ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 840923 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

横岳西壁 石尊稜

日程 2016年04月06日(水) [日帰り]
メンバー tanukigo, その他メンバー1人
天候快晴♪
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間58分
休憩
2時間3分
合計
11時間1分
S美濃戸山荘03:4904:31堰堤広場04:3205:16赤岳鉱泉05:4410:58石尊峰11:5812:05鉾岳12:1012:13日ノ岳12:1512:24二十三夜峰12:2512:34地蔵の頭12:3513:01行者小屋13:2613:58中ノ行者小屋跡14:46美濃戸山荘14:50赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
石尊稜は大まかに分割すると3っつの部分に分割できます。
_蕊岩壁 ∪穃如´上部岩壁
●下部岩壁 50m検〜霽侫好薀屐疏霽
,いきなりの核心部 ルートは3っつ有。左 中央 右。 中央より取り付きました。出だしの3ピンを直上したのち左上。
左上した後、リッジまで進みピッチを切りました。

●雪稜 300m供ゝ泙舗木帯の草付〜雪稜
急な灌木帯を抜けると気持ちの良い雪稜歩き。短いですがナイフリッジの通過が数か所あります。

●上部岩壁 45m掘 ̄角〜リッジ〜ガレ
凹角より取り付きます。卦蕕任垢ガバが多く優しく感じます。しかしランナーがあまり取れず慎重に進まなくてはなりません。


過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

赤岳鉱泉
既にキャンディーは営業終了
2016年04月06日 05:17撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉
既にキャンディーは営業終了
1
沢を詰めて取り付きへ向かいます
2016年04月06日 06:22撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を詰めて取り付きへ向かいます
下部岩壁
2016年04月06日 07:04撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部岩壁
1
すぐ横には中山尾根
2016年04月06日 07:04撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ横には中山尾根
下部岩壁取り付き
殆ど雪は付いていません
2016年04月06日 07:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部岩壁取り付き
殆ど雪は付いていません
岩壁を抜けても急な灌木帯の草付の登攀となります
2016年04月06日 08:46撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩壁を抜けても急な灌木帯の草付の登攀となります
2
振り返ると主峰赤岳〜阿弥陀岳
2016年04月06日 09:17撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると主峰赤岳〜阿弥陀岳
3
急な草付の登攀
2016年04月06日 09:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な草付の登攀
1
tanukigo妻もガシガシ登ります
2016年04月06日 09:34撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
tanukigo妻もガシガシ登ります
2
前回敗退した日ノ岳稜
2016年04月06日 09:34撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回敗退した日ノ岳稜
1
途中よりコンテに変えます
2016年04月06日 09:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中よりコンテに変えます
1
雪稜から上部岩壁
ここまで来ると上部の展望が開け、気持ちの良い雪稜歩きとなりました
2016年04月06日 09:46撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪稜から上部岩壁
ここまで来ると上部の展望が開け、気持ちの良い雪稜歩きとなりました
3
日ノ岳稜と中山尾根
来季の課題かな
2016年04月06日 09:49撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ岳稜と中山尾根
来季の課題かな
5
上部岩壁
荒々しくそびえます
2016年04月06日 09:49撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁
荒々しくそびえます
ナイフリッジの通過
2016年04月06日 10:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジの通過
3
通過中〜
雪質が不安定で慎重に進みます
2016年04月06日 10:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通過中〜
雪質が不安定で慎重に進みます
3
tanukigo妻も慎重に通過
2016年04月06日 10:04撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
tanukigo妻も慎重に通過
4
最高の天気です
2016年04月06日 10:13撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高の天気です
大同心、小同心も同じ目線まで上がってきました
2016年04月06日 10:13撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心、小同心も同じ目線まで上がってきました
2
気持ちの良い雪稜歩き〜
2016年04月06日 10:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い雪稜歩き〜
2
振り返って登ってきた稜線
2016年04月06日 10:39撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って登ってきた稜線
1
上部岩壁取り付き点
凹角より取り付きます(支点有り)
2016年04月06日 10:40撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁取り付き点
凹角より取り付きます(支点有り)
ホールド、スタンスは豊富〜!
2016年04月06日 10:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホールド、スタンスは豊富〜!
2
しかしランナーが殆ど取れません
2016年04月06日 10:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしランナーが殆ど取れません
慎重に高度を上げて行きます。
2016年04月06日 10:48撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に高度を上げて行きます。
上部岩壁終了は、ピナクルで支点確保
2016年04月06日 10:59撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁終了は、ピナクルで支点確保
1
上部岩壁終了後は、ちょっと急なガレ場を詰めて行きます
2016年04月06日 11:16撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁終了後は、ちょっと急なガレ場を詰めて行きます
tanukigo妻余裕の登りです
2016年04月06日 11:23撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
tanukigo妻余裕の登りです
4
最後はガリーを詰めて行きます。
殆ど雪は有りませんでした
2016年04月06日 11:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はガリーを詰めて行きます。
殆ど雪は有りませんでした
1
石尊稜を詰めて行くと稜線へ突き上げます!!
2016年04月06日 11:43撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尊稜を詰めて行くと稜線へ突き上げます!!
1
tanukigo妻 頑張りました!
2016年04月06日 11:43撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
tanukigo妻 頑張りました!
7
終始リードを務めたtanukigo〜!
後姿が誇らしげだ!
2016年04月06日 11:44撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終始リードを務めたtanukigo〜!
後姿が誇らしげだ!
4
石尊峰のケルンに石を置きちょっとだけ標高アップ!
2016年04月06日 11:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尊峰のケルンに石を置きちょっとだけ標高アップ!
2

感想/記録

冬季シーズン10度目の八ヶ岳。恐らく今シーズンの登り納めに成るであろうと思われる中、移動性高気圧に覆われ快晴の下、横岳西壁 石尊稜へ行ってきました。
前回、日ノ岳稜の時、雪質に悩まされ敗退した事より今回は登山開始を早め、雪質の安定した時間帯に雪稜を抜けるべき早朝よりアプローチ開始。
赤岳鉱泉につく頃にはすっかり辺りは明るくなっていました。
鉱泉より約1時間程かけ取り付き点へ向かいます。
石尊稜は大きく3分割でき、下部岩壁〜雪稜〜上部岩壁となります。出だしの下部岩壁が核心部。
中央のラインより直上した後、左上しリッジまで抜け50mいっぱいまで伸ばしピッチを切りました。続く急な灌木帯の草付。安全の為この区間もスタカットでいっぱいまで伸ばし高度を上げ2P目終了。
上部に行くほど傾斜は緩みコンテに切り替え進むと、気持ちの良い明瞭なスノーリッジへと変化して行きました。
所々、短いですがナイフリッジの通過が有り慎重に進み、上部岩壁取り付き。

上部岩壁。ホールド、スタンスは豊富に有るもののランナーが取れないルート。ミスが許されない中、慎重に高度を上げ50mいっぱいまで伸ばしピッチを切り上部岩壁終了。
最後はガリーを詰めて行くと石尊峰へと突き上げました。
快晴の下、快適なクライミングを楽しむ事が出来ました。

訪問者数:407人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ