ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843358 全員に公開 ハイキング東海

きついぞ東西南北尾根周回&こわいぞ絶壁上臈岩岩峰群!宇連山

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー goldengate
天候晴時々曇
アクセス
利用交通機関
愛知県民の森 モリトピア駐車場 7:00−20:00
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
1時間16分
合計
7時間33分
Sスタート地点07:4208:16南尾根展望台08:1808:49国体尾根分岐08:5009:46宇連山10:0612:42上臈岩13:3515:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
岩峰群で1時間ほど休憩
コース状況/
危険箇所等
危険個所はないです
尾根道は楽しめる程度の岩ガレ多し
南・西尾根は眺望もよくてアップダウン少なめなのでお勧め
その他周辺情報日帰り風呂
・モリトピア 400円
・ゆーゆーありいな 600円
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

Bキャンプ場からスタート
※この写真は下山後に撮影。テント3張りありました。
2016年04月09日 15:19撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Bキャンプ場からスタート
※この写真は下山後に撮影。テント3張りありました。
南尾根への登りで撮影
名前が分からないけど白くて奇妙だ
※撮り直したくて下山後もう一度登りました。
2016年04月09日 15:28撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根への登りで撮影
名前が分からないけど白くて奇妙だ
※撮り直したくて下山後もう一度登りました。
2
南尾根の程よいアスレチック感の岩場その
2016年04月09日 08:15撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根の程よいアスレチック感の岩場その
1
南尾根の程よいアスレチック感の岩場その
2016年04月09日 08:35撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根の程よいアスレチック感の岩場その
こんな巻き道もあるよ
シダが綺麗になってきましたねぇ
2016年04月09日 09:02撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな巻き道もあるよ
シダが綺麗になってきましたねぇ
一応ピークハント証明写真
2016年04月09日 09:56撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応ピークハント証明写真
7
明神山とその奥にはかすかに南アが...
2016年04月09日 10:02撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山とその奥にはかすかに南アが...
3
可憐な花
名前知らない
2016年04月09日 10:21撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可憐な花
名前知らない
分岐
ここから長い長い尾根道が続くのだ
2016年04月09日 10:31撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐
ここから長い長い尾根道が続くのだ
岩峰群の案内板
分岐ごとにも設置してあるので助かります
2016年04月09日 11:54撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰群の案内板
分岐ごとにも設置してあるので助かります
1
コ状岩から
足がすくみ手が震えうまくシャッター操作できない...
※危険ですから真似はおやめくださいね
2016年04月09日 12:15撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コ状岩から
足がすくみ手が震えうまくシャッター操作できない...
※危険ですから真似はおやめくださいね
2
3状岩から
鳳来湖を見下ろす
2016年04月09日 12:21撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3状岩から
鳳来湖を見下ろす
4
3状岩から
中上臈の上に人がいます
岩の大きさと絶壁具合がよくわかります
2016年04月09日 12:22撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3状岩から
中上臈の上に人がいます
岩の大きさと絶壁具合がよくわかります
岩峰群を周回する途中もシダが綺麗でした
2016年04月09日 12:17撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰群を周回する途中もシダが綺麗でした
2
C羮繚鼎ら
先ほどまでいた兜状岩を見る
2016年04月09日 12:30撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
C羮繚鼎ら
先ほどまでいた兜状岩を見る
時折レコを拝読しているakanetouchanさんと遭遇
いかん写真の腕が悪い...実物はもっとかわいいのに
アカネちゃん、服がとてもオシャレ
2016年04月09日 12:33撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折レコを拝読しているakanetouchanさんと遭遇
いかん写真の腕が悪い...実物はもっとかわいいのに
アカネちゃん、服がとてもオシャレ
4
C羮繚鼎ら
上臈岩に人がいます
「おーい」手を振って応えあいました
2016年04月09日 12:34撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
C羮繚鼎ら
上臈岩に人がいます
「おーい」手を振って応えあいました
1
ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと!お、お、お、落ぢでじまいますよぉぉぉぉぉぉ!
こちらもヤマレコユーザーのtatubaiさん&n3goatさん
迫力ある画像と動画は彼らの山行記録をご参照ください
2016年04月09日 12:34撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと!お、お、お、落ぢでじまいますよぉぉぉぉぉぉ!
こちらもヤマレコユーザーのtatubaiさん&n3goatさん
迫力ある画像と動画は彼らの山行記録をご参照ください
4
‐繚鉄笋ら
先ほどいた中上臈を見る
2016年04月09日 12:51撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
‐繚鉄笋ら
先ほどいた中上臈を見る
今日の昼食はカルボナーラ
2016年04月09日 13:00撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の昼食はカルボナーラ
1
上臈岩からはロープ使って登ります
2016年04月09日 13:23撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上臈岩からはロープ使って登ります
⇔⊂繚鼎ら
鳳来湖に宇連ダム
2016年04月09日 13:30撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
⇔⊂繚鼎ら
鳳来湖に宇連ダム
⇔⊂繚鼎ら
もう一度トライ...写真では伝えきれない恐怖
※再度言いますが、危険です
2016年04月09日 13:31撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
⇔⊂繚鼎ら
もう一度トライ...写真では伝えきれない恐怖
※再度言いますが、危険です
2
東尾根のラストスパートの岩場はキツイ
2016年04月09日 14:53撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根のラストスパートの岩場はキツイ
1
Aキャンプ場にてゴール
2016年04月09日 15:10撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Aキャンプ場にてゴール
桜はまだ綺麗
2016年04月09日 15:33撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜はまだ綺麗
2
帰りのコンビニでお気に入りの赤城乳業のアイス
ガリガリ君で有名
最近ではチョコミントにもはまっている
ここのアイスはコスパ&味がGOODだ
2016年04月09日 17:17撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りのコンビニでお気に入りの赤城乳業のアイス
ガリガリ君で有名
最近ではチョコミントにもはまっている
ここのアイスはコスパ&味がGOODだ
2
帰りは地元の猿投温泉に寄った
桜はまだ綺麗
2016年04月09日 18:17撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは地元の猿投温泉に寄った
桜はまだ綺麗
1
入浴後は夜桜になってた
2016年04月09日 19:12撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入浴後は夜桜になってた
2
撮影機材:

感想/記録

※自己の山行備忘録ですので長文失礼

以前から残っている課題「宇連山の上臈岩を覗き込む」を達成したい。

1度目、膝痛でタイムオーバー。
2度目、随行者ガス欠でタイムオーバー。
3度目、鳳来寺から縦走でタイムオーバー。

今度こそ余裕持った時間でトライ。今回は岩群からの絶景写真を求め、久々にイチデジぶら下げての山行。写真の知識も腕もないのでカメラで技術を補いたい。

まずはBキャンプ場から南尾根目指して登る。

先行されていた夫婦の方が草花を写真におさめていた。
「草花を探しながら登山すれば、もっと楽しくなるし何より素敵だ(そしてきっと女性ハイカーとの会話も弾む)」と邪な考えも浮ぶ今日この頃。
えせ自然愛好家を気取る私も一緒にカシャる。撮影した植物...凄く白くて奇妙...まるで宇宙から飛来した生物のようだ。名前は勿論分からない(要勉強)。

南尾根〜西尾根は程よいアスレチック感と心地よい展望。
岩やガレ具合が絶妙。険しい箇所は整備もされているので、ガレザレ嫌いな私でも楽しめる。宇連山登頂目指すなら一番のおすすめルート。

テンションアゲアゲなトレランナーさんが「うひょー」と雄たけび上げながら楽しそうに疾走していった。

国体尾根分岐から登りがきつくなる。ここからが正念場。

大粒の汗とともに何とかピークハント。
山頂には5名の男性パーティーがいらっしゃった。ビール美味しそう。
展望は、霞んでいるのでわずかに南アが確認できるくらい(先回は富士山も見えた)。

おじ様方の「○○さん、ラーメンに味噌汁って(汁&汁)...」「じゃぁ味噌ラーメンにすればいいのか!」という会話に思わず吹いた。

行動食食ったらさっさと先を急ぐ(今日は絶対タイムアウトはしない)。

一旦西尾根北尾根分岐まで下る。そして長ーい北尾根が始まるのだ。
北尾根始まってからも激下りは続く。その角度がハンパないので下りが嫌いな私の歩みは遅くなる。

今回の尾根周回、反対周りからはやりたくない。
南・西尾根に比べ東・北尾根は何倍も辛いので登りで使いたくない。時折、ドMもとい強者トレランナーさんが北尾根をかけ上がってくるが、その体力と精神力は感心する。

北尾根の細かなアップダウンをひたすら進んでいく。

途中、各尾根展望台中もっとも雰囲気の良い北尾根展望台でコーヒーブレークを考えていたが、高校生?パーティーの大所帯に占拠されていたのでスルー。かわりに彼らの気持ち良い挨拶で元気貰った。この年齢から山屋育成中とは、先が楽しみです。ぜひ大人になっても続けて欲しい(私もかくありたかった)。

思いのほか時間かかったが、岩峰群への入口に到着。この入口がなかなか分かりづらい。今回写真アップしていないが、北尾根東尾根分岐(たしか分岐の案内板あったはず)付近のK253ポイントが入り口となる。

入口から岩峰群までも数十分ほど歩かなければならない。

途中に手作りの分かりやすい案内板が立っているのでアクセスに助かる。作成された方はどうやらフォロー中のヤマレコユーザーさんであるらしい(真意は未確認)。作成に感謝です。案内板による岩峰群は8つ。私としてはC羮繚鼎おすすめ。

さて、この岩峰群、鳳来湖の絶景もさることながら高度感が半端ない。
「落ちたら死ぬかも」というレベルではなく、「全身粉砕で身元確認不明」のレベルであろう。

何とか頑張って迫力ある画像をおさめようと先端まで行こうとするが、「こ、こわい」足がすくんで思うように動けないではないか!(この場所、別名『メデューサの岩峰』とでも命名したいくらいだ)
年齢重ねてから何故か観覧車が怖くなり緊張してしまう私。こんなことで槍・穂高を登ることができるのだろうかと一抹の不安を残す。

中上臈でヤマレコユーザーさん達と出会った。

お一人は私もちょくちょくレコ拝見する方で、いつもトイプードルを同行されている。かわいいワンちゃんに思わず声をかけてしまった。気さくな方でワンちゃんの写真も撮らせていただいた。我が家にも見てくれは可愛いが中身はオッサントイプードルがいる。しかしこのオッサン犬は散歩にも出たがらないほどの引きこもり&臆病犬。少しは見習ってほしい。

もうお二人は同僚かお友達同志のご様子。
お一人の方が断崖絶壁の最先端まで身を乗り出そうとしていた。「ちょ、ちょ、ちょっとぉ!お、お、お、落ぢでじまいますよぉぉぉぉ!」と心中穏やかでない私。見ているこちらまで緊張感MAX、心拍はクレッシェンド。

その後彼らとも談笑。
宇連山は初めてとの事だったので、少しばかり尾根ルートを拙い説明。ピークハント後に岩峰群まで来た私の事を感心していただいた(実際は大したことではない)が、「貴殿の少々麻痺された高度感覚の方がよっぽど凄いんですけど...」と密かに思う。

上臈岩にて”ボーボー”(この表現、談笑したヤマレコさんのレコからパクらせていただいた)で湯を沸かし、早ゆでパスタ&レトルトカルボナーラでお昼ご飯。鳳来湖の絶景と時折吹く心地よい風。ここは宇連山来たら必ず寄った方がいい絶景ポイントだ。

さて、ここからは帰路へと向かう。

帰りはもう一つの絶景ポイント『百畳尾根』を経由していくつもりだった。
でも分岐を見落として大分通過してしまった。戻って探すのも億劫となり、このまま4つの尾根(南尾根、西尾根、北尾根、東尾根)の周回ルートに変更することにした。各尾根を歩いたことはあるが一筆書きはいまだ無し。

2、3日前にも少々足を使ったので体調万全ではなかったのだが、東尾根から足の疲れが目立ち始めた。毎回宇連山にくると想定以上に時間もかかるし疲労も大きい。

私が考察するに...
GPSロガーでは捉えられないくらい細かなアップダウンがず〜と続いて疲労する。
∪鞍されているとはいえガレ場岩場がず〜と続くので足削られる。

やはり舐めてはいかんな宇連山よ。いいトレーニングになるので、北アルプス縦走前の歩荷訓練にはもってこいかもしれないな。

東尾根のラストでは更に岩が多く足元が険しくなった。最後のラストスパートにこの状況はなかなか手厳しい。

考えてみると、普通に宇連山を登るのであれば、東尾根を利用する機会というものはあまりないのかもしれない。
宇連山ピークハントなら南・西尾根やその方面のルートを使えば早くて近い。上臈岩岩峰群に行くにしても、宇連山山頂からなら北尾根経由のみでよいし、モリトピアからならあえて東尾根展望台以南の長い尾根を使う必要はない。

結論:「あえて東尾根を使う人はM度指数高めの輩だな。ここはまさに変人の領域...」などとボヤキながら、プチMな私は眺望も少ない東尾根をとぼとぼ歩いていく。

モリトピアに着くと桜がお出迎え。
久々に足に疲労感残る心地よいゴールとなった。

今日の尾根周回コース(From Bキャンプ場 to Aキャンプ場)、先日の入道岳〜鎌ヶ岳周回よりもきつかったような気がするがどうだろう?。

帰りは地元の猿投温泉にて入浴。
使用期限が少々タイトな『入浴ご招待券』があったので利用した。猿投温泉までの長い車中、一仕事終えた漢の”哀臭”が漂って(充満して)いたことは言うまでもない...




訪問者数:464人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/13
投稿数: 336
2016/4/11 2:10
 お疲れ様でした
こちらでは初めまして。
昨日中上臈でお会いしたakanetouchanと申します。

あかねの写真を撮って頂き、どうもありがとうございます。
上臈岩群は初めて行ったのですが、思った以上の高度感に
びびりまくりの私でした。
ここは雨上がりとかでもヤバそうですね。
まかり間違っても落ちるわけにはいかないですもんね

またどこかの山でお会いすることもあるかと思いますが
どうぞ宜しくお願いします。
登録日: 2014/10/17
投稿数: 162
2016/4/11 2:35
 Re: お疲れ様でした
こちらこそ初めましてです。

お写真撮らせていただいてありがとうございました。
犬を連れての登山なんていいですね。
うちのトイプードル(「ノン」と言います)は多分山に怯えて動けないと思います。
(無理やりザックに押し込むしかない)

私も上臈岩の高度感にはビビりました。
お勧めの絶景ポイントであることは間違いないですが、
あまりに気楽に登山者が押し寄せて、
ノリで無茶をする輩が出てもいけませんよね。
事故が合ったら即閉鎖されてしまうかも…

今後もアカネちゃんとの同行レコ楽しみにしております。
また何処かの山でお会いしましょう。
登録日: 2012/3/21
投稿数: 57
2016/4/11 23:44
 どうもです。宇連山からの〜上臈岩、見事な健脚でした。
,任会いしたtatubaiです。
言葉にならないくらいの絶景でしたね。

僕たちの写真はすごく身を乗り出していように見えますがそうでもないです
怖いので座らないと近づけないです。
しかし本当に気を付けないと閉鎖されかねないですよね。数年に一回くらい誰かが落下しても不思議じゃないですね。

またどこかの山でお会いしたいですね。
「ぼーぼー」どしどし使ってください
登録日: 2014/10/17
投稿数: 162
2016/4/12 8:08
 Re: どうもです。宇連山からの〜上臈岩、見事な健脚でした。
本当に絶景でした!

皆さんにも
宇連山登頂よりも
上臈岩岩峰群を優先することをお勧めしますね

私は足がすくんで
先端まではとてもいけませんでした
自撮り棒とかあればもっと臨場感出せたかもしれませんが
まぁ伝わらないでしょうね、あのヤバさは...

とても悪ふざけできるような場所ではないのですが
中には「押すなよ、押すなよ...押せよ!」(by上島竜平)
と、命をはったギャグをしかねない輩もいるかもしれないので

tatubaiさんのように
四つん這いで姿勢を低くして近づくのが限界ですよね

「ぼーぼー」琴線にかかりました
また使わせていただきますね
登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/4/15 12:25
 情報です!
百畳尾根への侵入点はk238地点。表示はないです。坂の途中で倒木があります。そこで探すとありますよ。次回は、上がって来られるのもいいですね。(g)
登録日: 2014/10/17
投稿数: 162
2016/4/16 20:20
 Re: 情報です!
情報ありがとうございます。宇連山は5回ほど登っているのですが、いつも次回持越の宿題が残ってしまいます。お気に入りの山なので次回来る理由ができて別段よいのですが。K238地点ですね。注意して見ていたつもりだったのですが残念です。アドバイス頂いたように次は登りで使ってみようかな。するとピークハントは北尾根登りとなりますね(疲れそう...)。

※一部訂正しました(申し訳ありませんでした)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ