年04月02日 08:15撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獣避けの柵を抜けます
いきなり分岐。右を行く
2016年04月02日 08:18撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり分岐。右を行く
このルート2度目ですが前(2012年)より道が良い
2016年04月02日 08:32撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルート2度目ですが前(2012年)より道が良い
1
渡渉もあり。石を投げ込み少し渡り易くしました。
2016年04月02日 08:40撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉もあり。石を投げ込み少し渡り易くしました。
2
危険箇所。すぐ右が滝壺。この撮影後、事故発生!!
2016年04月02日 08:42撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険箇所。すぐ右が滝壺。この撮影後、事故発生!!
2
偶然居合わせたおじさんが転倒し赤枠の所に倒れ、左側の滝壺に落ちる所だった(写真は救助後)。
2016年04月02日 10:14撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偶然居合わせたおじさんが転倒し赤枠の所に倒れ、左側の滝壺に落ちる所だった(写真は救助後)。
4
救助中。事故後、救助隊が1時間半で来てくれた。おじさんはまだ足の負傷で動けませんでした。
2016年04月02日 10:12撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
救助中。事故後、救助隊が1時間半で来てくれた。おじさんはまだ足の負傷で動けませんでした。
2
まだ縦走できそうな時間なので登山再スタート。
2016年04月02日 10:30撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ縦走できそうな時間なので登山再スタート。
1
沢沿いはどちらを歩くかで危険度が全く違う。慎重に道を選ばないといけない!
2016年04月02日 10:34撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いはどちらを歩くかで危険度が全く違う。慎重に道を選ばないといけない!
2
阿蘇谷コースは荒れて分かり難い所もあります。
2016年04月02日 10:38撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇谷コースは荒れて分かり難い所もあります。
1
三国岳と東ヨコネの分岐
2016年04月02日 10:56撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国岳と東ヨコネの分岐
1
P803まではルート明瞭
2016年04月02日 11:07撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P803まではルート明瞭
2
真ん中の木の左前がヨコネ。右前が東ヨコネ。奥が鍋尻山
2016年04月02日 11:16撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中の木の左前がヨコネ。右前が東ヨコネ。奥が鍋尻山
1
霊仙山。あそこまでの県境稜線繋ぎは、この場所から全てバリエーションルートです。
2016年04月02日 11:17撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙山。あそこまでの県境稜線繋ぎは、この場所から全てバリエーションルートです。
1
バリエーションスタート
2016年04月02日 11:24撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリエーションスタート
こんな感じ
2016年04月02日 11:24撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ
たまに道もある
2016年04月02日 11:41撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに道もある
東ヨコネがもうすぐ。でも結構高い
2016年04月02日 11:51撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東ヨコネがもうすぐ。でも結構高い
最後の登りは藪漕ぎだらけ
2016年04月02日 12:11撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りは藪漕ぎだらけ
こんな感じ
2016年04月02日 12:14撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ
やったー。東ヨコネ到着
2016年04月02日 12:16撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったー。東ヨコネ到着
1
次はヨコネ。藪こぐ
2016年04月02日 12:17撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次はヨコネ。藪こぐ
ヨコネまでは良い道も多々ありました。
2016年04月02日 12:22撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨコネまでは良い道も多々ありました。
右:鈴ヶ岳 真ん中:鈴北岳
2016年04月02日 12:31撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右:鈴ヶ岳 真ん中:鈴北岳
正面少し右に三国岳。左奥は烏帽子岳
2016年04月02日 12:33撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面少し右に三国岳。左奥は烏帽子岳
ヨコネ到着。鈴鹿50名山(西内正弘氏)はあと18山となりました
2016年04月02日 12:46撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨコネ到着。鈴鹿50名山(西内正弘氏)はあと18山となりました
1
三等三角点がありました
2016年04月02日 12:46撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点がありました
1
東ヨコネに戻ります。
2016年04月02日 12:59撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東ヨコネに戻ります。
1
いやらしいトラバース。といっても道ないんですけどね・・
2016年04月02日 13:00撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやらしいトラバース。といっても道ないんですけどね・・
東ヨコネから五僧へ向かってます。始めは激下り&道不明瞭
2016年04月02日 13:23撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東ヨコネから五僧へ向かってます。始めは激下り&道不明瞭
1
登り返すとルートが分かり易くなります
2016年04月02日 13:37撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返すとルートが分かり易くなります
P700以降は道も分かり易かった。
2016年04月02日 13:40撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P700以降は道も分かり易かった。
今年初めて見るイワウチワ。今日はこれしか咲いてませんでした。
2016年04月02日 13:46撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初めて見るイワウチワ。今日はこれしか咲いてませんでした。
2
帰りの林道が見えました。結構下るな〜
2016年04月02日 13:47撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの林道が見えました。結構下るな〜
ここは標高650m程ですが、590??
2016年04月02日 13:52撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは標高650m程ですが、590??
下山してきました
2016年04月02日 14:14撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山してきました
1
続きの県境稜線。ここを進むと霊仙山に着きます。
2016年04月02日 14:24撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続きの県境稜線。ここを進むと霊仙山に着きます。
林道時山多賀線は思った以上にきれいな道。
2016年04月02日 14:25撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道時山多賀線は思った以上にきれいな道。
恐らく右上が東ヨコネかな?
2016年04月02日 14:32撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐らく右上が東ヨコネかな?
登山口に帰ってきました。いろいろあり疲れました。阿蘇谷ルートはトラウマになりそうです。
2016年04月02日 15:19撮影 by FinePix XP50, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に帰ってきました。いろいろあり疲れました。阿蘇谷ルートはトラウマになりそうです。
2

感想/記録

今日はなんていう日でしょう。
登り始めて40分の所(場所詳細はルートでUターンした所)で出会ったおじさんが落差のある滝壺の手前で滑り転んで1m程滑落。あと10cmで滝壺に落ちる所でした(写真は分かり難いが結構落差あり)
自分はなんとか渡渉したが、かなり危なかったのでおじさんに引き返すよう話し、おじさんも現場を覗き諦めてUターンした瞬間にすってん!!
昨日の雨で岩が滑り易かったんです!
自分は濡れていたのを知っていたので3点支持だったが、おじさんはそのまま岩の上に乗っていたのが良くなかったのだと思う。
おじさんは転んだ拍子に足を負傷し動けない状態に。僕もなんとか戻っておじさんを多少引き上げたが、動けないおじさんを安全な場所に運ぶのはムリと判断。その後おじさんは突然白目になり・・(恐らく気を失った)。何度か声を掛けると目を覚ましたが、とても危険な状態と感じた。頭を打ったのかもしれない。おじさんは救助不要と何度もいうが、放置も当然できないわけで・・
少し離れた所でなんとか警察(110番)と連絡ができたため一度下山し、警察の方と救助隊の6名を連れおじさんの所へ戻った。事故から1時間半が経っていた。
おじさんはやはり動ける状態ではなく手を震わせていた。厚着をしていたが汗冷えだろうか。救助員がおじさんの体調を確認し下山の準備を始めた所で自分も役目終了。
まだ、登山できる時間の余裕はあったので警察の方にお礼をいい再スタートした。最後におじさんの「ありがとう」は自分の判断が間違ってなかった事を実感した。
道中は救助活動で通れなかったが、良く見ると対岸(登山道でない)の方が安全そうだったので、行ってみたところ断然に安全だった。
登山道も安全な場所ばかりではない。危険と感じたらムリをせず別ルートを探すのも必要だと勉強になった(特にマイナールート)。
今回、実際に事故に遭遇したことで、登山は危険が高いものだと改めて知らされた。特にマイナールートは助けてくれる可能性も低く、携帯も繋がり難い、道も不安定なので、より慎重な行動が必要である。

最後に、今回の旅でヤマレコレビュー1周年。
レビューは面倒でやる気になれなかったが、いざ初めてみると面白いものですね!元々は危ない箇所などをヤマレコを見る人達に知らせるのが目的でしたが、今は自己満の日記みたいになってしまいました。本当は過去分も載せたいが大変なので流石に手を付けられない。いつも作成に時間が掛かるのがちょっとつらいので、今後はできるだけ簡素に書くよう心掛けたいです。

訪問者数:304人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ