ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842684 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

妙義山(中間道+相馬岳)

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー kanegon2
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間51分
休憩
1時間38分
合計
8時間29分
S鳥居09:2909:34妙義神社09:3809:49第一見晴10:08第二見晴10:1711:07天狗岳11:0911:22妙義山12:0512:43天狗岳12:4814:20堀切14:2214:29バラ尾根のピーク14:4314:50堀切14:5715:23第四石門15:2815:30第三石門15:3115:47第一石門15:48第二石門15:4915:53名勝石門群登山道15:5616:11中之嶽神社16:19第一石門17:04道の駅みょうぎ17:0617:25黒門17:58松井田駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰りは中之嶽神社から松井田駅まで歩いたため行動時間が長くなっています。
コース状況/
危険箇所等

写真

今回も妙義神社からスタート
2016年04月09日 09:28撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も妙義神社からスタート
1
何気に神社の石段がきつい
2016年04月09日 09:33撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何気に神社の石段がきつい
登り始めはこんな感じのハイキングコース
2016年04月09日 09:42撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めはこんな感じのハイキングコース
あっという間に第一見晴に到着。いい天気ですね。
2016年04月09日 09:50撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に第一見晴に到着。いい天気ですね。
1
大黒の瀧?でしたっけ?
2016年04月09日 09:56撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒の瀧?でしたっけ?
第二見晴に到着です。
2016年04月09日 10:08撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二見晴に到着です。
2
険しい岩山。あんなの登れるんだろうか?
2016年04月09日 10:09撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい岩山。あんなの登れるんだろうか?
タルワキ沢コース途中の鎖場。楽しい!
2016年04月09日 10:52撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タルワキ沢コース途中の鎖場。楽しい!
タルワキ沢コース途中の鎖場。楽しい!2号
2016年04月09日 10:54撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タルワキ沢コース途中の鎖場。楽しい!2号
相馬岳に到着。浅間山はもう雪が少ないですね。
2016年04月09日 11:24撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相馬岳に到着。浅間山はもう雪が少ないですね。
1
手前から金祠山,荒船山,八ヶ岳連峰。そういえば私は今回で通算3回目の妙義山なのですが、山頂には今年だけで8回目という強者の方もいました。100回登頂を目指している(今回で100回目?)とのことでしたが、私だと一番回数が多くても谷川岳の通算5回。まだまだ先は長いです…。
2016年04月09日 11:25撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前から金祠山,荒船山,八ヶ岳連峰。そういえば私は今回で通算3回目の妙義山なのですが、山頂には今年だけで8回目という強者の方もいました。100回登頂を目指している(今回で100回目?)とのことでしたが、私だと一番回数が多くても谷川岳の通算5回。まだまだ先は長いです…。
2
茨尾根ピークからの眺望
2016年04月09日 14:31撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茨尾根ピークからの眺望
1
茨尾根ピークからの眺望2。私は中間道から上がってきましたが、強者はあんな岩場を登攀するんですね。恐るべし!!
2016年04月09日 14:31撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茨尾根ピークからの眺望2。私は中間道から上がってきましたが、強者はあんな岩場を登攀するんですね。恐るべし!!
1
登山コースゴールの中之嶽神社に到着。相も変わらず有難味のない大黒様。
2016年04月09日 16:01撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山コースゴールの中之嶽神社に到着。相も変わらず有難味のない大黒様。
またまたお金をけちるために駅まで徒歩。何とか最終ゴールの松井田駅にたどり着きました。春山登山初めとしては上々の山行でした。ありがとう妙義山、また来るよ〜!!
2016年04月09日 17:58撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまたお金をけちるために駅まで徒歩。何とか最終ゴールの松井田駅にたどり着きました。春山登山初めとしては上々の山行でした。ありがとう妙義山、また来るよ〜!!
1
撮影機材:

感想/記録

1. アクセス
往路
 04:52 勝田 → 06:14 小山 @JR水戸線・小山行
 06:28 小山 → 08:21 高崎 @JR両毛線・高崎行
 08:42 高崎 → 09:05 松井田 @JR信越本線・横川行
 松井田駅→妙義神社はタクシー利用

復路
 18:15 松井田 → 18:39 高崎 @JR信越本線・高崎行
 19:50 高崎 → 21:43 小山 @JR両毛線・小山行
 22:13 小山 → 23:29 水戸 @JR水戸線・水戸行
 23:32 水戸 → 23:37 勝田 @JR常磐線・高萩行

交通費合計 3,050円
 勝田⇔松井田往復 2,370円(青春18切符)
 松井田駅→妙義神社 1,360円(駅で居合わせた人と折半して680円)


2. コース状況
中間道 … ハイキングコースとしては若干歩きにくいですが、登山道と考えると特筆すべきところはありません。石門の鎖場と大砲岩は要注意(大砲岩周辺は落ちると命に関わります)。
タルワキ沢出合〜相馬岳 … 鎖場が数ヶ所あり、鎖場以外でも段差のキツイ箇所があります。枯葉でのスリップ,浮石にも注意が必要。但し、命に関わるようなところはありません。
ホッキリ入口〜ホッキリ〜茨尾根ピーク … ホッキリまで特筆すべき難所はありませんが、落石をつくらないように注意が必要。茨尾根は難所はありませんが、とにかく落ちないで!

3. 感想
 春山シーズン到来ということで、5ヶ月ぶりに妙義山に行ってきました。今回の目的地は表妙技最高峰の相馬岳。前々回はタルワキ沢出合を見逃すというミス,前回は雨のため諦めた経緯があり、今回が3度目の正直でした。

 登った感想ですが、期待していた通りに面白い山でした。コース状況にも書きましたが、命に関わるようなところはほとんど無いにも関わらず、鎖場など私にとってはチャレンジングな所が多く、疲れたけど登る楽しみを満喫できました。相馬岳からの眺望も見事で浅間山や八ヶ岳連峰を望むことができます。それなりに登るのは大変な所でしたが、苦労した分は確実に返してくれました。次回がいつになるかは分かりませんが確実にまた来ることになる、そう断言できる楽しい山行でした。
訪問者数:298人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 山行 出合 登攀 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ