ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842039 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

船形山:快晴強風、今年の残雪は

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー kyen
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旗坂駐車場30台ほど。旗坂周辺の雪はなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
1時間5分
合計
7時間27分
S升沢コース登山口駐車場07:1507:38旗坂平07:52一群平08:23鳴清水09:15三光の宮分岐09:43不動石09:50瓶石沢分岐10:15升沢小屋上10:2511:08千畳敷分岐11:1711:32船形山12:0012:16千畳敷分岐12:33升沢小屋12:3812:51瓶石沢分岐12:59不動石13:3918番標識13:5013:57鳴清水14:14一群平14:1514:24旗坂平14:41船形山 升沢コース登山口14:4214:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
4月9日現在、このルート上で雪上を歩くのは約7割5分。
雪は軟らかめ。ツボ足でキックステップで十分。滑落の危険は少ないが、一方、踏抜きはある。アイゼンは持参したが使用せず。
船形山方面のトレースは10日(日)は大丈夫だろうが、天候、特に雨の後などは消える可能性がある。ルートはほぼ夏道に沿っている。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

旗坂の駐車場は雪なし、GW並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗坂の駐車場は雪なし、GW並み。
3
登山口も雪は全くなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口も雪は全くなし。
2
その代わり、カタクリがお出迎え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その代わり、カタクリがお出迎え。
7
28番でもまだ雪は出てこない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
28番でもまだ雪は出てこない。
南側斜面を通る道は雪なし。三峰が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側斜面を通る道は雪なし。三峰が見える。
少し雪が出てきますが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雪が出てきますが、
1
25番では雪なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
25番では雪なし。
徐々に雪の上を行くようになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に雪の上を行くようになる。
1
23番を過ぎて、完全に雪の上かと思うと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
23番を過ぎて、完全に雪の上かと思うと。
1
21番鳴清水付近は夏道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21番鳴清水付近は夏道を行く。
20番から上は完全に雪上を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20番から上は完全に雪上を行く。
2
三光の宮下の雪庇、右の夏道を行った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三光の宮下の雪庇、右の夏道を行った。
1
16番の辺りのブナがきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16番の辺りのブナがきれい。
5
蛇ヶ岳の前衛峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇ヶ岳の前衛峰。
9
船形山が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山が見えてきた。
2
船形山頂付近アップ、まだまだ遠いね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂付近アップ、まだまだ遠いね。
2
このトラバース結構疲れる。升沢小屋が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このトラバース結構疲れる。升沢小屋が見えてきた。
2
升沢避難小屋周囲の残雪、GWでもこれ以上の年もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
升沢避難小屋周囲の残雪、GWでもこれ以上の年もあった。
4
左の水場の沢ではなく、小尾根をこえて、右の沢に入りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の水場の沢ではなく、小尾根をこえて、右の沢に入りましょう。
2
この沢を詰めていきます。今日はトレースなし。これは下方の写真、トレースは自分の。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この沢を詰めていきます。今日はトレースなし。これは下方の写真、トレースは自分の。
1
沢はここから右に曲がって急傾斜になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢はここから右に曲がって急傾斜になる。
4
青と白。ここを登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青と白。ここを登っていきます。
12
船形山頂避難小屋が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂避難小屋が見えてきた。
6
北泉ヶ岳、泉ヶ岳、三峰山、後白髪山のスカイライン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北泉ヶ岳、泉ヶ岳、三峰山、後白髪山のスカイライン。
7
山頂の一角に出た。小屋が見えるが稜線上の歩きが踏み抜きで厄介。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の一角に出た。小屋が見えるが稜線上の歩きが踏み抜きで厄介。
4
船形山山頂標識、風強っ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山山頂標識、風強っ。
14
船形山頂から薬師森
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂から薬師森
6
船形山頂から。右後は神室連峰だと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂から。右後は神室連峰だと思う。
8
船形山頂から北東、荒神山でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂から北東、荒神山でしょうか。
4
船形山頂から黒伏山、柴倉山、最上カゴ方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂から黒伏山、柴倉山、最上カゴ方面。
8
船形山頂から仙台カゴと白髪山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂から仙台カゴと白髪山。
10
船形山頂から面白山。左に大東岳がうっすら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂から面白山。左に大東岳がうっすら。
6
船形山頂避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂避難小屋。
1
船形山頂避難小屋出入り口から三峰山、蛇ヶ岳、後白髪山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山頂避難小屋出入り口から三峰山、蛇ヶ岳、後白髪山。
5
稜線から船形山頂を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から船形山頂を振り返る。
2
沢の急斜面を降る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の急斜面を降る。
3
沢ルート屈曲点あたり。こんなになっているが、危険は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢ルート屈曲点あたり。こんなになっているが、危険は無い。
4
船形山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山を振り返る。
1
帰りは三光の宮下、夏道を通らず雪庇側の雪上を降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは三光の宮下、夏道を通らず雪庇側の雪上を降りる。
3
旗坂平には少しだが、イワウチワが咲く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗坂平には少しだが、イワウチワが咲く。
9
キグザキイチゲがお見送り。またね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キグザキイチゲがお見送り。またね。
12

感想/記録
by kyen

今年は雪が少ないので、例年恒例の残雪期の船形連峰登山を早めてみることにした。週末の天気も良いし、例年のGWの残雪の状況と比べてみる。ただし、強風の予報なのだが、東面から詰めていくので、左程の影響はないと考えた。

今日は早朝から仙台では快晴、5時でもう明るいとは、日が伸びてきた実感。道路の雪も無いので、7時少し前に旗坂の駐車場に到着。他に車が5台程度。30番標識の登山口から山道に入る。すぐに、数は少ないが、カタクリの花に迎えられる。27番標識、旗坂平までは雪はほとんどなし。その先登りになるが、ずっと夏道を行き、一群平まで、雪は多くはないが、25番−22番の間の登りは雪上と夏道半々くらい。倒木に標識の21番の鳴清水辺りは夏道を行くが、時々雪あり。22番からほぼ雪上の登りとなるが、三光の宮前の雪庇は小さくなっている、登りは、冬道の藪がどうなっているか判らないので、右手の17番標識の下の夏道ルートに向かう。若干雪が無い部分もある。ここまで、雪は柔らかく、踏み抜きもあるので、注意。その上は稜線まで全て雪上を行くことになる。三光の宮分岐からは雪上であるが、ここ1週間の入山者数や天候(前日の雨)で、トレースはほぼ消えている。標識と赤丸に沿ってほぼ夏道のルートを進む。案外長いなと感じながら、尾根下をトラバースしながら、升沢避難小屋に到着。

冬尾根は既に藪が出ていると思い、升沢小屋から水場のある沢ではなく、一つ北の沢に入る(これ重要)。その沢の雪の上を登る。沢の雪は安定しているが、柔らかい。トレースは全くない。最初は緩い傾斜の沢だが、途中右に曲がると傾斜は急になる。稜線に近くなったら、正面に見えるピークに直登せず、少し右にトラバース気味に登ると千畳敷に着く。この間雪は適度に締っていて、踏抜きはなし。軟らかめなのでキックステップで十分。(朝晩の冷え込みで堅くなることもあるので、アイゼンは一応は持っていた方が良い)稜線上に出ると、かなり藪が出ているので、少し雪面を行ってから、夏道に入るが、踏み抜きも多く歩きにくい。山形側が見えるようになると猛烈な風。観音寺コースの道を合わせると船形山山頂に到着する。

今日は快晴だが、多分気温1〜2 ℃、強い西風で山頂で眺めを楽しむのも難しい。山形側の山脈の重なりにはいつも圧倒されるが、月山はうっすらとしか見えなかった。北泉ヶ岳、泉ヶ岳、三峰山、後白髪山は良く見えるが、霞がかかったようで、蔵王は無理のようだ。今日は晴れてはいるが誰もいない、山頂でゆっくりできる状況ではないもんね。小屋に入って食事をしようと、入ると3人の方がいらした。冬尾根から、とか蛇ヶ岳からとか、それぞれ登ってこられたそうだ。

下りは来た道を戻ることとするが、雪は柔らかく、かかとで、蹴りこんで安全に下ることができる。30分ほどで升沢小屋へ。帰りは4人位の登ってくる方に出会った。これで明日のトレースは大丈夫ね。下りでは、三光の宮下で、夏道を通らず冬道を通った。まだ、安全そうである。その後は長くて結構疲れたが、旗坂に到着した。

今年の4月9日現在の、船形山の残雪を例年のGW(4月29日基準)と比較すると、2015年よりは多く、2014年、2013年より少ない。今年の4月29日にはどうなっているでしょうか。
訪問者数:439人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/25
投稿数: 1242
2016/4/11 6:55
 船形山、行きたい
kyenさん、おはようございます。
船形、本当に雪少ないですね〜。東北背稜の山とは思えないくらい。
でも、快晴の残雪の山々の景色、羨ましいです。
船形山、今年は行けるかな〜。
PS ぼちぼち山行ける様になってきました。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 172
2016/4/11 17:48
 Re: 船形山、行きたい
odaxさん。コメント有難うございます。

今年は雪が少なく、谷の雪はまだたっぷりありますが、GW頃の感じです。
と、油断していたら、今日、今は仙台でも山からの雪が舞っていますよ。気温は5度位ですが。
御岳山のレコ拝見しました。標高差1300m、17kmって、完全に回復では?
後は時間をつくるだけでしょうか。東北の山が待ってますよ〜。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ