ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843688 全員に公開 ハイキング近畿

東山と海津大崎の桜

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
◆JR湖西線永原駅の駐車場を利用
◆マキノ駅〜永原駅:200円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間57分
休憩
25分
合計
4時間22分
S永原駅07:2508:14万治峠08:1608:45峯山08:4609:33東山09:3910:29大崎寺10:3310:37海津大崎10:4911:19海津11:47マキノ駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

永原駅を起点に、東山を縦走して海津大崎を経てマキノ駅を目指します。
2016年04月10日 07:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
永原駅を起点に、東山を縦走して海津大崎を経てマキノ駅を目指します。
黒山集落を通り抜けると、獣除けのフェンスを開けて杉林の中に入ります。
2016年04月10日 07:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山集落を通り抜けると、獣除けのフェンスを開けて杉林の中に入ります。
林道状の幅広の道がしばらく続き、
2016年04月10日 07:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道状の幅広の道がしばらく続き、
やがて傾斜がきつくなると、林道が尽きて山道となり、ジグザグを切りながら登ると、
2016年04月10日 08:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて傾斜がきつくなると、林道が尽きて山道となり、ジグザグを切りながら登ると、
お地蔵様が佇む万治峠に達します。
2016年04月10日 08:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様が佇む万治峠に達します。
この先は尾根上の道。道標の類は一切見当たりませんが、尾根上を忠実に辿ります。植林が途切れて自然林が混じるようになると、
2016年04月10日 08:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は尾根上の道。道標の類は一切見当たりませんが、尾根上を忠実に辿ります。植林が途切れて自然林が混じるようになると、
東山四等三角点の置かれた峯山の頂上に達します。
2016年04月10日 08:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山四等三角点の置かれた峯山の頂上に達します。
小刻みにアップダウンを繰り返しながら進みます。タムシバもちらほら。
2016年04月10日 08:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小刻みにアップダウンを繰り返しながら進みます。タムシバもちらほら。
しだいに尾根の幅が広がり、辿るべき踏み跡を見失いがちになりますが、テープとプラ杭を頼りに先へ進みます。
2016年04月10日 09:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだいに尾根の幅が広がり、辿るべき踏み跡を見失いがちになりますが、テープとプラ杭を頼りに先へ進みます。
木々越しに東山へと続く尾根が見えてくると、
2016年04月10日 09:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々越しに東山へと続く尾根が見えてくると、
ほどなく、電波反射板の建つ566mピークに達します。タムシバが咲き、
2016年04月10日 09:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく、電波反射板の建つ566mピークに達します。タムシバが咲き、
切り開きからは琵琶湖が見通せ、葛籠尾崎の沖には竹生島が浮かびます。
2016年04月10日 09:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り開きからは琵琶湖が見通せ、葛籠尾崎の沖には竹生島が浮かびます。
コブを一つ越えて、東山に向かいます。
2016年04月10日 09:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブを一つ越えて、東山に向かいます。
峯山二等三角点の置かれた東山の頂上に到着します。
2016年04月10日 09:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峯山二等三角点の置かれた東山の頂上に到着します。
木々が煩くすっきりとしませんが、梢越しに海津の町並みや赤坂山方面が垣間見えます。
2016年04月10日 09:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々が煩くすっきりとしませんが、梢越しに海津の町並みや赤坂山方面が垣間見えます。
東山の頂上を後に南下を続けます。尾根がいくつか分岐しますが、辿るべき尾根を離さないように進路を見定め、
2016年04月10日 09:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山の頂上を後に南下を続けます。尾根がいくつか分岐しますが、辿るべき尾根を離さないように進路を見定め、
ツバキの花が現れ始めると、
2016年04月10日 09:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバキの花が現れ始めると、
ツバキがうっそうと茂る急傾斜の斜面に差し掛かり、道なき道を下ります。下るにつれて海津大崎の喧騒が耳に届くようになり、
2016年04月10日 10:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバキがうっそうと茂る急傾斜の斜面に差し掛かり、道なき道を下ります。下るにつれて海津大崎の喧騒が耳に届くようになり、
尾根の幅が狭まり、ごつごつとした岩場の松林を下って、
2016年04月10日 10:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の幅が狭まり、ごつごつとした岩場の松林を下って、
火消しリスさんの出迎えを受けながら、大崎寺の遊歩道に飛び出します。
2016年04月10日 10:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火消しリスさんの出迎えを受けながら、大崎寺の遊歩道に飛び出します。
遊歩道の突端から見下ろす琵琶湖の湖面には、お花見を楽しむ舟が浮かび、湖岸には桜並木も見えます。
2016年04月10日 10:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道の突端から見下ろす琵琶湖の湖面には、お花見を楽しむ舟が浮かび、湖岸には桜並木も見えます。
ほどなく達する阿弥陀堂は、安土城落城の際の血痕のついた城材を利用して天井を張っていることから「安土の血天井」として知られているそうです。
2016年04月10日 10:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく達する阿弥陀堂は、安土城落城の際の血痕のついた城材を利用して天井を張っていることから「安土の血天井」として知られているそうです。
奈良時代に泰澄大師によって開基され、毘沙門天を祀る大崎観音こと大崎寺は大勢の人で賑わっています。
2016年04月10日 10:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良時代に泰澄大師によって開基され、毘沙門天を祀る大崎観音こと大崎寺は大勢の人で賑わっています。
海津大崎の船着場の周辺は、お花見客でごった返しているようです。
2016年04月10日 10:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海津大崎の船着場の周辺は、お花見客でごった返しているようです。
2
桜はまさに見ごろ。薄紅色のソメイヨシノや、
2016年04月10日 10:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜はまさに見ごろ。薄紅色のソメイヨシノや、
2
紅色も鮮やかな枝垂桜が咲き誇り、華やかな雰囲気を醸し出しています。
2016年04月10日 10:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅色も鮮やかな枝垂桜が咲き誇り、華やかな雰囲気を醸し出しています。
1
枝垂桜のすだれ越しに桟橋に着ける遊覧船を眺めます。
2016年04月10日 10:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝垂桜のすだれ越しに桟橋に着ける遊覧船を眺めます。
3
湖岸を縁取る桜の廻廊を背に、桟橋に立ちます。
2016年04月10日 10:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖岸を縁取る桜の廻廊を背に、桟橋に立ちます。
2
この先は桜並木が続く県道西浅井マキノ線を歩きます。
2016年04月10日 10:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は桜並木が続く県道西浅井マキノ線を歩きます。
2
湖岸の遊歩道から仰ぎ見ると、桜の帯がどこまでも続き、壮観です。
2016年04月10日 10:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖岸の遊歩道から仰ぎ見ると、桜の帯がどこまでも続き、壮観です。
3
湖面にせり出した岩は、北陸に落ちる義経主従が、大津から海津に上陸後、しばらく身を隠していたという「義経隠れ岩」。数珠つなぎの渋滞の車列を横目にそぞろ歩き、
2016年04月10日 11:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖面にせり出した岩は、北陸に落ちる義経主従が、大津から海津に上陸後、しばらく身を隠していたという「義経隠れ岩」。数珠つなぎの渋滞の車列を横目にそぞろ歩き、
3
桜並木もいよいよ終盤、海津の町並みが近づいてきました。
2016年04月10日 11:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜並木もいよいよ終盤、海津の町並みが近づいてきました。
3
やがて海津の町並みの中へ。湖岸の石積みに、物資の参集地として栄えた往時の面影を偲びながら、辿ってきた桜の廻廊を振り返ります。
2016年04月10日 11:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて海津の町並みの中へ。湖岸の石積みに、物資の参集地として栄えた往時の面影を偲びながら、辿ってきた桜の廻廊を振り返ります。
2
マキノ駅に到着しました。1時間に1本の電車にちょうど間に合いました。
2016年04月10日 11:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マキノ駅に到着しました。1時間に1本の電車にちょうど間に合いました。
1
撮影機材:
訪問者数:158人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 ツバキ 地蔵 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ