ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 839293 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳スーパートレイル07「観音平〜天女山」※Connecting the root 2016 9th

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー drunk
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
中央道「長坂IC」→天女山登山口

道路状況:舗装した一般道

駐車場:天女山登山口に駐車スペースあり

トイレ:登山道にはありません

コンビニ:IC周辺にあり

売店:天女山周辺にはありません

JR小梅線時刻表(甲斐小泉→甲斐大泉は下り)
http://www.jreast-timetable.jp/1604/timetable/tt0410/0410011.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
35分
合計
6時間28分
S天女山入り口ゲート05:4906:06天女山06:09天女山上駐車場06:17天の河原06:2007:04出合観音像07:0507:58ツバクラ岩08:43つばめ岩09:14三味線滝09:1909:30八ヶ岳横断歩道分岐09:55観音平09:58ひかりごけ10:35小泉登山口11:11甲斐小泉駅11:2811:34甲斐大泉駅11:4311:59大開上バス停12:17天女山入り口ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山行歩行時間=6間13分(標準時間=6時間25分)
歩行距離=26.63km
標高差=742m
平均速度=4.36km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに表記されているので、参考程度として下さい。
 データの間引きは1,000P以下にしています。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
コース状況/
危険箇所等
1.天女山入り口ゲートは冬期閉鎖中
2.八ヶ岳横断歩道はトレース、案内板共にしっかりしている
3.但しヤマプラで作成したルートとはかなりズレる
4.コース全体的にアップダウンがかなりある
5.丸太階段は傷みが激しく、足を乗せると崩壊する場所が多々ある
6.観音平からの自然歩道ハイキングコースは人の出入りが少ない模様
 ※トレースはあるが、足元が固くしまっていない
7.JR小梅線は本数が少ないので、時刻表を確認の事
 ※JR駅にはタクシーの案内はある
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 帽子(夏用+予備ニット帽) 手袋(フリース+予備冬用) 雨具(ストームクルーザー上下) 着替え ザック ザックカバー 行動食(SOYJOY×1+ゼリー飲料×1+おにぎり×3) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト ストック 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

天女山入り口ゲート、冬期閉鎖中です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山入り口ゲート、冬期閉鎖中です。
2
八ヶ岳横断歩道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳横断歩道
3
八ヶ岳横断歩道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳横断歩道
2
ツバクラ岩。鹿などの隠れ家になっているらしい。観音平との分岐をツバクラ岩方面に5分程下るとここに出る。行き止まりの為、登り返しとなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバクラ岩。鹿などの隠れ家になっているらしい。観音平との分岐をツバクラ岩方面に5分程下るとここに出る。行き止まりの為、登り返しとなる。
1
つばめ岩。岩ツバメが多く生息していたためこの名がつけられとの事。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つばめ岩。岩ツバメが多く生息していたためこの名がつけられとの事。
1
八ヶ岳横断歩道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳横断歩道
1
観音平側の八ヶ岳横断歩道入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平側の八ヶ岳横断歩道入り口
2
甲斐小泉駅周辺図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐小泉駅周辺図
1

感想/記録
by drunk

2016年4月2日(土)
先週に引き続き、週末の天気予報が思わしくない。
また3.31送別会→4.1異動初日は、期末監査後の慌しい1日であり
帰宅後は夕食も取らずに爆睡となる程疲れてもいた。
疲れた身体とあいにくの天気となれば、無理する必要は無く
眺望が望めないルートを繋ぐべく、今回のルート選択となった。
但し天気が良ければ、展望台からの眺望は素晴らしいものがあったであろう。

八ヶ岳スーパートレイル07「観音平〜天女山」は、
本来は今回のルートの逆回りだが、
JR移動後の車の回収にタクシーを使う事を想定して、今回のルートとなった。
結果、タクシーは使わなかったが、
疲れた身体がどこまで持つか不透明だったので、
利用できるものは利用できる環境にしておく必要があったからである。

-中略-

天女山の駐車スペースに着くと、権現岳に登ると言う男性に出会った。
権現岳に行くのか聞かれたが、別方向である事を告げ
少しの会話を交えて別れた。

人に出会ったのは、ここでの1名と観音平からの下山時の1名だけであり、
八ヶ岳横断歩道には誰も居なかった。
まあ、眺望も無い・山頂と言う程の頂も無い・緑も無い……、
こんな所に来る人は相当物好きしか居ないだろうから、
おかげで静かな山行を十分楽しむ事はできた。
あっちこっちで、獣がバサバサ逃げ惑っていましたが……(-。-)ボソッ

さて今回の設定ルートはヤマプラで作ってみたが、
トレース通りに歩いていると、ナビのルートと大きく外れてしまいます。
歩いている間にナビをいちいち確認する訳では無いので、
あとで気がつく事になるのですが、
実際に歩いたルートの方が、遠回りしている感じでした。
あと、観音平からの自然歩道ハイキングコースはヤマプラでは設定不可でした。

その観音平からの下山コースは多数あるので
今度は地図を開いて都度確認しつつ歩きます。
登山道はトレースはあるものの荒れており、
人の出入りを感じさせない雰囲気です。
と思っていたらすぐに開けた道にでてしまいました。
また鐘掛松以降は舗装路になるのと、基本真っ直ぐなので問題はありません。
甲斐小泉駅が少し判り難く道を間違えましたが……。
訪問者数:322人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 926
2016/4/3 19:12
 これが八ヶ岳スーパートレイル✨
こんばんは!drunkさん(≧▽≦)
編笠に行ったときに、この横断歩道があるなぁ〜となんとなくは知っていて、drunkさんに八子ケ峰をご紹介いただいた際に「八ヶ岳スーパートレイル」というカッコイイお名前があると知って、いっそう気になっておりました✨この区間はあまり眺望はないのですね💦でも要所要所、見どころはあるのですね♪ヒカリゴケが気になります✨
やぁ〜、chi-sukeは駅からいつもタクシーを使っていましたが、行きも帰りもしっかり車道を歩かれたのですね!!お見事ですヾ(≧▽≦)ノ
甲斐小泉駅の駅舎ってあんな感じでしたっけ!?(笑)不思議な網が取り付いている・・・。
登録日: 2012/3/4
投稿数: 371
2016/4/3 19:55
 Re: これが八ヶ岳スーパートレイル✨
chi-suke さん今晩は。
八ヶ岳スーパートレイルは全部で16のコースがある様です。
自分は今回を含めて、その内の3つを歩きましたが、
基本的には八ヶ岳の眺望が望めるルートだと思います。
今回は天気の関係で、展望台を省いているので眺望が無いと言う訳です。
ちなみに16ルートの内、現在非公開になっているコースもあります。
※コースに牧草地とかがあるので、地権者との兼ね合いだと思います。

駅からのタクシーはたまに使いますが、
今回は駅着の時間と残り距離から歩きを選択しました。
明日以降に残らなければ良いのですが……。(-。-)ボソッ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ