ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843009 全員に公開 ハイキング関東

坂本ー八丁峠−八丁隧道駐車場 両神山に到達できず

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー kanao_y
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き バス 西武秩父駅 小鹿野車庫行 9:17 小鹿野役場 坂本行 10:00
帰り 国道で秩父に帰る車に拾われました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
25分
合計
6時間25分
S坂本10:3512:21大岩12:2713:46八丁峠13:5415:14八丁トンネル登山口15:2516:03大岩17:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
崩落し登山道が削られている箇所が複数見られました。
登山道がはっきりしない箇所が複数ありました。
かなり危険なコースという認識で歩くべきと考えます。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ シェラフ マット ヘルメット 簡易アイゼン

写真

坂本行きのバスに小鹿野役場で乗り換え。バス停前のお宅の紅枝垂桜がきれいでした。
2016年04月09日 09:55撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本行きのバスに小鹿野役場で乗り換え。バス停前のお宅の紅枝垂桜がきれいでした。
坂本バス停から10分程国道を歩いて登山道入口
2016年04月09日 10:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本バス停から10分程国道を歩いて登山道入口
簡易水道浄水場脇から登山道
2016年04月09日 10:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡易水道浄水場脇から登山道
道標。
2016年04月09日 10:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標。
1km進んだことになります。登山道脇には祠が。
2016年04月09日 11:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1km進んだことになります。登山道脇には祠が。
大きな崩落地。これほどでなくても崩落して登山道が削り取られている箇所が結構ありました。
2016年04月09日 11:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな崩落地。これほどでなくても崩落して登山道が削り取られている箇所が結構ありました。
沢が見えるようになりました。下流方向を撮っています。
2016年04月09日 11:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が見えるようになりました。下流方向を撮っています。
沢に下りてきました。この後はしばらく沢沿いに歩きます。
2016年04月09日 11:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に下りてきました。この後はしばらく沢沿いに歩きます。
渡渉箇所です。向かいにピンクリボンが見えます。
2016年04月09日 11:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉箇所です。向かいにピンクリボンが見えます。
渡渉箇所
2016年04月09日 11:30撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉箇所
1
この渡渉箇所で昼食休憩。
2016年04月09日 11:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この渡渉箇所で昼食休憩。
ここだけはどこを渡ろうか思案しました。結局下流側の岩伝いに渡りました。
2016年04月09日 11:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけはどこを渡ろうか思案しました。結局下流側の岩伝いに渡りました。
1
坂本から1.9km地点の道標。
2016年04月09日 11:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本から1.9km地点の道標。
ここは渡された木に乗って渡りました。
2016年04月09日 11:53撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは渡された木に乗って渡りました。
1
沢沿いで唯一ロープがあった箇所。上流側から撮っています。少し下流側にピンクリボンがありました。実際には画面中央のピンクリボンめがけて斜面をよじ登りました。
2016年04月09日 12:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いで唯一ロープがあった箇所。上流側から撮っています。少し下流側にピンクリボンがありました。実際には画面中央のピンクリボンめがけて斜面をよじ登りました。
1
大岩と祠
2016年04月09日 12:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩と祠
1
林道から入れる登山道入口があるようです。
2016年04月09日 12:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から入れる登山道入口があるようです。
大岩まで坂本から1時間50分くらいかかりました。
2016年04月09日 12:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩まで坂本から1時間50分くらいかかりました。
水の流れる沢からは離れ、ますます登山道が判然としなくなりました。
2016年04月09日 12:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の流れる沢からは離れ、ますます登山道が判然としなくなりました。
1
道標。どう歩いたか記憶にありません。
2016年04月09日 12:55撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標。どう歩いたか記憶にありません。
急な登りになってからは薄いながら登山道は分かりました。
2016年04月09日 13:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登りになってからは薄いながら登山道は分かりました。
道幅の細い登山道が続きます。
2016年04月09日 13:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道幅の細い登山道が続きます。
八丁峠到着。大岩から約1時間20分。坂本からは3時間10分。
2016年04月09日 13:47撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠到着。大岩から約1時間20分。坂本からは3時間10分。
2
展望台でしばし休憩。
2016年04月09日 13:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台でしばし休憩。
両神山までは時間的に無理と判断。坂本に戻ることに。八丁隧道駐車場に下り林道、国道を歩くことに。八丁峠から下りてきてこの道標に従い左に行けば良いものを勘違いして右に行きかなり下ってから引き返してきました。約30分のロス。(標高グラフの八丁峠から下って再び登っている箇所です)
2016年04月09日 14:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山までは時間的に無理と判断。坂本に戻ることに。八丁隧道駐車場に下り林道、国道を歩くことに。八丁峠から下りてきてこの道標に従い左に行けば良いものを勘違いして右に行きかなり下ってから引き返してきました。約30分のロス。(標高グラフの八丁峠から下って再び登っている箇所です)
こちらは木の根、岩の登山道。鎖場もあるかなりの難路。
2016年04月09日 14:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは木の根、岩の登山道。鎖場もあるかなりの難路。
下りの最初のうちは水平の鎖場が続きます。
2016年04月09日 14:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの最初のうちは水平の鎖場が続きます。
ここまでも2,3箇所鎖場がありましたが、この鎖場は鎖がないと下降は困難かと。
2016年04月09日 15:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでも2,3箇所鎖場がありましたが、この鎖場は鎖がないと下降は困難かと。
駐車場が見えてきました。この直前も結構長い鎖がありました。
2016年04月09日 15:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきました。この直前も結構長い鎖がありました。
八丁峠コース登山道入口
2016年04月09日 15:24撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠コース登山道入口
トンネル入口と駐車場。
2016年04月09日 15:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル入口と駐車場。
1
林道を下ります。中央の鞍部が八丁峠と思われます。
2016年04月09日 15:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を下ります。中央の鞍部が八丁峠と思われます。
八丁尾根の頂が見えます。
2016年04月09日 15:55撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁尾根の頂が見えます。
2
林道途中の大岩登山道入口
2016年04月09日 16:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道途中の大岩登山道入口
林道終点。約1時間10分の林道歩きでした。途中倒木が2箇所あり、道路を塞いでいました。ちなみに、4月末まで車両冬季通行止めだそうです。
2016年04月09日 16:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点。約1時間10分の林道歩きでした。途中倒木が2箇所あり、道路を塞いでいました。ちなみに、4月末まで車両冬季通行止めだそうです。
1
撮影機材:

感想/記録

あわよくば両神山登頂まで行けるかと坂本から八丁峠を目指しました。

自宅から電車、バスを乗り継いで坂本に10時半過ぎ到着。
遅い出発時間ですが、公共交通利用者としては如何ともしがたい所です。

両神山には昨年2度登りました。
日向大谷往復と上落合橋から八丁尾根を歩きました。
違うコースから両神山を歩いてみたいと思い坂本からのコースを選びました。

予想通り、八丁峠まで到達するのがやっとでした。
両神山頂をを経由して清滝小屋に宿泊するつもりでシュラフ、マット、ガスコンロを担いで行きましたが無駄に重いザックに終わりました。

坂本登山口にはこのコースは登山道がはっきりしない箇所もあるから十分気を付けてというようなことが書いてありました。
30分も行かないうちに沢沿いの登山道となりますが、こちらのコースは日向大谷コースの沢沿いの過剰とも言えるピンクリボンに比べると探してやっと見つけることが出来る程度しかなく、そのためか一部本来の登山道でない所を歩いてしまいました。沢沿いは基本沢に沿って歩いて行けば良いのでそんなに問題となることは無いと思います。

途中のチェックポイントである大岩まではほぼヤマプラの標準時間通りで、この時点で本日の目的地を八丁峠としました。
大岩からの登山道もはっきりしない道が続きました。たまに見かけるピンクリボンを探し出しながらの歩行になりました。途中で見かける道標が安心になりました。

本格的な登りになってからはもの凄く急な登りが現れ、やっと分かるくらいのトラバースを見つけ恐る恐る歩を進めるなど、かなり危険な登山道でした。

急なつづら折りを上り詰めて八丁峠に到着。時刻は13時45分。とても八丁尾根を歩き通せる時刻ではありません。(昨年の記録では八丁峠から両神山山頂まで3時間半かかっています)
坂本まで引き返すことにし、下りは八丁トンネル登山口駐車場に下り、林道、国道を歩くことにしました。

ところが、勘違いで八丁隧道への分岐を通り過ぎかなり下ってから間違いに気付き再び登り返すことになりました。ロスタイム30分。

八丁トンネル登山口駐車場へのルートもかなりの難路。木の根、岩、さらに鎖場も豊富にありいつも通り足が前に出ずかなりの時間を要しました。
ロスタイムを入れて八丁峠から1時間30分で下山。後は林道歩きと高を括っていました。
坂本16:25のバスに乗るつもりで歩き始めたのですが林道終点まで1時間10分かかりバスの発車時刻はとうに過ぎていました。

国道を歩きながら次のバスの18:25までどう過ごそうかと考えていた所、30分くらい歩いた所で秩父に帰るという人の車に拾われ、秩父駅まで送ってもらいました。
親切な人がいて非常にラッキーでした。

今回のコースでは全く人に出会いませんでした。
沢沿いは水音を沢を離れてからは鳥の鳴き声だけを聞きながらの山行でした。
周りを見渡しても谷から見上げる山肌と木が見えるだけの登り道。歩いていて心躍る様な眺めが無いコースでした。
八丁尾根から両神山を目指すのであればあまりお勧めできるコースではないようです。
訪問者数:307人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ