ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 839653 全員に公開 沢登り中国山地西部

高岳(シモウスキ谷〜スリゴギ谷)

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー MtYamaguchi
天候晴れ のち くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道191号線の路肩に駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
15分
合計
6時間18分
Sスタート地点08:3612:39奥匹見・高岳・聖岳分岐12:4213:09高岳13:2114:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

シモウスキ谷(下臼木谷)、目印のお墓と看板。ここを左へ。
2016年04月02日 08:38撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモウスキ谷(下臼木谷)、目印のお墓と看板。ここを左へ。
2
渡渉して対岸へ。(上流に行けば橋があるが少し遠回りとなる。)
2016年04月02日 08:39撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉して対岸へ。(上流に行けば橋があるが少し遠回りとなる。)
シモウスキ谷へ入渓。右岸に道が付いているがすぐに消失。(以降、ところどころに踏み跡を見かけるがいずれもすぐ途絶える。)
2016年04月02日 08:54撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモウスキ谷へ入渓。右岸に道が付いているがすぐに消失。(以降、ところどころに踏み跡を見かけるがいずれもすぐ途絶える。)
2
登りやすい小滝が続く。いずれも釜は深め。
2016年04月02日 09:09撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りやすい小滝が続く。いずれも釜は深め。
4
分岐、左が本流。
2016年04月02日 10:30撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐、左が本流。
シモウスキ谷、核心のスラブ滝。右岸を巻いた。
2016年04月02日 10:36撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモウスキ谷、核心のスラブ滝。右岸を巻いた。
2
下からスラブ滝を見上げる。
2016年04月02日 10:38撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下からスラブ滝を見上げる。
スラブ滝の上から。
2016年04月02日 10:43撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スラブ滝の上から。
遡行図の直瀑?と思われる。
2016年04月02日 10:46撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遡行図の直瀑?と思われる。
ホールドが多く、水流を直登した。
2016年04月02日 10:47撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホールドが多く、水流を直登した。
2
V字ゴルジュ。
2016年04月02日 10:54撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字ゴルジュ。
最後?の二段滝。
2016年04月02日 11:05撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後?の二段滝。
標高850mを越えると平凡な河原となる。
2016年04月02日 11:09撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高850mを越えると平凡な河原となる。
ところどころ倒木の多い区間。
2016年04月02日 11:15撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ倒木の多い区間。
標高を上げていくとやがてササが現れる。
2016年04月02日 11:31撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げていくとやがてササが現れる。
1
縦走路に出合う。
2016年04月02日 11:42撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路に出合う。
1
高岳着。
2016年04月02日 13:08撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岳着。
2
高岳より、深入山と聖湖。
2016年04月02日 13:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岳より、深入山と聖湖。
3
高岳より、聖山と砥石郷山。砥石郷山や恐羅漢の北面には若干雪が残っているようだった。
2016年04月02日 13:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岳より、聖山と砥石郷山。砥石郷山や恐羅漢の北面には若干雪が残っているようだった。
2
帰りはスリゴギ谷を下る。源頭にはわずかの残雪。
2016年04月02日 13:25撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはスリゴギ谷を下る。源頭にはわずかの残雪。
ワサビ田の跡。
2016年04月02日 13:51撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ田の跡。
1
スリゴギ谷の落ち口。狭くなっており対岸の道路からは分かり辛い。
2016年04月02日 14:36撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリゴギ谷の落ち口。狭くなっており対岸の道路からは分かり辛い。
スリゴギ谷出合いの目印、じょうが橋。(左奥の尾根手前が谷の出合い。)デポしていた自転車で駐車地点まで下った。
2016年04月02日 14:40撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリゴギ谷出合いの目印、じょうが橋。(左奥の尾根手前が谷の出合い。)デポしていた自転車で駐車地点まで下った。
1

感想/記録

シモウスキ谷は沢登りとしては初級〜中級に位置づけられるルートだが、自分にとっては難しすぎず、かといって易しすぎもせずちょうど良いレベルに感じた。
下りは「山歩きのページ」で知ったスリゴギ谷を使った。目立つ滝もなく歩きやすい谷だが、横着をして履物を履き替えなかったため何度か痛い目にあうこととなった。
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/25
投稿数: 15
2016/4/9 21:34
 すごいの一言
単独でしかもバリエーションばかり、まさにすごいの一言。事故のない事を祈っています。ところで私は現在島根と広島の県境を出来るところまでを目指しています(詳しくはkariogaryuもしくは苅尾臥竜で検索してみて下さい)がスタート地点の広高山から二艘まで足を踏み入れていません。
 積雪期のみ可能でどうすれば良いのか分からずじまいだったのですが、
あなたの記録を伺い、無雪期でも可能であることが分かりました。つきましてはこの間の詳しいルート状況を教えて頂ければと思い、この文章を送りました。メールアドレス teramasa39@yahoo.co.jp
アドレスは不要になると抹消して下さい。
登録日: 2015/1/13
投稿数: 22
2016/4/11 21:52
 Re: すごいの一言
こんにちわ。ありがとうございます
ルート状況についてですが、ズボラであまり詳細な記録を取っていないため、
ヤマレコに書いていること以外で追加できそうなことは↓しかありません。

広高→1111
・積雪期しか経験がないためヤブの状況はわかりません
・赤テープはちょこちょこ見かけた
・1060〜北の1050台付近は若干尾根が痩せている、また急な下りあり
・1002付近の北斜面に林道らしき地形を見かけた(多分エスケープ可?)
・1048手前の鞍部は笹原、少し北へ行けば地形図にある林道に出れる
・1111の登りはかなりの急勾配

1111→三坂山西隣りの1140台(↓かなりうろ覚え)
・1111〜1080台付近まではわりと明瞭な踏み跡と赤テープあり
・1109〜鞍部付近は倒木やらなんやらでごちゃごちゃしてた印象
・1132手前付近?から再び赤テープ
登録日: 2012/1/25
投稿数: 15
2016/4/12 15:27
 高井山付近の県境尾根について
回答有難うございます。先日中ノ甲林道からホタノコヤ谷をつめて天杉山北部の鞍部に向かう積りが、本沢が分からずいきなり天杉山の山頂に出てしましました。その時ふと思ったのが、笹のブッシュです。山頂手前はわずかな時間でしたが、笹をかき分けての前進で大変苦労しました。
問い合わせの県境尾根がこのようなブッシュが長々続くと歩けないどころか道を間違えてしまうのではないかと不安は一層増大しました。
 でもあきらめる訳にも行きません。あなたからの貴重なメモを参考にしながら行くか行かないか迷っているところが実情です。いずれにしてもツリハシ林道だけは歩いてみたいと思っています。
登録日: 2015/1/13
投稿数: 22
2016/4/13 7:46
 Re: 高井山付近の県境尾根について
ブッシュの状況について、適宜ヤブ漕ぎが必要になるのは当然ですが
行く手を阻まれるほどの濃さはなかったように思います。
ただ見通しの利かないところが多くその辺は注意が必要に思いました。
(↑この辺の感じ方は主観に左右されることなのであまり参考にならないかも)

もし事前に偵察する余裕があれば、青山林道あたりも歩いておいた方が良いかもしれません。
県境尾根の1111ピーク付近へ容易にアクセスできます。(=万一のエスケープに使える)
登録日: 2011/8/29
投稿数: 24
2016/5/9 12:37
 参考にさせて頂きました!
MtYamaguchiさんの山行記録を見て、5月7日にシモウスキ谷へ行ってきました。
ありがとうございました!

Yamaguchiさんが「核心のスラブ滝」と呼ばれていた滝が、やはり核心でしたね。
私たちは右岸ではなく左岸を巻いてしまったので、余計に手間取ってしまいました(笑)

ヤマレコ内では、Yamaguchiさんが最も精力的に西中国山地のバリエーション(沢)を登られているのでは?
どこかでバッタリお会いできるかもしれませんね。
登録日: 2015/1/13
投稿数: 22
2016/5/13 5:36
 Re: 参考にさせて頂きました!
コメントありがとうございます

こちらこそ山行記録をよく見させて頂いてます。
十方山近辺など未踏のところに数多く登られておられるので、
今後とも参考にさせて頂くことも多いと思います。
よろしくお願いします。

藪と虫の少ない時期にと思い昨年末より集中的に登ってきましたが、
そろそろ頻度落ちるかもしれません(笑

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

渡渉 右岸 倒木 直登 ゴルジュ 出合 デポ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ