ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 844557 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

表妙義&桧沢岳北西稜を1day(1st stage/表妙義縦走)

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー pochi23
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅の通りを挟んで上側の駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間32分
休憩
15分
合計
3時間47分
S道の駅みょうぎ05:4005:47妙義神社05:5106:09大の字06:1106:55天狗岳07:09相馬岳07:41堀切07:4308:00鷹戻し08:27中ノ岳08:3408:54中之嶽神社09:27道の駅みょうぎG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
3日前にまとまった雨(西野牧で13.5mm)があった影響か、草土からのしみ出しで岩が濡れている箇所あり。登高には支障のないレベル。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

1st stage、表妙義スタートです。
妙義神社を出発。すでに団体さんがスタート済みです。
2016年04月10日 05:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1st stage、表妙義スタートです。
妙義神社を出発。すでに団体さんがスタート済みです。
1
大の字から、これから登る先を仰ぎ見る。ここに来るまでに団体さんを十数名抜いててきました。
2016年04月10日 06:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大の字から、これから登る先を仰ぎ見る。ここに来るまでに団体さんを十数名抜いててきました。
大の字からは高度感が気持ち良いです。
2016年04月10日 06:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大の字からは高度感が気持ち良いです。
奥の院(左奥)。ルートはその右の鎖場です。
2016年04月10日 06:20撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院(左奥)。ルートはその右の鎖場です。
見晴から相馬岳北稜方向
2016年04月10日 06:31撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴から相馬岳北稜方向
1
行ってはいけないラインにはしっかり目印があります。
2016年04月10日 06:40撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ってはいけないラインにはしっかり目印があります。
相馬岳山頂からは浅間が見えました。
2016年04月10日 07:09撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相馬岳山頂からは浅間が見えました。
これから行く先です。
2016年04月10日 07:11撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く先です。
2
あっという間に堀切。
2016年04月10日 07:41撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に堀切。
いよいよ鷹戻し。昔の記憶よりも岩が丸くなった気がしましたが、気のせいでしょうか。今日は先を急ぐので、あるものは何でも使いました(^^)。
2016年04月10日 08:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ鷹戻し。昔の記憶よりも岩が丸くなった気がしましたが、気のせいでしょうか。今日は先を急ぐので、あるものは何でも使いました(^^)。
1
これから目指す稜線に目をやると、やばそうなところを登山者が歩いています。
2016年04月10日 08:22撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから目指す稜線に目をやると、やばそうなところを登山者が歩いています。
2
中ノ岳山頂からは麓の桜が綺麗でした。
2016年04月10日 08:29撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳山頂からは麓の桜が綺麗でした。
見晴らし台まで降りてきました。
2016年04月10日 08:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らし台まで降りてきました。
1
中之岳神社に無事到着。
2016年04月10日 08:54撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中之岳神社に無事到着。
なんか違和感があるなー、大黒様。
2016年04月10日 08:56撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか違和感があるなー、大黒様。
妙義神社へ帰ってきました。1st stage終了。
道の駅に止まっているバスにふと目をやると、なんとバスまで「除菌」だそうです(´ 。`)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙義神社へ帰ってきました。1st stage終了。
道の駅に止まっているバスにふと目をやると、なんとバスまで「除菌」だそうです(´ 。`)。

感想/記録

(プラン概要)
 最近知り合いから相馬岳北稜の誘いを受けたのですが、近年藪岩から遠ざかっていることもあり辞退。自分なりに以前の藪岩勘を取り戻すべく今回のプランを計画しました。
 1st stageは岩編として表妙義縦走。2nd stageは藪岩編として桧沢岳北西稜。大ナゲシ北稜も考えたのですが、上部に残雪の可能性があったため、表妙義を選択しました。

(1st stage/表妙義縦走)
 今回の表妙義縦走は高校1年の冬に単独でのぞんで以来、30年以上の歳月が流れての再訪です。
 鎖場での順番待ちを嫌って朝早く出発のつもりが少々遅れて、すでに団体登山者に先行されました。昨日御堂山を登って一旦山梨の自宅まで帰宅、往復してきており、3時間ほどの睡眠しか取れておらず寝不足気味です。大の字までに団体の方をパスしましたが、気温が高めでひと汗かきました。2nd stageが控えているので、ペースを抑えて余力を残しておかないとまずいです。

 相馬岳までは取り立てて問題となる箇所は無し。白ペンキで道しるべが丁寧につけられています。普段は鎖をできるだけ使わないようにこだわる方なのですが、今回は時間的な面を考え、あるものは全て利用させてもらいました(^^)。

 相馬岳からの下りがザレていて神経を使いました。登山者が多い時には気を使うので通りたくないところです。

 鷹戻しでは私とは逆コースとなる単独の方が下降中で少々待ち。中ノ岳まで数組とすれ違い。朝早かったため、順番待ちの時間は10分ほどで済んでいます。

 人混みの中之岳神社を早々に通過し、一本杉経由で無事スタート地点の妙義神社へ戻ってきました。

 寝不足の割には調子もまあまあなので、腹ごしらえをして2nd stageとなる桧沢岳北西稜へ向かいます。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 ザレ 一本立てる 奥の院
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ