ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 839799 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳(中洞権現ノ尾根で体力作り)

日程 2016年04月03日(日) [日帰り]
メンバー ktn92
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
事前にアイミックス自然村南乗鞍オートキャンプ場に確認したところ、
4月から営業しているが来場者はないので、キャンプ場までの道は除雪もしていないとのこと。
4駆だったら行けるだろうと回答を得て、キャンプ場周辺の空き地に駐車する許可をいただいた。
行ってみると、阿多野郷からキャンプ場への道は、1箇所雪が溜まっており、通過できなかったため、スコップで雪を掻いて何とか進むことができた。
また、至る所で落石があり、少し進んでは石を除けを何回も繰り返してようやくキャンプ場まで辿りつく。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
0分
合計
7時間35分
Sスタート地点05:1412:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
キャンプ場からの林道もいくつか落石が見られ、注意が必要です。
林道は、雪が途切れ途切れでしたが、根性と意地で板を履いたまま進みました。
下山も同じく。
その他周辺情報下山後、少し離れていますが、帰り道の道中で、下呂市萩原町の「しみずの湯」に立ち寄る。
大人650円のところ、JAF割で100円引き。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ガムテープ 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

キャンプ場から出発です
2016年04月03日 05:23撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場から出発です
何故かカーブミラーを見ると自撮りしてしまう
2016年04月03日 06:00撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故かカーブミラーを見ると自撮りしてしまう
2
癒される気分
2016年04月03日 06:02撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒される気分
飛騨川源流
2016年04月03日 06:06撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨川源流
1箇所渡渉するところがあった
シールを濡らすとヤバいのでここだけは板を脱いだ
2016年04月03日 06:42撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1箇所渡渉するところがあった
シールを濡らすとヤバいのでここだけは板を脱いだ
林道終点
2016年04月03日 06:54撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点
林道終点から夏道へ取り付く
2016年04月03日 06:54撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点から夏道へ取り付く
尾根は歩きやすい疎林
この辺りの積雪をゾンデで計測したところ、160cmでした
結構な積雪
2016年04月03日 09:04撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根は歩きやすい疎林
この辺りの積雪をゾンデで計測したところ、160cmでした
結構な積雪
登り始めから雨が降ったり止んだりであったが、
このころから雨粒が大きくなる
2016年04月03日 09:53撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めから雨が降ったり止んだりであったが、
このころから雨粒が大きくなる
所々やばそうなトラバースもある
2016年04月03日 11:13撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々やばそうなトラバースもある
ふきのとうが出ていた
2016年04月03日 11:55撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふきのとうが出ていた
2
春だね
2016年04月03日 11:55撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春だね
1
帰りは板をじゃぶじゃぶ
2016年04月03日 12:01撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは板をじゃぶじゃぶ
御嶽山も雲の中
2016年04月03日 12:05撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山も雲の中
1
林道はこんな感じ
でも板は脱がない(笑)
2016年04月03日 12:08撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道はこんな感じ
でも板は脱がない(笑)
こちらはもう花開く
2016年04月03日 12:09撮影 by Canon IXY 32S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはもう花開く
撮影機材:

感想/記録
by ktn92

前回は、乗鞍のメジャールートである長野県側の乗鞍高原から登頂したが、その前に行った野麦側からの神立尾根で登頂できなかったリベンジとして、同じキャンプ場から乗鞍を目指そうと思ったところ、林道を詰めて中洞権現ノ尾根もおもしろそうだなと思い、そちらを行くことにした。
このルートでの山スキーの記録は殆どないことから、いささか不安もあったが、行ってみると雪の状態にもよるが、このルートもマニアックで楽しめそうであった。
但し、今回の山行は、事前の天気予報では、昼過ぎまでは何とか天気も良さそうだと思っていたが、朝から曇りで時々雨が降るコンディションで、これでは上部のオープンバーンはホワイトアウトで無理かもといった状況でした。
林道は、所々雪が切れていたが、気合いと根性で板のまま進んでいく。
林道終点から夏道を入るが、いきなりの急登なので、板を担いでつぼ足で上がる。
しかし、この時期のこのルートでトレースがあるわけでもなく、常に膝までハマる状況で非常に厳しい。
何とか進んだところで、シールでの登行に切り替えたが、夏道をそのまま進むのは難しいので、斜面を選んで尾根へ乗り上げた。
尾根は歩きやすい疎林が続く。
しかし、2,300m付近で雨が強くなり、このまま進んで森林限界まで行ったところで、ホワイトアウトで無理だなと判断。
潔く撤退を決めた。
天気が良ければ、当初の予定通り、屏風岳、大日岳は踏めたであろう。
負け惜しみではないが、このルートは、積雪の状況と天気のタイミングが必要だと感じた。
今後は、林道の雪は殆どなくなるので、アプローチの長さがネックになるルートだ。
厳冬期の天気の良い日しか望めないルートであろう。
しかし、もう一度チャレンジしたいと思うルートである。
訪問者数:320人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ