ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 839158 全員に公開 ハイキング中国山地西部

小五郎山(向峠ルート、金山谷鉱山ルート縦走)とカタクリ、水芭蕉

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー kinako_2016
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
縦走の場合、下山後のアルバイト、4km程度を節約するため、あらかじめ金山谷に自転車をデポし、向峠から登り始めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
32分
合計
3時間38分
Sスタート地点10:3812:31小五郎山12:5814:10駐車場(金山谷ルート側)14:1514:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
向峠ルートは,傾斜も緩く、道幅も広く、綺麗に整備されており、非常に歩きやす道です。
金山谷鉱山ルートは、傾斜のあるルートで、沢の徒渉も数回あります、下る際は、設置されている、ロープを補助的に利用するなどして、スリップ転倒に注意し、慎重に下る必要が有ります。可能ならば、登りルートとして利用するのが良いでしょう。本ルートは、下りに利用していますが、縦走する場合は、金山谷鉱山ルートを登り、向峠ルートに下る縦走がおすすめです。
その他周辺情報登山後の温泉は、雙津峡温泉 憩の家
http://sozukyo-onsen.com/

水芭蕉の観賞は、羅漢山県立自然公園
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/shizen/rakanzan/rakanzan01.html

カタクリの鑑賞は、吉賀町樋口(ひぐち)の「カタクリの里」
http://www.all-iwami.com/modules/guide/index.php?action=SpotView&spot_id=281#.VwB7sEdoa1w
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

動物よけの柵を通過します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物よけの柵を通過します
綺麗に整備された歩きやすい登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に整備された歩きやすい登山道
頂上の気温は14℃
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の気温は14℃
下りは、金山谷鉱山ルートへ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは、金山谷鉱山ルートへ向かいます
展望台からの眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望
2

感想/記録

本コースの小五郎山の縦走は、前日の雨により、特に、山頂から金山谷へ下る斜面は、地面がが滑りやすくなっており、本コースより、逆回りがおすすめでした。午前中は、天候が芳しくなく、山頂からの眺望は望めませんでしたが、鉱山跡の見学や山道沿いに咲いた、タムシバ、ミツマタ、アブラチャン、スミレの花に癒されました。また、下山後のカタクリ、水芭蕉の鑑賞、温泉、はとても良かった。
訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カタクリ クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ