ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843631 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

落合から裏街道を通り谷山へそして霊仙山、笹峠から古道を落合へ

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
39分
合計
7時間23分
S落合登山口07:1208:23大洞谷源頭08:3209:29榑ヶ畑道七合目・お猿岩11:31柏原道八合目・四丁横崖11:44谷山11:4511:54柏原道八合目・四丁横崖12:10霊仙山避難小屋12:18経塚山12:31霊仙山12:5313:19南霊仙13:2613:34近江展望台14:30落合登山口14:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大洞谷、漆ヶ滝からの道、横道は予想以上に荒れ果てていた。
殆ど使われていないと思われるが避けた方が賢明だと思う。

写真

ミヤマキケマン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキケマン。
今日も落合の道路脇に駐車して出発する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も落合の道路脇に駐車して出発する。
何時ものように静かな集落。今日は誰も居ないようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時ものように静かな集落。今日は誰も居ないようだ。
集落の神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落の神社。
わさびも花を付けている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさびも花を付けている。
1
以前は無かった治山施設。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前は無かった治山施設。
壊れた道も概ね前のままの位置に有る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壊れた道も概ね前のままの位置に有る。
この橋までほぼ昔のままのルートだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋までほぼ昔のままのルートだった。
この辺りで谷を渡り以前と反対側を歩く事になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りで谷を渡り以前と反対側を歩く事になる。
以前あった対岸の道は崩れ去っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前あった対岸の道は崩れ去っていた。
この辺で渡り返すが、今日は大洞谷を詰める予定なのでそのまま進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺で渡り返すが、今日は大洞谷を詰める予定なのでそのまま進む。
何とか歩ける所を辿って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか歩ける所を辿って行く。
対岸にある正規の道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸にある正規の道。
何時もより水量は多い?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時もより水量は多い?
対岸の道はこの辺で高度を上げている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸の道はこの辺で高度を上げている。
多分、この辺りの上が汗ふき峠だろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分、この辺りの上が汗ふき峠だろう。
やっぱり荒れて簡単には歩かせてもらえない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり荒れて簡単には歩かせてもらえない。
1
以前の記憶では、この辺で水流は切れてくるはず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前の記憶では、この辺で水流は切れてくるはず。
岩の下から直接流れ出ている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の下から直接流れ出ている。
1
こんな風に突然湧き出ている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな風に突然湧き出ている。
1
この辺りの苔生した岩の下からゴーゴーと流れる音がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの苔生した岩の下からゴーゴーと流れる音がする。
以前と違って見た事も無い滝が現れた。たしかこの辺は水が無かった様な気がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前と違って見た事も無い滝が現れた。たしかこの辺は水が無かった様な気がする。
石と共に谷に落ちそう。危なくなってきたので対岸に渡る事にする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石と共に谷に落ちそう。危なくなってきたので対岸に渡る事にする。
渡った対岸から先程引き返した斜面を見る。正解だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡った対岸から先程引き返した斜面を見る。正解だった。
ヒトリシズカ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカ。
2
谷芯に帰り石灰岩の谷を辿る。水が流れてないので滑る心配は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷芯に帰り石灰岩の谷を辿る。水が流れてないので滑る心配は無い。
谷にはイチリンソウが咲いている。他のものは葉っぱだけだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷にはイチリンソウが咲いている。他のものは葉っぱだけだった。
1
岩壁が迫ってくると怖い谷も終わりに近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩壁が迫ってくると怖い谷も終わりに近い。
もう後僅かで登山道と最接近する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう後僅かで登山道と最接近する。
1
振り返るとやっぱり急だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとやっぱり急だ。
1
猿穴を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿穴を眺める。
1
猿穴横から登ってきた谷を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿穴横から登ってきた谷を眺める。
石灰岩の谷の上も深くえぐれて渡り返すのが辛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灰岩の谷の上も深くえぐれて渡り返すのが辛い。
まだまだ続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続く。
すごい水流だったのかかなり高い位置に岩が挟まっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい水流だったのかかなり高い位置に岩が挟まっている。
ハシリドコロの蕾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシリドコロの蕾
まだまだ溝は続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ溝は続く。
谷の分岐が近付いてきた。前回は右に行った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の分岐が近付いてきた。前回は右に行った。
今回辿る左の谷。お猿岩の下に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回辿る左の谷。お猿岩の下に出る。
何故か赤い紐が付いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故か赤い紐が付いている。
植林帯を抜け明るくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を抜け明るくなる。
まだ所々深くえぐれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ所々深くえぐれている。
ここまで来るとお猿岩も近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来るとお猿岩も近い。
エビネの新芽発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビネの新芽発見。
1
かなり古い落とし物。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり古い落とし物。
お猿岩下の池。三重のKさんがお猿池と呼んでたはず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿岩下の池。三重のKさんがお猿池と呼んでたはず。
池が濁っていた原因はこれだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池が濁っていた原因はこれだった。
1
何の障害物も無くなった谷筋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の障害物も無くなった谷筋。
沢山あるドリーネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢山あるドリーネ。
道でもこんなのとすれ違った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道でもこんなのとすれ違った。
1
オニシバリの花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オニシバリの花。
1
ドリーネの底には。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドリーネの底には。
2
両側にドリーネがあり通行禁止にしてあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両側にドリーネがあり通行禁止にしてあった。
1
前にこの辺から霊仙山に登ったがもっと沢山木が生えていた?いまは殆ど無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前にこの辺から霊仙山に登ったがもっと沢山木が生えていた?いまは殆ど無い。
緑に見えるのは苔だけだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑に見えるのは苔だけだ。
経塚山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山を望む。
この先、経塚山への登山道を横切る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、経塚山への登山道を横切る。
多分、経塚北池と呼ばれている池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分、経塚北池と呼ばれている池。
ここにも新しそうな陥没穴が。霊仙の地下はどうなっているんだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも新しそうな陥没穴が。霊仙の地下はどうなっているんだろう?
1
霊仙山を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙山を望む。
経塚山から続く尾根の鞍部を乗り越えここから下って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山から続く尾根の鞍部を乗り越えここから下って行く。
バイケイソウの新芽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウの新芽。
谷の向こう側で鹿が二頭こちらの様子をうかがっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の向こう側で鹿が二頭こちらの様子をうかがっていた。
二頭目の鹿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二頭目の鹿。
1
気持ちの良い疎林を降りて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い疎林を降りて行く。
1
古いドリーネに新しい陥没が出来ている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古いドリーネに新しい陥没が出来ている。
瓢箪池。名付けの親は三重のTさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓢箪池。名付けの親は三重のTさん。
竪穴。直径は入り口で1mほど。段々細くなっているが底は見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竪穴。直径は入り口で1mほど。段々細くなっているが底は見えない。
このくらいの山芍薬が多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このくらいの山芍薬が多かった。
1
なだらかな谷を下って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな谷を下って行く。
この辺りも雨に浸食されて溝状になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りも雨に浸食されて溝状になっている。
ここではハシリドコロが咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここではハシリドコロが咲いていた。
山芍薬の蕾。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山芍薬の蕾。
1
これも花? ナツトウダイ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも花? ナツトウダイ?
横道も筋だけになっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横道も筋だけになっていた。
この道が繁栄していた頃の名残のプレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道が繁栄していた頃の名残のプレート。
かろうじて道と解る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かろうじて道と解る。
分岐に来たが酷い荒れよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に来たが酷い荒れよう。
今来た道に向かえと書かれているが行けるのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今来た道に向かえと書かれているが行けるのだろうか?
下流側を見ると一応紐は付けてある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下流側を見ると一応紐は付けてある。
ここから下流側斜面を登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから下流側斜面を登って行く。
ヤマルリソウ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマルリソウ?
1
怖い竪穴。うっすら底が見えるので深さ20mくらいか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怖い竪穴。うっすら底が見えるので深さ20mくらいか?
滋賀のKさんが三蔵池と名付けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滋賀のKさんが三蔵池と名付けた。
ここも沢山泳いでいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも沢山泳いでいた。
1
もう一つ上の竪穴。関東のケービングクラブが調査する予定だった穴、もう調査は終わったのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つ上の竪穴。関東のケービングクラブが調査する予定だった穴、もう調査は終わったのだろうか?
ここから柏原道へトラバースする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから柏原道へトラバースする。
柏原道へ合流した後、谷山へ登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柏原道へ合流した後、谷山へ登る。
途中、避難小屋や霊仙を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、避難小屋や霊仙を眺める。
もうすぐ谷山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ谷山。
1
谷山頂上の様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷山頂上の様子。
1
またまた出会ったが、潜っているのか?出てきたのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた出会ったが、潜っているのか?出てきたのか?
分岐に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に着いた。
谷山谷の道は通行止めみたいだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷山谷の道は通行止めみたいだ。
谷山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷山を振り返る。
経塚山の北尾根にある池。最初は小さな水溜まりだったのに何がこんなに成長させるのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山の北尾根にある池。最初は小さな水溜まりだったのに何がこんなに成長させるのだろうか。
経塚山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山山頂。
山頂から見る風景。笹が無くなり草も木も無くなって砂漠化して行くのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見る風景。笹が無くなり草も木も無くなって砂漠化して行くのだろうか。
霊仙山頂。一休みしていると思わぬ方から人が登ってきた。その中には見知った人が、40人を越える団体だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙山頂。一休みしていると思わぬ方から人が登ってきた。その中には見知った人が、40人を越える団体だった。
頂上から南霊仙の池へ向かう途中、直径2m深さ3mほどの陥没穴があった。落ちて出られなかったのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から南霊仙の池へ向かう途中、直径2m深さ3mほどの陥没穴があった。落ちて出られなかったのだろう。
頂上で旧知の人に教えて貰った黄色いアマナ。折角なのに一寸ピンボケだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上で旧知の人に教えて貰った黄色いアマナ。折角なのに一寸ピンボケだった。
1
南霊仙の池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南霊仙の池。
近くにはまだ福寿草が残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くにはまだ福寿草が残っていた。
1
近江展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近江展望台。
展望台から霊仙山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から霊仙山を振り返る。
楽しみにしていた花は全く無かった。生えているのはトリカブトくらいだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しみにしていた花は全く無かった。生えているのはトリカブトくらいだった。
もう花の霊仙山は無くなるのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう花の霊仙山は無くなるのだろうか。
笹峠から谷に降りる道を辿る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹峠から谷に降りる道を辿る。
しっかり残っている部分もある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかり残っている部分もある。
全く解らない所は適当に降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全く解らない所は適当に降りる。
石垣なんかあるのは道の名残か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣なんかあるのは道の名残か?
一応道らしい形が残る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応道らしい形が残る。
落合集落から二番目の谷へ降りてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合集落から二番目の谷へ降りてくる。
落合集落に帰ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合集落に帰ってきた。
朝は提灯など付いてなかった。春のお祭りだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は提灯など付いてなかった。春のお祭りだろうか。
人家裏の桜は丁度満開だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人家裏の桜は丁度満開だった。

感想/記録
by yjin

前回霊仙山を訪れた時は思いもかけない雪だった。それなりに歩いたが不完全燃焼だった。

暖かくなった4月は花も色々見られるだろうと出かける事にした。折角行くのだから霊仙山の裏街道を歩いてみよう。そして花も色々見よう。期待して出かけた。

最初は大洞谷を詰め上がる事だった。以前一度だけ同じコースを取ったがその時よりも荒れていた。もっと簡単に登った記憶があったが、今回は意外に手間取った。

次に竪穴の撮影コースだったがこれは難航してぐるぐる回ってしまった。記憶はいい加減なもので何処でも同じように見えてしまった。GPSの地図と印刷した地図を比べながら歩いたが少しコースを外せば対象が全く見えないし諦めかけた時やっと見つかった。

早めに出発したお陰で避難小屋付近でお昼となった。頂上に着いた時は昼過ぎだった。一休みしていると登山道と違う所から登ってくる集団があった。中に顔見知りの人が居るではないか。話をするとかって一緒に鈴鹿を歩いた仲間達だった。これは今日一番の嬉しい誤算だった。

一番残念だった事は近江展望台から笹峠への道中、今の時期草の芽吹きでもっと青々としていたように思う。今は砂漠か?という位生えてない。このまま異常気象で土が流れ石ころだらけになると本当に砂漠になってしまわないか心配だ。
訪問者数:424人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/19
投稿数: 5
2016/4/11 23:58
 霊仙山のキバナノアマナ
yjinさんへ
もしかしてお昼ごろGリーダーさんたちに逢われましたか?
例の会の鈴鹿山行でした。お昼済ませて出るころに「珍しい花あるよ」
と教えられて、わたしも黄色いアマナを撮影しました。

自分の記録書くのに花の名前(紫の5枚はなびら)しらべようと
霊仙山の山行検索したら一番にyjinさんの記録でてきたので気がつきましたよ。
きっとちかく歩いてたのですね。munimuni
登録日: 2012/8/24
投稿数: 43
2016/4/12 21:31
 Re: 霊仙山のキバナノアマナ
munimuniさんこんばんは。

例会の参加者から池の手前に花があったと聞いて、帰りのコースで偶然見かけました。しかし残念な結果でした。しかし今日予定外ですが、御池岳に出かけ偶然にも同じ花を見ました。今回はちゃんと撮影出来ました。

他の花もありました。良かったら記録を見て下さい。今後もよろしくね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ