ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 839358 全員に公開 講習/トレーニング八ヶ岳・蓼科

権現岳イグルー講習山行

日程 2016年04月02日(土) 〜 2016年04月03日(日)
メンバー yoneyama, その他メンバー6人
天候霧ときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
イグルー講習会で男7人。4人+3人のひょうたん島型を作る。腐れ雪の雪不足と覚悟したが、意外にも作れた。二つで1時間40分、一個50分なので標準タイムでできた
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間50分
休憩
10分
合計
5時間0分
S天女山登山道口08:3008:50天女山09:0013:30三ッ頭
2日目
山行
4時間50分
休憩
20分
合計
5時間10分
三ッ頭07:5008:40権現岳08:5012:20天女山12:3013:00天女山登山道口13:00天女山入り口ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高2000でアイゼンはく

装備

個人装備 スコップ アイゼンピッケル その他冬山宿泊個人装備 スコップ+のこぎり その他冬山泊個人装備
共同装備 ツエルト ストーブ 鍋セット

写真

天女山登山道入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山登山道入り口
1
本当にイグルー作れるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にイグルー作れるのか?
天女山。巨大岩石看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山。巨大岩石看板。
標高2000m近くで雪がようやく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2000m近くで雪がようやく
三ツ頭。グサグサ雪。こんな雪で本当にイグルーできるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭。グサグサ雪。こんな雪で本当にイグルーできるのか?
ひょうたん型で積み始める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょうたん型で積み始める
底の方には悪くない雪層あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
底の方には悪くない雪層あり
1
テムレス率高し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テムレス率高し
崖側から横穴で入り口掘り始める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖側から横穴で入り口掘り始める
手が出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手が出ました。
1
ミツガシラ城完成
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツガシラ城完成
5
一安心でブラックニッカ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一安心でブラックニッカ
3
思い思いに晩御飯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思い思いに晩御飯
グラノーラ主食のショーロ氏とアメ氏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グラノーラ主食のショーロ氏とアメ氏
各々晩御飯の男バー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
各々晩御飯の男バー
3
各々晩御飯の男バー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
各々晩御飯の男バー
1
ごみさん振る舞いの餃子鍋キユーブ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごみさん振る舞いの餃子鍋キユーブ
2
一号室と二号室の通路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一号室と二号室の通路
1
飲んでころりん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飲んでころりん
ナット汁作ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナット汁作ります。
3
石和のせんだい屋納豆の高級クラス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石和のせんだい屋納豆の高級クラス
1
納豆汁、高野豆腐、切り干し大根、1分パスタ、唐辛子。
せんだい納豆強化版
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
納豆汁、高野豆腐、切り干し大根、1分パスタ、唐辛子。
せんだい納豆強化版
2
立ち上がって喫煙も出来るのがイグルーのいいところ。完全分煙可能。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち上がって喫煙も出来るのがイグルーのいいところ。完全分煙可能。
1
権現岳ガス半分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳ガス半分。
1
全員とイグルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全員とイグルー
5
権現岳に出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳に出発
2
この辺りも雪庇がある。絶壁なのでイグルーには不向きかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りも雪庇がある。絶壁なのでイグルーには不向きかも
1
振り返るミツガシラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るミツガシラ
1
山頂下の岩の基部を左へトラバース。ここが今日の核心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下の岩の基部を左へトラバース。ここが今日の核心。
うさ耳みたいな山頂の岩。右下に祠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うさ耳みたいな山頂の岩。右下に祠
トラバースから直上するところを下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースから直上するところを下る。
トラバースから直上するところを下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースから直上するところを下る。
トラバースから直上するところを下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースから直上するところを下る。
トラバースから直上するところを下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースから直上するところを下る。
トラバースから直上するところを下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースから直上するところを下る。
権現岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳を振り返る
一号室の屋根は気温が高くて落ちていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一号室の屋根は気温が高くて落ちていた。
1
権現岳、みんな、イグルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳、みんな、イグルー
2
天女山の上の分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山の上の分岐点

感想/記録

山域によってはまだイグルーができる時期ながら、ここはどうだろ。今年の残雪は少ないし、行ったこともないルートだけど、ダメでもなんとかするぞ、と思って臨む。
甲府の老舗個人営業登山用品店、エルクの企画で、イグルー講習会をやった。希望者5人+店長の中込さんとで男7人。イグルーは4人用の直径が限度なので、ひょうたん型で行くことにする。
標高2000mまでは全然雪なく、不安になる。
三ツ頭に着くと、風上側にハイマツ露出、風下側に吹き溜まりという、絶好の適地あり。でも腐れ雪でどんなものか。先着して黄色テントを張っていた撮影登山のおじさんが、こんな雪じゃ無理だろ!とかなんとか、結構なお節介をしてきてやりづらい。
表層の雪はグサグサだ。吹き溜まり部分の積雪は1m以上ありそうだから下に掘りさげているうちにいい雪も出るかもしれない。ひょうたんを描いて、一個の方を僕が中から切り出しながらバンバン積み始める。隣の方も見よう見まねでやってもらい、その都度コツを説明しながら作る。初心者は壁の厚みを十分にとらないので、不安定になり、崩落する。
上段で必要な硬くて軽い雪層も下部50センチ層で掘り当て、屋根のできる目処が立つ。気温が高いので、ブロックの接着も良く、標準タイムで完成した。驚いた。ダメならストックで梁を作る「なんちゃってイグルー」も考えていた。さっきのおじさんも感心してくれた。
食事は各自でストーブも鍋も用意するのが今時だそうで、それぞれ料理する。気温が高いので外に彫り込みトレンチを作って。中で火を炊くと天井が落ちそうだったので。いろいろ人の今時料理が見られて面白い。ジフィースご飯に天かすと天つゆのご飯とか、意外に美味しかった。グラノーラ一本やりの男もいる。僕は野菜を切って乾物を入れてという、山岳部式。晩はじっくりコトコト煮込んだスープ/エビのビスク味の餅スープ。スモウクレバが好評だった。
イグルーは季節柄気温が高いので、ポジションによっては天井ポタポタが結構タイヘンだった。風の音が少しする。中には吹き込まない。マットがしょぼくて、下からの冷えが一晩続いて、うとうとしていた。腰痛で、夜中に数時間耐えていた男もいた。腰痛でも山登れるんだ。腰痛で半年山を休んでいて損しちゃった。
僕以外全員、初イグルー。イグルーは楽しそうに見えるけど、壁整形や寝床の手入れで一晩の快適度は結構違う。場数踏んで慣れるしかない。その場放尿も、やってみれば快適でやめられなくなるが、初めはなかなかやらないものだ。
室内は水が凍らない暖かさだったが、周囲のハイマツはシュカブラに、樹氷になっていた。朝は強力納豆汁をかっこんで、権現岳を目指す。ガスが巻き上がり、青空も見える。予想外に良い天気だ。山頂下の岩はどう行くのかと思っていたが、左に回り込む。最後の急斜面をブッシュ掴んで登り、ウサ耳状の山頂からはギボシや小屋も見えた。権現岳山頂に最後に来たのは、もう20年以上も前かな。何ヶ所か、イグルー適所もある。
南アルプスは鳳凰山がチラリと見えたぐらい。赤岳も、山頂だけはガスが取れない。権現岳だけが、恵まれていた。
家に帰ると、子供が今更ながら「アナと雪の女王」観ていた。雪の女王さまがレリゴウ〜と歌いながら氷の宮殿をバンバン雪山に築いていくシーンだった、「これは、俺だ」と思った。
こんなあったかい季節なのにダブルの宮殿を仕上げ、山頂もアタックできて、良かった。

訪問者数:595人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/21
投稿数: 63
2016/4/7 20:55
 復活ですか?
イグルー楽しそうですね。三ツ頭でもできるとは意外でした。
体調はいかがですか?
竹下さんを鍛えて、後継者にしてはどうですか。
古屋会長との山行の放送をたのしみにしてます。
登録日: 2007/5/15
投稿数: 4659
2016/4/8 4:11
 ハガクレさんRe: 復活ですか?
ハガクレさんはお会いしたことある人だったんですね。イグルーはどこでも作れるのですが、こんな時期でも作れるなんて、驚きました。やはり、高いところへ行けば行くほど良い雪で作りやすいです。ギボシや、権現小屋、旭岳など、見晴らしの良いところほど、作れそうでしたよ。
僕より腰の悪い人がいくらでも山に登っているのを見て、休んでいても治らないし、登ることにしました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ