ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838639 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳【残雪期の3000m峰は快晴!のちガスガス】

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー Kazu405moricoco
天候快晴→ガス→曇り時々晴れ
※残雪期に入り、ヤマテンの予報は疑いようがなくなってきた。少し崩れるのが早かったのが残念
アクセス
利用交通機関
車・バイク
☆アクセス・駐車場
▽Mt.乗鞍スノーリゾート
・松本ICを下りてから、凍結等は一切ありませんでしたが、GWでも雪が降ることがあります。まだまだスタッドレスは必須です
・リフトを使用する方は第3駐車場が便利とのこと
・ゲレンデ歩きが好きな方々は、休暇村駐車場がいいです
・本日は休暇村駐車場を利用。5時半頃到着時で半分以下(国民休暇村宿泊者もいると思われる)
※スキー場の営業は4/3までとのこと
http://www.norikura.co.jp/snow/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆道の状況(2016年4月2日現在)
▽休暇村駐車場⇆三本滝レストハウス⇆ツアーコース開始点
・最初からアイゼンをはきました
・三本滝レストハウスの上はかなり急なゲレンデ歩きとなります
▽ツアーコース開始点⇆位ヶ原山荘分岐点
・出だしからかなりの急登で、「一体何のツアーコース?」と思った
・踏み抜きは10cmほどだった。アイゼンよりもスノーシューが良いと思った
▽位ヶ原山荘分岐点→肩ノ小屋口(トイレ小屋)→肩ノ小屋
・急登では無いが地味に登り、とても疲弊した
・本日は暑かったこともあってか汗だく。雪面の照り返しも非常に痛かった
▽肩ノ小屋→朝日岳
・朝日岳直登ルートと、朝日岳に登らずにトラバースで朝日岳と蚕玉岳の鞍部にでるルートがあります。トレースを見る限り半々くらい?我々は直登を選択。かなりの急登です
・トラバースルートも嫌な感じなので、どっちもどっちでしょう
▽朝日岳→蚕玉岳⇆剣ヶ峰(乗鞍岳)
・朝日岳から眺めると結構なアップダウンに見えるが、実際歩くとそんなでもない
・蚕玉岳と剣ヶ峰の間には雪庇が張り出しています。本日のようなホワイトアウトの時は要注意です
▽朝日岳と蚕玉岳の鞍部→肩ノ小屋口(トイレ小屋)
・トイレ小屋目指して一直線に下って行きました
その他周辺情報☆登山後の温泉
▽湯けむり館(本日入浴)
・湯船からは乗鞍が展望できます
・白濁の硫黄泉がかけ流されています
http://www.norikura.co.jp/yukemuri/
▽国民休暇村 天峰の湯
http://www.qkamura.or.jp/norikura/hotspa/
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

休暇村駐車場よりゲレンデに取り付きます
最初は向かって右側の方を登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休暇村駐車場よりゲレンデに取り付きます
最初は向かって右側の方を登ります
3
快晴!綺麗に見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴!綺麗に見えています
2
急なゲレンデもあり、堪えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急なゲレンデもあり、堪えます
2
ゲレンデ終点
ここからは完全には自己責任の世界となります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ終点
ここからは完全には自己責任の世界となります
1
ツアーコースでは、1から6までのポイントがあり、目安となります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコースでは、1から6までのポイントがあり、目安となります
1
雲が上がってきましたが、雲海に浮かぶ八ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が上がってきましたが、雲海に浮かぶ八ヶ岳
高天ヶ原と剣ヶ峰
ここまで晴れるとは思っていなかったのでラッキー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天ヶ原と剣ヶ峰
ここまで晴れるとは思っていなかったのでラッキー
3
ツアーコースも終盤に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコースも終盤に
位ヶ原山荘分岐
ここから先はガスると難しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原山荘分岐
ここから先はガスると難しい
剣ヶ峰の絶景に、何度も足を止め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の絶景に、何度も足を止め
2
シュカブラ撮影中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラ撮影中
4
これがその写真
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがその写真
6
夏山以上に大汗をかきました
タオルに雪を乗せ、巻き寿司みたいにクルクル巻いて首に巻きます
残雪期の熱中症対策
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏山以上に大汗をかきました
タオルに雪を乗せ、巻き寿司みたいにクルクル巻いて首に巻きます
残雪期の熱中症対策
4
肩ノ小屋までは地味にキツイです
それでも絶景が癒してくれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋までは地味にキツイです
それでも絶景が癒してくれる
1
右より
朝日岳・蚕玉岳・剣ヶ峰(乗鞍岳)
朝日岳を巻くかどうか思案中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右より
朝日岳・蚕玉岳・剣ヶ峰(乗鞍岳)
朝日岳を巻くかどうか思案中
6
シュカブラが凄いのに本日は無風
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラが凄いのに本日は無風
9
剣ヶ峰と飛行機雲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰と飛行機雲
5
朝日岳への登りより
振り返ると肩ノ小屋と東大コロナ観測所が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳への登りより
振り返ると肩ノ小屋と東大コロナ観測所が
1
車山レーダーといい、男心をとてもくすぐるそのフォルムに、暫し見入ってしまう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車山レーダーといい、男心をとてもくすぐるそのフォルムに、暫し見入ってしまう
2
東大宇宙線研究所付属乗鞍観測所
後ろの見事な山は里見岳?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東大宇宙線研究所付属乗鞍観測所
後ろの見事な山は里見岳?
1
この登りがまたキツかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登りがまたキツかった
3
斜度はこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度はこんな感じ
5
朝日岳より剣ヶ峰を
今までの快晴が嘘のようにガスってきてしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳より剣ヶ峰を
今までの快晴が嘘のようにガスってきてしまいました
3
まさにホワイトアウト状態
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさにホワイトアウト状態
剣ヶ峰到着!本来なら向こうに御嶽の雄大な姿が見えるのに、残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰到着!本来なら向こうに御嶽の雄大な姿が見えるのに、残念
2
いちおう記念撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いちおう記念撮影
17
結構な時間粘ったが、諦めて下山の途に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な時間粘ったが、諦めて下山の途に
2
朝日岳の岩壁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳の岩壁
常念岳の姿も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳の姿も
1
帰りはシリセード・ソリセードで一気に下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはシリセード・ソリセードで一気に下ります
5
三本滝レストハウスにて休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本滝レストハウスにて休憩
1
ノンアルで我慢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノンアルで我慢
2
県道84号線を渡ればゴールは近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道84号線を渡ればゴールは近い
駐車場が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場が見えました
乗鞍エコーラインより
朝の快晴が嘘のよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍エコーラインより
朝の快晴が嘘のよう
温泉は「湯けむり館」へ
硫黄泉掛け流しで、乗鞍の展望も良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉は「湯けむり館」へ
硫黄泉掛け流しで、乗鞍の展望も良い
湯けむり館の食事処にて
黒蜜葛餅と水饅頭三色
小さいですが各100円
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯けむり館の食事処にて
黒蜜葛餅と水饅頭三色
小さいですが各100円
5
本日はmoricocoの実家に泊まるので、お土産を購入(ほぼ私が飲みましたが)
乗鞍高原ビールのアルトとケルシュ(各880円)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はmoricocoの実家に泊まるので、お土産を購入(ほぼ私が飲みましたが)
乗鞍高原ビールのアルトとケルシュ(各880円)
3
三本滝レストハウス、乗鞍休暇村にはバッチは売っておらず
湯けむり館のそば、観光案内所向かいの土産物屋にて購入
8種類ありました(各500円)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本滝レストハウス、乗鞍休暇村にはバッチは売っておらず
湯けむり館のそば、観光案内所向かいの土産物屋にて購入
8種類ありました(各500円)
2
moricoco母手作りの桜餅!キレイだ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
moricoco母手作りの桜餅!キレイだ!
5
フキノトウの天ぷら
フキノトウには雌雄があって、これは雄
雄の方が美味しいとのこと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フキノトウの天ぷら
フキノトウには雌雄があって、これは雄
雄の方が美味しいとのこと
6

感想/記録

御嶽山と双璧をなす3000m級の独立峰、乗鞍岳。
蓼科などの山々からの、その二山の眺望はまさに圧巻。
残雪期の御嶽には二度登っことがあるが、乗鞍は未踏でした。
あの真っ白な、ウネるピークを踏んでみたい!ということで行ってきました。

リフトを使うか迷ったが、本日の天気は午前中のみと考え、6時過ぎから歩き始めることにしました(リフト始発は8:30(スキー場は4/3までの営業))。
緩急織り交ざったゲレンデをしばらく登り、ツアーコースと呼ばれる、バックカントリー天国のようなコースに出ます。
途中、樹間から剣ヶ峰や高天ヶ原が垣間見え、否が応でもピークからの眺望に期待が高まる。

位ヶ原分岐からトイレ小屋、肩ノ小屋までは、傾斜はたいしたことないが、暑さで体力がジワジワと奪われます。
肩ノ小屋からは、朝日岳直登or朝日岳をトラバースして巻くかを選択できるが、ここは当然直登。
途中振り返ると、ちょっとガスりがちだが穂高連山がカッコいい。コロナ観測所がシブい。
朝日岳山頂に着く頃には、予想よりもかなり早くガスが上がってきてしまい、剣ヶ峰を覆い隠してしまいました。

ピークからの大絶景は叶いませんでしたが、快晴のうちに見事な山容を望むことができ、満足のいく山行となりました。
訪問者数:815人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/1
投稿数: 1857
2016/4/3 21:20
 初残雪期の乗鞍岳、最高でしたね
kazu405さん、moricocoさん、こんばんは。

初残雪期の乗鞍岳、最高でしたね。
22枚目の斜度には驚きました。こんな急斜面を大汗をかかれた後で登られるのは大変そうですね。
それにしてもこの景色は何物にも代え難いほど素晴らしいです。視界も良い時間帯があって良かったですね。しかし、車山レーダーは霧ヶ峰のとは違うのですね。
間近に撮影されているので驚きました。

moricocoさんのお母様がお作りになられたという桜餅、本格的ですね。そのまま老舗の店舗に出してもお客さんが喜びそうな綺麗な桜餅に驚きました。

雪山の素晴らしいレコを堪能させて頂きました。ありがとうございます。

Landsberg
登録日: 2011/2/20
投稿数: 444
2016/4/3 22:33
 Re: 初残雪期の乗鞍岳、最高でしたね
Landsbergさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

残雪期に入り、晴れる日も多くなってきましたね!
気温も零度を下回ることなく、太陽光も強くなり、季節の移り変わりを感じる雪山となりました
しかしホワイトアウト状態になると一気に気温が五度くらい下がり、まだまだ油断はできないと思いました。

桜餅は凄いですよね。私も驚きました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ