ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 844303 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳(天神尾根〜トマの耳〜オキの耳)

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー mammoth85
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:ロープウェイチケット売り場脇にあり。
トイレ:熊穴沢も肩の小屋もトイレ無し(肩の小屋は営業が始まれば使える)
危険個所:ロープ場は慎重に行けば問題なしかと...午後からは雪が融けてくるので
     踏み抜き注意。
     トラバース箇所は亀裂が入っていたので雪崩にも注意。

写真

ロープウェイを降りると右手方向に登山口、天気もいい感じ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイを降りると右手方向に登山口、天気もいい感じ!
奥には谷川岳...か、かっこいいっ(;゜Д゜)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥には谷川岳...か、かっこいいっ(;゜Д゜)
1
最初の急登を超えたあたりでもう汗だく、風もほとんど無かったのでアウターを脱いでフリースだけに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の急登を超えたあたりでもう汗だく、風もほとんど無かったのでアウターを脱いでフリースだけに。
1
噂のロープ場...5分くらい渋滞したかな(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂のロープ場...5分くらい渋滞したかな(^^;)
1
亀裂が入ってドキドキのトラバースをダッシュで通過、気温が高かったので帰りはさらに怖かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀裂が入ってドキドキのトラバースをダッシュで通過、気温が高かったので帰りはさらに怖かった。
2
トラバースが終わりやっと天神尾根に出た、風が気持ちいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースが終わりやっと天神尾根に出た、風が気持ちいい!
景色最高!あれは万太郎山か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色最高!あれは万太郎山か?
しばらく尾根を歩くと熊穴沢避難小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく尾根を歩くと熊穴沢避難小屋に到着。
中はこんな感じ、結構明るかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はこんな感じ、結構明るかった。
1
さらに進んで天狗の溜まり場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進んで天狗の溜まり場。
そして最後の急登、出だしはまだまだ余裕...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして最後の急登、出だしはまだまだ余裕...
たくさんの方だ登っている...まだ余裕...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんの方だ登っている...まだ余裕...
1
ま・だ・余・余・余・💀...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ま・だ・余・余・余・💀...
ようやく肩の小屋に到着、まだ営業はしていない。トイレも使用禁止。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく肩の小屋に到着、まだ営業はしていない。トイレも使用禁止。
1
ちょっと休んで最終アタック!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと休んで最終アタック!
トマの耳に到着!急登の疲れが一気に吹っ飛んだ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳に到着!急登の疲れが一気に吹っ飛んだ!
3
方位盤があったのでさっそく山座同定。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方位盤があったのでさっそく山座同定。
1
尾瀬方面...至仏山に燧ケ岳、会津駒ヶ岳は霞んで見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬方面...至仏山に燧ケ岳、会津駒ヶ岳は霞んで見えず。
2
上州武尊山、その奥にうっすらと日光白根山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上州武尊山、その奥にうっすらと日光白根山。
1
日本海側には苗場山、こっちは霞んでいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海側には苗場山、こっちは霞んでいない。
1
万太郎山へと延びる尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山へと延びる尾根。
2
そして最終目的地のオキの耳へ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして最終目的地のオキの耳へ!
ぜひ見たかった雪庇...ギリギリ残ってた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぜひ見たかった雪庇...ギリギリ残ってた。
2
谷川岳山頂オキの耳、無事アタック成功(^^)v
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳山頂オキの耳、無事アタック成功(^^)v
2
手前が白毛門で奥が朝日岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前が白毛門で奥が朝日岳。
1
いつか馬蹄形縦走もやってみよう...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか馬蹄形縦走もやってみよう...
2
「それ以上前に行くと雪庇がヤバいっ!」の図。撮ってくれたお姉様ありがとうございました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「それ以上前に行くと雪庇がヤバいっ!」の図。撮ってくれたお姉様ありがとうございました!
4
一ノ倉方面...ノゾキに行きたいが今日はパス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉方面...ノゾキに行きたいが今日はパス。
1
名残惜しいけど下山開始!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいけど下山開始!
2
振り返ってオキの耳、やっぱり名残惜しい(-_-)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってオキの耳、やっぱり名残惜しい(-_-)
2
肩の小屋に戻って、ここでランチタイム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋に戻って、ここでランチタイム。
1
それにしても終始天気が良くて最高だった...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても終始天気が良くて最高だった...
1
ありがとう谷川岳!ノンアルで我慢...でも旨しっ!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう谷川岳!ノンアルで我慢...でも旨しっ!!
1
再び下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び下山開始。
熊穴沢避難小屋まで戻ると、近くでゴゴゴゴーと雪崩の音がした(;゜Д゜)ちょっとビビる...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋まで戻ると、近くでゴゴゴゴーと雪崩の音がした(;゜Д゜)ちょっとビビる...
無事ロープウェイ駅に到着...楽しかったー(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事ロープウェイ駅に到着...楽しかったー(^^)
売店で記念バッジを購入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店で記念バッジを購入。
1

感想/記録

今日の谷川岳は天気も良く、とにかく暑かった...登り始めて30分でもう汗だくになりアウターを脱ぐ始末。雪山なのに脱水症状で倒れるかと思った。
土曜日ということで混雑を予想していたがそうでもなかった。雪不足でBCも終わりなのだろう。
雪質も朝のうちは良いが、日が昇るにつれグズグズになりアイゼンも効かない状態...さらに連続踏抜きで下りの方がキツかったかも。
今回の山行で反省点が二つ...一つは日焼け止めを塗らなかったこと、次の日顔がヒリヒリだった(-_-)
二つ目は結構重大なミスで、下山途中にルートロスが二回...どちらもトレースを信じ何も考えずに歩いていたせいで起こった。
最初は熊穴沢避難小屋を過ぎてから、トラバースに入る箇所を見失いそのままピークへ...そこから下ることもできそうだったが引き返した。
二回目は前を歩いていた女性が「なんか変ですねー」と異変に気づき、周囲を見るとロープ場登り口のさらに下を歩いていた。もちろんこれも引き返してロープを登る。
危なかった...下山時は集中力も無くなるので注意が必要と実感。
そんなこんなで色々勉強になった谷川岳...楽しくも手強い山だった。
今度はテントを担いで馬蹄形縦走もいいなー( ̄▽ ̄)
訪問者数:352人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ