ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843745 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

山とチャイ☆残雪の金峰。春の瑞牆。富士見平小屋にてテント泊。

日程 2016年04月09日(土) 〜 2016年04月10日(日)
メンバー chasou
天候晴れ(夜のテント内は5度ぐらいだった)
アクセス
利用交通機関
電車バス
・山梨峡北交通(韮崎瑞牆線)
 http://kyohoku.jp/%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E3%83%90%E3%82%B9/%E8%8C%85%E3%83%B6%E5%B2%B3%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%8C%E3%81%8D%E7%94%B0%E5%9C%92%E3%83%90%E3%82%B9/%E9%81%8B%E8%A1%8C%E6%99%82%E9%96%93%EF%BC%88%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%89/
 2016年の運行期間:2016年4月2日〜11月23日、12月30日〜1月3日
 1回途中下車できる乗車券あり増富の湯で下車し、お風呂の後、韮崎まで乗れ、2,050円。
 韮崎からみずがき山荘まで下車しないと2,060円と10円高い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間9分
休憩
1時間48分
合計
5時間57分
Sみずがき山荘10:1310:43富士見平小屋11:1511:42鷹見岩分岐11:49大日小屋12:15大日岩12:1913:01砂払の頭13:1113:14千代の吹上13:17金峰山小屋分岐13:2313:37五丈石13:3913:40金峰山13:5113:53五丈石14:1714:28金峰山小屋分岐14:3214:36千代の吹上14:3814:41砂払の頭14:4815:23大日岩15:2915:48大日小屋15:57鷹見岩分岐16:10富士見平小屋
2日目
山行
1時間40分
休憩
1時間54分
合計
3時間34分
富士見平小屋06:3406:46瑞牆山・八丁平分岐06:5006:50桃太郎岩06:5407:33大ヤスリ岩07:4707:48瑞牆山08:3708:38大ヤスリ岩08:4509:05桃太郎岩09:0909:09瑞牆山・八丁平分岐09:1109:22富士見平小屋09:5210:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■みずがき山荘→富士見平小屋
 ピンクのテープにそっていくと着く。
 最初は緩やか、中盤から登る。

■富士見平小屋→大日小屋
 特に問題なし。
 この区間はアイゼン不要。

■大日小屋→大日岩→五丈石(金峰山山頂)
 小屋から少し進んだ坂からアイゼン必須。
 その坂を終えて、大日岩直下から大日岩の西の標識まではアイゼンなしでも行ける。
 そこから稜線まではアイゼン必須。下り坂のスケートリンクのよう。
 稜線からは凍っていない雪なのでアイゼンなしでも歩ける。

■富士見平小屋→瑞牆山山頂
 整備された道で、ピンクテープが多くある。
 渡渉の後は急な登り。クサリ場あり。
 頂上直下、北側の登山道はアイゼン必須。
 ないと残りの数十メートルが登れない。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 2016年4月10日現在アイゼン必須。

写真

バスでみずがき山荘へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスでみずがき山荘へ。
最初はこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じ。
林道を横断。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横断。
瑞牆山が見えた☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山が見えた☆
富士見平小屋着。
夜は15張ぐらい。まだまだ余裕。水場は十分な水量。
テントを張ってから金峰山へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋着。
夜は15張ぐらい。まだまだ余裕。水場は十分な水量。
テントを張ってから金峰山へ。
最初から登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初から登り。
大日小屋。
ここまでほとんど雪なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋。
ここまでほとんど雪なし。
テント場はけっこう広い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場はけっこう広い。
雪がでてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がでてきた。
アイゼンないと進めなくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンないと進めなくなる。
大日岩直下の岩場からしばらくは雪なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩直下の岩場からしばらくは雪なし。
アイスバーンは続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスバーンは続く。
雪はざくざく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はざくざく。
八ヶ岳が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳が美しい。
1
南アルプスもよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスもよく見える。
1
富士山アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山アップ。
どんどん近づく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん近づく。
もう目の前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう目の前。
大きいなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きいなぁ。
2
標識の近くの岩の上へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識の近くの岩の上へ。
山とチャイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山とチャイ。
2
2600メートルにもカラスが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2600メートルにもカラスが。
甲斐駒ケ岳かっこいいなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳かっこいいなぁ。
倒木もあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木もあり。
下山。
テント場でのんびり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。
テント場でのんびり。
翌朝は瑞牆山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は瑞牆山へ
目的地が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的地が見えてきた。
しばらくは歩きやすい道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは歩きやすい道。
渡渉地点。
水が澄んでいてきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉地点。
水が澄んでいてきれい。
岩が真っ二つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が真っ二つ。
滝が凍ってる。
登山道は凍ってない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が凍ってる。
登山道は凍ってない。
岩の道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の道が続く。
狭かった。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭かった。。。
どんどん登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん登る。
頂上へ北側へ回り込む所からアイゼン必須。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上へ北側へ回り込む所からアイゼン必須。
アイゼンないと無理。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンないと無理。
貸し切りになった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貸し切りになった。
八ツと南ア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ツと南ア。
10時15分のバスに乗るため少し急ぐ。
あっという間にみずがき山荘へ戻ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時15分のバスに乗るため少し急ぐ。
あっという間にみずがき山荘へ戻ってきた。

感想/記録
by chasou

今年初のテント泊は、春の金峰山&瑞牆山。

1日目:朝の中央線からは八ヶ岳も南アルプスもくっきり。
韮崎の始発バスは立ちが若干。
経由するハイジの村やワイナリーからは素晴らしい眺め。
この季節なら自転車を持って来て、帰りにのんびりサイクリングでもよかったかも。

みずがき山荘から、ひとまず富士見平小屋へ。
久々のテント装備は重く感じる。
とはいえ30分ちょっとで到着。
管理人さんは下山中だったので、テントを張って金峰山へ。

高度を上げていくと徐々に雪。
大日小屋を過ぎてしばらく行くと氷の滝のよう。
アイゼンを付けて登っていく。
稜線まで出ると一気に視界が開ける。
目標の五丈石もくっきり。
雪はざくざく。
残雪の雪という感じ。
頂上に着き、五丈石の先の岩場に登るとぐるっと広がる景色。
この素晴らしい景色を眺めつつランチ休憩&チャイ。
(トルコのチャイです☆)
 https://www.chasou.com/cart/shop/tealeaves1-arab.html#1

ぽかぽか陽気で長袖一枚でも寒くない感じ。
のんびり休憩した後は、夕暮れ前にテント場まで戻ってゆっくりするだけ。
下りもアイゼンでサクサク下る。
予定よりも早めにテント着。
管理人さんもいたので受付を済ませる。
テントは15張ぐらい。
まだまだ余裕はある感じ。
そんなに寒くないので、本を読んだりしてご飯の時間までゆっくり。
ここの小屋からは富士山は見えるが夕陽や八ヶ岳方面は木々の先でいまいち見えない。

夕ご飯を食べたらやることもないので、テントの中でのんびり過ごす。


2日目:
朝6時半に瑞牆山へ出発。
人のいない静かな山道。
頂上に着くまでに会ったのは隣のテントの人と日帰りの2人だけ。
この道は澄んだきれいな小川を渡った先に急登と岩登りがある。
けっこう長い。
眺めも上の方に行くまであまりないのでひたすら登る。
頂上の北側にはアイスバーンの道。
途中まではアイゼンなしでも行けたけれど、最後の数十メートルがツルツルの急坂なのでアイゼン装着。
そこからものの数分で頂上着。
1人先行者の人がいたけれど、降りてしまったのでしばらく頂上を独り占め。
昨日よりも春霞が出て全体的にかすんではいたけれど、富士山、南アルプス、八ヶ岳は存在感が分かるくらいは見えた。

下りは思ったよりも早くテント場に到着。
10時15分のバスにも乗れそうだったので、テントを撤収して早足で下山。

ラジウム温泉郷にある増富の湯で下車。
ここは湯治場のような雰囲気。
汗を流してすっきり。
帰りのバスからは桜並木越しに鳳凰三山。
たまには山に行かず、この道から山々を眺めるのもいいかもと思えました。


◆エルマチャイ(アップルティー)
 トルコを旅した人なら一度は飲んだことのある「エルマチャイ」。
 エルマチャイをティーバックでお手軽に!
 りんごの香りに癒されます☆

 詳しくはこちら
>> https://www.chasou.com/cart/shop/tealeaves1-arab.html#1
訪問者数:445人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ