ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 844208 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霧島・開聞岳

霧島山 えびの高原から韓国岳山頂へ、つつじヶ丘へ下って周遊登山

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー esprit, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南九州までは1000キロ近くを一気に走ることになるので、フェリーで宮崎に入り、えびの高原に向かいました。小林ICまで宮崎道利用で、1時間少しで到着します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間22分
休憩
32分
合計
2時間54分
Sえびの高原10:4910:51韓国岳登山口11:32韓国岳五合目11:3411:54霧島山12:2012:50韓国岳避難小屋12:5413:37つつじヶ丘登山口13:43えびの高原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昭文社コースタイム:2時間30分
コース状況/
危険箇所等
えびの高原〜韓国岳
最初は遊歩道のような道を歩きますが、次第に火山岩のごつごつした急な坂道登りがなっていきます。8合目ぐらいからは傾斜が緩やかになります。

韓国岳〜韓国岳避難小屋
木の階段を中心にかなりきつい下り坂が続きます。

韓国岳避難小屋〜えびの高原
もっとなだらかな道かと思っていましたが、細かいアップダウンが多くありました。
通る人は少ないようで、整備状態も水はけも少しよくありませんでした。
その他周辺情報指宿の砂蒸しへ直行するため入浴せずにえびの高原を後にしましたが、えびの高原荘にあります。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

今回は、往路はフェリーにて一気に宮崎まで入ってしまいます。
2016年04月29日 17:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、往路はフェリーにて一気に宮崎まで入ってしまいます。
1
出港直後、明石大橋がきれいにライトアップされて見えていました。
2016年04月29日 20:04撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出港直後、明石大橋がきれいにライトアップされて見えていました。
2
宮崎入港直前、シーガイアがすぐ近くに見えていました。
2016年04月30日 08:21撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮崎入港直前、シーガイアがすぐ近くに見えていました。
えびの高原に着きました。早速韓国岳へ向けて出発です。
2016年04月30日 10:49撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えびの高原に着きました。早速韓国岳へ向けて出発です。
駐車場から道路をちょっと歩くと、韓国岳登山口です。
2016年04月30日 10:51撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から道路をちょっと歩くと、韓国岳登山口です。
韓国岳が見えています。
2016年04月30日 10:52撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
韓国岳が見えています。
1
最初は歩きやすい遊歩道です。
2016年04月30日 10:58撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は歩きやすい遊歩道です。
少しずつ標高が上がり、えびの高原の駐車場が下に見えるようになりました。
2016年04月30日 11:05撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ標高が上がり、えびの高原の駐車場が下に見えるようになりました。
1
硫黄岳の方へ登っていき、途中で韓国岳へ外れます。
2016年04月30日 11:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳の方へ登っていき、途中で韓国岳へ外れます。
硫黄岳と、左手の不動池がよく見えます。
2016年04月30日 11:31撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳と、左手の不動池がよく見えます。
五合目に着きました。
2016年04月30日 11:32撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目に着きました。
ちょっと広くなっています。もう一登りです。
2016年04月30日 11:32撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと広くなっています。もう一登りです。
大浪池が見えてきました。
2016年04月30日 11:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大浪池が見えてきました。
正面によく見えるようになりました。
2016年04月30日 11:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面によく見えるようになりました。
韓国岳山頂に到着しました。
2016年04月30日 11:58撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
韓国岳山頂に到着しました。
三角点があります。
2016年04月30日 11:59撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点があります。
一応記念撮影。
2016年04月30日 12:00撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応記念撮影。
ぐるりと雄大な山頂が広がっています。
2016年04月30日 12:02撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐるりと雄大な山頂が広がっています。
高千穂峰と新燃岳がとてもよく見えました。
2016年04月30日 12:11撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高千穂峰と新燃岳がとてもよく見えました。
1
もう少し大きく。
2016年04月30日 12:11撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し大きく。
新燃岳はあちこちから噴気が出ており、立ち入り禁止です。
2016年04月30日 12:11撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新燃岳はあちこちから噴気が出ており、立ち入り禁止です。
韓国岳から大浪池方面へは急な木の階段がたくさんあります。
2016年04月30日 12:29撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
韓国岳から大浪池方面へは急な木の階段がたくさんあります。
大浪池たもとの休憩所に到着しました。
2016年04月30日 12:50撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大浪池たもとの休憩所に到着しました。
休憩所から見上げる大浪池の河口の盛り上がりです。
2016年04月30日 12:56撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所から見上げる大浪池の河口の盛り上がりです。
細い土の道を進んでえびの高原に戻っていきます。
2016年04月30日 12:56撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い土の道を進んでえびの高原に戻っていきます。
大浪池の西回りへの分岐点です。
2016年04月30日 12:57撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大浪池の西回りへの分岐点です。
つつじヶ丘登山口に着きました。
2016年04月30日 13:37撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじヶ丘登山口に着きました。
ほんの少し道路を歩きます。
2016年04月30日 13:37撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの少し道路を歩きます。
駐車場へ戻りました。
2016年04月30日 13:43撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場へ戻りました。
車で指宿まで走ります。
2016年04月30日 13:44撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で指宿まで走ります。
えびの高原で購入のソフトクリーム
2016年04月30日 13:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えびの高原で購入のソフトクリーム
普段は大混雑の指宿の砂蒸しですが、やっと念願叶いました。
2016年05月10日 10:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段は大混雑の指宿の砂蒸しですが、やっと念願叶いました。
1
指宿の料理屋さんで、薩摩料理に舌鼓です。
こちらはきびなごの酢味噌和え。
2016年04月30日 19:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指宿の料理屋さんで、薩摩料理に舌鼓です。
こちらはきびなごの酢味噌和え。
こちらは黒豚角煮と、黒さつま鶏です。
2016年04月30日 19:37撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは黒豚角煮と、黒さつま鶏です。

感想/記録
by esprit

※遠征中のため、写真はそのままで仮に載せています。帰宅後差し替えてコメントも追加します。一部やたら青いのは、色温度の設定が狂っていました。帰宅後極力修正します。

今回のゴールデンウィークは、九州南部の百名山二山を中心に、長崎以外の九州で未踏の県最高峰三山、さらに二百名山の英彦山、中国地方最西部の県最高峰二山に、未乗車のSL二台、未訪問の最新世界遺産など盛りだくさんの内容で、久しぶりの車中泊長期遠征を行いました。

大阪から宮崎や鹿児島までは1000キロ近くあり、車で走行すると体の負担が大きいため、神戸からフェリーで宮崎港まで入り、そこからまず手始めとして二度目の訪問となる霧島山に向かいました。

前回は大浪池を中心にしたルートを歩きましたので、今回は一番一般的なえびの高原からとし、行きは硫黄岳付近の直登ルート、帰りは大波池から戻るルートを選びました。

登りは一番メジャーなルートですので、子供さん連れの家族などたくさんの人がいてとても賑わっていました。意外に傾斜がきつく、ちょっとはしんどかったですが、距離が短い上に山頂の十合目まで一合ごとに標識が立てられていて、どんどん登っていけます。
山頂からは大きな火口やそのお鉢、新燃岳や高千穂峰が雄大によく見えました。霞んでいたため桜島や錦江湾は見えずに残念でした。

下りは大浪池の方へ下りましたが、思っていたよりも距離が長く急階段が続くので、足に負担がかかります。
池からはあまり歩かれていないルートでえびの高原まで戻りましたが、意外に小さなアップダウンが多く、荒れ気味のため多少歩きにくく、距離が少し長く感じました。
登山口に着くと、少しだけ車道を歩いて駐車場に戻りました。

下山後は霧島神宮に参拝してから指宿に向かい、砂蒸し温泉や薩摩料理に焼酎を楽しみました。
訪問者数:366人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/14
投稿数: 79
2016/5/5 2:00
 お疲れ様でした。私も当日、韓国岳に登りました。
大阪からの遠征ですか!
充実したゴールデンウイークでしたね。
私は、その日は、午前中に高千穂峰、午後に霧島神宮と韓国岳(大浪池コース)で登りました。翌日は、開聞岳に登りましたが、お天気に恵まれ良かったですね。
登録日: 2012/7/23
投稿数: 470
2016/5/5 18:29
 REALISTさん Re: お疲れ様でした。私も当日、韓国岳に登りました。
REALISTさん、コメントありがとうございます。

いいお天気の中、お互いに素晴らしい南九州山行になってよかったですね^^
我々は船で宮崎入りしたので楽々でしたが、高速利用だとやはり大変だったみたいですね・・・

それにしても、同じ日に霧島・開聞岳と登りながら、時間を見ると微妙にニアミスニアミスですねー 残念・・・苦笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

三角点 避難小屋 直登 高原 車中泊 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ