ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843554 全員に公開 ハイキング中国山地西部

東郷山

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー manboh5555
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
バスで行く場合はJR五日市南口からバスが出ています。
自家用車の場合でも登山口と下山口が違う場合はバスの本数が少ないため時刻表の確認や複数台の留置きなど工夫が必要です。
下山口から広島電鉄「大橋バス停」まで地域のコミニュティバスが走っている様ですが本数が少なく、下山口から広島電鉄バス停まで歩くと30分ほどかかります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
20分
合計
5時間15分
S大森八幡神社09:1510:00登山口10:25送電鉄塔110:40送電鉄塔210:4511:00送電鉄塔311:10東郷山々頂11:1511:204本杉分岐11:504本杉12:0012:20沢出合13:20林道出合13:50採石場14:00国道433号出合14:30広島電鉄 大橋バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂までの登山道は整備されており問題はないですが、4本杉への登山道はテープが沢山あるものの踏み跡が浅く険しいです。
4本杉から湯ノ山温泉への登山道は途中の沢に下りるまで目印のテープも少なく、より険しい登山道となります。
その他周辺情報湯ノ山温泉に立ち寄りが可能です。
大橋バス停の近くにある「ニ井商店」のこんにゃくが美味しいです。

写真

大森八幡神社からスタートします。
2016年04月10日 09:15撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大森八幡神社からスタートします。
1
駐車場とトイレがあります、
2016年04月10日 09:15撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場とトイレがあります、
1
南へ少し歩き、このバス停を左折します。
2016年04月10日 09:19撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南へ少し歩き、このバス停を左折します。
反対側には阿弥陀山が見えています。
2016年04月10日 09:27撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側には阿弥陀山が見えています。
2
林道に入っていきます。
2016年04月10日 09:28撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に入っていきます。
やはり熊が出るみたいです。
2016年04月10日 09:38撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり熊が出るみたいです。
1
登山口に到着しました。
2016年04月10日 09:58撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着しました。
1
コースタイム図があります。
2016年04月10日 09:58撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースタイム図があります。
この標識を越えると急に傾斜がきつくなります。
2016年04月10日 10:09撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識を越えると急に傾斜がきつくなります。
1
かなりの急傾斜です。
2016年04月10日 10:11撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの急傾斜です。
まだまだ登ります。
2016年04月10日 10:15撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登ります。
送電鉄塔ごとに標識があります。
2016年04月10日 10:24撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電鉄塔ごとに標識があります。
1
2つ目の送電鉄塔を通過
2016年04月10日 10:40撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の送電鉄塔を通過
1
だいぶ近づいてきました。
2016年04月10日 10:57撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ近づいてきました。
1
山頂到着です。
山頂からの展望はありません。
2016年04月10日 11:11撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着です。
山頂からの展望はありません。
3
4本杉方面へ下ります。
2016年04月10日 11:13撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4本杉方面へ下ります。
1
ブナが多く新緑の季節は綺麗だと思います。
2016年04月10日 11:15撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナが多く新緑の季節は綺麗だと思います。
びっくりするような大木も沢山あります。
2016年04月10日 11:15撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びっくりするような大木も沢山あります。
1
ココを左折となっていますが進む道は踏み跡が浅いのに対し直進する道は明瞭でテープが沢山あるため一瞬躊躇してしまいます。
2016年04月10日 11:21撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココを左折となっていますが進む道は踏み跡が浅いのに対し直進する道は明瞭でテープが沢山あるため一瞬躊躇してしまいます。
1
笹で足元が不明瞭なうえに急斜面で滑りやすくなかなか大変な登山道です。
2016年04月10日 11:23撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹で足元が不明瞭なうえに急斜面で滑りやすくなかなか大変な登山道です。
4本杉に到着しました。
さすがに立派な大木です。
2016年04月10日 11:49撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4本杉に到着しました。
さすがに立派な大木です。
3
根元にある転倒防止の金具、役に立っているのでしょうか
養生方法として本当に正しいのか疑問です。
2016年04月10日 11:50撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根元にある転倒防止の金具、役に立っているのでしょうか
養生方法として本当に正しいのか疑問です。
1
反対側から見る方が迫力があります。
2016年04月10日 11:58撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側から見る方が迫力があります。
5
ようやく沢に出てきました。
2016年04月10日 12:21撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく沢に出てきました。
1
本当はこの沢を渡って林道に出るのが正解ですが、地図上には記載がなく、記載されている破線を信じて藪漕ぎをする羽目になりました。
2016年04月10日 13:01撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当はこの沢を渡って林道に出るのが正解ですが、地図上には記載がなく、記載されている破線を信じて藪漕ぎをする羽目になりました。
3
なんとか林道に出合う事が出来ました。
2016年04月10日 13:22撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか林道に出合う事が出来ました。
1
広い林道に合流します。
2016年04月10日 13:28撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い林道に合流します。
1
採石場の中を通ります。
平日なら通るのを躊躇してしまいそうです。
2016年04月10日 13:48撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石場の中を通ります。
平日なら通るのを躊躇してしまいそうです。
1
集落に出てきました。
湯ノ山温泉よりやや東側に出てきます。
2016年04月10日 13:55撮影 by Canon PowerShot G1 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落に出てきました。
湯ノ山温泉よりやや東側に出てきます。
1
撮影機材:

感想/記録

4本杉で有名な東郷山へ行きました。
登山口に近い大森八幡神社に車を止めて歩き始めます。
林道を暫く歩いていくとクマ注意の標識があり、その先の登山口を入るとしばらくは緩やかな登山道が続きますが、山頂を示す右折標識からは非常に勾配のきつい登山道となりほぼ山頂まで急勾配が続きます。

山頂までに3箇所送電鉄塔を通過しますがそれぞれに山頂までの距離を示す標識と簡単なベンチがあるので適度に休憩を取ることが出来ます。
山頂は比較的狭く木々に囲まれて展望が望めないためそのまま4本杉方面へ下ります。

下り始めは明瞭で道幅も広く歩きやすい登山道が続き、周囲には大きなブナの木などが多数あるので新緑の季節は綺麗だと思います。
しばらく下ると4本杉方面を示す左折標識が現れますが、直進方面にも道がありピンク色のテープが多数ぶら下がっています。
見たところ左折して進む登山道より直進方面の登山道のほうが遥かに明瞭で、標識が本当に正しいのか戸惑ってしまいますがここは信じて左折して進みます。
登山道に入った途端、登山道は笹に覆われ不明瞭となり、時折踏み跡を探して進むこととなります。
またこの登山道は道幅も狭く急斜面で滑りやすいうえ、時折右側が崖になった所も通過するので非常に気を使います。
ただピンクリボンなどは豊富にあるので悩むことはあっても間違うことはないと思います。
しばらく下ると目の前に4本杉が現れます。
実際に見てみると、想像したより大きく、根の周りなどは特に巨大でびっくりします。
残念ながら保護のために周りはロープが張られており近づいて触ることは出来ませんでした。

4本杉からは当初通ってきた道を戻って下山するつもりだったのですが、山頂から降りてきた足場の悪い急斜面を再び戻るのが嫌になったのでそのまま湯ノ山温泉方面に下山することとしました。
4本杉からの登山道はそれまでの登山道よりさらに踏み跡が浅く急斜面で滑りやすいので非常に難儀します。
またピンクリボンも無くなり、ある程度ルートファンディングが要求されるようになります。
しばらく下ると沢に出合い、踏み跡をたどって対岸に渡ると今までより明瞭な登山道が現れたのでしばらくその登山道を進みましたが、下らずにどんどんと登って行くので、地図を確認するとその道は破線で記載されていません。
どうしようかと考えましたが、地図に記載された破線の道を通ろうと一旦沢まで戻ることにしましたが、これが後になって非常に後悔することとなってしまいました。

沢まで戻ると沢を渡る手前に踏み跡があり比較的明瞭だったので進む事にしましたが15分も進むと踏み跡が不明瞭になり最後にはほぼ藪漕ぎ状態になってしまいました。
沢に降りて進んでみたり薄い踏み跡を見つけては進んでみたり少しずつ高度を下げていきましたがかなり時間のロスをしたように思います。
ただこの道は時折朽ち落ちた橋や固められた登山道が出現するので、かなり昔には地図に記載されたとおり登山道があったのは間違いないと思われます
1時間ほど藪漕ぎをしたり沢下りをしたりして進みましたが、落差の大きい滝口に出合ったので仕方なく高巻きするつもりで右手に無理やりよじ登ってみると地図に記載された林道に飛び出すことが出来ました。

あとは林道を進み採石場を抜け国道に出た後は広島電鉄の大橋バス停からバスに乗って車を留め置いた大森バス停まで戻りました。
訪問者数:268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ