ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 839218 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 〜 Mt.乗鞍スキー場から 〜

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー usofuyukitainotori
天候晴れ後くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
◇かもしかリフトのみ利用
・現金で400円を支払って利用。
・この日は8:40くらいから利用可能。
▽他のリフトも片道400円。下山時は利用不可。
▽今シーズンのスキー場の営業は4月3日まで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【駐車場⇔スキー場トップ(かもしかリフト終点)】
◆スキー場のゲレンデの隅を歩きます。印や標識はありません。
【スキーツアーコース】
◆木が伐採され、歩ける(or滑れる)部分が明確なため、道迷いの恐れは少ないです。
◆途中、下から順に1〜6番までの案内板(数字のみ)が設置されています。
◆スキー場トップからすぐは急登です。あとはそこそこの傾斜の斜面と緩やかな斜面を繰り返します。
▼この日は踏み抜きはほとんどなし。表面がクラストしているわけでもなく、特にスリップしやすい雪質ではなかったこともあり、アイゼンは着用せずに歩行。
【ツアーコース終点⇔山頂】
◆標識等のルートを示すものは、ほぼありません。
◆位ヶ原はだだっ広く、銘々好きな所を歩いていきます。
◆肩の小屋を目指し、そこから夏道のついている辺りを歩いていくのが定番の安全性の高いルートです。雪質等の判断力や技量があれば、山頂に直登するなり、好きな部分を歩くことも可能です。
▼ツアーコース終点から位ヶ原にかけての区間で踏み抜きが最も深く、脛から膝程度まで踏み抜きました。トイレから肩の小屋にかけて、脛丈程度の踏み抜きが続くエリアがありました。
▼登りではトイレ付近でアイゼンを着用。下りではツアーコース終点までアイゼンを使用しました。もっとも、この日にアイゼンの必要性を感じた区間は、雪がクラストしていた稜線部分のみでした。
その他周辺情報☆乗鞍高原湯けむり館で入浴。
・大人720円。
・青みがかった白濁の硫黄泉です。
・かけ流しの良質なお湯でした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

乗鞍岳方面に少し雲が出ていますが、まずまずの良い天気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳方面に少し雲が出ていますが、まずまずの良い天気です。
2
夢の平クワッドリフトを利用できるなら利用したかったのですが、試運転中で営業開始まで30分ほどとの話だったので、諦めました。
空模様は、いつの間にか、雲が散って、快晴に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夢の平クワッドリフトを利用できるなら利用したかったのですが、試運転中で営業開始まで30分ほどとの話だったので、諦めました。
空模様は、いつの間にか、雲が散って、快晴に。
3
ゲレンデの隅を歩いていきます。
暑くて汗が次から次へと額を滴り落ちていく。(u)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデの隅を歩いていきます。
暑くて汗が次から次へと額を滴り落ちていく。(u)
3
かもしかリフトが見えてきました。
タイミングよく、営業開始のアナウンスが入ったため、利用することに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かもしかリフトが見えてきました。
タイミングよく、営業開始のアナウンスが入ったため、利用することに。
1
涼しい風を受けて、クールダウンすることができました。
このリフトは、安全バーがないので、高所恐怖症の人には厳しいかもしれません。
2016年04月02日 08:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼しい風を受けて、クールダウンすることができました。
このリフトは、安全バーがないので、高所恐怖症の人には厳しいかもしれません。
スキーツアーコースはいきなりの急登で開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーツアーコースはいきなりの急登で開始。
1
木が伐採されているため、開放感があります。
スキーツアーコースは、圧雪されていないスキー場のコースのような感じです。
2016年04月02日 09:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木が伐採されているため、開放感があります。
スキーツアーコースは、圧雪されていないスキー場のコースのような感じです。
13
スキーツアーコースには、途中、下から順に1〜6の数字の案内板があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーツアーコースには、途中、下から順に1〜6の数字の案内板があります。
良い天気です。
ただ暑い…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気です。
ただ暑い…。
1
木々の向こうに見える高天原と剣ヶ峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の向こうに見える高天原と剣ヶ峰。
1
この辺りは平坦地です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは平坦地です。
1
傾斜が急な区間もあります。
アイゼンなしで頑張りました。(k)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が急な区間もあります。
アイゼンなしで頑張りました。(k)
1
ツアーコース終点に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース終点に到着。
ツアーコース終点からは踏み抜きの急登でした。
今シーズン「わかん」の出番なし。(k)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース終点からは踏み抜きの急登でした。
今シーズン「わかん」の出番なし。(k)
10
急登の途中で息を整える際に見た高天ヶ原。
雲が大分上がってきている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の途中で息を整える際に見た高天ヶ原。
雲が大分上がってきている。
剣ヶ峰にはまだ雲がかかってきていないが、時間の問題か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰にはまだ雲がかかってきていないが、時間の問題か。
4
位ヶ原。
この辺りからは、ほぼ平坦地を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原。
この辺りからは、ほぼ平坦地を歩きます。
4
白樺の木が綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺の木が綺麗でした。
3
だだっ広い雪原歩き。
積雪後にスノーシューで歩きたい所でした。(k)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だだっ広い雪原歩き。
積雪後にスノーシューで歩きたい所でした。(k)
6
モクモクと沸き立った雲が山頂に迫ってきています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モクモクと沸き立った雲が山頂に迫ってきています。
1
稜線の鞍部に「肩の小屋」が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の鞍部に「肩の小屋」が見えてきました。
2
途中で見た北アルプス核心部方面。
穂高連峰、霞沢岳、常念岳あたりが見えています。
この時点で既にうっすら雲に包まれてしまっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で見た北アルプス核心部方面。
穂高連峰、霞沢岳、常念岳あたりが見えています。
この時点で既にうっすら雲に包まれてしまっていました。
8
奥穂高岳、前穂高岳拡大。
吊尾根が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳、前穂高岳拡大。
吊尾根が綺麗です。
15
トイレの建物まであと一息。
トイレ付近で少し休憩し、肩の小屋に向かいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレの建物まであと一息。
トイレ付近で少し休憩し、肩の小屋に向かいました。
山頂がついに陰ってきてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂がついに陰ってきてしまいました。
1
肩の小屋までは踏み抜きが続きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋までは踏み抜きが続きました。
前回乗鞍岳に登った時も、登り始めは快晴で、山頂に近づくにつれ雲が多くなってきたような…。(u)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回乗鞍岳に登った時も、登り始めは快晴で、山頂に近づくにつれ雲が多くなってきたような…。(u)
2
肩の小屋到着。
久しぶりの高山で息を整えながら登ったため、かなり時間がかかってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋到着。
久しぶりの高山で息を整えながら登ったため、かなり時間がかかってしまいました。
2
肩の小屋からは急登です。
燃料補給をして、急登に取りかかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋からは急登です。
燃料補給をして、急登に取りかかります。
1
ガスに包まれてしまいました。
視界が10m〜50mほどの状態がしばらく続きました。
トレースもある上、地形的な難しさもなく、進むべき方角も把握していたため、視界が効かなくても問題なく歩けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに包まれてしまいました。
視界が10m〜50mほどの状態がしばらく続きました。
トレースもある上、地形的な難しさもなく、進むべき方角も把握していたため、視界が効かなくても問題なく歩けました。
12
ガスが薄くなったタイミングで、後ろを振り返って、パシャリ。
「ホワイトアウト寸前!」とでも言えそうな雪山の迫力を感じる写真にも見えますが…。
実際は、風もなく、温かい湿ったガスに包まれているだけの状態です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが薄くなったタイミングで、後ろを振り返って、パシャリ。
「ホワイトアウト寸前!」とでも言えそうな雪山の迫力を感じる写真にも見えますが…。
実際は、風もなく、温かい湿ったガスに包まれているだけの状態です。
3
ガスが薄くなり、山頂の祠と鳥居が見えました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが薄くなり、山頂の祠と鳥居が見えました!
2
山頂まであと少し。
頂上小屋の屋根がわずかに見えていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
頂上小屋の屋根がわずかに見えていました。
1
鳥居と山頂標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居と山頂標識
10
山頂到着!
仙丈ヶ岳に続き3000m峰二座目です。(k)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着!
仙丈ヶ岳に続き3000m峰二座目です。(k)
20
大日岳、屏風岳方面。
ガスに包まれている状態ではなくなりましたが、雲が邪魔で遠望が利かない状況です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳、屏風岳方面。
ガスに包まれている状態ではなくなりましたが、雲が邪魔で遠望が利かない状況です。
1
再び青空もチラホラ見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び青空もチラホラ見えてきました。
5
肩の小屋方面。
北アルプス核心部は雲が邪魔で見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋方面。
北アルプス核心部は雲が邪魔で見えません。
7
祠を裏手から。
祠の裏手で休憩。
時折陽が当たる程度の曇り空でしたが、風もほとんどなく、温かかったため、ゆっくりとくつろぐことができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠を裏手から。
祠の裏手で休憩。
時折陽が当たる程度の曇り空でしたが、風もほとんどなく、温かかったため、ゆっくりとくつろぐことができました。
1
乗鞍高原を見下ろす。
遠くから登ってきたものです。
乗鞍高原は休憩中はずっと晴れていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍高原を見下ろす。
遠くから登ってきたものです。
乗鞍高原は休憩中はずっと晴れていました。
1
お賽銭を入れて、無事に下山できるように祈願。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お賽銭を入れて、無事に下山できるように祈願。
7
下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山します。
どんどん高度が下がっていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん高度が下がっていく。
1
帰路では肩の小屋には立ち寄りません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路では肩の小屋には立ち寄りません。
1
雪の斜面の向こうには鉢盛山が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の斜面の向こうには鉢盛山が見えています。
2
晴れ間が再び広がってきました。
やはり雪山には青空が似合います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れ間が再び広がってきました。
やはり雪山には青空が似合います。
6
シュカブラも少し残っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラも少し残っていました。
1
摩利支天岳から延びる尾根の向こうにも青空が広がっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天岳から延びる尾根の向こうにも青空が広がっています。
6
ただ、そのさらに北の北アルプス核心部方面は、どんより鉛色の曇り空。
奥穂高岳の山頂だけ雲に包まれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、そのさらに北の北アルプス核心部方面は、どんより鉛色の曇り空。
奥穂高岳の山頂だけ雲に包まれています。
4
乗鞍岳山頂は、雲がかかったり、晴れ間が見えたりをしばらく繰り返していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳山頂は、雲がかかったり、晴れ間が見えたりをしばらく繰り返していました。
7
ツアーコース終点まで下りてきました。
ここでアイゼンを外しがてら、休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース終点まで下りてきました。
ここでアイゼンを外しがてら、休憩。
1
スキー場まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場まで戻ってきました。
1
そして、無事に駐車場まで帰還。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、無事に駐車場まで帰還。
7
撮影機材:

感想/記録

今週も晴れるか晴れないかは運任せの天気予報が一週間前から続いていました。
直前の金曜日になっても青空が広がる地域が何処かイマイチ読めません。
登る予定でいた乗鞍岳も空模様がどうなるのか読み切ることができない状況でした。
ただ、今週は暖気が入ってくる予報で、乗鞍岳は、気温はそこそこ上がる予報。加えて、風も微風程度の予報でした。
たとえ青空が見えなくても、それほどの危険もなく、ピークハントはできるだろうと考え、乗鞍岳に向かうことにしました。

気温や風の状態は予報通り。いや、気温は予報よりも温かく、山頂では雪山とは思えないほどの快適さでしたが、標高の低い所では暑すぎて汗だくとなってしまいました。
そして、肝心な空模様は、少し残念な結果となってしまいました。
朝のうちは快晴の空模様だったものの、だんだん雲が多くなってしまい、あまり展望の効かない状態に。
山頂からは周囲の山々は鉢盛山くらいしか見えず、位ヶ原付近で穂高連峰から常念岳辺りが少しガスがかかった状態で見えた程度でした。
御嶽山や中央アルプス、白山の展望も楽しみにしていただけに、少し残念な結果となりました。
いつか天気の良い日に再訪して、絶好の眺望を楽しみたいです。

感想/記録

乗鞍岳は気軽にいつでも行けると思って、遅くなってしましました。
スキー場から登るので、さすがに登り始めから雪がありますが、春山でした。
薄手のアンダー1枚で登りましたが、暑くてたまらなかったです。
楽しみにしていた山頂直下のカリカリの雪も、正直微妙な感じでした。
今回は地形の確認の下見山行として、来年は厳冬期に特攻したいです。

訪問者数:713人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/11
投稿数: 31
2016/4/6 22:41
 はじめまして(^-^)
同日に同コースで乗鞍岳登りました。私達はリフト使わず早朝から歩き始めたので、ピークは11:00でしたので、すれ違ってないと思われますが^^; こちらもピークはガスでした。。登り始めが晴天だっただけに、ピークガス残念でしたね(´・_・`) でも登りがいあるし、私達は下りヒップソリ利用で楽しい山行でした♪
登録日: 2012/8/21
投稿数: 142
2016/4/7 5:53
 Re: はじめまして(^-^)
Maki0828さん、はじめまして。

そうですよね。
登り始めの天気が絶好で、山頂からの展望を期待させるものだっただけに、まさに肩透かしをくらったようで余計残念に感じてしまいますよねcoldsweats01
とはいっても、スケール感のある雪山を十分楽しめて、自分も満足してますhappy02

同じ日に同じ山に登っていたということは好みの山が被っているのかもしれませんね。
いつかどこかでお会いすることがあるかもしれません。
Maki0828さん、今後もよろしくお願いしますhappy01
登録日: 2015/5/11
投稿数: 31
2016/4/8 22:41
 Re[2]: はじめまして(^-^)
ハイ、フォローさせていただいちゃいました! 今後ともよろしくお願いいたします^^ 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ