ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 840011 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

西穂高岳 西尾根

日程 2016年03月31日(木) 〜 2016年04月01日(金)
メンバー peco1978, その他メンバー1人
天候3月31日 晴れ
4月1日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路
02:00大阪→→(名神・東海北陸道)→→高山西IC→→06:30新穂高

復路
12:00新穂高→→(入浴)→→13:30高山市内(昼食)14:00→→高山西IC→→(東海北陸道・名神)→→18:30大阪
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間12分
休憩
31分
合計
8時間43分
S新穂高温泉バス停07:1707:18新穂高登山指導センター07:2007:35小鍋谷ゲート07:3608:09穂高平小屋08:1010:36P194010:4513:08第一岩峰取り付き13:2616:00ジャンクションコル
2日目
山行
3時間11分
休憩
51分
合計
4時間2分
ジャンクションコル06:3507:41西穂高岳08:0308:12チャンピオンピーク4峰08:1408:35ピラミッドピーク08:3609:07西穂独標09:0809:25西穂丸山09:36西穂山荘10:0010:18旧ボッカ道分岐10:1910:37西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西穂高岳の西尾根は、バリエーションルートです。
氷雪の状態によっては、ロープでの確保等の技術が必要となります。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]
2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アックス クランポン ハーネス ヘルメット ガチャ一式 その他冬季装備一式
共同装備 ロープ テント コッヘル バーナー 冬季幕営装備一式

写真

登山届を提出して、出発〜♪
2016年03月31日 07:06撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届を提出して、出発〜♪
5
林道ゲートを越え、穂高平へ。
2016年03月31日 07:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲートを越え、穂高平へ。
2
ショートカット入口。
2016年03月31日 07:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカット入口。
1
地味〜に凍ってヤラシイです(笑)
2016年03月31日 08:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味〜に凍ってヤラシイです(笑)
2
穂高平に付きました。
2016年03月31日 08:13撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高平に付きました。
2
おまけ、穂高平小屋の冬季小屋。
快適そうです。
2016年03月31日 08:08撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ、穂高平小屋の冬季小屋。
快適そうです。
2
牧場の柵を越え、西尾根取り付きへ。
2016年03月31日 08:21撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場の柵を越え、西尾根取り付きへ。
2
適当にこのあたりから取り付きましょう。
有刺鉄線注意!
2016年03月31日 08:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当にこのあたりから取り付きましょう。
有刺鉄線注意!
2
1,600mくらいまでは、ひたすらヤブこぎです。
2016年03月31日 08:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,600mくらいまでは、ひたすらヤブこぎです。
3
やっとこさ、雪が出てきました。
2016年03月31日 09:10撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ、雪が出てきました。
3
1940mのピークに到着。
久しぶりのテン泊装備は、体にこたえる!笑
2016年03月31日 10:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1940mのピークに到着。
久しぶりのテン泊装備は、体にこたえる!笑
7
これから向かう西穂が見えます。
遠いなあ〜(笑)
2016年03月31日 11:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう西穂が見えます。
遠いなあ〜(笑)
2
とぼとぼ歩いて、第一岩峰取り付きに到着。
だれかの幕営跡。
もう、ここでテント張りたい!笑
2016年03月31日 13:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とぼとぼ歩いて、第一岩峰取り付きに到着。
だれかの幕営跡。
もう、ここでテント張りたい!笑
2
まあ時間が早いので、意を決して上を目指します。
第一岩峰を右の小鍋谷側からバス。
2016年03月31日 13:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあ時間が早いので、意を決して上を目指します。
第一岩峰を右の小鍋谷側からバス。
2
トラバース気味に右上。
谷の中央部は雪崩が怖いので、岩峰基部を巻きます。
2016年03月31日 13:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース気味に右上。
谷の中央部は雪崩が怖いので、岩峰基部を巻きます。
6
雪壁登攀中。
2016年03月31日 14:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪壁登攀中。
11
本日のお宿、ジャンクションコルに到着!
こうしてみると雪庇が近く見えますが・・・、
2016年03月31日 16:17撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお宿、ジャンクションコルに到着!
こうしてみると雪庇が近く見えますが・・・、
13
反対から見るとこの通り。
雪庇から離れた岩稜の基部に張ってますよ。
(次の日の朝撮影)
2016年04月01日 05:22撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対から見るとこの通り。
雪庇から離れた岩稜の基部に張ってますよ。
(次の日の朝撮影)
8
テントからは笠が岳ビュー♪
2016年03月31日 16:30撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントからは笠が岳ビュー♪
9
そしてひたすら水を作る。水を作る。
2016年03月31日 16:49撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてひたすら水を作る。水を作る。
7
二日目も快晴!
出発〜♪
2016年04月01日 06:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目も快晴!
出発〜♪
11
山頂へむけて、雪壁を登ります。
2016年04月01日 06:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へむけて、雪壁を登ります。
4
岩尾根を乗越し、雪壁に取りつきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩尾根を乗越し、雪壁に取りつきます。
9
ちょっと嫌なトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと嫌なトラバース。
2
なかなかの急登です。
朝一なので、雪が締まっていてアイゼンがよく効きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの急登です。
朝一なので、雪が締まっていてアイゼンがよく効きます。
6
振りむけば笠が岳。
2016年04月01日 06:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振りむけば笠が岳。
5
眼下には、登ってきた西尾根が広がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には、登ってきた西尾根が広がります。
5
そして視線の先にはジャンダルム。
サイコー!
2016年04月01日 07:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして視線の先にはジャンダルム。
サイコー!
10
さあ、山頂が見えてきましたよ。
2016年04月01日 07:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、山頂が見えてきましたよ。
9
山頂まであと少し!
2016年04月01日 07:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し!
8
岩稜右のルンゼを山頂に向かって。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜右のルンゼを山頂に向かって。
6
ラストスパート!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストスパート!
3
西穂高岳山頂に到着〜♪
2016年04月01日 07:43撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳山頂に到着〜♪
18
西穂山頂から奥穂方面。
いつか、冬に行けるようになるかなあ。
2016年04月01日 07:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山頂から奥穂方面。
いつか、冬に行けるようになるかなあ。
10
下山する西穂山荘への稜線です。
2016年04月01日 07:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山する西穂山荘への稜線です。
9
ピラミッドピーク付近。
トレースバッチリ。
2016年04月01日 08:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク付近。
トレースバッチリ。
10
独標で少し昼寝。
2016年04月01日 08:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標で少し昼寝。
8
山頂から2時間で、西穂山荘へ到着。
この後、西穂高口経由で下山しました。
2016年04月01日 10:00撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から2時間で、西穂山荘へ到着。
この後、西穂高口経由で下山しました。
4
西穂高口から眺める、西穂高岳。
中央の一番高いところが西穂高岳。
そこから左に伸びるスカイラインと、その下に繋がる尾根が、今回登った西尾根ルートです。
2016年04月01日 10:47撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高口から眺める、西穂高岳。
中央の一番高いところが西穂高岳。
そこから左に伸びるスカイラインと、その下に繋がる尾根が、今回登った西尾根ルートです。
10
おこ丸、久しぶり!
2016年04月01日 11:24撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おこ丸、久しぶり!
3
下山後はもちろん温泉で一休み♪
2016年04月01日 12:10撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後はもちろん温泉で一休み♪
5
そして、今回の真の核心部はこれ!
前から行ってみたかった、高山の弱尊カレー♪
期待以上でした^^
2016年04月01日 13:28撮影 by SC-01H, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、今回の真の核心部はこれ!
前から行ってみたかった、高山の弱尊カレー♪
期待以上でした^^
11

感想/記録

2か月ぶりのお山復帰戦!
西穂高岳の西尾根に行ってきました。

3月末ですが、例年にない暖かさの影響で、GWかと見紛うばかりの暖かさとルート状況でした。
初日は早めに出発できたこともあり、第一候補の幕営地としていた第一岩峰基部をスルーし、第二幕営予定地のジャンクションコルまで上がることにしました。
おかげで、絶景の中での幕営を楽しめました♪
翌日は朝一で西穂高岳山頂へ。
もちろん一番乗りです。
残雪の北アで、冬の名残を楽しめました。

しかし、久しぶりのお山とはいえ、テント泊装備全荷を担いで抜けるのは体にこたえました。
トレーニング不足を実感ですね(^_^;)
訪問者数:818人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/1
投稿数: 1198
2016/4/4 12:00
 危険な遊びや〜 (+o+)
てっちゃん、こんにちは〜

なんかご無沙汰やね〜。仕事落ち着きましたか?
あんな急な雪壁登るんやったら、超ユルユルのお子ちゃまゲレンデでボードをしてた方がマシや〜
あんな寒いところでテントで寝るんやったら、家でコタツに潜り込んで寝たいわ〜
なんか足の指にしもやけができそうや〜
でも、景色は山の宝石箱や〜(どこかで聞いたことがあるのような…)
わたくし、もはや超怠け癖のある登山者になってしまいました〜

弱尊カレーおいしそう ちょっと気になる〜
登録日: 2010/12/5
投稿数: 1832
2016/4/4 12:19
 景色が・・・
トレースありがとうございました!そのおかげで日帰りできたと思ってます。

コル上の写真を見ていて、早朝と昼前だと雪の質はだいぶ違いそうだなと拝見。
それに私たちの時は天気下り坂のときだったので、青空に光るジャン様が美しい(笑)。
日帰り装備でもしんどかったので、テント泊装備で第一岩峰〜コルは考えたくないほどしんどそう。よくいけましたね(笑)。

厳冬期、今度はテントで再トライしたいですね。
Pekoさん、TRIさん、noruさんがいれば私は後ろからついていくだけでよさそう(笑)。
登録日: 2011/8/10
投稿数: 388
2016/4/4 13:11
 Re: 危険な遊びや〜 (+o+)
村男さん、ご無沙汰してます!
3月末で、やっとこさ仕事も一段落しましたよん♪

いや〜、久しぶりの登山にバリエーション選んだら、あきませんね(笑)
20kgオーバーで標高差1800mは、きっついですわ(^_^;)
雪壁で、足がつるかと思いました。

弱尊カレー、行ってみてください!
高山駅の、すぐ近所ですよ〜
登録日: 2011/8/10
投稿数: 388
2016/4/4 13:24
 Re: 景色が・・・
いやいや、あの急登のロングルートを日帰りする体力のほうがスゴいですよ!
僕らは、亀のようにのっそり登りましたから(^_^;)

初日は、第一岩峰基部での幕営も考えてました。
しかし、時間がまだ早いこと、午後からでも小鍋谷の雪が予想より安定していたとこを受けて、第二候補の幕営地として予定していた2,700のコルまで上がることにしました。
おかげで、山頂直下の雪壁を、狙い通り雪が締まってる早朝に抜けることができました(^_^)v

厳冬期にやるなら、2泊くらいは欲しいですね〜。
そのときは、ぜひぜひ声かけて下さい。TRIさんとnoruくんの後ろを、二人でついていきましょう(笑)
登録日: 2012/2/4
投稿数: 921
2016/4/4 20:25
 みんな行ってる・・・・(笑)
こんばんは!
テン泊装備では大変そうですね、でも素敵な所で泊まれるのは魅力的で雪の締まっている時に登れる利点がありますね。
いつか行ってみたいなぁ〜
あ、厳冬期はHIさんにラッセルお任せして三人で後ろからついて行きましょう(笑)
登録日: 2010/9/20
投稿数: 720
2016/4/5 7:13
 良いルートでしたね
お互いに天気が良くていい山行になりましたね。
20kg以上担いでジャンクションのコルまで行くのは凄いです。
テント跡は丁度いい休憩場所になりました。
次回高山を通るときはカレー食べて帰ります。
登録日: 2011/8/10
投稿数: 388
2016/4/5 7:44
 Re: みんな行ってる・・・・(笑)
最近は、赤岳主稜やアイスなど、軽荷でいけるショートルートばかり行ってましたからね〜。
久しぶりのテント装備は、体にこたえました(笑)

個人的には、テクニカルだけど短いルートより、こういった全装備を背負って登る大きなお山が好きなのです(^_^)v
厳冬期に、涸沢岳西尾根からの奥穂や、中崎尾根からの槍も、やってみたいですね♪

ラッセルはHIさんにお任せして、ついていきましょう(笑)

そういや皆さん、GWはもう行き先考えてます?
今年は雪ないから、もう沢モードに切り替えかなあ。
登録日: 2011/8/10
投稿数: 388
2016/4/5 7:46
 Re: 良いルートでしたね
天気ももってくれて、いい山行になりましたね!
いつか厳冬期に幕営装備でやるときは、よければ声かけてください。
ついていけるよう、鍛えておきます(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ