ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843461 全員に公開 山滑走日高山脈

芽室岳

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー hidekin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道は除雪されて路面の雪は消え,山小屋芽室岳までクルマで入れます
登山口では沢を丸木橋で渡った所から雪がありスキーで歩けました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

05:30 山小屋芽室岳の登山口を出発
07:40 1412m地点
09:05 芽室岳山頂着
09:35 山頂発
10:30 登山口着
コース状況/
危険箇所等
沢は下の方で開いています
大きな雪庇もなく,うねりもなく,北尾根は歩きやすかったです
今日はシールとクトーで山頂へ行けましたが,1690ポコ下の急斜面は氷化していたらアイゼンが必要かと思います
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

丸木橋で沢を渡って,すぐにシールで歩き始めた
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸木橋で沢を渡って,すぐにシールで歩き始めた
1
北尾根に取り付き,締まった硬い雪面を登る(シールの効きは良かった)
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根に取り付き,締まった硬い雪面を登る(シールの効きは良かった)
4
尾根は広く,大きな雪庇やうねりも少なく,歩きやすかった
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根は広く,大きな雪庇やうねりも少なく,歩きやすかった
2
標高1300mくらいから,前方に芽室岳
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1300mくらいから,前方に芽室岳
1
左に芽室岳山頂,右は1690ポコ
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に芽室岳山頂,右は1690ポコ
6
右手(西)に芽室岳西峰が見える
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手(西)に芽室岳西峰が見える
2
急斜面をトラバースして1690ポコを巻いた
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面をトラバースして1690ポコを巻いた
3
芽室岳〜西峰の稜線に出ると西風が強い,風に押されて芽室岳山頂へ向かう
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽室岳〜西峰の稜線に出ると西風が強い,風に押されて芽室岳山頂へ向かう
6
晴れているが強風の山頂に到着
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れているが強風の山頂に到着
11
山頂から芽室岳西峰
1980年01月01日 00:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から芽室岳西峰
5
左奥に札内岳,その右にエサオマントッタベツ岳のカール(その中間奥にカムエクがちらり),その手前左は妙敷山,右に伏美岳
1980年01月01日 00:05撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥に札内岳,その右にエサオマントッタベツ岳のカール(その中間奥にカムエクがちらり),その手前左は妙敷山,右に伏美岳
10
西の眺望,右奥はチロロ岳
1980年01月01日 00:05撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の眺望,右奥はチロロ岳
7
北の谷(沢の右俣と左俣の合流部が見える)
1980年01月01日 00:03撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の谷(沢の右俣と左俣の合流部が見える)
3
滑り降りた北斜面
1980年01月01日 00:03撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り降りた北斜面
5
山頂から少し戻って,沢の左俣上部斜面へGo!
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し戻って,沢の左俣上部斜面へGo!
5
パックスノーだが気持ちよかった
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パックスノーだが気持ちよかった
10
降りてきてシュプールを振り返る
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきてシュプールを振り返る
5
小尾根を少し降って,左(西)の右俣へ向かう
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小尾根を少し降って,左(西)の右俣へ向かう
3
右俣に出て,沢の上を見る
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣に出て,沢の上を見る
4
右俣の沢下方
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣の沢下方
4
右俣も気持ちのいい沢筋だった
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣も気持ちのいい沢筋だった
11
この先から左の北尾根へトラバースして行った
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先から左の北尾根へトラバースして行った
3
滑り降りた斜面を振り返る(左上に芽室岳山頂〜左俣上部,右に右俣)
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り降りた斜面を振り返る(左上に芽室岳山頂〜左俣上部,右に右俣)
6
右俣のシュプールをズーム
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣のシュプールをズーム
5
標高1150mくらいで北尾根の登りトレースに合流(後続者のトレースが増えている)
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1150mくらいで北尾根の登りトレースに合流(後続者のトレースが増えている)
2
芽室小屋に到着
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽室小屋に到着
3
今日のトラックログ(赤:登り,青:下り)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のトラックログ(赤:登り,青:下り)
3
撮影機材:

感想/記録

芽室岳に北尾根から登り,沢筋を滑ってみた。
芽室小屋への林道は除雪されて路面の雪が消え,もう普通の乗用車でも通れます。

5時30分,今日の一番で出発。まず丸木橋で沢を渡ると,すぐに雪があってシールで歩ける。気温0℃,ほぼ無風,空は晴れている。雪は硬く締まっていて,シールの効きも良い。北尾根にとりついて登って行くが,左の沢を見ると,下の方では沢が開いていた。雪面が硬いので早めにクトーを装着。

6時30分,955m地点。尾根の東側斜面は割と疎林だが,西側は木が密だ。斜度はそれほどでもなく,この辺りはほとんど直登可能。
7時20分,1320mくらいの地点。前方に芽室岳と滑降予定の北斜面が良く見える。
7時40分,急登手前の1412m地点。この辺りの雪は硬く締まった上に5〜10cmほどウインドパックされた雪が乗っているという感じ。風が出てきた。
1690ポコは左からトラバースして巻き,なんとかシール&クトーで芽室岳〜西峰の稜線まで上がった(8時45分)。ここまで来ると西風がかなり強い。しかし,あとは風に押されて東へ進むだけ。

9時5分,強風の芽室岳山頂に到着。晴れて周囲の眺望良好。南に十勝幌尻岳,札内岳〜エサマン,妙敷〜伏美〜ピパイロ〜1967,西にルベシベ山,チロロ岳,北には沙流岳,日勝ピーク,ペケレ,ウエンザル〜佐幌岳も見える。岩陰に退避して風を避け休憩。気温−5℃。北側の斜面を眺めながら,帰りのルートを検討した。

9時35分,芽室岳山頂を出発。少し稜線を戻ってから沢の左俣へドロップ。上部は広い斜面で,ウインドパック気味の雪だが,気持ちよくターンを刻んで行った。左俣を1450mくらいまで降り,西に向かって小尾根を越えて右俣に入った。こちらもパックスノーだが,気持ちのいい沢筋だ。1250mくらいまで滑り降りたら,北尾根の方へトラバースして行った。

10時10分,北尾根1150mくらいの地点で登りトレースに合流。スキートレースが増えている。後続者がいるようだ。この先は緩んで雪がシャワシャワになってきた尾根筋を,登りトレースに沿って降り(途中,登山者数名と出会った)
10時30分,芽室小屋に到着。気温5℃,暖かい。クルマは5台増えていた。

雪はさほど良くなかったが,斜面の状況は良かった。
いつかパウダーシーズンにも滑ってみたい(6kmの林道歩きが必要だが…)

 行動時間: 5時間 (登り 3時間35分,下り 55分)
 移動距離: 10
 累積標高: 1300m

訪問者数:366人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ