ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842571 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲有馬ロープウェイ・天狗岩駅の北尾根探索

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー m128959
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス
行き:JR住吉駅から38系統バスにて渦森台4丁目で下車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間32分
休憩
1時間5分
合計
3時間37分
S渦森台4丁目08:1008:16寒天橋09:22天狗岩09:40天狗岩駅09:55D5堰堤11:0011:47六甲山上G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天狗岩駅北尾根:ピンクテープ充実、トラロープ充実、踏み跡明瞭でした。
ただ、地盤が緩くスリップには要注意です。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

JR住吉駅から38系統(渦森台行)にて、渦森台4丁目で下車です。
2016年04月10日 08:08撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR住吉駅から38系統(渦森台行)にて、渦森台4丁目で下車です。
1
寒天橋を渡って左手の天狗岩南尾根に取り付きます。
2016年04月10日 08:15撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒天橋を渡って左手の天狗岩南尾根に取り付きます。
1
案内板のところで、お米に給水しておきました。
2016年04月10日 08:17撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板のところで、お米に給水しておきました。
天狗岩南尾根は上り初めから急登のため、半年ぶりの山登りの我が身にはかなり堪えます。
2016年04月10日 08:22撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩南尾根は上り初めから急登のため、半年ぶりの山登りの我が身にはかなり堪えます。
4
休憩ベンチポイントです。
2016年04月10日 09:02撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩ベンチポイントです。
2
天狗岩ビューポイントですが、あいにくの曇りです。
2016年04月10日 09:23撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩ビューポイントですが、あいにくの曇りです。
3
お決まりの天狗岩ベストショット
2016年04月10日 09:24撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お決まりの天狗岩ベストショット
5
天狗岩を過ぎるとすぐ道路にでます。
ここから舗装道を歩いて六甲有馬ロープウェイ(休止)の天狗岩駅に向かいます。
2016年04月10日 09:30撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩を過ぎるとすぐ道路にでます。
ここから舗装道を歩いて六甲有馬ロープウェイ(休止)の天狗岩駅に向かいます。
2
天狗岩駅です。
2016年04月10日 09:36撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩駅です。
4
天狗岩駅の左手の降り口を降ります。
2016年04月10日 09:36撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩駅の左手の降り口を降ります。
2
天狗岩駅の真下です。
2016年04月10日 09:36撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩駅の真下です。
3
ピンクのラインで大月地獄谷へ降りる予定です。
まずは踏み出しの方向をコンパスで見定めます。
2016年04月10日 09:41撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクのラインで大月地獄谷へ降りる予定です。
まずは踏み出しの方向をコンパスで見定めます。
3
でも、ピンクテープもあり、取り付きの踏み跡がしっかりしていたので、コンパスを出すまでもなかったですが・・・
2016年04月10日 09:42撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、ピンクテープもあり、取り付きの踏み跡がしっかりしていたので、コンパスを出すまでもなかったですが・・・
3
この後も、見える範囲に必ずテープがあり、踏み跡も明瞭です。
2016年04月10日 09:44撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後も、見える範囲に必ずテープがあり、踏み跡も明瞭です。
2
完全な尾根ではなく、若干トラバース気味に進むところもあります。
2016年04月10日 09:45撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全な尾根ではなく、若干トラバース気味に進むところもあります。
3
ここは完全な尾根です。
2016年04月10日 09:47撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは完全な尾根です。
2
斜面がキツイ場所はトラロープが張られています。
2016年04月10日 09:48撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面がキツイ場所はトラロープが張られています。
2
ここは落ち葉も多くトラロープがないとズリ落ちそうです。
2016年04月10日 09:49撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは落ち葉も多くトラロープがないとズリ落ちそうです。
1
あっと言う間に、大月地獄谷のD5堰堤に到着です。
向こうに小さく白く見えるのが堰堤です。
2016年04月10日 09:52撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっと言う間に、大月地獄谷のD5堰堤に到着です。
向こうに小さく白く見えるのが堰堤です。
3
堰堤の上流は池になっています。
2016年04月10日 09:54撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の上流は池になっています。
1
上流奥まで池となっているため、もう少し水が溜まると右岸(左側)を通過するのは困難が伴うことが予想されます。(自分は過去何度か訪れていますが、D5堰堤で足止めを食らったことはありません)
2016年04月10日 09:54撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流奥まで池となっているため、もう少し水が溜まると右岸(左側)を通過するのは困難が伴うことが予想されます。(自分は過去何度か訪れていますが、D5堰堤で足止めを食らったことはありません)
2
10時ですが、ここで食事タイムに入ります。
2016年04月10日 09:58撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時ですが、ここで食事タイムに入ります。
暑ければ沢に下りて食事を考えていましたが、今日は涼しいので、堰堤上で食事することにしました。
2016年04月10日 10:03撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑ければ沢に下りて食事を考えていましたが、今日は涼しいので、堰堤上で食事することにしました。
2
ご飯を炊いている間に、堰堤下流側を下りて散策。
堰堤のすぐ下流はF5の滝です。写真は滝口に向かって撮影。
2016年04月10日 10:16撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご飯を炊いている間に、堰堤下流側を下りて散策。
堰堤のすぐ下流はF5の滝です。写真は滝口に向かって撮影。
1
この堰堤の上で食事です。
2016年04月10日 10:17撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この堰堤の上で食事です。
1
本日のご飯
オイルサーディンの野菜炒めです。 ウマウマ
2016年04月10日 10:41撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のご飯
オイルサーディンの野菜炒めです。 ウマウマ
3
食事の片付けも終えて、11時にまた天狗岩駅に戻るために出発です。
2016年04月10日 11:06撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事の片付けも終えて、11時にまた天狗岩駅に戻るために出発です。
登りで気づきましたが、自然発生的に踏み跡が出来たわけでなく、朽ちた木製階段の残骸が残っていることから、昔はダム建設などの為に作られた道のようです。
2016年04月10日 11:13撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りで気づきましたが、自然発生的に踏み跡が出来たわけでなく、朽ちた木製階段の残骸が残っていることから、昔はダム建設などの為に作られた道のようです。
1
元の天狗岩駅に戻ってきました。
2016年04月10日 11:19撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元の天狗岩駅に戻ってきました。
1
本日は早く帰宅する必要があったので、帰りは12時発の六甲ケーブルで下山です。 最近は外国人が増えているようで、乗車の8割は中国人でした。
2016年04月10日 12:01撮影 by DSC-TX5, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は早く帰宅する必要があったので、帰りは12時発の六甲ケーブルで下山です。 最近は外国人が増えているようで、乗車の8割は中国人でした。
2

感想/記録

半年ぶりの山登りの為、山ごはんをメインのゆっくりとしたハイキングに行ってきました。
その際、前から気になっていた天狗岩駅の北尾根のチェックも兼ねて、山ごはんは大月地獄谷としました。
後で判りましたが、この北尾根はダム建設などのために人工的に作られたルートだったようで、特に危険を伴うようなルートではありませんでした、。
D5堰堤の池が増水した時のエスケープとして使えそうです。
訪問者数:226人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ