ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842228 全員に公開 ハイキング奥武蔵

蕨山 − 奥武蔵に春を告げるハナの数々 −

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー piazzolla, その他メンバー1人
天候○ 天気 : 晴れ 時々 曇り。
○ 風速 : 普通。
○ 気温 : 暖かめ(20℃くらい)。
○ 視程 : かなり短め。
アクセス
利用交通機関
電車バス
○ 往路
 ・JR中央線/06:54 {最寄駅} - 07:01 国分寺
 ・西武国分寺線/07:09 国分寺 - 07:20 東村山
 ・西武新宿線/07:22 東村山 - 07:25 所沢
 ・西武池袋線/07:31 所沢 - 07:50 飯能
 ・国際興業バス/08:00 飯能駅BS - 08:55 名郷BS [名郷行き]
  ※ICカード利用可
  ※参考HP :http://transfer.navitime.biz/5931bus/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00021942&course=0001000407&stopNo=1

○ 復路
 ・国際興業バス/16:03 さわらびの湯BS - 17:00 飯能駅BS [飯能駅行き]
  ※参考HP :http://transfer.navitime.biz/5931bus/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00021990&course=0001000302&stopNo=19
 ・西武池袋線/17:06 飯能 - 17:29 所沢
 ・西武新宿線/17:31 所沢 - 17:48 国分寺
 ・JR中央線/17:54 国分寺 - 18:01 {最寄駅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
34分
合計
5時間13分
S蕨山登山口09:1211:17蕨山(最高点)11:1811:26蕨山(展望台)11:5612:15藤棚山12:1612:44大ヨケノ頭12:4513:16中登坂13:30金比羅山13:3113:40金比羅神社跡14:18さわらびの湯バス停14:25さわらびの湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 4時間55分
○ CT(実績) : 4時間40分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 蕨入林道終点から登山道に入ってすぐの沢沿いにハナネコノメが咲いてました。
○ 尾根に出ると所々アカヤシオが見頃を迎えていました。
○ 蕨山直下は一部急な岩場・ロープ場が連続します。
○ その岩場の急な斜面(西側)にイワウチワが咲いてました。
○ 蕨山は標識のある展望台の他に最高点があるのでついでに寄ると良いでしょう。
○ 金比羅尾根にも所々アカヤシオが咲いてました(一部はまだつぼみでした)。
○ 小ヨケノ頭を越えたあたりに北尾根に逸れる不明瞭なトレースがあります。
○ 季節柄、花粉が沢山飛んでいました。花粉症の方は要注意です。
○ 全般的に道標やベンチ等もよく整備された登山道です。
その他周辺情報(1) トイレ
 以下の場所にありました。
   名郷BS
   さわらびの湯BS
   さわらびの湯
  ※山道に入ってからはトイレが無いので、,悩僂泙擦討くと良いでしょう。

(2) 登山ポスト
 名郷BS(駐車場内)にありました。

(3) 温泉施設
 下山後「さわらびの湯」に行きました。
  ※営業時間 : 10:00 〜 18:00 ※毎月第一水曜日は定休日
  ※料金 : 800円
  ※参考HP : http://sawarabino-yu.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル カメラ

写真

名郷BS近くの満開の桜を愛でながら、ふと「今日は山ではなくて花見の日だったか?」と過りましたが、去年のこの時季、奥武蔵の山は花が見頃だったはず!気を取り直して山行を開始します。
2016年04月09日 09:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名郷BS近くの満開の桜を愛でながら、ふと「今日は山ではなくて花見の日だったか?」と過りましたが、去年のこの時季、奥武蔵の山は花が見頃だったはず!気を取り直して山行を開始します。
4
山登りを始めて三度目の春です(三年生)。元々春は好きな季節でしたが、ここ数年春が来るたびに胸が高鳴るのは山のせいです。
2016年04月09日 09:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山登りを始めて三度目の春です(三年生)。元々春は好きな季節でしたが、ここ数年春が来るたびに胸が高鳴るのは山のせいです。
3
せっかくなので今日はコースタイムを気にせずにゆっくり歩こうと思います。コースタイムを割ったら負けです(笑)。
2016年04月09日 09:16撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので今日はコースタイムを気にせずにゆっくり歩こうと思います。コースタイムを割ったら負けです(笑)。
3
さっそく蕨入林道の沢沿いに見つけたこの花はニッコウネコノメかな?
2016年04月09日 09:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっそく蕨入林道の沢沿いに見つけたこの花はニッコウネコノメかな?
3
ほどなく林道が終わり、登山道に入りました。雪山でピカピカに磨かれた登山靴のラバーソールに泥が付くのさえ、心地よく感じます。
2016年04月09日 09:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく林道が終わり、登山道に入りました。雪山でピカピカに磨かれた登山靴のラバーソールに泥が付くのさえ、心地よく感じます。
1
谷から尾根に向かって一気に登り詰めます。
2016年04月09日 09:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷から尾根に向かって一気に登り詰めます。
ここにはスミレが咲いてました。スミレは種類が多いので名前が覚えられないのが難点ですね。たまにスミレの違いが分かる人とかいますが尊敬します。
2016年04月09日 09:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにはスミレが咲いてました。スミレは種類が多いので名前が覚えられないのが難点ですね。たまにスミレの違いが分かる人とかいますが尊敬します。
7
そしてこれ。やはり一年前に奥武蔵で見たときに名前が分からなかったまま今に至ってます。進歩がないんです。
2016年04月09日 09:47撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこれ。やはり一年前に奥武蔵で見たときに名前が分からなかったまま今に至ってます。進歩がないんです。
1
残念。ネコハナノメは見頃を過ぎちゃいました。赤いマッチ棒が見られることを期待していたのですが、なくなっちゃってます(涙)。
2016年04月09日 09:51撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念。ネコハナノメは見頃を過ぎちゃいました。赤いマッチ棒が見られることを期待していたのですが、なくなっちゃってます(涙)。
4
苔ですら春めいてます。ちなみに僕が一番好きな苔はタマゴケです。
2016年04月09日 10:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔ですら春めいてます。ちなみに僕が一番好きな苔はタマゴケです。
2
ここを渡っていきます(嘘です)。
2016年04月09日 10:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡っていきます(嘘です)。
1
おー尾根が見えてきたー。
2016年04月09日 10:12撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー尾根が見えてきたー。
1
尾根に出ると植生が変わりました。新緑の季節と呼ぶにはまだまだ早いですが、そこかしこに瑞々しい若葉を見ては春を実感しました。
2016年04月09日 10:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ると植生が変わりました。新緑の季節と呼ぶにはまだまだ早いですが、そこかしこに瑞々しい若葉を見ては春を実感しました。
2
岩場やロープが出てきてテンションアップの嫁。
2016年04月09日 10:30撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場やロープが出てきてテンションアップの嫁。
2
おぉ!大輪のアカヤシオ!薄いピンクが青空に透けてきれいでした。
2016年04月09日 10:33撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉ!大輪のアカヤシオ!薄いピンクが青空に透けてきれいでした。
13
尾根道のS字カーブ。どこかに花は咲いていないものかと目を凝らしながらゆっくり進みます。
2016年04月09日 10:39撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道のS字カーブ。どこかに花は咲いていないものかと目を凝らしながらゆっくり進みます。
1
尾根道のアカヤシオは今がまさに見頃のようです。ちなみに、ミツバツツジが葉と一緒に咲くのに対し、アカヤシオは葉が出る前に咲くのが特徴らしいです。
2016年04月09日 10:43撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道のアカヤシオは今がまさに見頃のようです。ちなみに、ミツバツツジが葉と一緒に咲くのに対し、アカヤシオは葉が出る前に咲くのが特徴らしいです。
そして!西側の急な斜面にイワウチワを見つけました!ラッキー♪
2016年04月09日 10:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして!西側の急な斜面にイワウチワを見つけました!ラッキー♪
12
この花はほんとに険しい岩場に咲くんですね。わざわざザックをデポって急な斜面に降りてまで撮ったのですが、その後の登山道にも普通に咲いていたので苦労の価値は半減しました(笑)。
2016年04月09日 10:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花はほんとに険しい岩場に咲くんですね。わざわざザックをデポって急な斜面に降りてまで撮ったのですが、その後の登山道にも普通に咲いていたので苦労の価値は半減しました(笑)。
6
明るくてほどよく険しくて良い尾根道です。
2016年04月09日 11:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくてほどよく険しくて良い尾根道です。
有間山方面への分岐点に着きました。ここが蕨山の原点(1033m)だそうです。原点って何だ?まぁいいか。展望台のある山頂(1030m)は左折ですが、その前に一旦有間山方面へ右折します。なぜか?
2016年04月09日 11:13撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間山方面への分岐点に着きました。ここが蕨山の原点(1033m)だそうです。原点って何だ?まぁいいか。展望台のある山頂(1030m)は左折ですが、その前に一旦有間山方面へ右折します。なぜか?
4
ここが蕨山の最高点(1044m)だからです!先ほどの分岐からたったの3分で行けます。寄っていかないハイカー達も多いようでしたが、初めての場合はせっかくなので寄っていきましょう。
2016年04月09日 11:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが蕨山の最高点(1044m)だからです!先ほどの分岐からたったの3分で行けます。寄っていかないハイカー達も多いようでしたが、初めての場合はせっかくなので寄っていきましょう。
5
再び分岐まで戻り、山頂(展望台)に向かいます。
2016年04月09日 11:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び分岐まで戻り、山頂(展望台)に向かいます。
山頂(展望台)に着きました!ここでお昼にします。嫁のポーズが蕨のポーズだったことに気付いたのは、ようやく家に帰って写真を眺めてからでした。
2016年04月09日 11:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(展望台)に着きました!ここでお昼にします。嫁のポーズが蕨のポーズだったことに気付いたのは、ようやく家に帰って写真を眺めてからでした。
8
伊豆ヶ岳(851m)方面の展望。西武線の東側のなだらかな稜線が見えます。条件が良いと、その奥に赤城山や男体山や奥白根山などの北関東の百名山も見えるそうです(今日は残念ながら見えませんでした)。
2016年04月09日 11:26撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳(851m)方面の展望。西武線の東側のなだらかな稜線が見えます。条件が良いと、その奥に赤城山や男体山や奥白根山などの北関東の百名山も見えるそうです(今日は残念ながら見えませんでした)。
2
狭い山頂の外周を取り巻くように、ハイカー達で賑わっていました。
2016年04月09日 11:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い山頂の外周を取り巻くように、ハイカー達で賑わっていました。
2
半年前に登った武川岳(1052m)が見えます(写真中央)。あのときロストして辿り着けなかった横瀬二子山(883m)にも、そのうち登らなければ。
2016年04月09日 11:54撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半年前に登った武川岳(1052m)が見えます(写真中央)。あのときロストして辿り着けなかった横瀬二子山(883m)にも、そのうち登らなければ。
下山を開始します。金比羅尾根はなだらかでとても歩きやすい尾根でしたが、さっきから鼻水が止まりません。きっと花粉のせいです。
2016年04月09日 11:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山を開始します。金比羅尾根はなだらかでとても歩きやすい尾根でしたが、さっきから鼻水が止まりません。きっと花粉のせいです。
1
ほとんど登り返しのない小ピークをいくつか越えていきます。あー!川の流れのようにとめどなく鼻水が垂れてきます。仕方ないのでティッシュを鼻に詰めて醜態を晒すこととします。
2016年04月09日 12:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど登り返しのない小ピークをいくつか越えていきます。あー!川の流れのようにとめどなく鼻水が垂れてきます。仕方ないのでティッシュを鼻に詰めて醜態を晒すこととします。
2
下山路もやはりツツジ(アカヤシオ)が見頃を迎えていました。
2016年04月09日 12:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山路もやはりツツジ(アカヤシオ)が見頃を迎えていました。
3
この個体は水彩絵の具で描いたような繊細なグラデーション。まだ蕾のものもたくさんあったので、しばらく見頃が続きそうです。
2016年04月09日 12:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この個体は水彩絵の具で描いたような繊細なグラデーション。まだ蕾のものもたくさんあったので、しばらく見頃が続きそうです。
9
そういえば、蕨山なのにまだ「わらび」の写真を撮っていないことに気が付いてしまいました。
2016年04月09日 13:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そういえば、蕨山なのにまだ「わらび」の写真を撮っていないことに気が付いてしまいました。
で、撮ったのがこれ。ゼンマイだし(笑)。
2016年04月09日 13:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、撮ったのがこれ。ゼンマイだし(笑)。
2
登りで見たものとは明らかに違うスミレが咲いてました。が、もちろん名前はわかりません(涙)!
2016年04月09日 14:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りで見たものとは明らかに違うスミレが咲いてました。が、もちろん名前はわかりません(涙)!
3
ファインダーごしに覗いていると襲い掛かってきそうな錯覚を抱くほど立派な特大マムシグサ。
2016年04月09日 14:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ファインダーごしに覗いていると襲い掛かってきそうな錯覚を抱くほど立派な特大マムシグサ。
2
この雰囲気のある鳥居が現れると、間もなくゴールです。
2016年04月09日 14:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雰囲気のある鳥居が現れると、間もなくゴールです。
最後にシャガ。僕の中で奥武蔵といえばこの花のイメージです。
2016年04月09日 14:16撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にシャガ。僕の中で奥武蔵といえばこの花のイメージです。
1
無事下山しました。お疲れ様でしたっ!
2016年04月09日 14:18撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。お疲れ様でしたっ!
3
名栗川沿いの桜は今がちょうど見頃のようです。一年前の春と同様、やはり期待を裏切らない奥武蔵!春を満喫した良い山旅でした。
2016年04月09日 14:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗川沿いの桜は今がちょうど見頃のようです。一年前の春と同様、やはり期待を裏切らない奥武蔵!春を満喫した良い山旅でした。
1
定番のさわらびの湯で汗(と鼻水)を流しました。
2016年04月09日 14:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番のさわらびの湯で汗(と鼻水)を流しました。
3
撮影機材:

感想/記録

一年前の春(ちょうど今頃)に訪れた奥武蔵の印象がとても良かったので、
期待を込めて、まだ登ったことのなかった蕨山に登ってきました。

やはり奥武蔵は期待を裏切りませんでした。

ハナネコノメの見頃を逸した代わりに、つい今しがた開花したばかり
といった塩梅の瑞々しいアカヤシオやイワウチワを楽しめました。
(なお、カタクリが見たければ有間山稜経由が良さそうです)

あの透き通るような淡いピンクを見られただけでも十分満足でしたが、
花々だけでなく、若葉や風の匂い、鳥の鳴き声、心地よい陽光など、
山のそこかしこに疑いようのない春を感じ取ることができました。

ただ、花に終わらず鼻にまできてしまったのは余計でしたが(笑)。

この先しばらくは、刻一刻と春に季節が移ろう山歩きを楽しめそうです。
訪問者数:322人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/2
投稿数: 2247
2016/4/10 9:45
 カンスゲ
こんにちは 初めまして ケダマと申します

#8の写真ですが、カンスゲの仲間だと思います
地味ですがこの時期に咲く素敵な山野草ですね
僕も好きです

アカヤシオやイワウチワ等、奥武蔵の花の季節がやって来ましたね
奥様との素敵なレコで春を堪能させて頂きました
花粉が収まったらまた奥武蔵へお越しください
登録日: 2014/5/12
投稿数: 39
2016/4/10 12:51
 Re: カンスゲ
ケダマさん、初めまして。piazzollaと申します。

コメント&山野草の名前まで教えて頂きありがとうございます!
あれはカンスゲと言うのですね。おかげで少し進歩しました。

実は、初めましてと申しながらも、度々ケダマさんのレコを盗み見しては、
ちゃっかり参考にさせて頂いております(笑)。

中でも特にお気に入りなのは、笛吹川枝沢から遡行して登る甲武信ヶ岳のレコです。
あのレコは素晴らしすぎます!僕らもいつかはチャレンジしたい憧れのコースです。

引き続きこれからもこっそり盗み見させて頂きますが、
どうか宜しくお願いします♪

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ