ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 844218 全員に公開 ハイキング東海

あらまほしき葦毛湿原

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー xiang1031
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湿原入口に駐車場有。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
40分
合計
7時間50分
S葦毛湿原駐車場07:0007:10葦毛湿原08:00二川TV中継所08:1008:10座談山08:20船形山08:30普門寺峠08:40神石山08:5009:30多米峠10:00赤岩尾根分岐10:50石巻山11:1011:10赤岩尾根分岐11:10多米峠11:10神石山11:10普門寺峠11:10船形山11:10座談山11:10二川TV中継所14:40葦毛湿原14:50葦毛湿原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間かなり適当ですので参考非推奨。
コース状況/
危険箇所等
登山ポストなし。
危険箇所特になし。よく整備されています。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

葦毛湿原入口の解説
2016年04月09日 07:15撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葦毛湿原入口の解説
両端に直近の解説があります。観察された野鳥が記載されてます。
2016年04月09日 07:15撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両端に直近の解説があります。観察された野鳥が記載されてます。
見ごろの花や今後育つ花の解説がありました。
また来たくなります。
2016年04月09日 07:15撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見ごろの花や今後育つ花の解説がありました。
また来たくなります。
土や石が見えているところが植生回復をしているところらしいです。
2016年04月09日 07:20撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土や石が見えているところが植生回復をしているところらしいです。
まだまだ植生の回復には時間がかかりそうです。
2016年04月09日 07:20撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ植生の回復には時間がかかりそうです。
ショウジョウバカマ(後で調べた)
2016年04月09日 07:22撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ(後で調べた)
画像
2016年04月09日 07:25撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画像
ミツバツツジですかね
2016年04月09日 07:58撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジですかね
1
神石山
2016年04月09日 08:39撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神石山
1
石巻観察道路より。視界が開けて気持ちいいですが、ここから石巻山まで長いです。
2016年04月09日 10:09撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石巻観察道路より。視界が開けて気持ちいいですが、ここから石巻山まで長いです。
石巻の蛇穴
2016年04月09日 10:52撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石巻の蛇穴
石巻山より
2016年04月09日 11:03撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石巻山より
1
戻ってきてからのハルリンドウ(後で調べた)。
2016年04月09日 14:46撮影 by HUAWEI G6-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきてからのハルリンドウ(後で調べた)。
1

感想/記録

湖西連峰自体は3度目の登山だったのですが、葦毛湿原への訪問は何年ぶりか覚えていないほどでした。
今回は春の訪れを感じながらの登山をする、という狙いで花の百名山である葦毛湿原を出発地点としました。
石巻山までの往復ということもあり、足早に通り過ぎるのみでしたが、
桟道の所々に植生回復作業をした、というプラカードがかかっていたのを記憶しております。
そのプラカードにも記載されておりましたが、近年イヌツゲなどの木々に浸食され湿原は消滅の危機に瀕しており、
それを食い止めるためボランティアの人たちが保全活動をしてなんとか保っている状態だということです。

山を降りてから、ネットや本で湿原のことを調べるとこの湿原が特異な条件で成り立っている、ということを知りました。
沼が湿地になった尾瀬や川が湿地になった釧路とは違い、背後の弓張山地から湧水源から水が流れ込み、それが付近の大地を
構成するチャート層に流れ込まずよどみを作ったことで形成された特異な湿地だということで、確かに尾根に向かう遊歩道でも湿原へ向かって流れる小さな沢の流れや、その沢の堆積岩であろう礫岩があったことを思い出します。
この山からの湧水が減っていることも湿原を小さくしている原因の一つだそうです。
葦毛湿原が花の百名山というのは、持ちあげすぎ、規模も小さい、という意見もあるかと思いますが、「山」が作りだした
貴重な自然ということを忘れずに維持していきたいと切に思いました。

さて肝心の山行ですが、前回歩いた梅田親水公園ー坊ヶ峰間と同様、復路が大変しんどかったです。もう少し余裕をもった行程にしないといけません。
湿原と同様、山の中にもツツジやスミレ、カタクリなど視界のどこかに花がある季節です。今度は自然観察メインでの山行にしようと思います。
訪問者数:244人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ