ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 840055 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

赤子谷〜最高峰〜有馬温泉

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー toshithy
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
<行き>
JR宝塚線 生瀬駅

  
<帰り>
阪急バス 有馬温泉バスターミナル
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
20分
合計
5時間50分
S生瀬駅08:4010:50大谷乗越11:40船坂峠12:40石の宝殿13:0013:10一軒茶屋13:20六甲山14:30有馬本温泉 金の湯14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤子谷は前日雨の場合は足元注意
その他周辺情報登山道の最終地点で有馬温泉の割引券を配っていました。
温泉入りませんでしたが、竹中肉店のコロッケを食べながら歩くのもおつなものです。130円です。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真


宝塚線の生瀬駅です。
2016年04月02日 08:39撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

宝塚線の生瀬駅です。
1
道路の先は武庫川です。このあたりで藤原紀香さんが子供の頃、釣りをしていたとの事です。
2016年04月02日 08:44撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路の先は武庫川です。このあたりで藤原紀香さんが子供の頃、釣りをしていたとの事です。
2
ここを右に折れると赤子谷に行けます。
2016年04月02日 08:57撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右に折れると赤子谷に行けます。
2
左俣と右俣の分岐です。
2016年04月02日 09:03撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣と右俣の分岐です。
2
赤子大滝が見えてきました。
2016年04月02日 09:12撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤子大滝が見えてきました。
2
手前にある細い滝です。(「赤子谷白糸の滝」-勝手に命名しました)
2016年04月02日 09:20撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前にある細い滝です。(「赤子谷白糸の滝」-勝手に命名しました)
4
ここからコルジェが始まります。
2016年04月02日 09:21撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからコルジェが始まります。
4
手作りの梯子が見えます。
2016年04月02日 09:23撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手作りの梯子が見えます。
2
昨日の雨で滑り易くなっています。
2016年04月02日 09:25撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の雨で滑り易くなっています。

ここにも手作りの梯子があります。
2016年04月02日 09:39撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

ここにも手作りの梯子があります。
3
水場です。ここまでくれば縦走路はもうすぐです。
2016年04月02日 09:59撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場です。ここまでくれば縦走路はもうすぐです。
2
縦走路横の鉄塔です。
2016年04月02日 10:12撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路横の鉄塔です。
大谷乗越です。車に注意!!
2016年04月02日 10:49撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷乗越です。車に注意!!
ここから少し急登りが続きます。
2016年04月02日 10:50撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから少し急登りが続きます。
おじき岩と書いてあります。なるほど!
2016年04月02日 11:17撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おじき岩と書いてあります。なるほど!
2
船坂へ下りる分岐です。11:34
2016年04月02日 11:34撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船坂へ下りる分岐です。11:34
石宝殿に到着です。
2016年04月02日 12:54撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石宝殿に到着です。
2
家族杉
2016年04月02日 12:55撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家族杉
1
石宝殿祠 
2016年04月02日 12:55撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石宝殿祠 
3
立派な鳥居をくぐり最高峰を目指します。
2016年04月02日 12:59撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な鳥居をくぐり最高峰を目指します。
1
大阪方面です。写真ではよく解りませんが、アベノハルカスが見えます。
2016年04月02日 13:12撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面です。写真ではよく解りませんが、アベノハルカスが見えます。
1
久々の最高峰です。
2016年04月02日 13:18撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々の最高峰です。
5
昨年来たときはこのアンテナが真っ白になっていました。
2016年04月02日 13:19撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年来たときはこのアンテナが真っ白になっていました。
1
白い桜も綺麗です。
2016年04月02日 14:15撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い桜も綺麗です。
お疲れ様です。有馬温泉到着です。
2016年04月02日 14:27撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様です。有馬温泉到着です。
2
源泉のひとつです。
2016年04月02日 14:35撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源泉のひとつです。
有名な「金の湯」です。
2016年04月02日 14:41撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な「金の湯」です。
1
続々と下りてきます。しだれ桜が満開です
2016年04月02日 14:43撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続々と下りてきます。しだれ桜が満開です
右に折れたところがバスターミナルです
2016年04月02日 14:43撮影 by SH01B, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に折れたところがバスターミナルです

感想/記録

今日は赤子谷左俣から縦走路を通り最高峰に行き、魚屋道経由で有馬温泉へ下りました。
赤子谷は3度目で一年ぶりです。誰にも会いませんでした。
相変わらずワイルドな雰囲気の所です。

1度目のときはコルジェの先の突き当たりで矢印に習い直進しましたが、道に迷ってしまい、20分ほど道なき道を歩く羽目になりました。
2回目と今回は突き当たりを右に折れ、すぐ先を左方向(南)に進むと鉄塔下につき縦走路に合流できます。
水色のテープが最新のようです。

初めての方は直進の赤い矢印がありますが、突き当たりで右に進むのが正解と思います。
縦走路に合流後は快適な道が続きます。気候も良いため多くと人とすれ違いました。

また比較的勾配がゆるく平坦な道が続くためトレランの方も結構いました。
一軒茶屋では芦屋方面からの登山者も合流したくさんの方が、最高峰を目指していました。
少しもやっていましたが、大阪方面もみえハルカスも見えていました。

下りはは魚屋道を利用し有馬温泉は行きます。途中の滑りやすかった所も含め再整備されており、歩き安くなっていました。
有馬温泉は観光客もたくさんいてに賑やかでした。
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

水場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ