ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843753 全員に公開 雪山ハイキング白神山地・岩木山

太夫峰 向白神まで届かなかった

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー iga3
天候曇り時々晴れ、気温8度
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道28号 岩崎西目屋弘前線は冬季閉鎖中、開通予定は5月30日です。
岩崎市外から6Km進み、12湖への分岐を過ぎてすぐに閉鎖ゲートがあります。
ゲート手前に駐車スペースがあります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
0分
合計
9時間0分
Sスタート地点04:0213:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○県道28号
冬季閉鎖のゲートを過ぎると、笹内川沿いはアスファルトの舗装路で雪もありません。
ゲートから6Km進み、笹内川を離れるように葛篭折の山道になりますが、
ここにもゲート。
この先は砂利道になり、場所によって雪が出てきます。
一ツ森峠手前で土砂崩れや落石が多く見られました。
○太夫峰登山口〜P919
 P746まで夏道が出てました。P919手前の急な木段は、段差の間隔が狭く、
スノーシューでは歩きづらい、けど途中雪もあるのでつぼ足だけだと厳しい。
アイゼンとワカンが正しい装備なのかな
○P919〜P1015
細尾根が続きますが、そんなに怖くありません。
樹木が茂って下まで見えないからなのかな
○P1015〜太夫峰
今までずっと尾根道だったけど、P1015過ぎるとちょっと広い箇所に出ます。
視界が悪いとちょっといやな箇所です。
森林限界も超え、やや細く急な雪稜を2箇所ほど超えます。
登りはともかく、下りは雪も腐っており通過するのに気を使いました。

写真

4時にゲートを出発。
鳥の鳴き声が渓に響きます。
ちと怖いです
2016年04月10日 04:06撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時にゲートを出発。
鳥の鳴き声が渓に響きます。
ちと怖いです
2
へっでんつけても暗い。
2016年04月10日 04:39撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へっでんつけても暗い。
2
向白神岳が見えます。
雪が少ない。
2016年04月10日 05:16撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向白神岳が見えます。
雪が少ない。
1
二つ目のゲート。
右の川沿いに行くトレースがありました。
2016年04月10日 05:21撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目のゲート。
右の川沿いに行くトレースがありました。
雪が出てきました。
ここでスノーシュー装着。
2016年04月10日 06:09撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出てきました。
ここでスノーシュー装着。
登山口の標識。
わりと新しい。
2016年04月10日 06:52撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の標識。
わりと新しい。
この木段が急できつかった。
2016年04月10日 07:30撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木段が急できつかった。
2
かじられているような…
2016年04月10日 07:35撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かじられているような…
1
熊の毛だ!!
2016年04月10日 07:35撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の毛だ!!
4
P919への登り。
往路では、木段使わずに雪の斜面をつないで見ました。
2016年04月10日 07:37撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P919への登り。
往路では、木段使わずに雪の斜面をつないで見ました。
1
P919過ぎると、細尾根が続きます。
右はスッパリきり落ちてますが、左に雪があって怖くありません
2016年04月10日 07:45撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P919過ぎると、細尾根が続きます。
右はスッパリきり落ちてますが、左に雪があって怖くありません
1
P1015手前
右の斜面を上がればP1015です。
このまま正面を進んでも太夫峰に上がれます。
2016年04月10日 08:07撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1015手前
右の斜面を上がればP1015です。
このまま正面を進んでも太夫峰に上がれます。
1
やっと太夫峰が見えてきた。
2016年04月10日 08:13撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと太夫峰が見えてきた。
1
太夫峰と吉ガ峰
2016年04月10日 08:29撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太夫峰と吉ガ峰
6
太夫峰へは二箇所いやな箇所を登る
2016年04月10日 08:31撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太夫峰へは二箇所いやな箇所を登る
6
すでに雪が腐ってきている。
登りはまだいいのだけれど、
下りはいやだな〜
2016年04月10日 08:35撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでに雪が腐ってきている。
登りはまだいいのだけれど、
下りはいやだな〜
1
太夫峰から直角峰と吉ガ峰
奥に向白神岳へ細い稜線が続く。
2016年04月10日 08:41撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太夫峰から直角峰と吉ガ峰
奥に向白神岳へ細い稜線が続く。
5
うっすら岩木山
2016年04月10日 08:54撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすら岩木山
1
やっぱり怖い…
2016年04月10日 08:58撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり怖い…
4
ストックとピッケルで慎重に進む。
アイゼン持って来れば良かったなぁ
2016年04月10日 09:03撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストックとピッケルで慎重に進む。
アイゼン持って来れば良かったなぁ
1
安全なところで滑落停止してみたが、
全く止まりません。 ガクブルっ
2016年04月10日 09:18撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全なところで滑落停止してみたが、
全く止まりません。 ガクブルっ
2
登山口まで戻ってきました。
2016年04月10日 10:18撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。
向白神岳、今年はもう無理です。
来年、もう少し気温が低いときにチャレンジしたい。
2016年04月10日 11:31撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向白神岳、今年はもう無理です。
来年、もう少し気温が低いときにチャレンジしたい。
1
キセキレイをパシャリ
2016年04月10日 11:45撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キセキレイをパシャリ
1
キセキレイどこにいるでしょうか?
2016年04月10日 11:47撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キセキレイどこにいるでしょうか?
2
撮影機材:

感想/記録
by iga3

一ツ森峠から向白神岳に行きたかった。
思い立った時期が遅かったか…
気温が高く太夫峰の往路から雪面が腐ってきた。
雪が締まっていたときは、何にも困難に感じる箇所はなかったけど、
特に復路での下りに気を使った。
太夫峰から先は鎌尾根のアップダウンが続くらしい。
装備をアイゼンとワカンに変えて、行動中ずっと氷点下でしまった雪面なら
自分でもいけたのかな〜
正直、装備、経験ともに自分の身の丈を超えた山行だった。
敗退して良かったのか、冒険して突っ込むべきだったのか。
今、ビールを飲みながら考えてみるのだけれど、
ビールがうまいからこれはこれで良いや グビー
訪問者数:202人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ