ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 839090 全員に公開 ハイキング丹沢

蛭ヶ岳

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー tororowoidatenf
天候小雨 ガスガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青根からの林道はゲートが3つ
一つ目が開いてたので、2つ目手前の逸れた右側に4台くらい停められます。帰りにゲートが開くか試したら簡単に開きましたが、進入禁止の文字あり
黍殻山から登りと別のコースで降りたら、3つ目のゲート手前に蛭ヶ岳山荘さんの車あり
2つ目のゲートが運良く開いてればかなり短縮できそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
黍殻山からの下り枯れ沢の渡渉ヶ所でコースを外れた師匠は、沢下りを余儀なくされ苦労してました。ピンクテープもあったらしいので、よく見たほうがいいです
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

1日曇りの予報だったんだけどな・・・
朝からずっと小雨です
2016年04月02日 08:42撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日曇りの予報だったんだけどな・・・
朝からずっと小雨です
晴れてれば綺麗だろうなあ
2016年04月02日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてれば綺麗だろうなあ
1
なんでしたっけ、この木
シャラの木?
2016年04月02日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんでしたっけ、この木
シャラの木?
まっちろけ
寒いので蛭ヶ岳山荘でコーヒーをいただきながらおやつを食べました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まっちろけ
寒いので蛭ヶ岳山荘でコーヒーをいただきながらおやつを食べました
4
丹沢へ向かう予定でしたが、なんも見えないし寒いし、帰ることに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢へ向かう予定でしたが、なんも見えないし寒いし、帰ることに
早いので寄り道しました
姫次から400mの袖平山と
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早いので寄り道しました
姫次から400mの袖平山と
1
東海自然歩道の最高峰だそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の最高峰だそうです
さみしいな
2016年04月02日 13:58撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さみしいな
1
そしてマイナーチックな黍殻山
黍殻避難小屋は出来立てでものすごく綺麗でした
トイレは使えます
冬期はタンクの水を抜いてしまっていて流せません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてマイナーチックな黍殻山
黍殻避難小屋は出来立てでものすごく綺麗でした
トイレは使えます
冬期はタンクの水を抜いてしまっていて流せません
1
雨量を計測してる?
2016年04月02日 14:47撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨量を計測してる?
撮影機材:

感想/記録

今回は青根から塔ノ岳のロングトレーニングの予定でした。・・・が、朝から小雨&ガスガスにテンション下げられ丹沢さえも行かず(笑)
蛭ヶ岳で写真を撮ってくれた、大倉から縦走してきた横浜のお兄さんの「丹沢からここまでがキツかった(ガスで景色も見えないし、クライミングチックな所もあったし)」の言葉で、コーヒー飲みながら気分は下山モード
丹沢は木道と階段が多いんですね。バカ尾根ほどではないけど、蛭ヶ岳の階段もかなり堪えました。
無理して縦走してもヘッデン確実でしょうし、下山後も上はガスガスだったので、主脈縦走でもしない限り登らないであろうマイナーな2山に寄り道できたので結果オーライということになりました。
蛭ヶ岳は危険なヵ所はありませんでした。
訪問者数:454人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ