ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 839159 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰山(八経ヶ岳 1,915m)

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー tenjinyama(記録)
天候くもり・ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行者還トンネル西口まで車で移動し、そのまま登山道へ入る予定でしたが、大川口で季節間交通規制により4月18日まで通行止め。知らなかった。そこから309号道路を徒歩で5kmの移動。行者還トンネル西口まで1時間ちょっと歩きました。渓流が穂高に向かう河童橋並に綺麗でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
20分
合計
8時間0分
S大川口06:4007:50行者還トンネル西口07:5508:45奥駈道出合08:5009:05弁天の森09:1009:35聖宝ノ宿跡10:25弥山小屋10:55大峰山11:30弥山小屋12:10聖宝ノ宿跡12:40弁天の森13:00奥駈道出合13:40行者還トンネル西口13:4514:40大川口14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
日本百名山 第17座目 ピークハント
奈良で所要があったので、スーツから登山着に着替えて、宿泊先の生駒郡信貴山を朝4時に出発。6時40分に天川村・大川口に到着。
コース状況/
危険箇所等
弥山(みせん)・八経ヶ岳(はっきょうがだけ)山頂付近までは標識も見やすく初心者向けの歩きやすい山でした。山頂付近からは多少登山道に雪やアイスバーンがちらほら。アイゼンが必要なほどではありませんが、一部溶けかけている個所もあるので「ずぼっと」行く箇所がありました。
その他周辺情報天川川合から大川口までの道幅がとても狭くできれば通りたくない道でした。登山者は少なかったですが、渓流釣りの人がちらほら。すれ違うのもままならないので、対向車が来たらかなりバッグしないといけない個所もありました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン ニット帽 ゴーグル ネックウォーマー ヘリノックスチェアワン 冬用パンツ 冬用手袋 膝サポーター 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 アイゼン・ゴーグルなど冬仕様も用意していきましたが、アイゼンを装着するほどではありませんでした。気温も山頂付近は零度近かったですが、インナー+ソフトシェル、冬用パンツで汗だくでした。熊野古道なので鈴は必要かもしれません。クマに会うことはありませんでした。

写真

大川口で足止めになりここで駐車。
渓谷の水はかなり綺麗でした。
2016年04月02日 05:59撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大川口で足止めになりここで駐車。
渓谷の水はかなり綺麗でした。
3
登山MAP
2016年04月02日 06:23撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山MAP
2
大川口で登山届を提出
2016年04月02日 06:41撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大川口で登山届を提出
3
5kmの舗装道路をとぼとぼ歩いて行者還トンネル西口の登山道に到着。
2016年04月02日 07:50撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5kmの舗装道路をとぼとぼ歩いて行者還トンネル西口の登山道に到着。
1
行者還トンネル西口にも登山届がありました。
2016年04月02日 07:51撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口にも登山届がありました。
1
他に登山者は見当たらず。
2016年04月02日 07:51撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他に登山者は見当たらず。
登山道から45分ほどで分岐点
奥駈道出合に到着。
2016年04月02日 08:43撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から45分ほどで分岐点
奥駈道出合に到着。
1
まだ誰にも会いません。
2016年04月02日 08:43撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ誰にも会いません。
2
孤独な登山が続いています。
2016年04月02日 08:44撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孤独な登山が続いています。
弁天の森
2016年04月02日 09:05撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天の森
奥駈道出合から20分ほどで弁天の森に到着。
2016年04月02日 09:06撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駈道出合から20分ほどで弁天の森に到着。
登山道に倒木。
一瞬道がわからなくなります。
2016年04月02日 09:23撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に倒木。
一瞬道がわからなくなります。
弁天の森から30分ほどで聖宝ノ宿跡に到着。
2016年04月02日 09:36撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天の森から30分ほどで聖宝ノ宿跡に到着。
2
出合
2016年04月02日 09:36撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出合
弥山小屋に近づく連れ登山道にも雪がちらほら。
氷もこのあたりから出てきます。
2016年04月02日 10:01撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋に近づく連れ登山道にも雪がちらほら。
氷もこのあたりから出てきます。
2
アイゼンが無くても歩けるレベルです。
2016年04月02日 10:21撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンが無くても歩けるレベルです。
弥山小屋到着。
小屋も閉まったまま、他に登山者は誰もいません。
2016年04月02日 10:27撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋到着。
小屋も閉まったまま、他に登山者は誰もいません。
1
オオヤマレンゲ保護のため登山道に柵がありました。
自分で開けて自分で閉める方式です。
2016年04月02日 10:46撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲ保護のため登山道に柵がありました。
自分で開けて自分で閉める方式です。
2
大峰山系最高峰 八経ヶ岳到着。
山頂からの視界は零!
登山者がいない理由もわかります!
2016年04月02日 10:57撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山系最高峰 八経ヶ岳到着。
山頂からの視界は零!
登山者がいない理由もわかります!
7
山頂のお札
2016年04月02日 10:58撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のお札
山頂から一気に行者還トンネル西口に下山。
下山時は7人の登山者に出会いました。
2016年04月02日 13:38撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から一気に行者還トンネル西口に下山。
下山時は7人の登山者に出会いました。
1
309号通行止めの看板。
309号沿いに雪はないけどなー
今年は雪が全国的に少なかったですしね。
2016年04月02日 14:42撮影 by P-02E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
309号通行止めの看板。
309号沿いに雪はないけどなー
今年は雪が全国的に少なかったですしね。

感想/記録

下界の天候は晴れだったので、山頂からの眺めを期待していましたが登山口から山頂まで曇り+ガスで展望は何もなし。渓流がとても綺麗だったのだけが印象的です。日本百名山の一つですが、登山時は誰とも会うことなくすれ違うこともなくひたすら孤独な登山でした。下山時は合計7人の3パーティーとだけお会いできました。中には4年生の女の子も家族で登山されていてびっくり!約八時間歩き続けるのにすごいなと感心しました。天候も悪かったので登山を皆さん避けたのかもしれません。山開きはまでですが天候が良ければとても登りやすい山だと感じました。
訪問者数:1295人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ