ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841327 全員に公開 山滑走十勝連峰

三段山

日程 2016年04月06日(水) [日帰り]
メンバー HANZO, その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白銀荘駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
31分
合計
3時間21分
S吹上温泉白銀荘11:5312:13一段目12:33二段目12:3413:24三段目14:00三段山14:2214:28四段目14:2914:31三段目14:56一段目14:5715:02吹上温泉白銀荘15:0815:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所ほぼなし。

写真

この後晴天となることを願って、いざ登山開始!
2016年04月06日 12:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後晴天となることを願って、いざ登山開始!
2
雲がまだあるが少しずつ晴れ間が出てきた!
2016年04月06日 12:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がまだあるが少しずつ晴れ間が出てきた!
2
おお!晴れてきたぞー!
2016年04月06日 12:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお!晴れてきたぞー!
4
このまま山頂まで天気よ持ってくれ!
2016年04月06日 13:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま山頂まで天気よ持ってくれ!
4
予報どおり!好天の山頂!最高の景色です。
2016年04月06日 14:06撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報どおり!好天の山頂!最高の景色です。
15
上ホロの山様もクッキリ!
2016年04月06日 14:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上ホロの山様もクッキリ!
6
かみふらの岳の勇ましい山様もクッキリ!
2016年04月06日 14:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かみふらの岳の勇ましい山様もクッキリ!
10
神々しい十勝岳もクッキリ!
2016年04月06日 14:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神々しい十勝岳もクッキリ!
7
青と白のコントラストがすばらしい山頂でした!
2016年04月06日 14:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青と白のコントラストがすばらしい山頂でした!
11

感想/記録
by HANZO

三段山BCしてきました。
昨年12月に登った時は天候と積雪状況が芳しくなく、途中敗退した三段山。リベンジを果たすべく登ってきました!
前日のGPVの予報では午前中に晴れ間が出るということで朝5時に札幌近郊の自宅を出発する。
富良野市入りすると山間部には雲が…。

改めてGPVを確認すると昼過ぎまで雲がかかっているではないか…。
悩んだ結果、朝一で温泉に浸かって時間を潰すことに。
登山口にある白銀荘に入館。日帰りで600円はリーズナブルですね^ ^
でもまさか山登る前に温泉に入るとは…。

身体を温め、軽く仮眠をとり12時に登山口から出発。
雪はしっかり締まっておりとても歩きやすかったです。
二段目までは曇り空が続いていましたが次第に晴れ間が^ ^
予報通りの結果に期待が膨らみます。

森林限界を超えてからは強風かつクラストした雪面の中の登山となりましたがスキーはしっかり雪面を捉え、アイゼンなど使用することなく登れました。
登山開始から2時間余りで山頂到着^ ^
天候も良く素敵な景色が広がっていました!
強風で長居は出来ませんでしたが下界では見ることの出来ない素敵な白い世界を堪能することが出来ました。

登頂後は、スキーで退散。
スキーは下り工程を楽するためくらいにしか思っていないので正直、滑るのも大して上手くはありませんが、山頂からドロップイン!
広大な雪面を滑走し、30分かからず登山口に(>_<)
あっという間でした。

降りた後は、再度白銀荘へ 笑
再入場は300円で入れるので^ ^
心も体も満たされた山行となりました!

訪問者数:621人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 森林限界 山行 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ