ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842096 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢山・塔の岳

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー miraipapa
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路) 小田急線「渋沢駅」→神奈川中央交通「大倉バス停」
復路) 神奈川中央交通「ヤビツ峠バス停」→小田急線「秦野駅」
新宿から「丹沢・大山」フリー切符B(1530円)」を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
10分
合計
5時間29分
S大倉バス停08:2208:24大倉山の家08:56雑事場ノ平08:58見晴茶屋09:23駒止茶屋09:38堀山の家10:12花立山荘10:1310:24金冷シ10:38塔ノ岳10:3910:59日高11:09竜ヶ馬場11:25丹沢山11:2911:43竜ヶ馬場11:53日高12:13塔ノ岳12:1712:43新大日茶屋12:55政次郎ノ頭13:05行者ヶ岳13:18烏尾山荘13:38三ノ塔地蔵菩薩13:40三ノ塔13:51二ノ塔13:44ヤビツ峠13:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
木曜日の雨のせいか、ぬかるみ多発。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

戸川公園駐車場。チューリップが咲いていて、とってもきれいです。
2016年04月09日 08:26撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸川公園駐車場。チューリップが咲いていて、とってもきれいです。
登山道入り口。
2016年04月09日 08:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口。
クリステルさん、今日は晴れて富士山が見えますように。
2016年04月09日 08:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリステルさん、今日は晴れて富士山が見えますように。
1
駒止茶屋。休みたくなる場所に小屋が建てられています。
2016年04月09日 09:26撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒止茶屋。休みたくなる場所に小屋が建てられています。
山桜はこれからが本番。
2016年04月09日 09:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜はこれからが本番。
「天国への階段」花立山荘まで400段。
2016年04月09日 10:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天国への階段」花立山荘まで400段。
1
花立山荘横から富士山が見えるはずなんですが...この日は残念ながら眺めらませんでした。
2016年04月09日 10:15撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘横から富士山が見えるはずなんですが...この日は残念ながら眺めらませんでした。
花立山荘先のピークから、ようやく塔の岳が姿を現しました。
2016年04月09日 10:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘先のピークから、ようやく塔の岳が姿を現しました。
2
金冷やし。
2016年04月09日 10:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷やし。
1
塔の岳山頂から。富士山は雲に隠れていますが、蛭が岳や檜洞丸はこの時点では見えました。丹沢ピストンのあと、あらためて写真を撮るつもりでしたが....。
2016年04月09日 10:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔の岳山頂から。富士山は雲に隠れていますが、蛭が岳や檜洞丸はこの時点では見えました。丹沢ピストンのあと、あらためて写真を撮るつもりでしたが....。
2
この時点ではいい天気だったのですが....。
2016年04月09日 10:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時点ではいい天気だったのですが....。
2
日高へと続く稜線。気持ちがいいところ。
2016年04月09日 11:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高へと続く稜線。気持ちがいいところ。
竜が馬場。あいにくと、横浜は春霞の中。
2016年04月09日 11:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜が馬場。あいにくと、横浜は春霞の中。
1
3時間ちょっとで、ようやくたどり着いた丹沢山。この日は多くの登山客で賑わいを見せてました。
2016年04月09日 11:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時間ちょっとで、ようやくたどり着いた丹沢山。この日は多くの登山客で賑わいを見せてました。
3
怪しい雲行きの中、黒い雲に覆われるユーシン渓谷。
2016年04月09日 11:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怪しい雲行きの中、黒い雲に覆われるユーシン渓谷。
元旦に初富士を眺めた竜が馬場直上の丘。まったく富士山姿を現しませんでした。
2016年04月09日 11:45撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元旦に初富士を眺めた竜が馬場直上の丘。まったく富士山姿を現しませんでした。
ガスに覆われる尊仏山荘。
2016年04月09日 11:58撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに覆われる尊仏山荘。
木の又小屋もガスに覆われ....。
2016年04月09日 12:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の又小屋もガスに覆われ....。
行者が岳に取り付く先行者。
2016年04月09日 12:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者が岳に取り付く先行者。
1
行者が岳の鎖場は塔の岳方面に渋滞ができていました。下りは足場が見えにくいので、時間がかかります。
2016年04月09日 13:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者が岳の鎖場は塔の岳方面に渋滞ができていました。下りは足場が見えにくいので、時間がかかります。
1
眺めのまったく利かない三の塔避難小屋。
2016年04月09日 13:43撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めのまったく利かない三の塔避難小屋。
ヤビツへの林道脇に咲くサクラ。ソメイヨシノでもヤマザクラでもなさそう。ほぼ満開。
2016年04月09日 14:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツへの林道脇に咲くサクラ。ソメイヨシノでもヤマザクラでもなさそう。ほぼ満開。
1
撮影機材:

感想/記録

丹沢・大山フリーきっぷで「丹沢」「大山」の2峰を登ろうと計画しました。
ただし、夜に国家試験の合格祝いの宴席があるので、17:00には下山完了していなければなりません。

前回の同じコース取りでは、7:18大倉スタート、大山ケーブル下BS16:52でした。ところが、今回は出遅れて8:22大倉スタート。途中でタイムを縮め、大山の下りケーブル利用でなんとかなるかも?


3週間ぶりの山行きのせいか、はたまた体重増加のせいか?歩きはじめからからだが、重ーい。大倉尾根の勾配に足取りも重く、花立山荘で給水のため休憩。
塔の岳まででも2時間16分と、予定を1分超過。小休憩ののちたどり着いた丹沢は、楽勝と思われた3時間を越える有様。

翌日かみさんと棒の折れに行く約束をしているので、無茶な下山は控えて表尾根を下ります。途中、行者が岳の鎖場は逆方向が渋滞していましたが、運良く先に通させてもらい、ヤビツ峠へ。

ヤビツ峠で地図を眺めながら、そのまま下りるか、大山へ挑戦するかを決めることにしていましたが、バス停が見えたときにはバスが出発待ち。
....迷わず飛び乗ってしまったのでした。

後から考えると、やはりこのペースでは大山は無理でした。
ただ最近の運動不足を考えれば、ヤビツからせめて蓑毛へ下るくらいは歩いておくべきでした。

まあ、明日の棒の折れがあるからね。
訪問者数:189人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ