ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842125 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

芦ヶ久保〜二子山〜武川岳〜名郷

日程 2016年04月08日(金) [日帰り]
メンバー nerima2010, その他メンバー1人
天候曇りがち
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路-西武秩父線芦ヶ久保駅
復路-名郷バス停から西武池袋線飯能駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
1時間19分
合計
7時間40分
S芦ヶ久保駅09:0611:10二子山雌岳11:1411:23二子山 雄岳11:3312:25焼山12:5113:47蔦岩山13:4814:11武川岳14:2414:43前武川岳15:13天狗岩15:3116:33名郷16:4016:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
二子山から焼山の間は30m程下ることになるのですが、一気に下って、一気に登る小さなピークがいくつもあり、登り返しの度に心が折れそうになりました。
この1.6キロの間に登り返しが7回もあります。
コース状況/
危険箇所等
登山道は明瞭、道迷いはない。
昨日の雨上がりのため一部泥寧の登山道あり、また枯葉が積もっていてすべりやすかった。
一気に下って、一気に登るというピークをいくつも越えて行く縦走路、とてもタフなコースで侮れない。
その他周辺情報名郷バス停付近にお店があり、ビールを購入できる。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

芦ヶ久保駅を出たら左に進み、橋の手前を左に行くとすぐに線路をくぐる小さなトンネルがある。
2016年04月08日 09:10撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦ヶ久保駅を出たら左に進み、橋の手前を左に行くとすぐに線路をくぐる小さなトンネルがある。
沢沿いの登山道がしばらく続く ここまでに水場があるようですが気づきませんでした
雨上がりのせいか滑りやすい
2016年04月08日 09:56撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの登山道がしばらく続く ここまでに水場があるようですが気づきませんでした
雨上がりのせいか滑りやすい
沢を詰めて登山道へ
2016年04月08日 10:10撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を詰めて登山道へ
ここまで75分 2.3キロ標高差433mを登ってきました
更にこの先にロープが張られた急坂が現れました 
2016年04月08日 10:26撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで75分 2.3キロ標高差433mを登ってきました
更にこの先にロープが張られた急坂が現れました 
雌岳直下の急登を足を滑らせながらロープを伝って登り切った
標高差126m 斜度44度 登るのに20分以上かかりました
2016年04月08日 10:57撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌岳直下の急登を足を滑らせながらロープを伝って登り切った
標高差126m 斜度44度 登るのに20分以上かかりました
二子山 雌岳山頂
尾根道(浅間神社)コースとここで合流する
2016年04月08日 11:00撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山 雌岳山頂
尾根道(浅間神社)コースとここで合流する
雌岳から下って登り返して雄岳山頂
岩場を巻いて10分ほどで到着
2016年04月08日 11:22撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌岳から下って登り返して雄岳山頂
岩場を巻いて10分ほどで到着
三角点は雄岳にありました
雌岳・雄岳(二子山)をケツ山ともいうそうです
2016年04月08日 11:22撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は雄岳にありました
雌岳・雄岳(二子山)をケツ山ともいうそうです
雄岳からみる武甲山
秩父の帝王がまじかに まるでピラミッドです
2016年04月08日 11:22撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄岳からみる武甲山
秩父の帝王がまじかに まるでピラミッドです
枯葉で敷き詰められた登山道を焼山へ向かう
2016年04月08日 12:10撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯葉で敷き詰められた登山道を焼山へ向かう
焼山直下の急登
雌岳からいくつものピークを越えてきた
2016年04月08日 12:10撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山直下の急登
雌岳からいくつものピークを越えてきた
焼山 山頂850m 雌岳より約31m低い
しかし5,6か所のピークを累計で220m程下って190m程登り返す1.6キロの過酷な道のりでした
2016年04月08日 12:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山 山頂850m 雌岳より約31m低い
しかし5,6か所のピークを累計で220m程下って190m程登り返す1.6キロの過酷な道のりでした
3
右へ行っても左でもアップダウンが多い
2016年04月08日 12:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ行っても左でもアップダウンが多い
武甲山の全容
奥には両神山 浅間山や赤城まで望める
2016年04月08日 12:31撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山の全容
奥には両神山 浅間山や赤城まで望める
(林道整備により尾根道が分断されたため)
いったん林道に出てここから登山道に復帰
蔦岩山・武川岳へ
2016年04月08日 13:13撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(林道整備により尾根道が分断されたため)
いったん林道に出てここから登山道に復帰
蔦岩山・武川岳へ
蔦岩山 1004m
武川岳へは又一旦下って登り返す
2016年04月08日 13:45撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔦岩山 1004m
武川岳へは又一旦下って登り返す
ようやく武川岳 山頂 1,051m 地元ではホウキ平
武甲山の「武」生川の「川」をとったとか
2016年04月08日 14:11撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく武川岳 山頂 1,051m 地元ではホウキ平
武甲山の「武」生川の「川」をとったとか
山頂は広くベンチが置かれています
同行してくれた友人です お蔭でアップダウンの多いロングコースを完走できました
2016年04月08日 14:11撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は広くベンチが置かれています
同行してくれた友人です お蔭でアップダウンの多いロングコースを完走できました
前武川岳へ向かいます 最後の登り返し
2016年04月08日 14:35撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武川岳へ向かいます 最後の登り返し
アップダウンの様子がわかるでしょうか
カシミールのグラフ表示です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの様子がわかるでしょうか
カシミールのグラフ表示です
前武川岳
2016年04月08日 14:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武川岳
天狗岩 岩場(男坂)は巻いて女坂を下りました
2016年04月08日 15:13撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩 岩場(男坂)は巻いて女坂を下りました
天狗岩を振り返ったところ
2016年04月08日 15:30撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩を振り返ったところ
ここだけカタクリが咲いていました
2016年04月08日 15:32撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけカタクリが咲いていました
1
急坂が続きます
2016年04月08日 15:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が続きます
採掘場ができて、かっての登山道は通行禁止、迂回路を行きます
2016年04月08日 15:45撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採掘場ができて、かっての登山道は通行禁止、迂回路を行きます
林道をいったん横切ります
2016年04月08日 15:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道をいったん横切ります
ここから登山道に戻る
2016年04月08日 16:00撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道に戻る
また林道に出ました
西山荘へのショウトカットの山道(私有地)は通行禁止になっていて、林道をこのまま進みした
2016年04月08日 16:09撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また林道に出ました
西山荘へのショウトカットの山道(私有地)は通行禁止になっていて、林道をこのまま進みした
ミツバつつじの鮮やかな紫
2016年04月08日 16:09撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバつつじの鮮やかな紫
無事完走 山里の桜に気持ちも和らぎます 
2016年04月08日 16:20撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事完走 山里の桜に気持ちも和らぎます 
1

感想/記録

思いのほかタフなコースでした。
最大標高差750mですがピークをいくつも越えて行くので登り返しを入れると1,322mを登ったことになります。途中3度も右脚が攣るほど難儀しました。
急きょ同行してくれた友人のおかげで何とか完走できました。
訪問者数:262人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/13
投稿数: 2
2016/4/26 21:43
 ご無沙汰しております!
運用部のKです。お久しぶりです。
H君から教えてもらって、以前から拝見させていただいてました。
奥多摩急登いいですね、これからもバシバシ登ってください!
H君とも引き続き登ってます・・・かれは忙しくてなかなか一緒に行けませんが
ご興味ありましたらご覧ください。http://blogs.yahoo.co.jp/mt_akaishi

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ