ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843714 全員に公開 山滑走飯豊山

ニ王子岳「山スキー、いつもに増して時間が掛かった」新潟県新発田市 二百名山

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー puppyechigonogaku
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日本海東北自動車道の聖籠新発田ICから二王子岳の登山口を案内する看板は少ないので、カーナビで、二王子温泉病院を入力し、目指していくと良い。
二王子スノーパーク(ニノックススキー場)からは入山ルートはないので間違えないように。
温泉病院から、さらに川沿いに上流に進むと、麓の南俣集落に着く。
集落から先、登山口までの林道は、例年同時期は、除雪されないため、車では入れないのだが、今シーズンは暖冬少雪のため入られる。
ただし、林道の終点のニ王子神社まで行けず、終点手前に神社の参道入口があるので、そこまでしか入られない。その先は雪崩で柵がされている。
無雪期は、車で神社裏の駐車場まで入れるので見過ごしてしまいがちだが、参道には赤い太鼓橋があり、境内の鬱蒼とした森は、山奥の名社の佇まいが味わえる。
こういう時にしか通らなので、よい機会だろう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間20分
休憩
20分
合計
10時間40分
Sスタート地点07:4008:00二王子神社09:40王子避難小屋10:0014:00二王子岳17:00王子避難小屋18:00二王子神社18:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪は例年同時期の全体として3分の2程度。
1.5〜2m程度
ただし登山口から、3合目の一王子小屋までは積雪は僅か。
一王子小屋からは一面の雪
5合目の定高山(独標)付近から雪の広い尾根 
ブッシュの間以外は板は回しやすい。
当日は晴天で視界は良いが、時折ガスで視界不良になった。
視界が悪くなると迷いやすいので要注意
トレースをあてにし過ぎず、コンパスとGPSでルートファインディングは自分でしておくべきであろう。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 日よけ帽子 ブーツ ザック 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 サングラス ストック ビンディング スキー板 シール

写真

普段は通らない二王子神社の参道
赤い太鼓橋が目を引く
2016年04月10日 07:50撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段は通らない二王子神社の参道
赤い太鼓橋が目を引く
趣ある参道
2016年04月10日 07:55撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
趣ある参道
本殿に向け階段を登る
2016年04月10日 07:56撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本殿に向け階段を登る
ニ王子神社
まだ雪が残る。
2016年04月10日 07:59撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニ王子神社
まだ雪が残る。
神社の境内の地面にいくつもの穴が
もぐらか?それとも冬眠から醒めた小動物が地面から這い出た跡か?
2016年04月10日 08:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の境内の地面にいくつもの穴が
もぐらか?それとも冬眠から醒めた小動物が地面から這い出た跡か?
登山口
登山届を出しましょう。
2016年04月10日 08:01撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
登山届を出しましょう。
1
1号目
雪が殆どない。
2016年04月10日 08:31撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1号目
雪が殆どない。
2号目付近から若干の雪が残る。
2016年04月10日 09:04撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2号目付近から若干の雪が残る。
3号目のー王子小屋
ここからは一面の雪
2016年04月10日 09:45撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3号目のー王子小屋
ここからは一面の雪
ー王子小屋を出発
2016年04月10日 10:10撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ー王子小屋を出発
独標へと進みます。
この先の沢状地形、スキーでは登りにくかった。
2016年04月10日 10:51撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標へと進みます。
この先の沢状地形、スキーでは登りにくかった。
5号目の定高山
通称「独標」
2016年04月10日 11:44撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5号目の定高山
通称「独標」
1
山頂はさらに左の奥
まだ遠い
2016年04月10日 11:55撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はさらに左の奥
まだ遠い
独標の先で斜面を登る
2016年04月10日 12:07撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標の先で斜面を登る
1
さらに進みます。
2016年04月10日 12:16撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進みます。
斜面を登っています。
2016年04月10日 12:25撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を登っています。
この沢はワサビ沢かな?
沢の先の向かって左手奥の尾根にはニノックススノーパーク(スキー場)が見える。ただしこのスキー場からは入山するコースはない。
2016年04月10日 12:28撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この沢はワサビ沢かな?
沢の先の向かって左手奥の尾根にはニノックススノーパーク(スキー場)が見える。ただしこのスキー場からは入山するコースはない。
次の峰に取り付きます。
ニ王子岳は山頂まで尾根上に階段に峰が並んでいるのが特徴です。
2016年04月10日 12:28撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の峰に取り付きます。
ニ王子岳は山頂まで尾根上に階段に峰が並んでいるのが特徴です。
2
山頂に向かって右手(南側)、赤谷方面、こちらは山が深い。
2016年04月10日 12:39撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に向かって右手(南側)、赤谷方面、こちらは山が深い。
左にバックリ切れている雪面
2016年04月10日 12:58撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左にバックリ切れている雪面
1
こういったカール状の地形が多いです。
2016年04月10日 12:59撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういったカール状の地形が多いです。
2
登ってきた稜線を振り返ります。
下りはアップダウンを避けるため、この3つの峰の横面をトラバースします。
2016年04月10日 13:12撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた稜線を振り返ります。
下りはアップダウンを避けるため、この3つの峰の横面をトラバースします。
1
もう1枚
これ7つくらい峰が繋がっているな。
2016年04月10日 13:18撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1枚
これ7つくらい峰が繋がっているな。
1
全体的にこんもりした丸い尾根
だけに、視界が悪いと下りは迷いやすいだろう。
2016年04月10日 13:23撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全体的にこんもりした丸い尾根
だけに、視界が悪いと下りは迷いやすいだろう。
奥に見える峰は何だろう。
2016年04月10日 13:24撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に見える峰は何だろう。
例年現れる雪庇下の大斜面 
2016年04月10日 13:25撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年現れる雪庇下の大斜面 
2
広い尾根を進みます。
この辺はスキーには最適だが、霧が発生すると、迷いやすい。
2016年04月10日 13:39撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根を進みます。
この辺はスキーには最適だが、霧が発生すると、迷いやすい。
こちらは大力亠ル
2016年04月10日 13:39撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは大力亠ル
1
時折り濃い霧が発生します。
2016年04月10日 13:45撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折り濃い霧が発生します。
まだまだ山は冬が明けて間もない。最奥には9号目の雨量計の塔が見えてきた。
2016年04月10日 13:48撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ山は冬が明けて間もない。最奥には9号目の雨量計の塔が見えてきた。
8号目から9号目の間
この辺は本当に広々しています。
2016年04月10日 13:49撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8号目から9号目の間
この辺は本当に広々しています。
広くなだらかな尾根/
2016年04月10日 13:50撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くなだらかな尾根/
1
9号目手前
9号目の雨量計の塔が見えますよ
2016年04月10日 13:53撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9号目手前
9号目の雨量計の塔が見えますよ
1
雨量計に近づいてきました。
2016年04月10日 13:58撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨量計に近づいてきました。
山頂周辺は草原です。
山頂小屋が見えます。
2016年04月10日 14:02撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂周辺は草原です。
山頂小屋が見えます。
1
山頂です。
晴れていれば、正面には飯豊連峰の主稜線が「バーン」と見えるのですが。
2016年04月10日 14:04撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。
晴れていれば、正面には飯豊連峰の主稜線が「バーン」と見えるのですが。
4
北側の黒石山方面
以前は明確な登山道があったらしい。
2016年04月10日 14:04撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の黒石山方面
以前は明確な登山道があったらしい。
霧か発生していて山頂からは何も見えません。
2016年04月10日 14:04撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧か発生していて山頂からは何も見えません。
下りです。
この辺は本当に広い雪田
2016年04月10日 15:34撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りです。
この辺は本当に広い雪田
1
素晴らしい斜面
右奥眼下にはニノックススノーパーク(スキー場)
2016年04月10日 15:45撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい斜面
右奥眼下にはニノックススノーパーク(スキー場)
1
あの奥の稜線はカグラ峰の方か?
2016年04月10日 16:02撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの奥の稜線はカグラ峰の方か?
広い斜面を下ります。`
2016年04月10日 16:02撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い斜面を下ります。`
Pさん滑りに慣れてきました。
颯爽と滑ります。
2016年04月10日 16:07撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Pさん滑りに慣れてきました。
颯爽と滑ります。
2
ショートカットで沢を下りました。
2016年04月10日 17:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットで沢を下りました。
沢の下流の雪が崩落しかかっていたので、それ以上下るのを止めて、左岸壁を登り台地に出ました。
台地から小屋までは直ぐでした。
2016年04月10日 17:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の下流の雪が崩落しかかっていたので、それ以上下るのを止めて、左岸壁を登り台地に出ました。
台地から小屋までは直ぐでした。
1
ー王子小屋まで戻ってきました。
2016年04月10日 17:15撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ー王子小屋まで戻ってきました。
ー王子小屋からは雪が少ないてす。
2016年04月10日 17:37撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ー王子小屋からは雪が少ないてす。
撮影機材:

感想/記録

ニ王子岳は5号目から広い稜線が山頂手前まで続く。
積雪期はそこに一面の雪が積もるため以前からここで山スキーをしてみたいと願っていた。
今回、その念願も叶えることができた。
ただし、通常の徒歩に比べ、1.5倍近く時間が掛かったのは閉口した。
今年は特に暖冬少雪のため、登山口から3号目の一王子小屋まで、板を担がなければならない。板を担ぐためいつもより時間が掛かった。
3号目から先も、所々急斜面があり、山スキーはシールを履いているとはいっても、急傾斜に弱く、大きく巻ながら登ったり、スキー板を外して登らなければならず、その度に板を外す必要があり、結構時間や手間が掛かった。
登りが大変なのに、下りは爽快な場所はすぐに終わってしまい、なんとも割に合わない遊びではある。
まだ、少ない山スキーの経験からすると、これが山スキーというものなのだろう。
今回、上部では頻繁にガスがかかり視界不良になった。
また今回のように長い尾根を下ってくる際、尾根沿いに忠実に進みすぎると、小さな峰を越える度にアップダウンをしなければならない。これは峰の斜面をトラバースしていきショートカットを繰り返し上手く避けた。当然、登山道上からはルートは外れる。
いづれの場合もルートファインディング能力が問われる。
山スキーはあっという間に下るので、他人のトレースをあてにしていると確実に迷うだろう。
今回、コンパスとGPSを活用した。山スキーはスキーの能力だけでなく、ルートファインディングが極めて重要であろう。
訪問者数:570人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ