ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841688 全員に公開 ハイキング丹沢

世附権現山〜屏風岩山:ミツマタを訪ねて

日程 2016年04月08日(金) [日帰り]
メンバー naochan17, その他メンバー1人
天候曇りほんの一時雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:新松田駅7:15→8:06浅瀬入口
復:大滝橋16:32→17:34新松田駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
1時間29分
合計
7時間57分
S浅瀬入口08:2509:13境ノ沢ノ頭09:49ボディ山(菩提沢ノ頭、富士見平)09:5310:48権現山(世附権現山)10:5511:21茅ノ丸11:2311:33二本杉峠11:4513:03屏風岩山13:3814:08大滝峠14:17大滝峠上14:2815:04鬼石沢(大滝沢本流)15:0615:07一軒屋避難小屋15:1615:41マスキ嵐沢15:4816:22大滝橋バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
\瀬入口BS〜世附権現山:昭文社地図では点線になっているが、道標を含め良く整備されていて、一般道並みの道だと思う。権現山直下の急登はつづら折りになっていないので、濡れた落ち葉で滑りやすかった。
権現山〜二本木峠:一般道
F麕槎敍宗爽風岩山:点線ルート。尾根の取り付きが激急のやせ尾根。両手も使いながらの登攀を強いられる。なお、この取り付きの右方に巻き道らしく見える踏み跡があるがバツ。
ぶ風岩山〜大滝峠上:点線ルート。山頂から直進しないように。幹に×印あり。左(北)に下る。
ヂ臑貽従紂疎臑豢BS:切り立った崖、深い谷間を通過するが、東海自然歩道としてそれなりに整備されている。しかし、所々で自然の荒々しさも感じさせてくれる意義深いルートでもある。何度かの渡渉もあり、雨後では要注意である。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

今日はトンネルを潜らず、ここから点線コースを権現山に向かいます。
2016年04月08日 08:19撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はトンネルを潜らず、ここから点線コースを権現山に向かいます。
心引き締め、石段を登ります。
2016年04月08日 08:20撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心引き締め、石段を登ります。
尾根に出ました。道標も整備されています。稜線を外さないよう進みます。
2016年04月08日 08:52撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。道標も整備されています。稜線を外さないよう進みます。
あちこちにタチツボスミレが咲いていました。
2016年04月08日 09:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちにタチツボスミレが咲いていました。
キブシも。予報では晴ときどき曇なので、そろそろガスも上がってくれなくては。
2016年04月08日 09:07撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キブシも。予報では晴ときどき曇なので、そろそろガスも上がってくれなくては。
ミツマタとの最初の出会い、う〜ん、いまひとつ・・・
2016年04月08日 09:09撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタとの最初の出会い、う〜ん、いまひとつ・・・
シカ柵に沿って進みます。ガスはますます濃くなってきました。昔は「気象庁気象庁気象庁」と唱えると当たらないと言われていましたが、今は・・・
2016年04月08日 09:13撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シカ柵に沿って進みます。ガスはますます濃くなってきました。昔は「気象庁気象庁気象庁」と唱えると当たらないと言われていましたが、今は・・・
1
次々と現れるミツマタ。
2016年04月08日 09:19撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々と現れるミツマタ。
2
ツバキの花もミツマタへ道案内してくれます。
2016年04月08日 09:24撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバキの花もミツマタへ道案内してくれます。
1
夢中でシャッター押しまくりです。
2016年04月08日 09:43撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夢中でシャッター押しまくりです。
2
カメラONのままです。
2016年04月08日 09:43撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラONのままです。
2
どの娘を代表写真にしようか迷っちゃいます。
2016年04月08日 09:44撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どの娘を代表写真にしようか迷っちゃいます。
2
一年ぶりの世附権現山。この手前でとうとう雨具を着用させられました。ほんの一時のことでしたが。
2016年04月08日 10:55撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一年ぶりの世附権現山。この手前でとうとう雨具を着用させられました。ほんの一時のことでしたが。
1
二本杉峠が見えてきました。この先、左の巻き道を行きます。稜線方向は「これは登山道ではありません」の表示がありました。ここから先、大滝峠上まで標識がありません。基本は地図とコンパスです。
2016年04月08日 11:33撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本杉峠が見えてきました。この先、左の巻き道を行きます。稜線方向は「これは登山道ではありません」の表示がありました。ここから先、大滝峠上まで標識がありません。基本は地図とコンパスです。
1
写真撮り忘れましたが、屏風岩山の取り付きは、木の根だらけの超激急登のやせ尾根です。両手も使っての長い登攀を強いられます。この尾根取り付きの右方に巻き道らしく見える踏み跡がありますが、誘いに乗ってはいけません。
2016年04月08日 11:48撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真撮り忘れましたが、屏風岩山の取り付きは、木の根だらけの超激急登のやせ尾根です。両手も使っての長い登攀を強いられます。この尾根取り付きの右方に巻き道らしく見える踏み跡がありますが、誘いに乗ってはいけません。
昭文社地図にもあるように、屏風岩山に向かう道すがらもミツマタの群生地です。
2016年04月08日 12:13撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭文社地図にもあるように、屏風岩山に向かう道すがらもミツマタの群生地です。
2
落ち葉の散り敷いた広い尾根筋ではミツマタをあまり深追いし過ぎないよう注意しましょう。迷子になっちゃいます。
2016年04月08日 12:14撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉の散り敷いた広い尾根筋ではミツマタをあまり深追いし過ぎないよう注意しましょう。迷子になっちゃいます。
1
昭文社地図で「踏跡注意 迷」のところで大きく右にカーブする以外、基本的に尾根を北上します。
2016年04月08日 12:16撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭文社地図で「踏跡注意 迷」のところで大きく右にカーブする以外、基本的に尾根を北上します。
2
屏風岩山。木立の中の三角点が山頂です。山頂標識を探しましたが見当たりませんでした。
2016年04月08日 13:06撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩山。木立の中の三角点が山頂です。山頂標識を探しましたが見当たりませんでした。
1
かろうじて、樹幹に「屏風岩山」とマジックの手書きがありました。
2016年04月08日 13:40撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かろうじて、樹幹に「屏風岩山」とマジックの手書きがありました。
1
ガスがだいぶ上がっきて、右方に檜洞方面が見渡せるようになりました。
2016年04月08日 13:54撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがだいぶ上がっきて、右方に檜洞方面が見渡せるようになりました。
正面には畦ヶ丸。
2016年04月08日 14:08撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には畦ヶ丸。
大滝峠上手前にもミツマタの群生地
2016年04月08日 14:17撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝峠上手前にもミツマタの群生地
1
大滝峠上に到着です。今日は畦ヶ丸に行かず、ここから大滝橋に下山します。
2016年04月08日 14:18撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝峠上に到着です。今日は畦ヶ丸に行かず、ここから大滝橋に下山します。
1
振り返ると、先ほど通過した尾根と屏風岩山が見えます。
2016年04月08日 14:25撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、先ほど通過した尾根と屏風岩山が見えます。
下山中、たくさんのミツマタ達が見送ってくれました。
2016年04月08日 14:47撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中、たくさんのミツマタ達が見送ってくれました。
1
ハナネコノメも。
2016年04月08日 15:03撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナネコノメも。
1
一軒家避難小屋。小屋の裏手が入口。正面の戸は開きません。
2016年04月08日 15:06撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒家避難小屋。小屋の裏手が入口。正面の戸は開きません。
中はきれいです。
2016年04月08日 15:10撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はきれいです。
寝具もあります。
2016年04月08日 15:11撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寝具もあります。
小屋前の滋養たっぷりの「落ち葉水」、いかが?
2016年04月08日 15:12撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前の滋養たっぷりの「落ち葉水」、いかが?
避難小屋からは、切り立った崖、深い谷間を通過する道が続きます。東海自然歩道としてそれなりに整備されてはいますが、
2016年04月08日 15:29撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋からは、切り立った崖、深い谷間を通過する道が続きます。東海自然歩道としてそれなりに整備されてはいますが、
自然の荒々しさも感じさせてくれる意義深いルートです。
2016年04月08日 15:57撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の荒々しさも感じさせてくれる意義深いルートです。
朽ちかけた木橋、渡渉も何度かあり増水時には注意が必要です。
2016年04月08日 16:01撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ちかけた木橋、渡渉も何度かあり増水時には注意が必要です。
林道途中に大きな滝。大滝峠、大滝峠上、大滝橋と何度も登場した、まさにその大滝です。今日もTさんのお陰で安全安心の山旅を心行くまで楽しむことができました。ありがとうございました。
2016年04月08日 16:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道途中に大きな滝。大滝峠、大滝峠上、大滝橋と何度も登場した、まさにその大滝です。今日もTさんのお陰で安全安心の山旅を心行くまで楽しむことができました。ありがとうございました。
1
訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/5
投稿数: 2028
2016/4/11 1:00
 あのときは♪
ヤマレコさんでしたか!お疲れさまでした。バス停降りていきなり道間違えた者です。それは秘密にしておいてくださーい。笑
畦ヶ丸まで歩けました。天気はいまいちでしたけど楽しい山歩きでした。ミツマタ、私より上手に撮れてるのが悔しいです!
登録日: 2013/8/28
投稿数: 4
2016/7/2 0:31
 Re: あのときは♪
makasioさん

いまごろ・・・なんですが、コメントありがとうございました。
レコの表題に続いて、写真 35 13 1 などとありますが、この最後の 1 の意味が初めて分かりました。コメント数なのですね。レコは写真で終わりだと思っていました。その下はコマーシャルですから。今日、何気なくコマーシャルの下を見たらmakasioさんのコメントがありました。嬉しくなっちゃいました。
makasioさんとは帰りのバスも一緒でしたね。一番後ろに座っていたでしょう。ミツマタきれいでしたね。
今度のこと、年寄りに免じて許して笑ってやって下さいね。他人には言わないで下さ〜い。

naochan17

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ