ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 842696 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

鳥甲山手前の遠見山

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー taziriziri(SL), その他メンバー1人
天候快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間17分
休憩
0分
合計
8時間17分
Sスタート地点05:5114:05貉平14:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鳥甲山狢平登山口で通行止め。

写真

奥志賀野沢方面分岐店近くから入山。
予定では、もっと手前の鬼沢右岸付近から入山し、
鳥甲山の予定でした。
2016年04月09日 05:52撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥志賀野沢方面分岐店近くから入山。
予定では、もっと手前の鬼沢右岸付近から入山し、
鳥甲山の予定でした。
1
何の足跡だろう?さる?熊?
2016年04月09日 05:59撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の足跡だろう?さる?熊?
登り初めは伐採作業道を利用します。
2016年04月09日 06:13撮影 by SC-04E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り初めは伐採作業道を利用します。
作業道から藪の中に。
2016年04月09日 07:20撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道から藪の中に。
藪の中から広場が、
木島山の方から来ている林道終点に到着。
2016年04月09日 07:28撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪の中から広場が、
木島山の方から来ている林道終点に到着。
林道終点より上は、ブナ林。
ちょー素晴らしい。ブナ林です。
2016年04月09日 07:48撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点より上は、ブナ林。
ちょー素晴らしい。ブナ林です。
台倉山。
2016年04月09日 08:25撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台倉山。
雪庇跡
2016年04月09日 08:30撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇跡
頸城三山。
2016年04月09日 08:53撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頸城三山。
鳥甲山。
2016年04月09日 09:00撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥甲山。
1
遠見山。鳥甲山方面より
2016年04月09日 09:36撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠見山。鳥甲山方面より
うっすら米山が見えます。
2016年04月09日 09:54撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすら米山が見えます。
今日はここまで、
この先 自分達には厳しそうなので。
2016年04月09日 10:03撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここまで、
この先 自分達には厳しそうなので。
1
高社山。
2016年04月09日 10:49撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高社山。
大きなダケカンバ。
2016年04月09日 11:02撮影 by SC-04E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなダケカンバ。
かわい〜。(*^_^*)
バンザイー ばんざいー。
五郎丸?
2016年04月09日 11:11撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわい〜。(*^_^*)
バンザイー ばんざいー。
五郎丸?
雪が緩んできてツボ足になり始めたので、
先日の教訓より 実家から持ち出してきたかんじき装着。
2016年04月09日 11:27撮影 by SC-04E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が緩んできてツボ足になり始めたので、
先日の教訓より 実家から持ち出してきたかんじき装着。
こちらは嫁の実家から
それぞれの家のかんじき装着。
2016年04月09日 11:27撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは嫁の実家から
それぞれの家のかんじき装着。
ツインブナ。
2016年04月09日 11:34撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツインブナ。
カエルの卵かな?
2016年04月09日 12:35撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエルの卵かな?
今晩の食材確保。
2016年04月09日 12:37撮影 by XF1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今晩の食材確保。
1
帰りの秋山林道は自転車で。
2016年04月09日 12:49撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの秋山林道は自転車で。
秋山林道の途中。
2016年04月09日 13:34撮影 by SC-04E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山林道の途中。
秋山林道の途中。
2016年04月09日 13:42撮影 by SC-04E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山林道の途中。
秋山林道の途中からの佐武流山。
2016年04月09日 13:49撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山林道の途中からの佐武流山。
秋山林道の途中からの大岩山。
2016年04月09日 14:00撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山林道の途中からの大岩山。
鳥甲山狢平登山口
2016年04月09日 14:04撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥甲山狢平登山口
ゴール。
鳥甲山狢平登山口近くの分岐。
2016年04月09日 14:05撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール。
鳥甲山狢平登山口近くの分岐。

感想/記録

雪山はやばい。
温かくなり、雪も緩み、気も緩む。
でも、この時期は気候も良くなり、登山道以外どこでも歩けて楽しい。
しかし、今年は雪が少ない。締まりも悪い。

toradangoさんのHPを見て、秋山林道の除雪がしてあることを知り、
自転車を持って、秋山郷まわりで入山。
雪が無さすぎ〜。
予定の鬼沢付近は無雪で笹薮。
「ここから鳥甲山登山はねぇ〜↘」という事で、志賀・野沢分岐まで。
分岐点の沢に作業道があり、とりあえず「ここから入って 行ける所まで行こう。」
という事で。(今日は、予備のGPS持参)

昨夜の冷え込みで、雪は寒じて埋まらず、歩きやすいです。
特に、美しいブナ林は広いなだらかなバーンでどこでも歩き放題。
abu8kgさんの言うようにもう少しアクセスが簡単なら山スキーで大賑わいかな?

先日のツボ足ハイクで長靴が嫌になり僕も山スキーしたくて調べたら、とても買える値段ではなく断念。スノーシュウも見たらとてもだめ、
結局、かんじき。(田舎者の僕たち双方の実家にはあります。)

藪も何とかクリアし、遠見山へ。
山頂で、どうするか話し、
「予定の鳥甲山へ行ける所まで行こう。」になりました。
遠見に不要な物を置いて鳥甲山へあたあっく。
(不要なものは合羽と、多めに持参のお菓子ぐらいかな。
 あとは何があるか解らないから 結局ほとんど持って)

しかし、僕たちにはきびしいので、途中で引き返し。
このころだいぶ雪も緩み 所どころツボ足し、
軽アイゼンでは足も滑るように。

遠見でおやつと合羽を回収し、下山。
やはり、雪にはまり始めました。
しかし今日は、君たちには負けないぞと、かんじきを取り出しブナ林の中を
縦横無尽に下山。

後は自転車で、狢平登山口近くの分岐点まで。


 余談
文明の利器のおかげで登山道もない山に行けるが、
これが危険。
ガーミンのGPSは、初期のころからパラで使用していました。
当時は、パラの性能もあまりよくなく、
エリア内で飛ぶぐらいで GPSの機能は何に使うのか?
ぐらいの物でした。
(仲間内では、タケノコ採りに役に立つと評判でしたが)
今は、GPSに地図もついたし日本語バージョンもあるし、
それよりもスマホの登場で、画期的に便利になったと思います。

でも、ない時の事を考えるとゾッとします。
今回は特に。




訪問者数:177人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ