ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841190 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

ヒクタ峰(熊の足跡でルート変更)

日程 2016年04月07日(木) [日帰り]
メンバー mikasaoya
天候薄曇り 風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(札幌方向からみて)道々1号線つつじ橋先の左側に駐車帯あり
(サイロのような小樽内水位雨量観測所が道路の右奥にあります)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
18分
合計
5時間7分
Sスタート地点07:4208:33撤退地点08:58取付地点08:5910:30滑沢山10:3311:24ヒクタ峰11:3712:07滑沢山12:0812:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
通常登られる尾根のコースには張り出した雪庇を越えなければならない個所が3か所ありますが,コースの取り方は難しくないと思います。
尾根にあがらずに滑沢林道を進んでから滑沢山へ向けて尾根に取りついたところ,熊の足跡を発見しました。要注意です。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

駐車帯。
奥に小樽内水位雨量観測所が見えます。
2016年04月07日 07:40撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車帯。
奥に小樽内水位雨量観測所が見えます。
1
正面(左手)に「小樽内川林道」の標識がありますが,その右手に「滑沢1号」の表示。こちら側に進みます。
2016年04月07日 07:41撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面(左手)に「小樽内川林道」の標識がありますが,その右手に「滑沢1号」の表示。こちら側に進みます。
滑沢林道を約20分進んで,尾根方向に取り付くことにしました。
2016年04月07日 08:00撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑沢林道を約20分進んで,尾根方向に取り付くことにしました。
1
地図とGPSを確認しながら,比較的斜度のゆるいところを選んで進んでいます。
2016年04月07日 08:13撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図とGPSを確認しながら,比較的斜度のゆるいところを選んで進んでいます。
熊の新しい足跡を発見。
昨年の伏美岳のことが脳裏に浮かんでUターンすることにしました。
2016年04月07日 08:32撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の新しい足跡を発見。
昨年の伏美岳のことが脳裏に浮かんでUターンすることにしました。
7
尾根筋を行くルートを進み15分ほどたった地点。雪が緩んできています。
2016年04月07日 09:15撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋を行くルートを進み15分ほどたった地点。雪が緩んできています。
気温が上がるにつれて,足首ぐらいまで雪の中に沈むみこみますが,時に脚がすっぽりとぬかってしまうことも。
2016年04月07日 09:33撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温が上がるにつれて,足首ぐらいまで雪の中に沈むみこみますが,時に脚がすっぽりとぬかってしまうことも。
3
古いトレースをたどっていますが,アーチ状の木の下を潜っています。
2016年04月07日 09:42撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古いトレースをたどっていますが,アーチ状の木の下を潜っています。
正面に大きな雪庇が現れてきました。低めの場所を選んで,キックステップで1.5mほどを登りました。
2016年04月07日 10:18撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に大きな雪庇が現れてきました。低めの場所を選んで,キックステップで1.5mほどを登りました。
雪庇の上です。
2016年04月07日 10:23撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇の上です。
1
定天。奥に頭が見えているのは無意根山でしょうか。
2016年04月07日 10:25撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定天。奥に頭が見えているのは無意根山でしょうか。
3
滑沢山山頂着。真新しい標識です。
水分補給を兼ねて一息。
2016年04月07日 10:29撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑沢山山頂着。真新しい標識です。
水分補給を兼ねて一息。
9
ヒクタ峰に向けて尾根を進みます。
2016年04月07日 10:48撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒクタ峰に向けて尾根を進みます。
左手に岩塔のある地点を過ぎた辺りから,吹き抜ける風が強まってきました。
2016年04月07日 11:06撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に岩塔のある地点を過ぎた辺りから,吹き抜ける風が強まってきました。
1
正面の雪庇は右手を巻くようにして登ります。
2016年04月07日 11:16撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の雪庇は右手を巻くようにして登ります。
雪庇の上をヒクタ峰のピークに向けて。
風が強まり,姿勢を低くして進みました。
2016年04月07日 11:17撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇の上をヒクタ峰のピークに向けて。
風が強まり,姿勢を低くして進みました。
3
ヒクタ峰に到着です。
2016年04月07日 11:24撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒクタ峰に到着です。
10
白井岳。
2016年04月07日 11:28撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白井岳。
2
奥に余市岳。
2016年04月07日 11:28撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に余市岳。
2
曲の岩塔方向。左側に定天。
2016年04月07日 11:29撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲の岩塔方向。左側に定天。
4
神威岳,烏帽子岳,百松沢山ほか。
2016年04月07日 11:29撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神威岳,烏帽子岳,百松沢山ほか。
3
風が強まっており,足の沈み込みも深くなってきているので曲,景へは向かわずに下山することに。下山方向。
2016年04月07日 11:37撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強まっており,足の沈み込みも深くなってきているので曲,景へは向かわずに下山することに。下山方向。
2
雪庇を回り込んだあとの急斜面です。(写真では斜度がわかりませんが)ズルズルと滑り落ちそうにもなるので,一歩一歩を慎重に進めます。
2016年04月07日 11:47撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇を回り込んだあとの急斜面です。(写真では斜度がわかりませんが)ズルズルと滑り落ちそうにもなるので,一歩一歩を慎重に進めます。
滑沢山まで戻りました。水分補給の小休止です。
2016年04月07日 12:05撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑沢山まで戻りました。水分補給の小休止です。
下山途中,沈み込みが大きくなってきています。
2016年04月07日 12:24撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中,沈み込みが大きくなってきています。
1
熊の足跡でリターンした地点の標高と同じぐらいの標高の地点です。少し早足になりましたが,沈み込みで足が取られます。
2016年04月07日 12:43撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の足跡でリターンした地点の標高と同じぐらいの標高の地点です。少し早足になりましたが,沈み込みで足が取られます。
滑沢川を渡りますが,水量が結構あって水音が大きく聞こえます。
2016年04月07日 12:45撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑沢川を渡りますが,水量が結構あって水音が大きく聞こえます。
1
駐車地点まで下山。
奥に見える柵のようなものは「つつじ橋」。
2016年04月07日 12:49撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地点まで下山。
奥に見える柵のようなものは「つつじ橋」。
2
駐車帯の横の雪解けが進んだ場所にフキノトウがありました。
2016年04月07日 12:50撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車帯の横の雪解けが進んだ場所にフキノトウがありました。
5

感想/記録

 気温が高くなってきて雪解けが進んでいることから,どこに行こうか悩んで,記憶のかなたにあるヒクタ峰に。かなたの記憶を引きずり出して,林道を進んだ地点から873mポコ(今は「滑沢山」と呼んでいるようですが)の近くに登り詰めていくルートを考え,地図とGPSを使いながら順調に進んでいったつもりだったのですが,トレースがなかったところに,カンジキにしてはいやに丸いトレースがあるなと思いながら進んでいたら,はっきりとした熊の足跡が現れました。最初にみた足跡(丸いトレースと思ったものです)はかなり古いものだったらしく。輪郭は融けていましたので熊の足跡とは気が付かずに歩いていましたが,斜面から上がってき多と思われますが,いきなり真新しい足跡に遭遇しました。昨年の伏美岳の情景が頭に浮かび,ただちにUターンして林道まで戻りました。
 とはいえ,時間も早かったので,通常歩かれている尾根を歩くルートを行き,再び足跡を見たら帰ろうと考えてヒクタ峰のピークを目指してみました。幸い,熊の足跡を見ることはなくピークまで行くことができました。
 雪面は,比較的固いところと,足首ぐらいまで沈み込むところが多かったですが,帰路(下山時)にはかなりの頻度で膝下ぐらいまでの沈み込みがありました。沈み込みが大きいために疲労感が大きく,ちょっと風が強くて進むのに難儀をしたところもありましたが,ヒクタ峰を記憶のかなたから現在の記憶によみがえらせることができた山行でした。
訪問者数:402人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 雪庇 GPS キックステップ 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ