ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842340 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

谷川岳(西黒尾根〜谷川岳〜天神尾根)

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー YOS1967
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関越道 水上IC→谷川岳ロープウェイ
http://www.tanigawadake-rw.com/access/
谷川岳ベースプラザまで積雪まったくありません。
・駐車場¥1,000
・ロープウェイ片道(天神平→土合口)¥1,230
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間51分
休憩
42分
合計
6時間33分
S谷川岳ベースプラザ07:4008:00西黒尾根登山口08:0409:59ラクダの背(ラクダのコブ)10:0610:11ラクダのコル11:05ザンゲ岩11:0811:24肩の広場ケルン11:2511:31谷川岳(トマノ耳)11:3511:49谷川岳11:5011:53奥の院12:0012:24谷川岳(トマノ耳)12:29谷川岳・肩の小屋12:3012:48天狗の留まり場12:5313:16熊穴沢避難小屋13:2514:13天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
谷川岳ベースプラザ07:40→08:00西黒尾根登山口→09:59ラクダのコブ→10:11ラクダのコル→11:05ザンゲ岩→11:24肩の広場ケルン→11:31トマノ耳11:35→11:49オキノ耳→11:53奥の院→12:24トマノ耳→12:29肩の小屋→12:48天狗の留まり場→13:16熊穴沢避難小屋13:25→14:12天神平
[TOTAL:6時間33分]
コース状況/
危険箇所等
登山届&下山届は谷川岳ベースプラザで提出。トイレはベースプラザ、登山指導センター、天神平にあります。
<西黒尾根>
登山口は登山指導センターを通り過ぎ、「絶対に入らないで下さい」と書かれたゲートを抜けて旧道沿いを5〜6分歩いた道路の左側にあります。(ゲート手前、指導センターの裏側に無舗装の道があったので、そっちに進んでしまいましたが藪だらけで引き返しました。)
標高1,000mくらいまではほぼ積雪なく、その後も3割くらいは夏道が出ていました。雪質はザラメで午前10時をまわる頃には腐ってきて踏み抜いちゃって面倒。雪庇になってる南側に近づきすぎないよう注意。先行者のトレースが有難かったです。
ラクダの背から一応ピッケルを持ちましたが、アイゼンなしでOKでした。
<天神尾根>
上部の雪田からずっとグザグザ、岩場では夏道もけっこう出てました。尾根上の雪が少ないせいか、一部巻き道もあり。雪は腐ってるし、踏み抜くと厄介だしでアイゼンは使いませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

谷川岳登山指導センターよこの案内図。今日は西黒尾根ルートで登ります。
2016年04月09日 07:43撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳登山指導センターよこの案内図。今日は西黒尾根ルートで登ります。
1
「絶対に入らないで下さい」ってことでひとつ手前の指導センターの裏の道とかウロウロしたけど、けっきょくココ抜けます。
2016年04月09日 07:56撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「絶対に入らないで下さい」ってことでひとつ手前の指導センターの裏の道とかウロウロしたけど、けっきょくココ抜けます。
8:00 西黒尾根登山口、ここまで20分もかかっちゃいました(笑)
2016年04月09日 08:00撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:00 西黒尾根登山口、ここまで20分もかかっちゃいました(笑)
谷川岳も春ですねえ、登山道にハクサンフウロみたいな花。
2016年04月09日 08:17撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳も春ですねえ、登山道にハクサンフウロみたいな花。
西黒尾根に乗ったあたり、鉄塔ありました。
2016年04月09日 08:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根に乗ったあたり、鉄塔ありました。
木々の間から見えてきたのは白髪門のほうでしょうか。
2016年04月09日 08:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から見えてきたのは白髪門のほうでしょうか。
鉄塔の先から残雪が出てきました。またすぐ夏道になるけれど。
2016年04月09日 08:20撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の先から残雪が出てきました。またすぐ夏道になるけれど。
1,000mくらいまで来ると、ようやく積雪。
2016年04月09日 08:39撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,000mくらいまで来ると、ようやく積雪。
たしかにここまで1時間くらいですが、4時間もかかるんかいな、やれやれ。
2016年04月09日 08:47撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たしかにここまで1時間くらいですが、4時間もかかるんかいな、やれやれ。
ちょっと山頂のほうの眺めも開けてきました。このあたりは左に終わりかけの雪庇、夏道を行きます。
2016年04月09日 08:49撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと山頂のほうの眺めも開けてきました。このあたりは左に終わりかけの雪庇、夏道を行きます。
振り返ると、上州武尊かな。
2016年04月09日 09:16撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、上州武尊かな。
1
1時間半くらい歩いて、ようやく天神平より高くなったかな。
2016年04月09日 09:27撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間半くらい歩いて、ようやく天神平より高くなったかな。
1
クラックが目だってきました。踏み抜きもだんだん増えてきます。
2016年04月09日 09:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラックが目だってきました。踏み抜きもだんだん増えてきます。
2
あれがラクダのコブだろか?
2016年04月09日 09:38撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれがラクダのコブだろか?
谷川岳のピークかな?
2016年04月09日 09:45撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳のピークかな?
4
岩場はすっかりクサリが出ています。
2016年04月09日 09:52撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場はすっかりクサリが出ています。
1
先行パーティが見えました。階段のようなステップに感謝。
2016年04月09日 09:54撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行パーティが見えました。階段のようなステップに感謝。
1
9:59 ラクダのコブで小休止。ここでストックからピッケルに。
2016年04月09日 10:06撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:59 ラクダのコブで小休止。ここでストックからピッケルに。
2
ラクダのコルは、出がらしのナイフリッジ。
2016年04月09日 10:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダのコルは、出がらしのナイフリッジ。
2
登ってきた尾根を振り返ります。
2016年04月09日 10:14撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根を振り返ります。
1
岩場に出ました。左にまわってもう少し雪の上を歩きました。
2016年04月09日 10:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に出ました。左にまわってもう少し雪の上を歩きました。
1
クサリ場も完全に出ています。
2016年04月09日 10:24撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリ場も完全に出ています。
1
冬靴は足首固いから岩場はきらいだなあ。
2016年04月09日 10:24撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬靴は足首固いから岩場はきらいだなあ。
1
見下ろすと、一人登って来るのが見えます。
2016年04月09日 10:28撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろすと、一人登って来るのが見えます。
3
ルートの左側にザンゲ岩が見えてきました。
2016年04月09日 10:34撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートの左側にザンゲ岩が見えてきました。
1
左側は雪庇になってるので、やや右を歩きます。
2016年04月09日 10:35撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側は雪庇になってるので、やや右を歩きます。
1
右のピークがオキノ耳、まん中がトマノかな。山頂に登山者も見えました。
2016年04月09日 10:51撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のピークがオキノ耳、まん中がトマノかな。山頂に登山者も見えました。
1
左を見ると、天神尾根を登って来る登山者の行列。あっちは賑やかそうです。
2016年04月09日 11:11撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を見ると、天神尾根を登って来る登山者の行列。あっちは賑やかそうです。
1
トマノ耳(左)とオキノ耳(右)。雪庇もまだ顕著ですね、コルを歩く登山者の姿も。
2016年04月09日 11:17撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマノ耳(左)とオキノ耳(右)。雪庇もまだ顕著ですね、コルを歩く登山者の姿も。
1
先行パーティの2人が緩やかな雪壁を越えて行きます。ここを越えたら肩の広場。
2016年04月09日 11:20撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行パーティの2人が緩やかな雪壁を越えて行きます。ここを越えたら肩の広場。
1
1時間ほど前に僕の下にいた方が、僕を抜かして行きました。2時間くらいでこの尾根を登るそうです。早い〜!
2016年04月09日 11:21撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほど前に僕の下にいた方が、僕を抜かして行きました。2時間くらいでこの尾根を登るそうです。早い〜!
1
ふう、肩の広場のケルンが見えました。
2016年04月09日 11:24撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふう、肩の広場のケルンが見えました。
2
11:24 肩の広場。そのままトマノ耳に向かいます。
2016年04月09日 11:24撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:24 肩の広場。そのままトマノ耳に向かいます。
1
登山者で賑わうトマノ耳。
2016年04月09日 11:28撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者で賑わうトマノ耳。
1
11:31 谷川岳トマノ耳とうちゃこ(1,963m)
2016年04月09日 11:31撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:31 谷川岳トマノ耳とうちゃこ(1,963m)
1
そばにいたおじ様に撮っていただきました。俺もおじ様ですがw
2016年04月09日 11:31撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そばにいたおじ様に撮っていただきました。俺もおじ様ですがw
4
トマノ耳から望むオキノ耳。斜面にはクラックが見えます。
2016年04月09日 11:33撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマノ耳から望むオキノ耳。斜面にはクラックが見えます。
2
上州武尊山でしょうか。左奥にうっすら奥白根。
2016年04月09日 11:33撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上州武尊山でしょうか。左奥にうっすら奥白根。
1
ひらべったいのは苗場山かな。
2016年04月09日 11:34撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひらべったいのは苗場山かな。
1
うっすらですが、浅間山も。
2016年04月09日 11:34撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらですが、浅間山も。
1
赤城山も、霞んでます。
2016年04月09日 11:35撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城山も、霞んでます。
1
というわけでオキノ耳へ。雪庇がなかなかすごいですね。
2016年04月09日 11:37撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
というわけでオキノ耳へ。雪庇がなかなかすごいですね。
1
双耳峰のコルから見上げるトマノ耳。
2016年04月09日 11:44撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双耳峰のコルから見上げるトマノ耳。
1
11:49 谷川岳オキノ耳とうちゃこ(1,977m)
2016年04月09日 11:49撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:49 谷川岳オキノ耳とうちゃこ(1,977m)
3
オキノ耳から。奥のなだらかなピークが一ノ倉岳でしょうか。
2016年04月09日 11:51撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキノ耳から。奥のなだらかなピークが一ノ倉岳でしょうか。
1
11:53 奥の院に御参り。
2016年04月09日 11:53撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:53 奥の院に御参り。
1
これは日光方面ですかな。
2016年04月09日 12:06撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは日光方面ですかな。
1
さて、下山します。トマノ耳は絵になりますね。
2016年04月09日 12:13撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下山します。トマノ耳は絵になりますね。
3
俎嵩山稜もきれい。
2016年04月09日 12:14撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俎嵩山稜もきれい。
2
オキノ耳を振り返ります。名残惜しいけど、また来年〜。
2016年04月09日 12:23撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキノ耳を振り返ります。名残惜しいけど、また来年〜。
3
12:29 肩の小屋。営業はしてないと思うけど、たくさんの方が寛いでました。
2016年04月09日 12:29撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:29 肩の小屋。営業はしてないと思うけど、たくさんの方が寛いでました。
1
というわけで天神尾根に下ります。
2016年04月09日 12:31撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
というわけで天神尾根に下ります。
1
グザグザの斜面をグリセードしてたら、このクラックにハマって、脱出しようとしたら足が攣って難儀しました。
2016年04月09日 12:37撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グザグザの斜面をグリセードしてたら、このクラックにハマって、脱出しようとしたら足が攣って難儀しました。
1
12:48 天狗の留まり場。
2016年04月09日 12:48撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:48 天狗の留まり場。
1
13:16 熊穴沢避難小屋で小休止。去年はもうちっと埋まってたかな。
2016年04月09日 13:16撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:16 熊穴沢避難小屋で小休止。去年はもうちっと埋まってたかな。
1
下りてきた天神尾根をふりかえります。
2016年04月09日 13:28撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきた天神尾根をふりかえります。
1
天神尾根、やっぱり気持ちいいですね。もっと雪があるときに来たい。
2016年04月09日 13:28撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根、やっぱり気持ちいいですね。もっと雪があるときに来たい。
2
尾根どおしかと思いきや、雪なくなって東側を巻くところあります。
2016年04月09日 13:34撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根どおしかと思いきや、雪なくなって東側を巻くところあります。
1
ふたたび尾根に乗って、岩場の通過。アイゼン履いてる人多く、ここはプチ渋滞。
2016年04月09日 13:41撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたび尾根に乗って、岩場の通過。アイゼン履いてる人多く、ここはプチ渋滞。
1
なだらかな尾根道が続きます。スキー場が見えてきました。
2016年04月09日 13:47撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな尾根道が続きます。スキー場が見えてきました。
1
天神峠から見上げる谷川岳。
2016年04月09日 13:59撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神峠から見上げる谷川岳。
3
14:13 天神平とうちゃこ。おつかれさまでした〜。
2016年04月09日 14:13撮影 by E-PL6 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:13 天神平とうちゃこ。おつかれさまでした〜。
3

感想/記録

去年は天神尾根ピストンでガスガスだった谷川岳、今年も何度か狙ってたけど予定の合う日はことごとく微妙な予報で、ようやくこの週末に登ることができました。
今回はかねてから登ってみたかった西黒尾根から。まずは西黒尾根の登山口を見つけるのに一苦労、だってゲートには絶対に入ったらアカンって書いてるし。(笑)
西黒尾根、何大急登とかいわれてるけど、全般的にはそうでもなかったような。
しかしこの日は春のような(春ですが)暖かさで、ベースレイヤー1枚で十分でした。雪も少ないし、ズボズボ踏み抜くわで、今度はもうちっと雪が締まってる季節に来たいです。
しかし今日は水分補給に失敗したんでしょうか、下山中にグリセードの真似事してたらクラックにハマり、脱出しようとしたら足が攣って難儀しました。結局、そのあと大幅にペースダウン。
というわけですが、やはり年に一度は登りたい谷川岳、なんとか今シーズンも登れてよかったです。
訪問者数:297人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ