ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843335 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳表尾根ピストン。体力が少し足りなかった、少し早かったかな。

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー smiyata
天候曇天
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
泥濘は思ったよりありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

ヤビツ峠到着
2016年04月10日 08:30撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠到着
表尾根入口
2016年04月10日 09:00撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根入口
振り返れば大山
2016年04月10日 09:56撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば大山
 二ノ塔到着
2016年04月10日 10:07撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 二ノ塔到着
二ノ塔からの富士山
2016年04月10日 10:08撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ塔からの富士山
1
二ノ塔から少しいったところからの富士山
2016年04月10日 10:18撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ塔から少しいったところからの富士山
三ノ塔到着
2016年04月10日 10:32撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔到着
雲に隠れかかった富士山と烏尾山荘
2016年04月10日 10:37撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に隠れかかった富士山と烏尾山荘
1
お地蔵さん、ごぶさたしておりましh。
2016年04月10日 10:40撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さん、ごぶさたしておりましh。
三ノ塔から烏尾山荘
2016年04月10日 10:44撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔から烏尾山荘
1
烏尾山荘
2016年04月10日 11:02撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾山荘
鎖場
2016年04月10日 11:39撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場
崩壊尾根階段
2016年04月10日 11:46撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊尾根階段
崩壊尾根を上から見たところ
2016年04月10日 11:49撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊尾根を上から見たところ
書策小屋跡
2016年04月10日 12:05撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
書策小屋跡
新大日
2016年04月10日 12:25撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日
木の又小屋
2016年04月10日 12:42撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の又小屋
崩壊迂回路
2016年04月10日 12:48撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊迂回路
塔ノ岳
2016年04月10日 13:11撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳
富士山
2016年04月10日 13:11撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
1
塔ノ岳
2016年04月10日 13:14撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳
さて戻りますか
2016年04月10日 14:01撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて戻りますか
あ、ネコ。君有名だよ。
2016年04月10日 14:04撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、ネコ。君有名だよ。
13
下り道
2016年04月10日 14:07撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り道
木の又小屋
2016年04月10日 14:21撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の又小屋
新大日
2016年04月10日 14:31撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日
新大日からの下り
2016年04月10日 14:36撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日からの下り
書策小屋跡
2016年04月10日 14:43撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
書策小屋跡
崩壊尾根階段
2016年04月10日 14:50撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊尾根階段
鎖場。帰りは登りです。
2016年04月10日 14:56撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。帰りは登りです。
行者岳
2016年04月10日 15:05撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者岳
まだ富士山見えます。烏尾山荘あたり。
2016年04月10日 15:22撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ富士山見えます。烏尾山荘あたり。
1
お地蔵さん、帰ってきたよ。
2016年04月10日 15:59撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さん、帰ってきたよ。
1
三ノ塔避難小屋と富士山
2016年04月10日 16:03撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔避難小屋と富士山
二ノ塔
2016年04月10日 16:17撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ塔
表尾根入口に戻ってきました
2016年04月10日 16:57撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根入口に戻ってきました
ヤビツ峠に戻ってきました
2016年04月10日 17:19撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠に戻ってきました
帰りの電車の中
2016年04月10日 18:36撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの電車の中
1
撮影機材:

感想/記録

  

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

⬇今週の動画です。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++
今週末はどこに行こうかと前日土曜日に天気予報をチェック。
棒ノ折山あたりに行きたかったのですが夕方に雨マーク。
その他を見てみると塔ノ岳がA表示。またまた特急券予約ネットでポチッ、ロマンスカークラブ。

久しぶりの表尾根。もう少し体力ついてからのつもりだったんだけど。
ま、いいか。小田急デポジットしてるから活用しなきゃ。

7:40秦野駅到着。
定時のバスがでばばっかりのはずが乗客待ち列長い。
7:45に臨時バスがバス停に入ってきます。
座れないから次のバスを待とうとしたんだけどバス係に聞いたら次は定時の8:18。
しかたないのでバスに乗ります。

今日は曇天。
富士山は諦めています。

蓑毛でバスがとまった。 
運転手さんが車内放送。ラジエータに異常ランプ点灯だって。
運転手さんが外にでていって自販機でミネラルウォーター買って、車に補充しています。一回ではたりないのか何度も蓑毛のトイレに行って水補給しています。
10分ぐらい? 結局異常ランプは消えなかったらしいのですが会社工場に電話したらそのまま走行して問題ないと言われたとのこと。

ヤビツ峠到着。
身支度整えて出発。
体調はやや不調。睡眠やや不足と体力不足。ゆっくり登っていきます
とにかく二ノ塔までは意図的超スローペース。

二ノ塔の前のガレ場。振り返れば大山のところ。曇天ですが見通しは悪くない。
大山もちろん。江ノ島かすかに。大島と伊豆半島は見えないけど、伊豆半島つけねの小さな半島ははっきり見えます。

二ノ塔到着。人は多くベンチほぼ満席。
富士山見えた!!
曇天なので諦めていたけどよかった(結局富士山は帰りの三ノ塔まで薄っすらながら、でもキッチリ終日見られました)。k
ここでオニギリ一個。

三ノ塔。富士山も烏尾山荘も目的地の塔ノ岳尊仏荘も全部はっきり見えます。
お地蔵さん。クリスマスモードのまま。
くだっていきます。
烏尾山荘を目指します。

烏尾山荘への登り返し。疲れます。なのでゆっくりゆっくり登っていきます。
烏尾山荘到着。ここも人が多いです。
トイレによって次の行者岳を目指します。

登り坂は疲れます。この日はまだまだこれからなのでペース配分、スローで。
行者岳を通り過ぎ、さ、その先は鎖場だよ。
鎖場、なつかしい。
下り方向に向かって右の鎖をとります。

崩壊尾根の階段。ゆっくりですが一歩一歩登っていきます。

書策小屋跡到着。一休み。
新大日を目指します。

新大日到着。人がいない! へーーー。人がいないんだ。
あとは道なり。基本登り道だけど下り道から。
木の又小屋をすぎて、少し登って尾根道にですと再び富士山。

後は塔ノ岳目指してゆっくりゆっくり登っていきます。

塔ノ岳到着。富士山薄っすら。カメラでは写っているんかな。
ストーブで湯沸かし、カップ麺が昼食です。

さて、帰りはどうしよう。表尾根ピストンかバカ尾根をバカみたいにひたすら下っていくか。
時間は14:00。表尾根ピストンにします。

くだりはストックなしでいこうと思います。
だって鎖場でストックたたむの面倒だもん。

塔ノ岳からちょっとだけ降りてきたところで「にゃーにゃー」。
あらネコくん。はじめまして。君、有名だね。

帰りは特記事項は特にありません。
木の又小屋、新大日を通って、崩壊階段、鎖場。
鎖場ではまったく疲れませんでした。ゆっくり登っていくからね。

行者岳を通って烏尾山荘。
今日最後の登りがあります。三ノ塔への登り返し。ストックを取り出します。

烏尾山から一旦下り。下りでもストック楽、改めて実感します。
最初からストック使えばよかった。
バカ尾根で2回続けてストック無しで下りて単調な下りだとストック無い方が楽だったから。でも単調じゃない場合は下りでもストックあった方がやっぱり楽だったんだ。

三ノ塔への登り返しはゆっくりゆっくり。
最終バスの時間はまだ少し余裕があるから。と言っても無茶苦茶あるわけではないけど。
速く歩きすぎて脚が動かなくなるのが一番気をつけなきゃいけないことと、ゆっくりゆっくり。

三ノ塔ではまだ薄ぼんやり富士山が見えました。塔ノ岳山頂にいた時が一番雲にかかっていたね。
最後まで富士山見えました。曇りだったのであきらめていたんだけどね。
二ノ塔からはかなり霞んでほとんど消えちゃったけどね。

振り返れば大山のところ。少しガレ場のところ。霞んでいますが海の方まで見渡せます。

さああと少し。
林道を越えて、表尾根入口まで到着。
ストックたたんで車道の登り坂を延々とすすんでヤビツ峠バス停到着。17時20分。
最終バスは17時41分だから丁度良いタイミング。これより遅くなると間に合わないかもとあせるからね。

バスの乗客はボクの他には1人だけ。
途中の停車場で数人の乗り降りがあって秦野到着。
バスに乗っている間にロマンスカークラブで帰りの特急券のネット購入。便利。

塔ノ岳からの下りはバカ尾根にするか表尾根にするか迷いましたが、やっぱり表尾根が正解。
帰りは登山客が全然少なく、自分のペースで歩けるし、景色も良いしコースも面白いし。
バスに座れるし、秦野駅で特急とのタイミングもぴったりだしね。

日の長い間は表尾根ピストン。

秦野駅ではいつものように改札口前のスーパーでビール購入。
車中では先週から始めた動画編集。
退屈しないです。

来週はどこにしようかな。


*******************************************************
《おまけ:これまでの塔ノ岳のヤマレコです》

10回目:  2015年12月06日(日)
祝10回 塔の岳(表尾根〜大倉尾根)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-775297.html

9回目:  2015年11月29日(日)
塔ノ岳(表尾根〜大倉尾根)ストック忘れ & ルート記録が途中で消えちゃった
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-771482.html

8回目:  2015年11月22日(日)
3連休の中日、塔ノ岳は大入り満員(表尾根〜大倉尾根)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-766938.html

7回目:  2015年10月25日(日)
表尾根から大倉尾根(快晴・富士山はふもとまでくっきり・塔ノ岳は風ビュンビュン
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-750422.html

6回目:  2015年10月12日(月)
塔ノ岳 表尾根ピストン(すっきり快晴・富士山初冠雪・ヤビツ峠売店ビール)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-740837.html

5回目:  2015年09月23日(水)
「塔の岳 表尾根ピストン(5回目の塔ノ岳で一番の景色でした)」
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-724134.html

4回目:  2015年09月13日(日)
「塔ノ岳 表尾根ピストンアゲイン ガスもアゲイン」
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-715326.html

3回目:  2015年07月26日(日)
「暑い暑い表尾根 〜 勇気ある撤退?で大倉尾根」
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-687197.html

2回目:  2015年07月12日(日)
「丹沢表尾根ピストン」
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-676496.html

1回目:  2015年06月28日(日)
「表尾根・塔ノ岳(ヤビツ峠BTから大倉BT)」
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-670012.html

*******************************************************








  
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/14
投稿数: 3
2016/4/11 18:18
 初めまして
昨日 30分位夫婦で先行してた者です
プロフィールを拝見させて頂いたら
山に対しての思いとスタイルが 
自分と似てたのでフォローさせてい頂きます
宜しくお願いします。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 1
2016/4/11 22:46
 taka4700さま、
ありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ