ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841418 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走阿蘇・九重

西日本9座[7日目](8座目熊本県阿蘇山)

日程 2016年04月08日(金) [日帰り]
メンバー ayim
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仙酔峡駐車場利用(無料)かなり広いが登る人はいないので車はない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
13分
合計
4時間46分
S仙酔峡登山口08:0508:11鷲見平08:1809:49仙酔尾根分岐09:5009:58阿蘇山09:5910:23中岳10:2410:45月見小屋11:13天狗の舞台11:1411:17仙酔尾根分岐11:1912:51仙酔峡登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道入り口付近は、アスファルト舗装による遊歩道。
高岳入り口の看板が見つけられずにグルグル回ってしまう可能性もある。
登山道はほぼ火山性の岩道。岩はほとんど動かない。
下りの方が気を遣う。
その他周辺情報仙酔峡駐車場のレストハウスの営業はなし。
自動販売機のみ稼働している。トイレ利用可。
阿蘇周辺は温泉施設も多い。内牧温泉湯の宿入船お勧め
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

仙酔峡駐車場。かなり広いが車はゼロ。
レストハウスがありますが、朝だからやってないのかな?と思ったら、営業してないそうです。入口に登山ポストあり。自動販売機は利用可能。
2016年04月08日 07:59撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙酔峡駐車場。かなり広いが車はゼロ。
レストハウスがありますが、朝だからやってないのかな?と思ったら、営業してないそうです。入口に登山ポストあり。自動販売機は利用可能。
登山道入り口
2016年04月08日 08:03撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口
入口過ぎたすぐの橋。。火山灰?水が灰色です。
2016年04月08日 08:04撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口過ぎたすぐの橋。。火山灰?水が灰色です。
入口付近は、舗装された遊歩道になっています。
地蔵さんは全て山頂の火口に向かって拝んでいます。山の神を鎮めるためか。。
実はこの時点で、高岳の登山道入口を見失って通り過ぎています。笑
2016年04月08日 08:11撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口付近は、舗装された遊歩道になっています。
地蔵さんは全て山頂の火口に向かって拝んでいます。山の神を鎮めるためか。。
実はこの時点で、高岳の登山道入口を見失って通り過ぎています。笑
基本的にはこのような岩場を上がっていきます。
基本的には尾根沿いなので直登するようなコースになってます。
2016年04月08日 08:21撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本的にはこのような岩場を上がっていきます。
基本的には尾根沿いなので直登するようなコースになってます。
最初はかなり生い茂った狭い道を上っていきます。
2016年04月08日 08:43撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はかなり生い茂った狭い道を上っていきます。
上空はやや雲も出ていますが、視界は良好。
阿蘇(多分)の町がよく見えます。
2016年04月08日 08:52撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空はやや雲も出ていますが、視界は良好。
阿蘇(多分)の町がよく見えます。
途中、噴煙が上がっているのが見えます。
2016年04月08日 09:41撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、噴煙が上がっているのが見えます。
1
登り切ると向こう側は雲海のようになっていました。
2016年04月08日 09:48撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると向こう側は雲海のようになっていました。
1
高岳頂上です。
2016年04月08日 09:56撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岳頂上です。
1
奥に中岳が見えます。
中岳頂上は、規制区域なので登ることはできないと聞いています。とりあえず行けるところまで進んでみます。
2016年04月08日 10:17撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に中岳が見えます。
中岳頂上は、規制区域なので登ることはできないと聞いています。とりあえず行けるところまで進んでみます。
3
あと30m位で中岳頂上ですが、これ以上進めません。
誰もいないので行こうと思ったら行けますが、ルールはルール守ります。。でも行きたかった。。
2016年04月08日 10:20撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと30m位で中岳頂上ですが、これ以上進めません。
誰もいないので行こうと思ったら行けますが、ルールはルール守ります。。でも行きたかった。。
3
ルートをそのまま戻りながらの撮影。噴煙が昇っています。
2016年04月08日 10:36撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートをそのまま戻りながらの撮影。噴煙が昇っています。
そのままピストンで降りる計画でしたが、火口が見られなかったストレスで(笑)、月見小屋、東峰ルートの周回をすることにしました。なんか独特の雰囲気です。この場所も火口だったようです。
2016年04月08日 10:41撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのままピストンで降りる計画でしたが、火口が見られなかったストレスで(笑)、月見小屋、東峰ルートの周回をすることにしました。なんか独特の雰囲気です。この場所も火口だったようです。
月見小屋です。突然の人工的な建物にびっくりします。しかも結構きれい。。
2016年04月08日 10:44撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月見小屋です。突然の人工的な建物にびっくりします。しかも結構きれい。。
高岳東峰。。
雲海というほどではありませんが、良い景色です。
パノラマで撮影してみました。。
2016年04月08日 10:58撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岳東峰。。
雲海というほどではありませんが、良い景色です。
パノラマで撮影してみました。。
何となくイノシシのような。。。
口を開けて獲物を待っているような。。
2016年04月08日 11:05撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何となくイノシシのような。。。
口を開けて獲物を待っているような。。
阿蘇の町をパノラマで。。
2016年04月08日 11:12撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇の町をパノラマで。。
この景色をみながら下っていきます。
2016年04月08日 11:25撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色をみながら下っていきます。
岩の尾根というのも中々経験できないような。。
2016年04月08日 11:59撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の尾根というのも中々経験できないような。。
反対側の、草千里から見た景色です。。
こちら側の方が噴煙がよく見えます。
今現在は、どのルートを使っても火口を見ることはできないそうです
2016年04月08日 13:50撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側の、草千里から見た景色です。。
こちら側の方が噴煙がよく見えます。
今現在は、どのルートを使っても火口を見ることはできないそうです
4
撮影機材:

感想/記録
by ayim

活動中の火山なので、規制があり火口を見ることはできませんでした。噴煙が上がってますし。。
中岳に登れれば火口が一望できるんだろうな。。あと1分で中岳に上がれるんだけどな。と思いながら引き返しました。
活火山に登るのは初めての経験でしたので、これもまた勉強になりました。
登山道がほぼ岩場なので、転ぶと痛そうだし、滑落すると大変なことになりそうだったので、いつもに比べて一歩一歩確認しながらの登山となりました。
訪問者数:486人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ