ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841914 全員に公開 山滑走栗駒・早池峰

青松葉山(ヤブスキーを満喫)

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー YKA0805
天候くもり時々はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
峠の路側帯に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間25分
休憩
33分
合計
3時間58分
S07:2007:55P118508:201148mコル08:3509:15青松葉山09:3310:071148mコル10:42P118511:18G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪は20〜50冂度?まともに歩けるのはあと1〜2週間ぐらいでしょう。
滑ってみようというモノ好きな方、止めはしませんがオススメもしません(今シーズンは)。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

しかし雪ねえな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし雪ねえな
日差しにあたると黄色い笹の葉は意外ときれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しにあたると黄色い笹の葉は意外ときれい
でもこんなにいらない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもこんなにいらない
1
諦めてツボ足になればいいのに…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諦めてツボ足になればいいのに…
我慢した甲斐があったかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我慢した甲斐があったかも
3
頂稜部は快適
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂稜部は快適
2
早池峰は終始おかくれ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早池峰は終始おかくれ
ほんの少しだけ滑走するが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの少しだけ滑走するが…
1
すぐ藪に突っ込む ある意味これもエクストリームスキー?笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ藪に突っ込む ある意味これもエクストリームスキー?笑
極悪トラップ 滑走中、藪に隠れたこいつに板の先端がはまると絶対自爆する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極悪トラップ 滑走中、藪に隠れたこいつに板の先端がはまると絶対自爆する
上を見ると美林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上を見ると美林
なんだかんだ言ってもいい山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだかんだ言ってもいい山
2012年4月15日の同じ場所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2012年4月15日の同じ場所
2
ツボ足の方達も苦労しているみたい スキーで良かったと一瞬錯覚する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツボ足の方達も苦労しているみたい スキーで良かったと一瞬錯覚する
天気が良くなると気分も良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良くなると気分も良い
牧草地到着 けっこう疲れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧草地到着 けっこう疲れました
1

感想/記録

県道開通の知らせを聞いてどんなもんだろうかと青松葉山へ。

雪が少ないことはある程度覚悟していたが、峠に着いて絶句。牧草地の地肌が丸ごと見えている。スキー板かついで地面を歩く自分が間抜けに思えるが、林間に行けばなんとかなるだろう、と思ったのが甘かった。

ダケカンバの巨木疎林に広がる美白斜面はどこへやら、明らかに埋まらずに一冬越して黄色くなったのであろう笹の葉が海のように広がっている。途中でスキーを諦めデポしてツボ足で登ることも考えたが、ここまで来たからにはと強引に、半ばやけくそでスキー履いたまま笹藪を越えて登る。枝や葉の上ではシールが全く効かないことも実感した。
それでも山頂部近くになってようやく気持ち良い雪面登高となり、オオシラビソの立ち並ぶ頂上に到着。あいにく展望はないが風も弱く心地よい。

さて下りはほんのちょこっとだけ滑ることができたが、あとはヤブスキーの極み。先端が埋まり虹の形をした笹トラップに幾度となく引っかかり、自爆を繰り返しながらもなんとか車道に降り着いた。

まるで酔狂としか言いようのない山行だったが、妙な充実感(?)もあるので良しとします笑
訪問者数:226人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ダケカンバ 山行 デポ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ