ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838796 全員に公開 ハイキング四国剣山

天狗塚と牛の背(西山林道の天狗峠登山口よりピストン)

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー nfosdk
天候曇 6〜11℃ 2m/s程度の風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ノ越から国道439号を西へ。菅生橋と菅生バイパスを通ると3差路が
あります。看板どおり左に折れ、いやしの温泉郷を目指してください。

いやしの温泉郷の駐車場入り口には山側に向かう林道があるので
そちらへ進んでください。そこを進むと、もう一つ三叉路に出ます
が、そちらも山側(左)へ進んでください。

林道を数km進むと写真でよく見る、登山道入口に設置された鉄製ハシゴ
が見つかると思います。

登山道入口前の道はカーブで、コーナーに車が5台程度は駐車できます。
また登山道から西側に100m強すすむと道の脇にも駐車スペースが
あります。そこは20台程度は駐車可能です。

※西山林道は一部通行止めが続いているため、いやしの温泉郷側からしか行けないようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
15分
合計
4時間50分
S天狗峠登山口08:5010:15天狗峠10:45天狗塚11:0011:20天狗の池11:40牛の背(ミツコバ)12:10天狗塚12:30天狗峠13:40天狗峠登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準コースタイム350分
コース状況/
危険箇所等
【コース状況/危険箇所等】

天狗峠登山口から牛の背までは登山道が、しっかりしているので
迷うことはないと思います。
ただ登山道を示すテープは剣山系では極端に少ない気がします。
雨水の洗掘により登山道が荒れている部分があります。
笹漕ぎあり。大半は膝下の高さ。ごく一部、登山道の洗掘により腰あたりまで。
足をかけると滑り易い石が、たまにあるので、一番注意してください。

登山道入口から天狗峠の間は、まあまあキツイです。
一箇所だけ洗掘による段差があるためトラロープが設置されています。

天狗峠と牛の背間は、天狗塚周辺以外は緩やかです。

【道路状況】

路肩に雪が残っている所が極一部ありましたが夏用タイヤで走れます。
雪解けなのによる落石だけには注意してください。
その他周辺情報つるぎの宿 岩戸 つるぎ町
http://ww81.tiki.ne.jp/~iwado/syokujinyuuyoku.html
国道438号沿いに温泉施設があります。
入浴は大人400円。石鹸のみ備え付け。(午前11時〜午後9時)
食事もできます。(午前11時〜午後2時、午後5時30分〜午後9時)
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

期限は過ぎてるのだけど、西山林道通行止めの表示
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
期限は過ぎてるのだけど、西山林道通行止めの表示
天狗塚登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗塚登山口
朝方は、まだ天気が良かった。
ゆっくり出てきたのは失敗だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝方は、まだ天気が良かった。
ゆっくり出てきたのは失敗だった。
天狗峠(イザリ峠)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗峠(イザリ峠)
とりあえず天狗塚へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず天狗塚へ
薄雲の向こうに天狗塚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄雲の向こうに天狗塚
天狗塚。
腹が減ったので昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗塚。
腹が減ったので昼食。
天狗池に、水はなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗池に、水はなかった。
せっかく、だから牛の背にも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかく、だから牛の背にも
1
牛の背。
さて、ゆっくり帰りましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛の背。
さて、ゆっくり帰りましょう

感想/記録
by nfosdk

昨年、天狗池と牛の背に行けなかったので今回、登山してみました。

帰りは貞光川や吉野川沿いを通りましたが、ちょうど桜が咲き乱れてました。
けっこう得した気分。

【メモ】
持って行った水は2.2L(0.5L余った。)
出発時のバックパック総重量は7kg強
訪問者数:341人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 トラロープ ピストン 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ