ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838799 全員に公開 山滑走谷川・武尊

まだ営業してました。谷川岳芝倉沢

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー sandyou
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
30分
合計
7時間10分
S土合駅07:0007:30登山センター09:50トマの耳10:10オキの耳10:50一の倉岳11:1012:00スキー脱ぐ13:40登山センター13:5014:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西黒尾根は鉄塔から先は雪あり。
ラクダのこぶの鎖は出ている。ザンゲ岩は雪壁から巻いた。
芝倉沢のデブリは少なめ。ただし茂倉岳方面の稜線に大雪庇が見える。
その他周辺情報水上のファミマと隣接する土産屋?のモツ煮定食570円はおすすめ。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 シールは持たす正解。アイゼンは使わなかった。

写真

エントリーポイント。ガスで視界悪い。さあ、どうしたものか?
2016年04月02日 10:59撮影 by SH-02F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エントリーポイント。ガスで視界悪い。さあ、どうしたものか?
1
ボードのビンディングを利用したソフトブーツサポート。
2016年04月02日 11:12撮影 by SH-02F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボードのビンディングを利用したソフトブーツサポート。
1
ガスが晴れてきた!
2016年04月02日 11:40撮影 by SH-02F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れてきた!
2
S字に突入します…
2016年04月02日 11:40撮影 by SH-02F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
S字に突入します…
2
ここで板を脱ぎました。
2016年04月02日 12:04撮影 by SH-02F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで板を脱ぎました。
1

感想/記録

芝倉沢は2年前の4月中旬以来2回目。前回はトマ〜一ノ倉の稜線にすでに雪はなく、滑れるか心配しながら稜線を辿ったが、今回はその心配なく一の倉岳まで行く。山頂はガスで方向が定まらず、エントリーすべきか迷ったが、地形図を頼りに慎重に高度を下げる。右に寄りすぎていたらしく、一度板を脱いで笹原をトラバースし、地形がしっかりカール状になったのを確認して滑走開始。ノドを過ぎたあたりでガスの下に出て視界が開け、その後晴れてきたのでコースに対する不安はなくなった。
デブリは古いか、小規模のものばかりで、前回は滑れなかったS字部分もデブリをよけながら滑り降りることができた。
両岸斜面には崩壊しそうなブロックはなさそうだったが、はるか上方に大雪庇が見えており、いつかは落ちてくるであろう。
訪問者数:529人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/18
投稿数: 279
2016/4/5 12:50
 オキノ耳から一ノ倉岳の中間で...
sandyouさん、初めまして(^^)

一ノ倉岳に向かっている途中で抜かれました
それにしても速いですね!!
板も背負ってるのにスゴいです

山頂付近はガスで真っ白でしたね。
こちらも茂倉新道を下っていくと、
ガスの下に出て絶景でした

お疲れ様でした
登録日: 2014/1/5
投稿数: 4
2016/4/5 21:09
 Re: オキノ耳から一ノ倉岳の中間で...
iNeedさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
ガスだと山スキーは、おっかなびっくりになってつまらないので、進むかどうか迷ったんですが、iNeedさんのトレースがあったのでオキの耳で引き返さずに先に進みました。この場をお借りして御礼申し上げます。写真拝見しましたが絶景ですね。お疲れ様でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

カール ガス 雪庇
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ