ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841296 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲山 (西お多福山〜打越峠) 

日程 2016年04月06日(水) [日帰り]
メンバー mesner
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

 阪急有馬バス停発 8:56
 9:08−魚屋道登山口ー9:17
 9:58−トンネル跡ー10:03
 11:05−山頂ー11:25
 11:42−西お多福下山口
 12:36−管理道出合
 12:45−住吉川徒渉点ー12:05
 12:58−大平岩
 13:05−打越峠入口
 13:05−黒五山
 13:37−打越峠ー13:49
 14:11−山の神ー14:15
 阪急岡本駅着 14:47
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

感想/記録
by mesner

◆ 今日の天気予報は晴れ。 気温 11〜20度。 桜は満開。いい気候になった。
 さて、今日は何処に行こうか・・・、兎に角山頂に着くまでに考えよう。
 トンネル跡を過ぎると、紅葉谷の向こうの番匠屋畑尾根の山腹に、タムシバの白い花が帯状に咲いている。魚屋道でも結構見かけたが、あんなに咲いているのは初めて見た。

 ◆ 山頂に着くと、二週間前に北側と西側の雑木を伐っていたが、北側の展望が良くなった。愛宕山が見えないかと思ったが、霞がかって見えなかった。愛宕山が見えると、その先は比良山が見える。
 
 ◆ 東屋で早い弁当を食べてると、さっき山頂で挨拶を交わした人がやって来て、何処(町)から来たかとか、何処から上って来たかとか話していたら、これから何処へ行くのかと聞かれた。
 宝塚か岡本か思案中だと言ったら、岡本に下りれるのですか?・・と聞いてくる。道は繋がっているので何処へでも行けますよ・・と言ふと、是非付いて行きたいと言ふ。家が芦屋らしい。
 
 ◆ そこで考えたが、初めて一人で行くには、雨が峠経由で保久良神社に下るよりも分り辛いが、危ない所はない。
 私よりうんと若く、体力は有りそうだが、最近リタイヤーして山歩きを始めたらしい。
 一応登山靴をちゃんと履いているが、余りにも初心者らしいので、一つだけ質問した。それは大平岩の処で丸木橋を渡り、対岸の崖を登らなければならないので、それが出来るか聞いた。それは大丈夫との事で一緒に行くことにした。
 難しい山だと、そう簡単に付いてくると言われても、引き受ける訳にはゆかないが、六甲山だし問題はないだろう。

 ◆ 山頂より縦走路を西お多福山へ行き、住吉川に向かって南に下って行く何時ものルートだ。
 肝心な分岐点では、地図上の位置を示しながら下りて行く。大平岩の丸木橋もその対岸によじ登るのも問題なく通過できた。
 そして、打越峠への登りでは、途中黒五山に案内する。もし一人でこんな所を歩いたら、不安になると言っていた。

 ◆ 予定通り阪急岡本に着いた。彼にはこんな山道ばかりは初めてだったらしく、感激していた。
 私は、家に帰ったら今日のルートを地図で確かめて、その位置を思い出す様にして、コースを覚えて下さいと言って分かれた。
 お陰で、私も退屈しなくて、下山に要した3時間半の時間が短く感じられた。 
 
 ◆ 長年山へ行ってると、こんな事は偶にある。しかし頼まれて同行すると言ふ事は、それを引き受ける者にとっては、ある意味でその責任を引き受けると言ふ事になる。従って、決して軽率に、ただ気軽にOKと言えるとは限らない。それに相手にもよるからだ。
 しかし、経験者として、できれば初心者の役に立ち、手助けすることに吝かではないと言ふ気持ちは持ちたいものだ。
 私は、こう言ふことで後悔した事は無い。

訪問者数:134人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/25
投稿数: 1631
2016/4/11 20:12
 こんばんは mesnerさん
同行するかどうか、判断は難しいですね
事故がなくで何よりでした
登録日: 2012/8/13
投稿数: 1029
2016/4/12 17:48
 Re: こんばんは o・dreamer さん
 ほんとに、考えますね。難しいですね。全く知らない人ですからね。
 まあ・・六甲ですから。
 無事で良かったです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 東屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ