ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 840795 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

イワウチワを愛でに奥多摩 鉄五郎新道(寸庭橋〜広沢山〜大塚山 周回)

日程 2016年04月06日(水) [日帰り]
メンバー shibusan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:関越道、圏央道 青梅IC、青梅街道 経由
駐車:町営小丹波駐車場(1日700円:この日は平日の為、無料)
復路:往路と同ルート

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

09:40 寸庭橋
10:25 金毘羅神社 10:30
(岩団扇保護地で写真撮影)

11:35 広沢山

12:00 大塚山 12:20

12:45 飯盛杉
13:35 御岳山登山口(丹三郎園地)
13:50 セブンイレブン 奥多摩古里店
14:05 寸庭橋
コース状況/
危険箇所等
◆鉄五郎新道(登山口〜広沢山):
奥多摩東部登山詳細図(吉備人出版)には掲載されているが、山と高原地図(昭文社)には未掲載
登山道が右に傾き、右側(西方向)が微妙に崩れ掛けて谷で切れ落ちている上、東の山側からは木の枝が伸びてきてるので、注意が必要
倒木の先に、大岩を下りる箇所は、細心の注意が必要

◆大塚山〜丹三郎:
全体的に整備されて歩き易い登山道
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 ドライレイヤー:finetrack スキンメッシュT
ベースレイヤー:mont-bell ジオラインL.W.ハイネックシャツ Men's
ボトムス:Alpine DESIGN ストレッチカーゴパンツ
ハット:mont-bell ワイドブリムハット
フットウェア:mont-bell ラップランドブーツ Men's
バックパック:Gregory Z40
チェストバッグ:PaagoWorks フォーカス L(カメラバッグ)
トレッキングポール:Black Diamond トレイルショックコンパクト

(大塚山頂から最後まで)
アウター:mont-bell ジオライン 3Dサーマル ジャケット Men's

写真

圏央道 青梅ICよりアプローチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
圏央道 青梅ICよりアプローチ。
青梅街道を古里まで走り、寸庭橋の町営小丹波駐車場に駐車。
2016年04月06日 09:39撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅街道を古里まで走り、寸庭橋の町営小丹波駐車場に駐車。
1
寸庭橋には、立派な公衆トイレがある。
2016年04月06日 09:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寸庭橋には、立派な公衆トイレがある。
寸庭橋で多摩川を渡る。
2016年04月06日 09:39撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寸庭橋で多摩川を渡る。
思わず渓流釣りがしたくなるような多摩川の渓流。
2016年04月06日 09:39撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず渓流釣りがしたくなるような多摩川の渓流。
1
電車が走る音がするので振り返ると青梅線。
2016年04月06日 09:39撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電車が走る音がするので振り返ると青梅線。
寸庭橋を渡り、突き当たりを左折し、右に見える石段を登る。
2016年04月06日 09:41撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寸庭橋を渡り、突き当たりを左折し、右に見える石段を登る。
石段の入口には、「耳なし地蔵」。
2016年04月06日 09:41撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段の入口には、「耳なし地蔵」。
1
石段を登り、右折してちょっと歩くと、「御日待供養佛」と「廿三夜塔(にじゅうさんやとう)」。
2016年04月06日 09:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段を登り、右折してちょっと歩くと、「御日待供養佛」と「廿三夜塔(にじゅうさんやとう)」。
林道寸庭線との分岐。鉄五郎新道は右を進む。
2016年04月06日 09:46撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道寸庭線との分岐。鉄五郎新道は右を進む。
1
鉄五郎新道は、「大塚山・御岳山」方面へ進めばよい。
2016年04月06日 09:47撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄五郎新道は、「大塚山・御岳山」方面へ進めばよい。
小さな橋で、寸庭川を渡る。
2016年04月06日 09:48撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな橋で、寸庭川を渡る。
「大塚山・御岳山」方面へ進む。
2016年04月06日 09:50撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大塚山・御岳山」方面へ進む。
スミレが現れた。写真のスミレは、ナガバノスミレサイシン。
2016年04月06日 10:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレが現れた。写真のスミレは、ナガバノスミレサイシン。
4
鉄五郎新道(寸庭橋〜広沢山)は、西側は谷で切れ落ちている箇所が多い。
2016年04月06日 10:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄五郎新道(寸庭橋〜広沢山)は、西側は谷で切れ落ちている箇所が多い。
ナガバノスミレサイシン。
2016年04月06日 10:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシン。
2
右側に金毘羅神社の鳥居が見えた。登山道は、この鳥居を潜り、左へ進む。
2016年04月06日 10:24撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に金毘羅神社の鳥居が見えた。登山道は、この鳥居を潜り、左へ進む。
イワウチワが現れた。
2016年04月06日 10:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワが現れた。
2
岩団扇保護地の看板。足場の悪い急斜面なので、イワウチワは観察し難い。
2016年04月06日 10:43撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩団扇保護地の看板。足場の悪い急斜面なので、イワウチワは観察し難い。
1
イワウチワ 
2016年04月06日 10:44撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワ 
4
イワウチワ◆
2016年04月06日 10:46撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワ◆
1
イワウチワ。
2016年04月06日 10:47撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワ。
イワウチワぁ
2016年04月06日 10:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワぁ
6
イワウチワァ
2016年04月06日 10:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワァ
5
岩団扇保護地を後にし、登山道を進むと、大木が横たわっていた。大木の下を潜り抜ける。(写真は潜り抜けてから撮影。)
2016年04月06日 11:11撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩団扇保護地を後にし、登山道を進むと、大木が横たわっていた。大木の下を潜り抜ける。(写真は潜り抜けてから撮影。)
岩団扇保護地の先にも、ぽつぽつとイワウチワを見掛けた。
2016年04月06日 11:13撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩団扇保護地の先にも、ぽつぽつとイワウチワを見掛けた。
3
イワウチワ。
2016年04月06日 11:13撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワ。
1
下りるのに戸惑った大岩。(写真は下りてから撮影。)
2016年04月06日 11:13撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りるのに戸惑った大岩。(写真は下りてから撮影。)
広沢山に到着。標高848m。金毘羅神社から広沢山までは、急な上り坂が続いた。
2016年04月06日 11:36撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢山に到着。標高848m。金毘羅神社から広沢山までは、急な上り坂が続いた。
何もない広沢山は、そのまま通り過ぎた。広沢山から先は、ゆるやかなスギの樹林帯の尾根道。
2016年04月06日 11:47撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何もない広沢山は、そのまま通り過ぎた。広沢山から先は、ゆるやかなスギの樹林帯の尾根道。
山の中にコンクリートの建造物が現れたと思ったら、電波塔だった。この電波塔の脇が登山ルートだが、急坂で滑り易く、思いの外難儀だった。
2016年04月06日 11:53撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の中にコンクリートの建造物が現れたと思ったら、電波塔だった。この電波塔の脇が登山ルートだが、急坂で滑り易く、思いの外難儀だった。
大塚山頂に到着。標高920.3m。
2016年04月06日 11:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大塚山頂に到着。標高920.3m。
2
御岳山方面から山頂を望む。
2016年04月06日 11:59撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山方面から山頂を望む。
山頂のテーブルで休憩。
2016年04月06日 12:01撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のテーブルで休憩。
1
セブンイレブン青梅二俣尾店で購入した、ドーナツ、パン等でランチを取った。
2016年04月06日 12:02撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セブンイレブン青梅二俣尾店で購入した、ドーナツ、パン等でランチを取った。
下山は、丹三郎、古里駅方面のルートで。
2016年04月06日 11:57撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は、丹三郎、古里駅方面のルートで。
山頂からちょっと下った所に、大塚山園地休憩所なるものがあった。
2016年04月06日 12:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からちょっと下った所に、大塚山園地休憩所なるものがあった。
1
更に下ると、大塚山頂の巻き道と合流。
2016年04月06日 12:24撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に下ると、大塚山頂の巻き道と合流。
丹三郎、古里駅方面へ下る。
2016年04月06日 12:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹三郎、古里駅方面へ下る。
綺麗に舗装された林道に出た。
2016年04月06日 12:53撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に舗装された林道に出た。
林道を横切った先に、登山道へ続く階段があった。
2016年04月06日 12:54撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切った先に、登山道へ続く階段があった。
古里駅方面へ下る。
2016年04月06日 13:00撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古里駅方面へ下る。
多摩川水源森林隊の案内板。「奥多摩東部登山詳細図」には載っている。
2016年04月06日 13:02撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多摩川水源森林隊の案内板。「奥多摩東部登山詳細図」には載っている。
スミレが現れ出した。やはり、ナガバノスミレサイシン。
2016年04月06日 13:12撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレが現れ出した。やはり、ナガバノスミレサイシン。
1
ナガバノスミレサイシン 
2016年04月06日 13:13撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシン 
2
ナガバノスミレサイシン◆
2016年04月06日 13:19撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシン◆
2
ナガバノスミレサイシン。
2016年04月06日 13:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシン。
ナガバノスミレサイシンぁ
2016年04月06日 13:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシンぁ
1
ナガバノスミレサイシンァ
2016年04月06日 13:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシンァ
1
ナガバノスミレサイシンΑ
2016年04月06日 13:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナガバノスミレサイシンΑ
2
麓まで下りてきた。登山口には、獣害(イノシシ)対策の金網の扉が設置されていた。上部には、電源が流れているようだ。
2016年04月06日 13:34撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓まで下りてきた。登山口には、獣害(イノシシ)対策の金網の扉が設置されていた。上部には、電源が流れているようだ。
丹三郎園地には、休憩所&トイレがあった。
2016年04月06日 13:35撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹三郎園地には、休憩所&トイレがあった。
丹三郎園地の御岳山登山口を後にする。
2016年04月06日 13:38撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹三郎園地の御岳山登山口を後にする。
古里駅前交差点まで、吉野街道を歩いた。ここからは、青梅街道を歩く。その前に。セブンイレブン奥多摩古里店に寄った。
2016年04月06日 13:51撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古里駅前交差点まで、吉野街道を歩いた。ここからは、青梅街道を歩く。その前に。セブンイレブン奥多摩古里店に寄った。
青梅街道を少し歩いて、寸庭の集落へ向かう脇道(左側)に入った。
2016年04月06日 13:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅街道を少し歩いて、寸庭の集落へ向かう脇道(左側)に入った。
寸庭橋の町営小丹波駐車場に到着。
2016年04月06日 14:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寸庭橋の町営小丹波駐車場に到着。
これは、帰りに川井キャンプ場付近の多摩川に寄った際に写した、タチツボスミレ。
2016年04月06日 14:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、帰りに川井キャンプ場付近の多摩川に寄った際に写した、タチツボスミレ。
2

感想/記録

平日の振休取得の水曜日、好天気予報だったので、山行をしたいと思った。いろいろ候補はあったが、昨年見逃したイワウチワを見たかったので、奥多摩 鉄五郎新道を登ることに決めた。

車移動の途中、圏央道内回りの狭山PA1匱蠢阿ら富士山が見えた。景観には最適な天候だったが、今回は、景観的なものは望めないルートだったので、あまり意味はなかった。

登りに利用した鉄五郎新道は、登山口から金毘羅神社までは、登山道が右に傾き、右側(西方向)が微妙に崩れ掛けて谷で切れ落ちている。更に、東の山側からは木の枝が伸びてきてるので、歩き難かった。また、登山道に入ると、大塚山まで道標がなかった。樹木等に巻かれている赤いテープを手掛かりに進んだ。金毘羅神社前でちょっと悩んだが、鳥居を潜って、左へ進むのが正解だった。

金毘羅神社から少し登ると、イワウチワの保護地に入る。足場の悪い急斜面地帯なので、イワウチワに接近するのは、少し苦労した。保護地の先でも、イワウチワは所々咲いていた。

金毘羅神社から広沢山まで急斜面が続く。広沢山から大塚山の電波塔までは、ゆるやかなスギの樹林帯の尾根道を歩く。

大塚山からは、御岳山方面へ寄るかどうか悩んだが、出発が遅かったことと、御岳山は昨年訪れていることと、花的にはイワウチワやスミレを堪能したことから、ここで下山することにした。下山は、丹三郎、古里駅経由のルートを選択した。

この丹三郎、古里駅へ向かうルートは、整備されていて、道幅が広く、ゆるやかで、歩き易いルートだった。

麓の丹三郎からは、吉野街道、青梅街道と車道を歩いたが、吉野街道の多摩川に掛かる万世橋手前から、寸庭橋へ続くハイキングコースがあるみたいなので、セブンイレブンはないが、そちらを歩いてみてもよかった。

今回歩いたルートは、比較的マイナーだが、個人的には興味深かった。一部、危険個所があるので、お奨めはしない。
訪問者数:437人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ