ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 840705 全員に公開 山滑走甲信越

大渚山へ 中腹よりスリル満点のスキー滑走 

日程 2016年04月05日(火) [日帰り]
メンバー furuhiro, その他メンバー1人
天候薄雲り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道147 小谷温泉方面へ
山田旅館付近路肩駐車
山田旅館上部工事中車進入禁止 4月20日開通とのこと
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
1時間10分
合計
5時間20分
S山田旅館前09:1009:30とちの樹亭下部シール着09:4010:50鎌池付近11:30湯峠12:00大渚山中腹12:2012:30湯峠13:0014:00とちの樹亭下部14:1014:30山田旅館前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 7:30 安曇野穂高発 大町社経由(往復約130km)
 8:50 山田旅館前駐車

<復路>
14:40 山田旅館発
16:00 自宅着
コース状況/
危険箇所等
雪が少なく沢付近はコース選びが難しい
湯峠から先 大渚山への尾根は雪が少なく細い
スキー滑走 ルート選びも楽しいがスリルも味わう
その他周辺情報小谷温泉 山田旅館
とちの樹亭はまだやっていない  
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スキー流れ止め
共同装備 日よけ帽子 サングラス スキー板 シール

写真

山田旅館から先通行止め 
ここから歩く
4月20日開通とのこと(工事関係者の話)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山田旅館から先通行止め 
ここから歩く
4月20日開通とのこと(工事関係者の話)
旅館付近に駐車
バス回転部分より下が良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旅館付近に駐車
バス回転部分より下が良い
とちの樹亭下部
ここからシールを付けて歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とちの樹亭下部
ここからシールを付けて歩く
沢を渡るとき落ちる
私の先を行く山スキー師匠は軽々通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡るとき落ちる
私の先を行く山スキー師匠は軽々通過
ここが落ちた部分
各所に見られる注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが落ちた部分
各所に見られる注意
ブナの林を登る
かなりの急斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの林を登る
かなりの急斜面
鎌池が眼下に
淵は融け始めている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌池が眼下に
淵は融け始めている
1
湯峠への林道に再び出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯峠への林道に再び出る
1
ブナの樹間から大渚山を覗く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの樹間から大渚山を覗く
ガスがかかる大渚山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがかかる大渚山
1
湯峠
白の世界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯峠
白の世界
1
湯峠から先の尾根筋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯峠から先の尾根筋
時々薄日が差し
美しい世界が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々薄日が差し
美しい世界が!
1
尾根が細くなったところで
引き返す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が細くなったところで
引き返す
シールをとり滑り始める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シールをとり滑り始める
我が山スキー師匠の滑り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我が山スキー師匠の滑り
3
重い雪で滑りは悪いが
ブナ林の美しさを楽しむ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重い雪で滑りは悪いが
ブナ林の美しさを楽しむ
2
起伏が多くコース取りが難しいところも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
起伏が多くコース取りが難しいところも
下に降りてくると青空が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に降りてくると青空が
ブナの樹林の中を滑る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの樹林の中を滑る
沢越えのスリル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢越えのスリル
最後の旧スキー場跡を滑る
雪の少ないのがわかる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の旧スキー場跡を滑る
雪の少ないのがわかる
1

感想/記録

2016(平成28年)4月5日(火)

大渚山へ スキー滑走!

「沢渡り スリル味わい 山のスキー」

ブナの樹林帯を滑りたくなり
大渚山を目指した。
天気は良好ということで勇み出かけた。
しかし不安もあった。

今年は大渚山も雪不足のはず
雪解けも早く雪面の状態が心配だった。
この心配が的中。

それでも4月に入ったばかり
気持ちよく滑れるだろうと思ったのが良くなかった。

それに車がまだ「とちの樹亭」まで入れない。
山田旅館前で通行止めとなったままだった。
20分ほどかけて舗装道路・工事現場を通り、
旧スキー場の登り口に到着。
ここからだと雪もありスキーを付けて歩けそうということで
シールを付け雪面へと入って行った。

昨日の雨のためかじゃぶじゃぶの重い雪!
雨でもう少ししまった雪になっているのではないかの予想が
見事に外れていた。

それに雪不足は顕著でブッシュの多いこと
何度か来ている大渚の雪面とは程遠いものがあった。
ブナの幹の周りも雪がかなり解けていた。

沢がいくつか姿を現し横切るのに勇気がいった。
比較的大きめの沢はそれなりに注意していくのだが
小さな沢は渡れるだろうとの思いで渡る。

滑るときはそれほど重みもかからないので渡り切ってしまうところも
登りとなると体重がしっかりかかり
1回落ちてしまった。
両足スキーと共にずぼっと!

雪面の下が空洞になっている。
小さな空洞でスピードのある滑っているときでもないので
衝撃はなく無事脱出することができた。

登るにしたがい沢の心配はなくなったが
雪不足のため急斜面は良いが
緩斜面での起伏が多く出てきた。
これは滑走するとき方向を間違えると
登り返しがあるので気をつける必要を感じた。

湯峠への林道に出ると雲がかかり見通しが悪くなった。
時々青空も見え大渚山が
雲に浮かぶように臨めた。

湯峠に着くと天候は一変!
ガスがかかり白の世界。
それに風のために今迄の汗が吹き飛んでしまうほど寒い。

湯峠から稜線づたいに大渚山を目指すが先が見えなく
雪不足のためか稜線も細くなり
無理をしないということで途中で引き返した。

大渚山中腹からスキー滑走開始!
雪は上部でも重く滑りが悪い。
それでも急斜面ではスピードに乗りそう快感を味わう。

ブナの樹林帯に入ると起伏の多さに
コース取りを考えながらの滑走となった。
これが意外と楽しくブナの樹林の美しさに感動しながら滑った。

殊に下るにつれ青空も広がり
天に聳えるブナの幹・枝の織り成す不思議の世界!
感動せざるを得ない。

しかし危険が待っていた。
沢渡り
場所を間違えると登り返さなくてはならない。
もちろん無理して沢に落ちるわけにもいかない。

沢のどこを渡るか考え
基本的には登ってきたところを下るという考えで滑り切った。
かなりの登り返し、もしかするとスキーを脱ぐ
ということも考えていたが
さほどの登り返し、スキーを脱ぐ場面もなく
最後にブッシュは多いが広い斜面を滑り終え
無事下山できた。

ふるちゃん
訪問者数:303人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 山スキー ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ